スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵯峨野観光鉄道 復活の朝(後編)

みなさんこんにちは

復活初日の嵯峨野観光鉄道にやってきた管理人。
こういったイベント事にはとにかく参加したがります(苦笑)

列車は無事に多くの方々に見送られながらトロッコ嵯峨駅を出発。
発車後しばらくはJR山陰線の下り線を走行。
線路の両側には嵯峨野の竹林が現れると列車は山陰線の旧線へと入ります。
旧線に入ったところがトロッコ嵐山駅。
列車は駅の半分ほどがトンネルというなかなか面白い駅でもあるこのトロッコ嵐山駅を出発。

12080607.jpg 12080608.jpg
出発してしばらく、トンネルを抜けると線路はいよいよ保津川のすぐねきを進みます。
ここでまず驚いたのが、その涼しさ!
地獄のような暑さを誇る京都市内からは考えられないような心地良い風。
これだけでも乗車した甲斐があるかも??

そして視線を上に向けると、この輝くような新緑。
こんなに素晴らしい環境がすぐ近くにあったんだと、ちょっと驚き。
ゆっくりしたスピードでこの美しい渓谷を進むと、進行方向には保津川を渡る大きな鉄橋が視界に入ります。

12080609.jpg
列車はこの鉄橋の真上で一旦停車。
足元もスカスカのこのザ・リッチ号ではご覧のように保津川の水面がばっちり見えます。
高所恐怖症の管理人はちょっと怖かったりして…

12080610.jpg
トンネルの中に入ると、冷やされた空気を全身で感じる事が出来ます。
後、トロッコ列車特有のこの轟音がまたたまらんのですわ(苦笑)

12080611.jpg
列車はトロッコ保津峡駅に到着、たぬきの焼き物が出迎えてくれます。
また、この駅から大江山の『鬼』が乗車してきます。
『鬼』さんも久しぶりのお仕事で気合が入っていました (笑)

保津峡駅を出発してから後は進行方向右手に保津川を眺めての旅となります。
山間の険しいこの区間に線路が初めて通ったのは実に100年以上も前の1899年、なんと19世紀!
明治時代に建設された当時、建設に携わった人たちは120年の未来にまさかこのような観光鉄道として活躍しているとは思いもよらなかった事でしょう。

渓谷を勢いよく駆け抜ける保津川を眺めつつ、幾つかのトンネルを抜けると急に視界が広がります。終点トロッコ亀岡駅はもうすぐそこ。いよいよトロッコ列車の旅もおしまいに近付いてきました。
復活第1号のトロッコ列車は超満員、大勢のお客さんの目を楽しませてくれたトロッコ列車はようやく終着駅のトロッコ亀岡駅に到着しました。大勢のお客さんはホームに降りたつとそれぞれ思い思いの方向へと散らばって行きました。

管理人は…
折り返しでそのまま今来た道を逆戻り (笑)
この辺がいかにもって感じじゃないでしょうか!?

今回、復旧記念と言う事でトロッコ1号から4号に乗車したお客さんには記念品が贈呈されました。
勿論我が家も行きのトロッコ嵐山駅でその記念品を頂きました。
せっかくなのでそれも紹介させて頂きます。

12080612.jpg
こちらは子どもたちがもらったキーホルダー?
一人ずつもらえたので、喧嘩にならずにすみました(苦笑)

12080614.jpg
こちらが各家族に1個プレゼントのクリスタル。
赤い紙の箱に入っているのは…

12080615.jpg 12080616.jpg
このような地球儀を模した物の中にDE10が飾られたクリスタルの置物です。
普段はオリジナルグッズとして販売されている物のようですが、なかなか良いですね。
でも、我が家では子どもたちが破壊しそうなので、せっかくなのに飾れない…

12080613.jpg
そして最後のグッズ紹介。
こちらは今回の記念グッズでは無く、車内で行われる写真サービスを購入した物です。
お恥ずかしながら、普段管理人はこの手の物はあまり購入しません(出来ません)。しかし、今日はまぁ、復旧ご祝儀かな(汗)と思い、記念に購入してみました。

しっかりとした台紙に車内で撮影してもらったポラロイド写真がついて1000円。
確かに旅の思い出としては良いかもしれませんね。

二日間にわたってお送りしてきた嵯峨野観光鉄道復活列車乗車記事。
まぁ…やはり文章だけではあの美しさはやはり伝えられません。
目と耳と心で是非ともあの心地良さを感じ取ってきてもらえればと思います。

京都の観光名所として、素晴らしい一つの名物が確かにそこにありますよ!

<おしまい>
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。