スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の中華そば 加藤屋 にぼ次朗

みなさんこんにちは

昨夜は大変失礼いたしました(苦笑)
最近出かけるようになったお店で楽しく呑んでいたら、酔っぱらってしまい…
とりあえず、自分の意思で何とか出来るうちにお店で記事をアップしたわけです。

画像を添付すれば良かったのにと思いますが、そんな余裕は無かった模様(苦笑)
まぁ、そんなになるまで飲むなよ!って感じです…
でも、たぶんまた出かけて飲むんだろうなぁ…

さてさて、今日のお話もまた食べ物系です。
仕事場から数キロ離れたところを通りかかった際、新しいラーメン屋を発見。
名前を見ると『幻の中華そば 加藤屋 にぼ次朗』と書かれています。

もともと滋賀県は大津のお店だと思うのですが、ここ数年支店展開を始められました。
その支店で出されるラーメンは本店と趣向の違う、いわゆる『二郎系ラーメン』を出しておられます。
以前から一度食べてみたいなぁとは思っていたのですが、なかなかその機会が無かったところに今回の出店。これは良いチャンスだと、お邪魔してきたのですが…

大津の駅近くにある本店には何度か行ったことが有るのですが、そちらは鶏ガラと魚系醤油ラーメンで、大変食べやすいラーメンで、非常に美味しかったです。そのラーメンがベースの二郎系ですから、一体どんなラーメンなのかなと興味津津。

お店に入ってすぐにある券売機で食券を購入。
まずは最もオーソドックスなにぼ次朗で。
最近はお腹が老化しているので、大丈夫かなぁと少し不安(苦笑)

カウンターに座りしばらく。
お店の方が野菜等をどうしますか?と聞いてこられたので『野菜マシ』と注文。
ますます大丈夫かなぁと不安に(笑)

12061401.jpg
こちらがやってきた『にぼ次郎』
どうですか、流石野菜マシの威力は絶大です(笑)
果たして食えるのか…

とりあえず、最初はスープを頂きます。
ひとくち…
『あ、美味しいわ』
大津のお店に通じる、鶏ガラと魚のWスープの上品なベースは変わりません。
とても飲みやすく、頂き易いスープです。

さらに麺をひとくち。
麺自体は太麺ですがモチモチ、ツルツルとしており非常に食べ易い。
夢を語れさんのような『ゴワゴワ』した感じはありません。
あれはあれで美味しいんで、私は結構好きなんですけど(笑)

とりあえず野菜を一生懸命食べます。
野菜といってももやしがとっても多く、意外にあっという間に量が減りました。
しかし、野菜からの水分の為でしょうか、スープが少し薄くなってしまったように感じます。
次回はタレ濃い目でお願いしようかな。

麺も前述したとおり口当たりの良い物で、するすると胃に入っていきます。
気が付けば、これだけの量のラーメンを軽く食べてしまいました…
これなら、次回はもう少し量を多くしても問題無さそうです。

初めて食べた加藤屋さんの二郎系ラーメン『にぼ次郎』。
これは結構アリだなぁと感じた管理人でした…

【お店紹介】
店名:幻の中華そば加藤屋 鞍馬口にぼ次朗
場所:京都市北区鞍馬口通り室町東入ル上御霊町上江町232-3
電話:075-415-2288
営業時間:AM11時半~PM3時 PM18時~PM22時
定休日:なし


ごちそうさまでした!
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

二郎風

こんにちは!
去年あきひでサンのとこでコメお邪魔した者です。実は
友人に慶応出身のバリバリの古参ジロリアンが居まして
以前、その友人ににぼ次郎の事を「二郎系」と話したら

あれは二郎系でも二郎インスパイアでもなく「二郎風」だ
絶対に「二郎系」とは認めんっ
と烈火の如くお叱りを受けました、わけわからん(笑)
美味しければ何でもかまわんのですが。。。

彼が熱く語るには、なんでも今関西で最も二郎に近いのは
一乗寺の池田屋だそうですv-410

>>ラーメン大好きさん
こんにちは、ご無沙汰致しております。
レスが遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

一度私もあの三田の本店に伺ったことがあります。
意外とあっさりとした味わいだったなぁ…

確かににぼ次郎は二郎系とは味的に明らかに違うと思います。見た目は同じ方向性なんですが。

池田屋さん、まだ行ってないです。
一回あそこも行きたいのですが…
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。