スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早寝早起き

みなさんこんにちは

今朝のEURO2012決勝、しっかりとライブで観戦させて頂きました。
結果はスペインの圧勝、その強さをこれでもかという位見せつけてくれましたね。

特に先制点となったシルバの得点シーンは凄いの一言。
キエッリーニの裏に走りこんだセスクのラストパス!
あのスピード、体勢からピンポイントで走りこむシルバに出したセスクの技術の高さ!

『ゼロトップ』と揶揄されることもあった今大会のスペインですが、それはセスクが居るからこそ成り立ったシステムであり、どこのチームでも再現出来るような物では決して無いでしょう。
パスサッカーのスペインが辿りついた、正に極地ともいえるサッカーを見せてもらいました。

ただ、試合を見るにイタリアの選手はかなりコンディションが悪かったように思えます。
イングランド戦、ドイツ戦、それぞれの試合で相当疲労が蓄積していたのでしょう、流石にこのレベルで1週間に3試合をこなすというのは、いかなプロとは言え厳しい物があったのではないかと思わざるを得ません。

特にキエッリーニを失ったのは痛かったでしょう。
確かに先制点で抜かれてしまったのは事実ですが、それはセスクがあの瞬間あまりにも輝いたからであって、決してキエッリーニのタレントを落とす物では無いはず。

そして、イタリアにとっての運命的だったのは後半開始直後だったかと思います。
ディナターレに訪れた2回の好機。あれが決まっていれば、もう少し展開は違ったものになったはず。ひょっとしたら、交代のカードにモッタを切らずに済んだかもしれません。

そのモッタが負傷退場した瞬間、この試合は終わってしまったように思いました。
細かいエリアで最高のパスサッカーを披露するスペインに対して、スペースの余裕を生んでしまっては勝負になるはずもありません。今のスペインに対抗するには最高の準備を整え、そして最高の試合をしなければ到底勝敗に持っていけないでしょう。

その点、今回のグループリーグ初戦の試合はまさにお互い十分な状態だったように思います。
どうせなら、あの試合が決勝で、今回の試合が初戦だったら面白かったかなぁ…

いずれにせよ、スペインの強さは圧倒的です。
次のW杯で果たして誰がこのスペインに待ったをかけるのか?
キーマンのシャビ、イニエスタが状態を維持すれば、ちょっと難しいかもしれませんね。

今朝の3時半から始まった試合を生で観戦した管理人。
現在、既に眠気でヘロヘロです(苦笑)
今日はもう早く眠る事にします…
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。