スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗星&トワイライトEXP ロイヤル連泊の旅(8)

みなさんこんにちは

函館駅を出発し、列車はいよいよ函館本線へと入ります。
五稜郭の機関区ではED79やEH500の他にDF200が機関区に沢山停車する様子が見えます。
どの機関車も普段見慣れないものばかり、しかもこの車両たちは全て北海道で活躍するもの。
北海道にやってきたことを改めて実感する瞬間でもあります。

五稜郭を過ぎるといよいよ架線が無くなり、非電化区間へと入ります。
列車は高架線を一気に駆け上ると、大沼国定公園へと進路を取ります。

12082401.jpg
この場所の景色は何度通っても見とれてしまいます。
今回もその雄大な景色にうっとり。
ただ、ご覧のように天候が悪かったのがちょっと残念。

12082402.jpg
大沼公園を越え、二線に分かれた函館本線が再び合流すると、今度は進行方向右手に太平洋の姿が広がります。海、山、湖、あらゆる美しい地球の姿をゆったりと味わえる、それが北海道行き寝台特急。

12082403.jpg
丁度この頃、モーニングサービスのコーヒーが届きました。
緑豊かな山側の景色を堪能しつつ頂くコーヒー。
美味いに決まってますがな(笑)

12082404.jpg
昭和新山の姿が進行方向左手に見えます。
はじめて見た時は『おおおおーーー!』って感じでしたが、何度か見た今となっては何故か懐かしいような感覚に陥ります(苦笑)

12082405.jpg 12082406.jpg
景色を眺めたり、ウトウトしていたり…
これ以上無いほどの贅沢な時間を過ごしていると、列車はもう室蘭までやってきました。

ここからは再び頭上に架線が戻ってきます。
終着札幌まではあと数時間か…
夢のような一時が終わるまで、既にカウントダウンは始まっていました。

<つづく>
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。