スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の魚、ビワマスを求めて…

みなさんこんにちは

熱いです。
今日も37度。
冗談抜きに命に危険を伴うような高温です、皆さんも十分にお気をつけください。

さて、そんなうだるような暑さの本日、管理人は近江八幡へと向かいました。
とある『幻の食材』を求めて…

その幻の食材というのは『ビワマス』。
サケ科の琵琶湖固有在来種で、普段は琵琶湖の深い部分で生息し、産卵時期になるとふるさとの河川を遡上してくるという、まさに琵琶湖版のサケ。
釣ることが非常に難しいこと、そしてなかなか市場に出てこないこともあり『幻の魚』とも呼ばれるこの魚は6月~7月にかけてが最も美味いとされているそうです。

先日フットサルの仲間がそのビワマスを食したそうなんですが、とにかく滅茶苦茶美味かったとのこと。それならば何としても食べなければということで、天然物のビワマスを入手する手段をweb上で探したところ、その手掛かりを発見、早速本日出かけてきたわけです。

ネットで近江八幡市にある『魚元淡水』さんで小売をして下さるとの貴重な情報が!
前日直接お電話で確認すると、毎日揚がっているとのこと。
しかし、直接お店へ午前中に来ないと手に入らないらしく(おそらく漁獲量が僅かの為)、私も朝早くに自宅を出発してとりあえずお店へと伺うことにしました。

琵琶湖の東側の湖岸道路を北上、近江八幡市に入り長命寺の山を左手に見ながら再び琵琶湖沿いに近付いたあたりに魚元淡水さんのお店があります。

12072901.jpg 12072902.jpg
湖岸道路からお店の看板が見えるのですぐにお分かりになるかと思います。
お店の左手にある『出入り口』から中に入ると人の気配が無い(苦笑)

『すいませーん』と大きな声を出すと、中からお店の方が元気良く出てこられました。
早速『ビワマスが欲しいのですが…』と伝えると、パッと見ちょっといかつい(苦笑)お店の大将と思われるご主人が大変愛想良く『あるよ~!何匹位いる??見ていってや~!』と気さくに話しかけて下さりました。
1匹、2匹しか購入しない小売客相手にもこんなに丁寧に応対して下さったことに私はとても感謝しました。

12072903.jpg
で、早速ご主人が今朝捕れたというビワマスを見せてくださりました。
これが幻の魚、ビワマス!!
何と美しい魚体ではありませんか!!!

12072904.jpg
私が2本欲しいということをご主人さんに伝えると、ささっと4本ほど並べて『これが良いよ』と2本を選んで下さりました。プロの目に間違いは無いはず、きっと美味いはずだぞ~

12072905.jpg
こちらのお店は琵琶湖の魚を専門に扱っておられるお店のようです。
稚鮎の甘露煮や琵琶湖名物ふな寿司も勿論用意されているようでした。
そうそう、贅沢品で名高いふな寿司も卵を持たないオスのふな寿司は意外と安価です。
味はメスと全く変わりませんので、狙い目なんですが、地元でしか入手出来ない…

そうそう、ビワマスのお値段ですが、キロ1,200円とのこと。
グラム換算なら120円ですから、それほど高いというわけではないんですよね。
今回の2本はそれぞれ1.2kgほどで2本で2,700円。端数はまけてもらいました(笑)

ご主人にありがとうございますとお伝えして、早速自宅へと戻る…
はずだったんですけど、あれこれと寄り道をしてから帰宅。
その様子はまた改めてお伝えしようと思います。

12072906.jpg
帰宅後、購入したビワマスを捌きます。
といっても、我々には到底そんなことは出来ないので、奥様のお父様にお願い(汗)
流石プロ、あっという間に2本のビワマスは見事な食材へと生まれ変わりました。

12072907.jpg 12072908.jpg
画像では伝わりにくいのですが、素晴らしく綺麗なピンク色の身です。
淡水魚にもかかわらず、殆ど臭いがしないのも大きな特徴と言えるでしょう。

このビワマス、淡水魚でありながらお刺身で頂くことが出来るのです!
そのお刺身の美味さたるや、筆舌に尽くし難しという噂が…

12072909.jpg
おや、卵が入っていました!これはラッキー!!
こちらは後ほど改めて醤油漬けにすることになりました。

12072910.jpg

さぁいよいよ実食!


美味い!


これが淡水魚なんて信じられない!
臭みが全く無い!
上品な脂身が口の中にじわ~っと広がるこの快感!
なんという美味さ!
これが『幻の味』なのか!!!

12072911.jpg
今度は身を軽く炙ってみました。
これもまた美味!
全く癖の無い脂が全体をフワフワに仕上げてくれます。
これもまた最高の味ですわ…

家族皆この美味さに愕然!
あっという間にお刺身は全員の胃の中に消えてしまいました。

こんな美味い魚がすぐ近くにあったのか。
ただ、ビワマスの漁獲高は減っているそうでいつまで入手出来るかわかりません。

とりあえず、今宵はこの旨さに酔いしれることにします…
スポンサーサイト

テーマ : こんなのがあったなんて!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 海の傍に暮らす人達は、川魚を馬鹿にしてますが、川魚には海の魚には無い美味さがありますよね。

 私も大好きです。

>>ドライモンさん
こんにちは、いつもお世話になっております。

一般的なイメージとして、川魚には『臭い!』というイメージがありますからね。実際、臭い魚があるのもまた事実ですし…

でも、美味い川魚は確かに美味い!
今回のビワマスもそうですが、そういう美味い魚を見つけ出すのもまたなかなか楽しいものですね。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。