スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四条烏丸のとりくらさんで夕食

みなさんこんにちは

お盆休み真っ最中、皆さんは如何お過ごしでしょうか?
お盆休みということで帰省された方も多くいらっしゃるでしょう。
テレビではいよいよ始まったUターンラッシュの波をニュースで報じています。

かくいう管理人は以前から何度もお話している通り、夫婦とも京都の人間なので帰省先がそれぞれ車で30分ほどのご近所さんレベルです。特に私は親類に関西圏以外の人間が居ないので、生まれてこの方『帰省』したことがありません。ですから、小さい頃からテレビで見る帰省のシーンが羨ましくてなりませんでした。

そんなお盆休み、管理人はもちろん、私の両親たちもお盆休暇に入っています。
特に奥様方のご両親は普段からお仕事が忙しく、泊りがけで遊びに行くとなると、このタイミングかお正月のどちらかしかありません。子どもたちもそれは分っているので、今回も喜び勇んで奥様のご実家へと遊びに出かけたのですが、我々夫婦は自宅でお留守番。

そういうわけで、まぁせっかくだから二人でご飯でもとなりました。
普段は子どもがいることで時間に余裕を持って出かけることが出来ないので、この隙をついて街中へ(苦笑)普段仕事でもあまり出かけることが無いので、夜の繁華街なんて超久しぶり(笑)

時間を気にしなくて良い(終電は別)ので、特にお店は決めずに四条烏丸へ。
一応目星をつけていたお店があったのですが、残念ながらそこは満員御礼!
これも想定内ということで、改めて界隈をブラブラ。

たまに歩く街中も良いものだなぁと思いつつ通り沿いのお店を眺めていると、ちょっと気になる看板発見。『石焼地鶏』と大きく書かれた提灯がかかるそのお店は四条烏丸の『とりくら』さん。早速店内に入ると、こちらもかなりの賑わいで、満席っぽい様子…
奥から笑顔でやってこられた店員さんに伺うと、ちょうどチェックの入ったお客さんがいらっしゃったそうで、その方と入れ替わりで入店出来そう。店内に用意された折りたたみ椅子で待っていると、お店の方が冷たいお茶を持ってきてくれました。こういうのは嬉しいですね。

待つこと数分、テーブルの用意が出来た模様。
実はこの数分間で我々の後ろに数組のお客さんが並び始めました。我々は結構ラッキーだったようです。

12081711.jpg
カウンター席に腰掛けたのですが、目前にはこのように梅酒の一升瓶がずらり!
店内の壁面にもたくさんの焼酎が置かれております。酒飲みはそれだけでもワクワクしますね。って、これは私だけでしょうか!?

12081713.jpg
まずは生ビール!
よぉく冷やされたプレミアムモルツがたまりません!
普段は第3のビールしか飲めないので、旨さに感動ですわ(笑)

12081714.jpg
お通しははまちのカルパッチョ。
マヨネーズがうまく甘酸っぱさをフォローしていて、美味しかったです。

12081715.jpg
こちらはささ身たたきの生春巻き。
かみ締めると最後にやってくるささみの歯ごたえとあっさりとした味わいがたまりません!

12081716.jpg
こちらはイベリコ豚ベジョータのなんとお刺身!
豚の刺身って珍しいなぁと、生肉大好きの管理人と奥様は思わず注文(汗)
一口食べると、全く癖の無い上質の肉の味わいに感動します!
これ、本当に感動です!
脂身の甘さ、全く臭みの無い肉の旨味、思い出しただけでもよだれが…

12081717.jpg
続いてこちらは砂肝の燻製。
スモークの香りと、砂肝独特の食感がビールに合うんですわ~

12081718.jpg
こちらは地鶏の生ハム仕立て。
適度な塩気が鳥肉の旨さを消すことなく、食欲を掻き立てます。
少しだけレモンをかけると、今度はすっきりとした味わいに!

12081712.jpg
そしていよいよこちらのお店自慢の石焼料理のスタートです。
各テーブルに用意されたコンロに大きな2枚の石版が用意されています。
石板をコンロで熱し、この石板の上にお肉を置いて頂くのがこの店のスタイルでした。

12081720.jpg 12081721.jpg
注文したのは、サガリ・ハラミ・背肝・レバー・せせりの5種類。
共通して言えるのは、どれも全く臭くありません!
臭いが気にならないので、肉の旨さを存分に堪能することが出来ます。

また、この石板でじっくりと焼くことによってでしょうか、外から中までじんわりと火が通り、焼き上がりがとても柔らかく仕上がるのも特徴です。この鶏なら、普段鶏が苦手な方でも十分に頂けるのではないでしょうか?

12081722.jpg
ちなみに、焼き物はこの3種類で頂きます。
左から、甘醤油、おろしポン酢、あら塩。
私はずっとあら塩で頂きました…

12081723.jpg 12081724.jpg
こちらのお店、非常に酒類が多くて注文するのに迷ってしまうほどです。
私の奥様は基本的にお酒が飲めない人なんですが、甘いお酒だけなら多少は飲めるということで、非常に美味しそうな梅酒ばかり3杯も飲んでました。普段全く飲まない人間なので、家に帰ってからは一瞬で爆酔しはりましたが(苦笑)

12081725.jpg
締めには何を選ぼうか?
ということで我々夫婦が選んだのが、きびなごの塩焼。
へ~!きびなごってこんな風に食べるんだ!というのは率直な感想。
実際に食べてみると、これがかなりいける!
良いお酒のつまみになりますわ、勉強になりました。

結局二人で飲んで食べて合計金額は1万円ほど。
ちょっと贅沢な夕食になってはしまいましたが、たまにはまぁ良いかってことで…

飛び込みで入ったお店でしたが、本当に美味しかったです。
また日を改めて、お邪魔したいなぁと思いました…

【お店紹介】
店名:とりくら
場所:京都市中京区錦小路烏丸東入ル元法然寺町 すぎむらビル 1F
電話:075-213-5859
営業時間:PM6時~AM3時
定休日:無休


ごちそうさまでした!
スポンサーサイト

テーマ : 京都の旨いもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして!

いきなりですが、偶然ネットでブログ記事拝見いたしました。
シアワセな時間過ごしていただけて光栄です!
御来店、誠にありがとうございました。
またいつでもご来店くださいさせ。

とりくら staffレオ
http://ameblo.jp/torikura-kyoto/
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。