スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろおもうこと

みなさんこんにちは

体調不良の続く管理人でございます。
改善の余地が見られません(苦笑)
うーん、一体どうしたものやら??
幸い明日から3連休、しっかりと休もうと思います…

さて、先日の記事に対してコメントを頂戴しました。
簡単にお返事するのはちょっとどうかなと思い、しっかりとお返事したいと思います。
ただ、本日の記事は私の独断と偏見塗れのいい加減な物です。
みなさんのお気に触るかもしれませんので、予めお詫び申し上げます。

>>ひかるさん
就職活動、本当にご苦労様です。
多くの学生さんと同じく、かなり辛い目に遭っていらっしゃるようですね…

なかなか内定の届かない日々。
そんな中で『自分が不必要ではないか?』と疑念を抱くのは致し方ない事です。
誰だって辛いことが重なれば、そんな気持ちになります。

と…同情を重ねる部分と同時に、今を生きる社会人としてきつい言葉も届けます。
ひかるさんがどんなご職業を望んでおられるかわからないので、全然的外れの可能性もあります(汗)

現在、この日本は衰退の一途を辿っています。
デフレが進み、お金の価値が下がっていくこの時代。
国民が値引きを当たり前のように要求すれば、当然利益は減ります。
デフレは人の価値を不当に評価するという事と私は捉えています。

儲けが減れば人件費も減る。
当然雇用もどんどん減る。
『年寄りばかりが高給を取って、若者には夢が無い!』
仰る事は確かにその通りですが、だからと言ってそれが現実なのです。
悔しいですが、現実を受け入れなければどうしょうもないのです。
不当に低い評価でも、それでも働かねばどうしょうもないのです。

そんな世の中ですから、当然雇い主は社員に高いレベルを要求します。
何故か?
デフレで儲けが少なくなってしまった現在、お金を産み出すことが出来ない社員を雇う余裕なんて殆どの会社には無いからです。少しでも優秀な社員を雇い、そして多くのノルマを課して乗り切る。これが現代の会社です。

学校で優秀な成績だった。
残念ながら、これはなかなか企業としては評価しずらいお話です。
何故なら、学校は『与えられる』場所だから。
与えられた問題をいくら上手に解いたとしても、それは結局『与えられたもの』。

仕事と言うのは、全く違います。
その『与えるもの』を如何に効率良く作り出すことが出来るか否か、それが重要なのです。
そして、仕事というのは結果しか求められません。
『頑張りましたが…』そんな言い訳はどうでも良いのです、結果が全てなのです。
『売れる』『売れない』の世界で勝ち続ける強靭な精神力が必要なのです。

この大不況、そしてもうおそらく二度と復活しない日本社会ではこれが無いと食えないのです。
未来とか夢とか理想とか、そんな物の前に、今を勝ち残らなければ何も残らない。
如何に苦しくとも、這いつくばり、泥水を啜ってでも耐え忍んででも、戦わねばならない。

ただ、これは今に始まった事では無いと思います。
人だって所詮は生き物、弱肉強食の絶対ルールが変わることもこれまでもこの先も無いでしょう。
『不況だから苦しい』というのが今若者の悩みなら、70年前は『戦争で命がいくつあっても足りない』という悩みもあっただろうし、『明日食べるものも無い』と長年人類は嘆いてきました。

要はいつの時代の人も何かと『戦ってきた』のです。
人は常に戦わねばならない宿命なのです、それに背を向けることなんて結局出来ないのです。
生きて、戦って、そして僅かばかりの幸せを得る。
それが人生なのだと私は思う。

もちろん世の中には天才と言う人種もいます。
彼らは私のような無能人とは違い、悠々と世の中を勝ち進んでいきます。
彼らはちっとも苦しい顔をしない、努力もしない、だって天才だから。
私は仕事柄そういった方々と接することが多いので、そういった不公平を日々感じています。
でも、それは致し方が無い事だと受け止めるようになりました。
だって、もとめたって、望んだって、せがんだって、そんな才は得られないのですから。

私はそんな世の中で、どうやって自分を生かしていくのかということを最近考えるようになりました。
負けてばっかりで、踏みつけられて、お先が真っ暗な今の人生でも、ひたすら歯を食いしばって、自分に何が出来るかということ、自分はどうすれば生き残れるかということを必死で探しています。

こんな40前のオッサンでもまだそれは全然わからんのです。
学生と言う枠から今飛び出そうとするひかるさんがそれを悟ったら、おっさんの立場ゼロです(笑)

自分が求められているか?
そんなの気にしなくて良い、だって自分は自分の事を必要としているはず。
良い成績を取って来た!
学生が一生懸命勉強するのは当たり前のこと、他人に言うのは恥ずかしい。

前が見えないのは実はみな同じ。
今の世の中だけでは無い、これまでずっとおんなじ悩みを人類は抱えてきたのです。
だから、とにかく存分に悩みと戦って下さい。

真剣に自分と向き合い、戦い続けた者にだけきっと最後に答えが授けられる。
私はそう信じて、今を生きています。

この就職戦線、確かに苦しいと思う。
負けるのが当たり前なんですよ、だからその負けをしっかり受け取って下さい。
そしてそこからまた明日に向かって仕切り直しです。
何故に負けたのか?
裸になって、その悔しさと向き合い、そして僅かばかりでも良いから己に打ち勝つ力とすれば良い。

えらい臭い事ばっかりたらたらと講釈垂れてしまいました(苦笑)
でもここにはこうしてひかるさんに頑張ってもらいたいと思う人間がいます。
頑張って明日も堂々と打ちのめされてきて下さい!

またいつでも気晴らしに見に来て下さいね。
私もちょっとブログ頑張りますから(苦笑)

それでは、長文失礼!!
スポンサーサイト

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

三十路男さん
社会人としてのご意見ありがとうございました。

そうですね、学生が勉強を頑張るのは当然のことですよね。

『頑張りましたが…』は言い訳でしかありませんね、、、
私が社会で使えない人間だということがよく分かりました。
ありがとうございました。

>>ひかるさん
こんにちは。
色々と思うところあり、レスが遅くなったことをお詫びします。

お返事としては一言です。
『残念』

申し訳ありませんが、私にはひかるさんにお伝えする言葉として、それ以上の言葉は浮かんできません。

ひかるさんにとって、何かのお役に立つことかと思ってかきましたが、全く私は使えないということが分りました。
ごめんなさいね。

三十路男さんへ
とんでもないです。三十路男さんからのお言葉は私の中に残っていたであろう甘えに気付くきっかけになりました。

私自身、書き込みをした時には史上稀にみる程暗い気持ちでした。ですが、三十路男さんを始め、周りの方々に支えられてまた動き出すことができました。

こんな若造に真剣にお返事を下さりありがとうございました。
良い報告ができるように精一杯頑張ってきます。

>>ひかるさん
お返事ありがとうございます。
再び歩き始められたようで何よりです!

学生さんが無理に背伸びをしたって意味は無いのですよ。学生は学生たる本分をとことん追求し、仕事は会社に入ってから極めれば良いのです。

とにかく、今ある現状にしっかりと真剣にぶつかること。
良い報告、楽しみにしてますね。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。