スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KATOの新型PFでセンゴック!(3)

みなさんこんにちは

今日でいよいよ11月も終わりです。当たり前ですが、明日からは12月となり今年も僅か31日を残すのみとなりました。間違い無く今年は良い年ではありませんでした、あの大震災を始め数々の天災が各地を襲いました。
残り31日となる最後の1ヶ月位は何か良いニュースに恵まれないだろうか?
これは誰しも共通した想いではないでしょうか…

さて、そんな11月最後の本日も模型ネタです。
つい先日完成させたEF81の勢いが残っているうちに、センゴックも仕上げてしまいたいと、珍しく連日工作机に座り続けました。時間的制約などで大きな進捗はありませんが、前進したことに間違いはありません。

111022_EF65-1059_006.jpg
ボディの塗装剥離やパーティングラインの処理は終わっていたので、手すりの取り付け作業です。
側面のはしご上にある手すりにはRファクトリーの1.2mmの物を使用します。

111022_EF65-1059_007.jpg
こんな感じになりました。ボディからの出っ張りの長さに注意しながら調整します。
綺麗に揃えると見栄えが大変良いので、丁寧に並べてから瞬間接着剤で固着。

111022_EF65-1059_008.jpg
ボディ正面部と上部にある手すりは1.4mmの物を使用。
先ほどの手すりとは長さが違うので、この辺は注意が必要かと。
こちらも長さを揃えることを意識しながら整えていきます。

111022_EF65-1059_009.jpg
ついでに、屋根上機器のクレーンフックも全て取り付けてしまいました。
こちらは0.4mmの穴を開けた後、0.2mmの手すりを取り付けていきます。
今まで何度もEF65は作りましたが、この作業は当初から全く工程を変えていないなぁ~

穴を開けたり整えたりしていたら結構な時間となってしまいました。
まぁ、あんまり根をつめても上手くいかないので、かえってこの方が良いのかもしれません。
明日、もしもまた工作する余力が残っていたら、次は足回りを触っていこうと思います。

今回は意外と早く出来るかもしれない!?
ちょっと自分に期待する管理人でした(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

敦賀の全検明けローピンEF81を作る(最終回)

みなさんこんにちは

いつものことですが、今回もまたかなりの時間を頂きました。
この企画にしても始めたのは確か夏頃だったような…
気が付けば季節はもう冬に差し掛かるところです(苦笑)

改めまして、ようやく完成しました。
半年近くもかけた割には今回もまた大した出来ではないなぁ~
ただ、ウレタンクリアという新しい試みに挑戦出来たのは良かったです。
今後、もう少し色々な形でこの方法は継続して実験して行こうと思います。

それでは、最終仕上げへ向かう様子から紹介させて頂きます。
昨日、如何ともし難かったコッパーの瓶ですが、本日気合で開封(笑)
そこから最終仕上げが始まりました。

110817_EF81-101_091.jpg
このように、なんとかパンタグラフの擦り板は塗装できました。
昨日はほんと、どないしようかいなと思いましたよ(苦笑)

110817_EF81-101_092.jpg
屋根上の大きな機器箱に見える通風孔にはエナメルの黒でコントラストをつけました。
分かり辛くて申し訳ない画像ですが、実際の車両でもここは黒が結構しっかりと見えるので、今回は最後にこのように色挿しを行ってみましたが、正解だったようです。

110817_EF81-101_093.jpg
最後に銀河モデルのワイパーを木工ボンドで取り付ければいよいよ完成です。
手元にあった日本海のヘッドマークを取り付けてみると、ちょっと雰囲気が出ました。
運転室窓下にあるウォッシャーが目立ち過ぎかも(汗)

110817_EF81-101_094.jpg
そして、今回完成した4両の車両を並べて記念撮影です。
ようやく…ようやく完成しました。
JR西日本釜とJR貨物釜の赤13号のイメージ違いについては、かなり管理人の思惑通りに製作出来たのではないかと勝手に納得しています(苦笑)

振り返ってみると、繰り返しになりますが今回の製作ではウレタンクリアの使用がかなり面白かったなぁと思います。実際に見てみると、普段の塗装よりも少し金属っぽく見えるような、見えないような??
まぁ…トライ&エラー&エラーの管理人なんで、また懲りずに何かやろうと思います(苦笑)
ただ、その『いつか』がいつものように、半年単位なんですよね~

<おしまい>

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

敦賀の全検明けローピンEF81を作る(25)

みなさんこんにちは

昨日午前中のアップでも少しお話しましたとおり、帰宅後はとてもじゃないですが模型製作等出来るような状態ではありませんでした(笑)
その辺、ちゃんと予想して更新したのはやはり良い判断だったようです。まぁ、これは最初から分かっていたことなんですけどね(苦笑)

さて、それではいよいよボディの組み立てです。
休み明けの本日、いつものように仕事はそこそこ、帰宅したのは午後9時前。
お風呂に入って、食事をして、なんやかんやしていたら結構な時間。
果たしてどこまでいけるかな??

110817_EF81-101_087.jpg
いよいよボディの組み立てへと進みます。
ウレタンクリアで仕上げたボディは確かにツヤツヤしています。
ラッカー系塗料でもうまく塗ればコレ位は綺麗に塗装出来るのでしょうが、私の腕ではちょっと難しいかな?いずれにせよ、大体イメージしていた通りの艶感になりました。ただ、塗装表面が若干粗く感じるのは、まだウレタンクリアの癖をまだ把握していないからでしょうね。

110817_EF81-101_088.jpg
ここからが重要なポイントです。
組み立て前に、ボディ内部の出っ張り部分(手すり等)をしっかりと除去します。
これをしておかないと、後でボディが下回りに綺麗に入らなくなります。

その後、KATOのEF81で最も面倒と言われる『窓ガラス』を取り付けます。
最近は慣れてきたので然程苦労しませんが、加工を始めた頃は本当に苦労しました。
それでも、やはり今でもちょっと気合を入れなきゃ難しいのですが(笑)

110817_EF81-101_089.jpg
ガラスや屋根上部分、碍子等一通りのパーツを取り付けました。
ここまで来ればゴールは目の前です、あとは細かい色指しを行えば完成です…

110817_EF81-101_090.jpg
と、ここでつまずきました(苦笑)
パンタグラフの擦り板部分に用いるタミヤの水性アクリルカラーのコッパーが開かない!
どうやら中ではみ出た塗料が固まっているようで、どうやっても開かない…

まぁ…今日はもう時間も無いのでここらにしようか(苦笑)
ということで、完成が伸びてしまったのはこういう理由からでした。
明日改めてもう一回開けるのに挑戦してから、完成まで持って行きたいと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

敦賀の全検明けローピンEF81を作る(24)

みなさんこんにちは

何故こんなに朝早くから更新したのかといいますと…
実は本日、家族の用事でお昼から食事会があり、今から出かけねばなりません。
だいたい実家と食事をするとお酒の量がえらいことになるので、今日はもうおそらく記事の更新は出来ないと考えて、朝から一生懸命模型制作に勤しんだわけです(苦笑)

ただ、もともと朝には大変弱い管理人。
しかも本日は日曜日、そうそう早起きなんて出来るはずも無く、作業も殆ど進まず。
とまぁ、ここらで言い訳が出尽くしたので本題へと参りましょう(苦笑)

110817_EF81-101_085.jpg
数日前に塗装したウレタンクリアですが、流石にしっかり乾燥したようです。
しっかりと表面が固まっていたので、乾燥自体は上手くいきました。

今回は台車にもクリアを塗装しました。
全検明けの機関車の台車って、これでもか!って位テカテカしてますよね?
あの雰囲気を再現しようと考えたわけです。
昨日のわけの分からん実験とは違い、こちらは思ったようなイメージになりました。
鈍く黒い光を放つあの台車の感じが出せたように思います。

この後、スカートを完成させていきます。
といっても、ホースだけを残してこちらのほぼ完成していました。

110817_EF81-101_086.jpg
3台分の下回りが完成しました!
後はいよいよボディの組上げとなりますが、EF81の場合これが結構大変なんですよね。

作業に入れるのはおそらく明日かな??
とりあえず、本日はそろそろ時間なのでここらで失礼致します…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

間抜けな実験日記

みなさんこんにちは

しかし忙しい1週間でした。ここまでバタバタすることが無いので、今週のイレギュラー営業はかなり堪えました。如何に普段はサボっているのかという裏返しということでしょう(苦笑)
ただ、これから年末にかけて雑用がますます増えると思われるので、しばらくはこんな調子かもしれません。こうして、模型製作はどんどん遅れていくわけです(笑)

さて、今日の記事は模型製作ネタですが、ちょっと毛色の違うネタです。
以前から考えていた、とんでもないアホなアイデアを実現しました。
どんなアイデアなのかと言いますと…

『超音波洗浄機にコンパウンド溶液を入れて研磨する』
という、荒唐無稽なものです(苦笑)

何故こんなことを考えたのかといいますと、ボディ塗装完成後の磨き出しを行う際、細かい箇所を磨くのが鉄道模型の場合入り組んだ箇所が非常に多いので、その全てを磨き上げるのは至難の業です。
人の手が届かない場所まで綺麗に平均的に磨くためにはどうしたら良いか?当然このような要求が発生してきます。
そこで考案したのが、先ほど述べたような『コンパウンド溶液に浸して磨いてしまえばどうだろうか?』という手法でした。

さぁ果たしてどうなるのか?
特に深く考えず、とりあえずやってみよう!ということで今回実験してみました。

11112601.jpg
今回実験に使用したクレオスの液体コンパウンドです。
お店に並んでいる商品を全部買ってきました。
たぶん、こんな買い方するのは私だけでしょう(汗)

11112602.jpg
実験に使用したKATOの583系です。
棚の中で眠っていた車両で、実験用に選ばれてしまいました(笑)

11112603.jpg 11112604.jpg
まずは通常の使用方法で磨いてみましょう。
写真では少し分かり難くて恐縮致しますが、左側が磨いた後、そして右側が磨いていない製品状態のボディの様子です。実際に見るとかなり艶が出ているのですが、このような輝きが全体に出てくれれば良いのですが…

11112605.jpg
で、意を決して超音波洗浄機にコンパウンドを流していきます。
どぼどぼどぼ…

11112606.jpg
3本分のコンパウンドを流し込んだ後、水を追加して完成!
3本分なんで、約1,800円弱です。なんかとんでもなく勿体無いような気がしてきました…

11112608.jpg
そしていよいよボディを投入です。
コンパウンドの中に沈み込むとボディは全く見えなくなります。
電源を入れてもどうなっているのか分かりません…

投入後しばらく、ボディをコンパウンド溶液から取り出します。
しっかりとコンパウンドを洗い流し、今度はコンパウンドを超音波洗浄機でしっかりと除去します。
さぁさぁ、果たしてあのボディはどうなったんでしょうか…

11112607.jpg
どうですか、この輝き!!!


……
………

変化無しだ(汗)

大失敗です。
世の中そんな簡単に上手くいくはずありません(苦笑)
やっぱり手間をかけてじっくりと磨くしかありませんね。

実は今回の実験、画像に収めては居ませんが、コンパウンド溶液の処理が大変なんです。
おそらく成分に含まれているグリセリン等の為でしょうが、取り出したボディはネトネト。超音波洗浄機の底にはコンパウンドが沢山残ってしまい、それを洗い流すのに往生したり…

結論。
決して真似しないでください。
掃除が大変な上に、無駄な出費がかさむだけです(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ヘトヘト連続日記…読み飛ばし推奨 (笑)

みなさんこんにちは

今週いっぱい、会社の事情でバタバタです。
途中で祝日が入ったこともありますが、そこそこの時間に帰社出来たのは木曜日のみ。
その他、本日も含めて月曜日、火曜日は午後11時をとうに過ぎてようやく帰路に就く日々…

ただ、私の周りの人の話を聞くと、これでも可愛いもんみたいですね。
ある人は今月2日しか休んでない上、朝6時から25時までとか、月間の『残業時間』(かっこにしたのは、勿論そんなもの会社が認めてくれるはずが無いという意味<汗>)が100時間を軽く突破とか、そんな方がちらほら…
そうかと思えば、ほぼ定時帰宅で仕事もぼちぼちって方達はこぞって年収1000万を軽く突破するというこのアンバランス(苦笑)

一体どうなっているのだ!?
働いた方が給料安くて、マイペースだと給料高い!?
んな、アホなぁ~(涙)

勿論、働いた時間に比例して利益が生まれるわけではないので、こういうことが実際にあるわけです。
反感を買ってしまうと思いますが、実際世の中は平等ではありません。
能力のある人たちは効率良く仕事をこなしていきます、それはもう驚くほどの手際です。
そういう力のある人たちが高い報酬を得るというのは、当然と言えば当然のことです。
同じ外見の人が居ないのと同じで、能力の多寡が存在するのは至極当たり前のこと。

出来得る事であれば、私もそんな能力を持って生まれたかったなぁ…
人はそれぞれさまざまな能力を有して生きているはずです。
果たして私の能力はなんなんだろうか?
だぶん、そんな誰かに先んじられるような『ナニカ』は持ち合わせていないんだろうな(苦笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

初期型EF81をKATOで作ってみる(最終回)

みなさんこんにちは

昨日に引き続き本日も鉄道模型ネタです。
今回紹介するのは、実に昨年からずっと延ばし延ばしでここまで引っ張って参りました、EF81初期型の記事です。ようやく、なんと1年越しでの完成と相成りました(苦笑)

途中で幾度も挫折しそうになりましたが、何とか完走することが出来ました。
然しながら久々の完成ということで、相変わらず低い完成度が輪をかけて酷いことに…
その辺りどうぞ、大きな心でもってご覧頂ければ幸いです(苦笑)

101118_EF81-2_079.jpg
ボディまで完成していたのは敦賀の釜達と同じです。
ただし、この2号機にはウレタンクリアを採用していません、通常のクリア塗装です。
初期型の正面で外見上大きなポイントとなる尾灯のレンズを取り付けていきましょう。

101118_EF81-2_078.jpg
使用するのは勿論、銀河モデルのこのパーツです。
このような細かいパーツが安定して供給されているという事実は本当に素晴らしいこと。
パーツメーカーさんの存在無しに私の模型加工はありえません!

101118_EF81-2_080.jpg
外側から爪楊枝で木工ボンドを少しだけパーツに取り付けます。
その後、レンズパーツをえいやっと差し込むと一気に表情が引き締まりました。
その後、ワイパーを取り付ければ…

101118_EF81-2_081.jpg
苦節1年、ようやく完成しました、EF81-2号機!
1年もかかってこの出来か…なんて仰らないでください(苦笑)

101118_EF81-2_082.jpg
最大の難関でもあった屋根上部分の加工も何とか表現できました。
決して美しい!とはいえませんが、一応初期型の屋根上らしくはなったと思います。

現実世界ではこの2号機も3月のダイヤ改正で運用を離脱してしまっています。
日本海縦貫線ではここ数年国鉄型からJR型への変換という大きな波が訪れています。
このEF81初期型は遂に稼動機が現在数台(28,33の2両?)となってしまいました。

いつも言ってることですが、模型の世界ではそんな彼らの雄姿をいつまでも眺めることが出来ます。
近日中に現在乾燥中の敦賀の釜シリーズが完成すれば、この2号機と並べて記念撮影しよう!
そんな楽しみ方が出来るのもまた、鉄道模型の素晴らしさです。

<おしまい>

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

敦賀の全検明けローピンEF81を作る(23)

みなさんこんにちは

今日はなんと鉄道模型ネタです(笑)
もともとは模型がメインだったはずのこのブログも、管理人のグダグダ日記と成り果ててからかなりの時間が経ちました。最近では模型ネタどころか、鉄道ネタすら珍しいという末期的状態に陥っています(汗)

そうなんです、このブログは鉄道ブログだったはず!
冷静に考えて、こんなオッサンの日常なんて、どなたも聞きたくないですよね(苦笑)
というわけで、本日は久々に模型ネタ再開です。

さて、製作途中になっている敦賀のEF81シリーズですが、本体加工はほぼ完了しています。
後はクリアを塗って、組み上げるだけの状態までこぎ付けていました。
そして、そこから時が止まってしまい、今に至ります。
今朝、目が覚めるととても良い天気。よっしゃ、一気に仕上げてしまおう!
気合一発、朝から工作机に向かう管理人。そして、取り出だしたる塗料がこちら…

110817_EF81-101_080.jpg
フィニッシャーズカラーの『ウレタンクリア』です。
今回、敦賀の全般検査明けローピンを製作するにあたり、最も意識したのがあの『ピカピカ』のボディです。通常のクリアよりも、もっとピカピカした感じが欲しい!そこで目をつけたのがこのウレタンクリアでした。
以前から興味があった塗料なので、今回思い切って使用してみることにしたわけです。

110817_EF81-101_081.jpg
ウレタンクリアの場合、二液を混合して使用します。
ウレタンクリアの場合、主剤と硬化剤の二液を正確に混合しないとしっかり固まりません。
そこで、このようにインジェクターを用意して正確に液量を計りました。
ちなみに、混合率は説明書に『主剤9:硬化剤1』と書かれています。更に、同じく用意されているウレタンクリアをそこに20%程度ほど追加して使用することにしました。

110817_EF81-101_082.jpg
カップを用意して、今度はひたすら攪拌します。今回は5分以上攪拌しました。
この攪拌という作業がまた重要で、しっかりと混ぜておかないとこれまた硬化不良を起こします。
何故こんなに細かくこだわるのかといいますと、以前にロッドメイキングをしていた頃、このウレタンクリアでかなり苦労した経験があるからです(笑)

このような工程を経て完成したウレタンクリアを0.5mmのエアブラシを使用していよいよ塗装します。
ただ、あまり強く吹くとボッテリした感じになってしまうので、普段よりすこし控えめに吹いてみました。とにかく、初めての試みなのでどれがベストなのかは分かりませんが、その全てが貴重な経験になるので、一つ一つの工程に意図を持つように心掛けています。

ウレタンクリアの場合、主剤と硬化剤を合わせた時点で硬化が始まっているので、今回は作業の様子などを記録することなく、一気に塗装してしまいました。よって、作業の様子が全く紹介できません(汗)

110817_EF81-101_083.jpg
全てのパーツに塗装後、ウレタンクリアに用いた道具を全てクリーニングします。
普段よりも時間をかけてしっかりと清掃しました。ウレタンクリアが残ってしまうと、後々大変困ったことになるので、ここは面倒でもしっかり作業を行うほうが良いと思います。

ちなみに、使用したのは『gaiaカラーのツールウォッシュ』ですが、これで良かったみたいです。
先ほど様子を見てきましたが、しっかりとウレタンクリアは洗浄されていました。

110817_EF81-101_084.jpg
ウレタンクリアは温度で硬化時間が大幅に変わります。
また、以前の私の経験では低い温度で放置すると場合硬化不良をよく起こしました。
そこで、今回はこのように乾燥機の中で長時間乾燥させることにしました。

さぁ後はこのまま数日間乾燥させればいよいよ完成です!
初めてのウレタンクリアが吉と出るか凶と出るか??
答えは数日後に判明します…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

やりつくした感(苦笑)

みなさんこんにちは

昨日に引き続き本日もかなり遅い帰宅時刻となりました。
『日が変わっていないじゃないか!』という、ご尤もなツッコミを頂戴いたしますと答えに窮してしまいますが、ここまで帰宅時刻が遅くなることはあまり無いので、本日も昨日に引き続きヘトヘトです(苦笑)

帰宅してからまずお風呂に入り、一日の疲れを洗い流します。
特にここ数日は一気に気温が下がったので、熱いお風呂は体を芯から癒してくれます。
そして風呂上り、時計を見ると既にもう11時を回っています。

とりあえずまずはブログを更新せねば!
でも全然ネタが思い浮かばない。
何か無かったな??
そこで思い出したのが、ウイイレです(苦笑)

11112201.jpg
発売から1ヶ月、オンラインの監督モードでひたすら良い選手を集めてきたら、ご覧のような『完全なる銀河』チームが完成しました(笑)
どっからどう見ても、銀河系集団です(笑)
ランキングを見てみると、戦力ランキングでも資産ランキングでもかなり上位のほうに位置する、とんでもない金満チームへと進化しました。

正直ここまで来るとやりつくした感があります。
これ以上の選手を集めようにも、そんな選手は存在しないのですから(汗)

しかし、こんなに強い選手を集めているにもかかわらず、コンペでは未だに決勝トーナメントには殆ど進めないという、非常に歯痒いチーム…
ここまで来たのですから、これからは『最も弱い銀河系集団』として、その道を極めていこうかなぁとも思っています(苦笑)

テーマ : ウイニングイレブン
ジャンル : ゲーム

ヘトヘト(苦笑)

みなさんこんにちは

実は先ほど帰宅しました(苦笑)
週明けの月曜日、色々とありましてかなりの仕事が朝からどっさり。
営業活動を終えて会社に戻った時点で既に午後10時頃、それから事務処理や調べ物等を行ってようやくひと段落ついた時にはもう一日も終わりに近づいていました (笑)

残念ながらうちの会社には残業などという神々しい物は存在しないので、いくら時間を過ごしても給料には全く影響が有りません。まぁ、そんなに遅くまで会社で時間を過ごしているので、逆に光熱費の請求が来ないだけマシだと思えば、これもまた我慢出来るかも(苦笑)

そんなわけで、本日はただの管理人のグチ日記となってしまいました。
流石にこれだけで記事を終えてしまうのは気が引けるので、困った時のプレスリリースということで、JR西日本のウェブサイトから面白そうな企画を本日は紹介しようと思います。

特急列車をご利用のお子様に オリジナル「JR西日本トレーディングカード」をプレゼント

JR西日本管区を走る一部の特急列車に乗車し、更にその列車で指定された駅に下車すると数種類あるトレーディングカードがもれなくもらえるという子供向けの企画です。
カード自体はランダムでもらえるそうで、中にはスペシャルカードなるものも用意されており、何度も楽しめる企画となっているようですが、お子様向けの企画なので我々はもらえません(笑)

仕事で北陸路へと出かける際に、うまく子どもを連れて行ってあげられたらラッキーかな??
と思っていたところ、こんな企画切符も発売されていました。

『Japanese Beauty Hokurikuキャンペーン』商品 「北陸乗り放題きっぷ」発売!
3日間北陸地方の車両に乗り放題の切符のようで、これは乗り鉄的にかなり使えそうな気がします。
この切符を使えば、サンダーバード、しらさぎ、はくたか、北越は勿論、きたぐにも時間帯によっては使用可能ということで、実はかなり面白い旅が出来る予感がします。
そして、この乗り鉄旅に子どもを連れていけば、一挙両得か(笑)

とまぁ、そんな脳内旅行を楽しんでいたら、少しは体が楽になったかな…
いや、ダメだ。
今日はやっぱり早く寝よう(苦笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

可哀相なことをしてしまった…

みなさんこんにちは

数年前にご近所さんから頂いたカブトムシの幼虫。
そこから毎年増えて増えて数に困ったこともありましたが、約4年ほど順調に飼育してきました。
昨年からは爆発的に増えないよう、数を絞って飼育してきたこともあり、今年も幼虫の数はおおよそ10匹程度と丁度良さそうな数で飼育ケースに入れておりました。

ここ数年、あまりにも簡単に飼育出来たことで気が緩んでいたとしかいいません。
既に12月にもなるかというのに、飼育箱の土替えを今まで行わずにいたのです。
確かに週末の行事やなんやでバタバタしていたのは事実ですが、明らかに甘く見ていました…

本日、思い出したかのように土替えを行おうと飼育ケースを取り出してきたところ、少し様子がおかしいことに気が付きます。というのも、この時期にケースを持ち上げると、必ずケースの底にかなり大きくなった幼虫の姿を見ることが出来るのですが、その姿が全く見えない。

『これはまずいかも!』
慌てて表に飼育ケースを持ち出してから、新聞紙の上に土を広げてみたところ…

11112001.jpg
やっぱり…1匹も見当たらない…
更によく見ると、干からびて死んでしまった幼虫の姿が何匹か視界に飛び込んできました…

今年の春に入れ替えたこの土では栄養が足りなかったのか?
若しくは、湿気がなくなってしまってカラカラの状態になっていたのか?
いずれにせよ、非常に環境の悪い状態のまま放置してしまっていたようです。
本当に可哀相なことをしてしまいました…

仕方がないと諦め、広げた土を元の飼育ケースに戻していたところ、上の子どもが突然大きな声で『うわっ!いたっ!』と大きな声で叫びました。そんなバカな、完全に死滅してしまっていたじゃないかと半信半疑で彼の指差すところを見てみると…

11112002.jpg
本当だ、いた!
この時期としては考えられないほど小さな個体ではありますが、確かに生きている!
奇跡的にと言っても差し支えないでしょう、何と1匹だけ生きながらえていたのです!!

急いで新しい土に取替え、しっかりと水分を補給してから再びこの1匹を土の中へと戻しました。
これまでの非常に悪い栄養状態で完全に成長不良となってしまっているようで、このまま大きく育てるのは難しいのではないかなと思っています。しかし、せっかく生き残った最後の1匹。何とかこの1匹だけは大きくしてやりたいのですが、果たしてどうなるやら…
何とか、生き延びて欲しいと心からそう思っています。

テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

ブルートレインな本に出会う

みなさんこんにちは

昨日のニュースで大きなショックを受けた人は私だけでは無かったでしょう。
皆さんきっと『無くなるだろう』とは半ば覚悟していたと思います。しかし、実際にそのニュースが活字となって、公の場(実際にはまだ報道機関のニュースであり、JRの公式発表ではありません)に現れると、やはり気持ちがガクッと落ちてしまったと思います。

朝、ネットニュースで私があの記事を見つけた時はまさにそんな感じでした。
『やっぱりなぁ…』と。
ここまで何度も日本海の撮影に出かけました。
また、今年は念願だった乗車も叶いました。
しかし、その経験は何度あったとしても物足りなく感じるのは感じるのが鉄道ファンの性という物でしょう。

そんな何ともいえない残念な思いで一杯になった昨日、会社の帰り道に立ち寄った本屋さんで、そんな寂しい気持ちの私にダイレクトに訴えかけてくるような一冊を発見してしまいました。
躊躇無く手に取ったその本といのがこちらでした…

11111901.jpg
学研から発売された『ブルートレインFan』という雑誌です。
懐かしいブルートレインから、今正に消え去ろうとしているブルートレインまで、その魅力を伝える雑誌でした。

中身を拝見すると、各列車の歴史や乗車記など、正直言って目新しいものはありません。
しかし、私は別に目新しさというものを特に求めていないんですね、要はさまざまな角度から見た、あらゆる『ブルートレイン』を見つけられたら、それで十分なんです。

北斗星の乗車記、私が生まれた頃に書かれた『あさかぜ1号』の乗車記。
どこかで見たような内容だけど、でも決して同じでは無い新鮮さ。
ただ、そのいずれからも伝わってくるのは、ブルートレインに乗るということの『高揚感』です。

いよいよ日本海も来春で終わってしまいます。
残るブルートレインはあけぼのと北斗星のみとなりました。
おそらく、もう時間は殆ど無いのでしょうね。
今しか出来ないこと、無くなってしまっては感じられないこと。
これからの一瞬、一瞬を本当に大事にせねばならないと、改めて思いました。

11111902.jpg
おまけ。
この雑誌にはこんなDVDがついてきます、在りし日の雄姿が詰まったDVD。
ゆっくりとお酒でも飲みながら鑑賞しようと思います…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ついにきてしまったか…

みなさんこんにちは

ブルートレイン・日本海、来春ダイヤ改正で引退

今朝のwebニュースで遂に出てしまいました。
ある程度分かっていたこととはいえ、あまりにも寂しい。

本当にさみしい。
それ以上の言葉が出ない。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ラーメン 一番星

みなさんこんにちは

このブログで何度かお話していますが、基本的に管理人の昼食は外食です。
そしてまた、これも何度もお話していることで、ラーメンが大好きなんです。
以前に亜喜英さんを紹介した時にもお話しましたが、チェーン店ではない個人点の場合、その店その店の個性がとても出ており、その違いを比較的安価に楽しむことが出来るのがラーメンの素晴らしいところではないでしょうか。

ただ、これも以前にお話しましたが最近はコッテリがきつく感じることも多々。
お店によっては『チャーシュー抜きで』と注文することも珍しくありません。
昔はあんなに脂っこいものが好きだったのに…
小さい頃、大人に『大きくなればわかるよ』とよく言われました。
その言葉の深さ、重さが最近非常に良く分かります(苦笑)

さて、そんな管理人が最近特によく出かけるお店を紹介します。
もともと、以前からお伺いしていたお店なんですが、もう少し若かりし頃はあれこれと色んなお店を探索することが楽しくて、同じお店に短い期間内で何度も行くようなことはありませんでした。
しかし、昨今の体が求めるものの変化(苦笑)から、お伺いする店がかなり限られてきました。また、その限られたお店でも大体方向性が決まってきます。

そこで今回紹介するお店のラーメン屋さんがこちらのラーメンです。
見た目は非常にシンプルなラーメン、しかし僅かに見えるチャーシューがこのお店の特徴です。
そう、岡崎にある『一番星』さんです。

11111701.jpg
見た目の通り、こってりというよりはアッサリとした豚骨ベースの醤油ラーメンです。
しかし、勿論ただのアッサリというわけでは決してなく、肉系の旨さを存分にスープの中に抱え込んでおり、一口スープを飲むと、そのアッサリ旨でやめられない、とまらない!

また、こちらのお店はチャーシューが有名!
普通の並を頼んでも、かなりの枚数が入っています。
しかし、大事なところはそんな枚数のお話ではありません!
最近脂物が厳しい私でも全く躊躇することなく食べられるそのチャーシューは、余分な脂分が程好く削ぎ落とされ、柔らかい食感は更なる食欲をそそります。

そしてこのお店の特徴である『しば漬け』。
なんのこっちゃ?と仰られる方が殆どだと思います。実はこのお店、ラーメンを注文すると小鉢に『しば漬け』が付いてくるんです。たぶん、食後のお口直しにということで用意されていると思うのですが、私は麺を食べた後にこのお漬物を一緒に食べて、その味を楽しんでいます。
ちょっと変わっているかな??(苦笑)

非常に美味しいラーメンなんですが、インパクトが抜群に有るわけではない。
然しながら、食べて数日後にはまた食べたくなるような、飽きの来ないしっかりとしたラーメン。
あぁ、こんなこと書いていたら、また食べたくなってきましたわ(笑)

【お店紹介】
店名:一番星
場所:京都府京都市左京区岡崎北御所町28-4
電話:075-751-9692
営業時間:11:00~15:00,17:00~20:00
定休日:木曜日


ごちそうさまでした!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

敦賀の全検明けローピンEF81を作る(22)

みなさんこんにちは

今日は本当に久々の鉄道模型ネタです(苦笑)
思えば、ウイニングイレブンを手にして、iPhoneを衝動買いしたあたりから、模型ネタは全く無かったような気がしないでもないですが…(汗)
まぁ…今年も後僅かですからね、何とかセンゴックまでは仕上てしまいたいと思ってます。

と、これだけ偉そうに言ってるにもかかわらず、ネタ事態は全然対した事ありません。
帰宅時刻が最近とても遅いので、模型を触ることの出来る時間が削られてしまい…
こんな感じなので、そりゃあなかなか完成しませんよね。

110817_EF81-101_078.jpg
本日の主役です。
以前に沿線住猫さんから頂いた区名札です。
大変素晴らしい出来のデカールで、大事に使わせていただいています。

このデカールをサイズに切り出して、ボディに乗せられます。
コレ位小さいと、さすがの管理人でもそこそこちゃんと貼ることが出来ます(笑)
コンテナデカールだと、いつも悲劇的なことになるんですがね…

110817_EF81-101_079.jpg
ソロソロと、落ち着いてゆっくりと貼ってみましたが如何でしょうか?
『敦』のマークが入るだけで、機関車としての完成度が一気に上がるように思います。
この区名札デカール、サイズ以上に存在感のある素晴らしいアイテムですね。

で…
実は今日はコレだけなんです(汗)
ここまで触って、時計を見ると既に11時半越え、更新に間に合わない!!
というわけで、作業を切り上げてきました。

次の更新は何時でしょうか!?
う~ん…
作っている本人が一番分からない(滝汗)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

がっくり…

みなさんこんにちは

いつものように仕事を終え、自宅に戻ります。
そして、おもむろにPCを立ち上げ、ネットブラウザを開けた瞬間…


負けとるがな…


がっくりきました…
一日の疲れがどっと、3倍か4倍になって襲ってきた感じです(苦笑)

確かに3次予選は突破しました、もう負けても何の問題もありません。
それに、北朝鮮との試合はいつもしんどい試合ばかりで、確実に勝てる相手ではなかったのは間違い無く、過去にも終了間際にようやく追いついた試合や、先日のようにギリギリ勝ち越した試合など、日本はここまでかなり苦戦してきました。

でも…それでもやっぱり悔しいものは悔しい!
どんなことでも、負けるのは楽しくない!!

というわけで、本日管理人の気力ゲージはゼロになってしまいました(笑)
今日はとっとと寝ます。

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

国鉄色の赤プレPFがやってきた!

みなさんこんにちは

敦賀機関区でEF81-108号機の様子を撮影したのが午前9時頃。
実はこの日、早朝の日本海撮影時に一緒に撮影した方から『5087レには1077号機が入っていますよ』という、大変ありがたい情報を頂いておりました。
EF65-1077号機と言えばそう、国鉄色で赤プレート、更にスノプロ付きの釜!
原色の赤プレートが大好きな管理人にとっては最高の釜!
ということで、敦賀から北陸道を通って一気に東海道本線へと向かいました。

竜王インターで降り、目指す篠原の踏切へと向かいます。
相変わらず天気は良いのですが、ところどころに小さな雲が…
まぁ、気にするほどのことも無いなぁと思いながら20分ほどで現地に到着。
すると、お一人が既に現場でセットされておられました。

挨拶を交わして、早速私も三脚の用意をします。
通過時刻まではそれほど余裕は無いのですが、なれた場所なのであっという間に準備完了。
さぁ、やってこい!といった感じでした。

11111401.jpg
111112 11:30 765T 快速 223系?編成 東海道本線 篠原-野洲

最近、223系にはこのようなヘッドマークが用意されています。
同じ通勤用列車でも、ヘッドマークがつくだけで全く格好良さが変わってきますね(笑)
本来の通過時刻とややずれるのは、たぶんカメラの内蔵時計が狂っているからだと思われます…

さて、この列車が通過して後、先客の方がどうも三脚の不具合で困っておられる様子。
どうやら、足の長さを締め込んで固定するタイプの三脚の締め込み部分がおかしい様子。
何度も何度もねじを一生懸命締めこんでおられるのですが、一向にねじが締まらない模様。

かなり長い時間格闘されているのですが、全く状況が改善しないようで…
こうなると、見て見られなくなってしまい、つい出しゃばりなんですが声を掛けてしまいました(汗)
早速その不調部分を拝見すると、本来なら回転させて足が固定させる部分が空回りを起こしており、全く三脚の脚が固定出来ない状態になっていたのです。

早速不具合のある部分をバラしてから改めて組み込んでみようと思うのですがうまくいかない。
この時、目的の列車通過まで大よそ10分強、果たして間に合うのだろうか!?
あぁでもない、こうでもない、とあれこれ不具合部分を触ってみるのですが直らない。
そうこうしているうちに、遂に踏切が鳴り出してしまい、タイムアウト…
撮影者の方は結局手持ち撮影となってしまいました、悔しい!!

11111402.jpg
111112 11:49 5087レ EF65-1077号機牽引 東海道本線 篠原-野洲

まぁ、写真自体は上手くいったんですけどね、なんかしっくり来ません(苦笑)
然しながら、情報通りの1077号機はやっぱり最高に格好宜しいです。
朝方情報を下さった拓海パパさん、ありがとうございました!

さて、ここで諦めては模型加工の端くれとして面目が立たない!
時間の制約が無くなってから改めてもう一度三脚の修理にトライです。
冷静になって、不具合部分の構造を再確認。どこにどんな部品が組み合わさっているのか、改めて検証します。そして、これを最初からすれば良かったんですが、現在ちゃんと動いている部分をバラして、正しい組み立て方法を確認しました。なんでそれに気付かなかったんだろうかと、後からとても反省しました(苦笑)

正常部分の構造と同じになるよう、不具合箇所を組み立てなおします。
部品を正しい場所に戻し、慎重に、ゆっくりゆっくりとねじを締めこむと…


直った!


やった!直った!
しかし、なぁんでもっと最初から冷静に組み立てなおさなかったかなぁ、私…
三脚の持ち主の方も喜んで頂いたようですが、時間内に直せなかったことを反省。
ただ、次回からは同じようなトラブルでもしっかりと対応出来ると思います(苦笑)

11111403.jpg
111112 12:04 ?レ EF65-1128号機牽引 東海道本線 篠原-野洲

やれやれとお話していると、踏切が鳴り出しました。
遠めに、なんとなくPFっぽいなぁと思っていたら、SL北びわこ号の客車回送でした。
急いで反対方向を撮影したので、とりあえず撮っただけの写真となりましたが、やはり青い原色EF65と青い客の組み合わせは最高に格好良いとしか言いようがありませんね。

その後、三脚の持ち主の方は御用があるとのことでお帰りになられました。
偉そうにでしゃばった上に時間内に直せずに申し訳なかったです。
また、それ以外にも色々とお話をして頂き誠にありがとうございました。
残った私はそのまま写真撮影を続けます。

11111404.jpg
111112 12:17 5085レ EF210-11号機牽引 東海道本線 篠原-野洲

既に東海道・山陽本線の貨物列車の主と言っても過言ではありません、EF210桃太郎牽引の貨物です。
今はEF65やEF66-0を追い出した張本人として正直嫌われ者の感もあるEF210ですが、この機関車もいつかは消え去っていく運命。また、現在のように登場時の姿がいつまで維持されるかも分からないわけですから、こうして普段からの撮影も決して疎かに出来ませんよね。

11111405.jpg
111112 12:22 5071レ EF210-11号機牽引 東海道本線 篠原-野洲

なぁんて、ちょっと分かったような口をきいていますが、単純に格好良いから撮影しているだけなんですけどね、私の場合は(笑)機関車牽引列車ってのは、どんな機関車でも変わらぬ魅力があると私は思います。

11111406.jpg
111112 12:36 3092レ EF510-6号機牽引 東海道本線 篠原-野洲

こちらは北陸路の新しい顔になりつつあるレッドサンダーことEF510-0。
そういえば、この機関車は手元に無いなぁ…
またどっかのお店で初期ロットを見つけたら買っておこう(笑)

というわけで、3回にわたってお届けしてきた撮影記はこれにておしまい。
EF81-108号機の全般検査出場により、しばらくは楽しい獲物が増えました。
冬の足音が聞こえるまでの短い間、何とか良い写真をものにしたいですね…

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

全検明けEF81-108号機を敦賀機関区で

みなさんこんにちは

上り日本海の撮影を新疋田駅で終えた後、管理人は敦賀機関区へと移動しました。
もちろん、狙いは先ほど日本海を牽引して青森から帰区した108号機です。
うまく敷地外から撮影出来るところに居てくれれば良いのですが…

とても気持ちの良い青空の下、敦賀機関区に到着。
どこに止まっているかな??と歩いていると…

11111301.jpg
最初に視界に入ってきたのは、昨年全般検査から出場した101号機です。
全検出場から既に1年が経過しましたが、まだまだ綺麗な状態を保っていると思います。
で、実車を見て改めて『早く完成させねば…』と思ったのは内緒です(汗)

更に敦賀駅側へと歩いていくと、車庫のある線路に何やらそれらしき物が…
急いでよく見える場所まで歩いていくと、そこにお目当ての108号機が佇んでいました。

11111302.jpg
どうです、ピッカピカでしょ?
先ほどは霧の中だったので、その輝きを十分に発揮出来なかったのですが、今度はよく分かります。
ただ、写真には写っていないのでわかりませんが、手前に521系が停車しており、108号機が見えるのはこの2エンド側の先頭部分だけです。

11111303.jpg
でも、ちゃんと検査表記は見ることが出来ました。
『23-11 金沢総』という文字がしっかりと読み取れます。
また、ATSの検査表記の横に最近JR西日本の釜に見られるバーコードのようなものも確認出来ます。

ボディだけではなく、台車もピッカピカですね!
砂撒き管がグレー(銀色?)で塗装されているのも大変良く分かります。
このピカピカ感を出すのが今回の模型での最大の目的なんですが…

11111304.jpg 11111305.jpg
美しい状態のパンタグラフも前後から撮影しておきましょう。
ただ、上からの撮影は不可能なのでランボードの塗装などはわからないのが残念!
でも、ランボードの側面はグレーっぽいので、そこからランボードがグレーに塗られているのであろうという推測は出来るのですが、果たして一体??

とりあえず、EF81-108号機の様子を撮影出来たので大満足の管理人。
さぁ帰ろうかなと、元来た道を歩いていると…

11111306.jpg
3月に運用を離脱した『食パン電車』こと419系が未だ廃車されずに留置してありました。
半年以上も運用から離脱しているからでしょう、あちこちにサビが浮いてきています。

11111307.jpg
側面のナンバーを見ると、なんとトップナンバー編成では無いですか!
おそらくこの列車も近いうちに松任に送られ、廃車されることとなるのでしょう。

EF81-108号機を確認できた喜びと、419系トップナンバー編成の最後の姿を見た寂しさ。
敦賀機関区はそういった複雑な思いの交差する場所となりました…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ピカピカパーイチ捕獲の巻

みなさんこんにちは

昨年から続く敦賀のEF81全般検査シリーズも第3弾となるEF81-108号機が一昨日の10日、遂に敦賀からの4002レ日本海の運用に入りました。

早朝4時半頃、玄関を出ると妙に明るい。あぁそうか、満月だ。
空にはところどころ雲も見られますが、基本的には星空の良い天気。
これはきっと良い写真が撮れるぞ~とワクワクしながら京都を出発したのですが…

途中、コーヒーを買いに寄ったコンビニでポックルさんにメールを送ってみるとすぐに返信が!
おそらくポックルさんも同じようにお出かけだろうと思っていたのですが、図星(笑)
で、メールの内容を確認すると『霧が出ていますよ~』という、大変ありがたくないお返事が(汗)
慌てて電話を掛けてみると、既に現地に到着しておられたポックルさん曰くどんどん雲が増えてきているとのことで、あまり状況は芳しくない様子。とりあえず、私もそちらへ向かいますということで現場へ向かったのですが・・・

現地に到着するまでもなく、マキノから国境の峠を越える辺りになると小雨がパラつく始末(苦笑)さっきまでの良い天気はどこにいったんや!と思わず無情の空に一人悲しくツッコミを入れてしまいました。
現場に到着するとポックルさんだけではなく、ドライモンさん等その他大勢の方がヤレヤレといった感じでお話されておられました(笑)

周りの方々に伺ってもどうやら天候はどこも悪い模様。
これならば違う場所で狙っても良かったかなと思いましたが、せっかくなんで皆さんとお話させてもらうほうが面白いかなぁとその場で待機。狙いのEF81-108号機牽引の日本海を待つことにします。

11111201.jpg
111112 07:31 4004M サンダーバード4号 ?編成 北陸本線 今庄-湯尾

ご覧の通り、霧の中での撮影です(苦笑)
どうやら列車に遅れが出ているようで、このサンダーバードも10分ほど定刻より遅れて通過。
しかしこの非貫通681系の顔は格好良いと思うなぁ~

11111202.jpg
111112 07:37 3096レ EF510-15号機牽引 北陸本線 今庄-湯尾

今日は通常通りのレッドサンダー牽引となりました、3096レです。
この列車も普段より少し遅れての通過です。
その後、周りの方々からの情報で、日本海も大体20分ほど遅れが出ているとのこと。
まぁ、今日はこんな感じで仕方が無いなぁと皆さんと会話も弾みます(苦笑)

11111203.jpg
111112 08:11 4002レ 日本海号 EF81-108号機牽引 北陸本線 今庄-湯尾

遅れることおおよそ30分でしょうか?踏切が鳴り、いよいよ列車がやってきました。
遠めに見てもピカピカの機関車の存在感はこの悪天候でも隠しようがありません!
このきれいな状態で撮影出来る期間はほんの僅かだけです。
次回こそ、素晴らしい天気に是非恵まれて欲しい…

その後、お約束コースの新疋田駅への移動。
ただ、この日はダイヤが乱れているので、どんな時間帯でやってくるのか分からなかったので、いざ移動しても撮影出来る保証はどこにもありませんが、まぁそん時はそん時ってことで(笑)

比較的交通量の多い北陸道から敦賀の町を越え、新疋田の駅に到着。
そうそう、敦賀の町に入ると今度は抜群の好天気!
さっきまでの悪天候は一体なんやったんや~(涙)

既に駅には多くの撮影者の方が集まっておられます。
そんな中、駅の最も北寄りのポイントへと急いで向かいます。
時間も無いだろうということで、小走りでホーム先端に到着すると皆さん勢ぞろい(笑)

11111204.jpg
111112 08:44 5054M? しらさぎ54号? ?編成 北陸本線 新疋田駅

おそらくこれも遅れているしらさぎ54号だと思われます。
しかし素晴らしい光線に恵まれました(笑)

11111205.jpg
111112 08:52 4006M? サンダーバード6号? ?編成 北陸本線 新疋田駅

サンダーバード6号は12両のフル編成!
長大編成の特急列車はやっぱり格好良い!!

そして、このサンダーバードが通過後すぐ場内の信号が開通しました。
敦賀側に見える接近ランプが点灯を始めました、いよいよ日本海がやってきます。

11111206.jpg
111112 08:57 4002レ 日本海号 EF81-43号機牽引 北陸本線 新疋田駅

今度はトワ釜の機関車に変えて、主役の堂々登場です。
本日の牽引機は敦賀の釜で最古参の43号機でした、ラッキー!
しかし本当に良い天気に恵まれました!!

撮影後、この日お世話になった皆さんにご挨拶をしてから新疋田駅を後にした管理人。
さぁ、次のポイントへ行くぞ~!ってところで今日のお話はおしまいです。

最後に、本日も大変お世話になったポックルさん、ドライモンさん、京キトさん、あと素晴らしい情報を教えて下さった拓海パパさん、本当にありがとうございました!またどこかの現場で、どうぞよろしくお願い致します。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

111111の雑記雑感 (笑)

みなさんこんにちは

今日は2011年11月11日、記載方法などでは『111111』となり、書類作成の時にちょっと笑ってしまいましたが、同じようなことを思った方がきっと今日は世界で何人もいらっしゃったことでしょう。

さて、そんな111111の朝、例のiPhone4Sの様子がおかしい。
電源をオンにすると、充電が切れていたようなので充電開始。
ところが、どれだけ充電を続けてもバッテリー残量の数字が増えない!!
『4%』と数字が固定されたままで、全くそれ以降充電されていない模様。

これは完全におかしいぞということで、一旦充電器をはずしてみると…
なんと、充電器を外しているにも関わらず、電池のアイコンは『充電中』のまま(苦笑)
更に、表示は4%のままで逆に減ることも無い状態(汗)
買ってまだそんなに経ってないのにこれは辛い…

しかも、ネットを見るとiOSの修正プログラムが配布された模様。
今回、早い段階からiOS5.0のバッテリー消耗が異様に早いという報告があったため、その対応策として早期のバージョンアップが行われた様子ですが、私のiPhoneの不調はそれとは関係無さそう…

あれやこれやと悩んだ挙句、結局そのまま放置。
仕事もあるし、もういいやとその場は諦めて会社へと向かいます。
その後、仕事の合間に確認すると、バッテリー表示は相変わらず4%のまま…
『これは修理行きかな?』と半ば諦めかけていたのですが、仕事帰りに知人の方にその話をしたら『電源一回切ったら直るで!』と指摘されました。そこでようやく気付いたのは、私が電源の切り方を知らなかったということです(苦笑)
そうなんです、私そんなことも知らず今の今まで使っていたんですね…
やり方は簡単で、ボディ上部のボタンを長押しするだけだったんですが、試してみたところ不具合は解消!バッテリー表示は正常に戻りました。おそらく、機械物によくある『突発的なバグ』だったんでしょう。そう思うことにしました(笑)
その後、無事にOSのバージョンアップも完了しました。後は実際にどれ位電池の持ちがよくなったのか確認するだけですね。

そして夕方、ニュースに飛び込んできたのが巨人の清武オーナーによる告発会見。
ナベツネこと、渡辺恒夫氏が絶大過ぎる権力を有するが為に、現場が非常に困惑しているという会見だったそうですが、どうもこの会見清武オーナーの独断だったようです…

とにかく、凄いなぁと思ったのはその行動力です。
あれだけ強烈なナベツネさんというトップに対して、それこそ十分な地位にある人があからさまに反旗を翻すなんて、よっぽどの勇気が無ければ出来ないことです。もちろんそこに様々な裏事情があるにせよ、ないにせよです。

特に最近大手企業での不祥事ニュースが多く報道されました。
今までの日本的な感覚が徐々に変化を始めたということでしょか?
さぁ果たして、この先日本はどうなっていくんでしょうかねぇ…

テーマ : どうでもいい話
ジャンル : 日記

EF65-1094号機

みなさんこんにちは

今回の記事はいつもの梅田貨物ターミナルでのEF65PF定点観察ネタです。
先日、仕事でお昼過ぎに通った際に撮影してきた写真なんですが、今回は二色更新で白プレートのEF65-1094号機の紹介となります。

前回の1121号機の際には他にも多くの撮影者の方がいらしたのですが、今回は誰もおられません。
まぁ…平日の真昼間ですもんね(汗)
そうそう、今回の撮影は全てiPhone4Sを使用しました。ちょっと画質が悪くなりますが、単純に資料という意味合いでの公開ですので、ご了承頂ければと思います。

111106_EF65-1094_001.jpg 111106_EF65-1094_002.jpg
EF65PFには様々なバリエーションがあって本当に面白いですね。
今回の1094号機は更新色でナンバーが本体と同色。
パッと見は確かに派手さが無いですね…

111106_EF65-1094_003.jpg
広角側で撮影してみると、車両全体を画角に収めることが出来ます。
まぁ、コレ位のサイズになってしまうと、模型の資料集めとしてはちょっと大き過ぎるかな??

111106_EF65-1094_004.jpg 111106_EF65-1094_005.jpg 111106_EF65-1094_006.jpg
本当ならばもう少し画質の良いカメラを使いたかったんですが…
まぁ、資料として残しておくのが重要なのであって、細かいことは言いかぁ(笑)

111106_EF65-1094_007.jpg
最後に2エンド側の屋根上写真をアップして本日のネタはおしまいです。
さぁ、次はどんな機関車が来るかな??
楽しみ楽しみ。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(最終回)

みなさんこんにちは

一通り展示車両を見終わった頃になるといよいよ空から雨粒が本格的に…
天気予報では昼から雨が降り出すということだったので、予報どおりといったとこです。
そのため、本来ならば屋外で建屋周りをぐるっと回るはずのミニ新幹線達は建屋の中での乗車になるというアナウンスが午前中から為されていました。

こういった子ども向けの乗車イベントは大概凄い行列になります。
本来であれば、開門と同時にこの手の催し物には向かわねばなりませんが、今回は他にも多くのイベントに参加したために、今回は乗車する予定はありませんでした。

しかし…
子どもたちにはそんな論理、理屈は当然通じません(笑)
当然の如く『乗りたい!』と言い出します。
そうなれば親としては、仕方ないなぁということになりますよね…

それでは行ってみようかということで会場に行ってみると、当然の如く長蛇の列(笑)
係りの人が持つ案内板には待ち時間40分の文字が(汗)
子供達にその旨を伝えると、待つ!とのこと…
というわけで、この長い列の一番後ろへと並ぶことにしました…

11110901.jpg
で、待つこと数十分。
ようやく乗車することが出来ました(笑)
ただ、建物の中での運転ということで、1週辺りの時間も短くなり、思ったよりは早く乗車することが出来たように思います。これが屋外であれば、乗車時間がもっと長くなるので、待ち時間も当然それに比例して長くなってしまったでしょうね。

ということで、今回の吹田工場一般公開内での催し物参加はこれにて終了!
外の雨は既に本降りへと変わっており、家族揃って傘を差してから表に出ました。
楽しかったなぁといいながら、出口へと向かう道すがら、建物の奥に何やら見慣れた車両が…

11110902.jpg
東海道本線からも見える、本線脇の線路に留置されていた元雷鳥用のパノラマクロです。
既に向日町の車庫からは姿を消しており、吹田で多くが廃車解体されたと聞いていましたが、このパノラマクロはまだその姿を留めていました。
しかも、このパノラマクロ、よぉく見ると…

11110903.jpg


2001!A1編成クロだ!


ダイヤ改正前の最終雷鳥33号で使用されたA1編成。
なんとこの留置車両、その編成に組み込まれていたクロ481-2001でした!
ひょっとすると、この車両も梅小路へ…
と、淡い希望を抱いてしまう瞬間でした(汗)

この後、管理人一家は少しずつ雨がきつくなり始めた会場を後にしました。
帰り道、我が家以外にも多くの家族連れの方が雨の中吹田駅へ向かう姿が見られました。
そして、どこの子どもも皆一様に楽しそうな顔をしているのがとても印象的でした。

いつもお話していることですが、このようなイベントには本当に多くの手間が掛かると思います。
それで無くとも、関係者の皆さんは普段から大変お忙しいはずです。しかし、そのお忙しいはずの時間を我々ファンの為にこのように惜しげもなく割いて下さっているのです、これは本当にありがたいことであると言わざるを得ません。

逆に言うと、我々鉄道ファンはその思いに応えられるだけ会社に貢献できているだろうか?
せめて、関係者の方々に迷惑だけはかけないようにしよう。
そう思わざるを得ません。

最後に、あらためて関係者の皆さん、今年も本当にありがとうございました。
今年も存分に家族で楽しませて頂くことが出来ました、心より感謝申し上げます。
出来うることであれば、また来年も是非どうぞよろしくお願い致します。

<おしまい>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(4)

みなさんこんにちは

吹田工場一般公開見学編も今回で4回目です。
ここまでは会場で行われていたイベントを中心にお伝えしてきましたが、今回は展示車両の紹介です。
といっても、正直今年は去年に比べると面白みにかけたかな…(汗)
ただ、去年はちょっと凄過ぎた感もあるので、仕方が無いかな?

去年は『北陸路のエース達』と銘打って並べられていた構内東のほうの留置線へと向かいます。
昨年見学した車軸を組み付ける機械のある建屋を通り過ぎ、会場内の最東端へ。
すると、留置線横にある建屋にも多くの人たちが…

なんだろうな?と見てみると、車両部品の販売コーナーでした。
このコーナーに入るには、こちらも参加希望の当選はがきが必要で中の様子をうかがい知る事は出来ません。しかし、後から聞いたところによると廃車になった485系や103系のナンバーが多数用意されていたとか…
ただ、それも勿論結構な金額だったようで、とても購入出来るような物ではなかったようです。
そうそう!そして例のEF81-45号機のナンバープレートです!
あれ、某サイトの情報によるとなんと…


124万円


だったそうで…
まぁ、予想していた金額くらいだったわけです。
いや、ほんと、凄いです…
もう完全に良い商売として成り立つ世界ですね(苦笑)

さてさて、話がかなりズレてしまいました。
それでは撮影した写真の紹介といきましょう。
まず最初は、留置線に並べられていた車両から…

11110801.jpg
昨年はまだその姿を見ることが出来なかった287系です。
今後のJR西日本の看板列車の一つになるであろう形式ですね。
今回は既に山陰線、福知山線で営業で用いられている赤いラインのものと、まだ営業に入っていないくろしお用の青いラインの入った編成が並べられていました。
この青いラインの編成、結構きれいだなぁと思うのですが??

11110802.jpg
見たことのあるこの車両はU-TECHですね。
何かの試験車両らしいのですが、詳しいことは知りません(笑)
昨年確か敦賀で見た記憶があります。

11110803.jpg
こちらはクモヤです、最近の485系183系廃車回送ではよく見られたそうです。
といっても、私は廃車回送を実際にこの目で見たことは無いのですが…
ただ、こういう模型はちょっと作ってみたいなぁとは思っているんですよ。

話は変わりますが、この日ポックルさんから何度か連絡を頂いておりました。
当日の朝、ポックルさんは敦賀界隈で撮影されていたそうなんですが、イベントにボンネットがあるはずなんで、そのヘッドマークを教えて下さい。というご質問を頂戴していたのです。
しかし、先ほどの会場(昨年展示されていた場所)にはボンネットの姿が無かったので、ポックルさんには『ボンネット見当たらないですよ~』と返答したら、ポックルさんは『おかしいなぁ』と仰います。
ポックルさんの情報なんだから、間違い無いはずだし変だなぁ?と思っていたら…

11110804.jpg
全然違う場所にいらっしゃいました。
しかし、ご覧のようにかなり色あせてボロボロになってしまっておりまして…
ヘッドマークも付いていなくて、なんだかちょっと寂しい感じです。

11110807.jpg
よく見ると、その後ろには青い103系が繋がっています。
更に目を凝らしてその103系のナンバーを見てみると…
そうです、あの『クハ103-1』トップナンバーの103系です!
この2両、おそらく今後梅小路に予定されている博物館で展示されるんだろうなぁ。

11110805.jpg 11110806.jpg
そのボンネットはどこにあったのかと言うと、ご覧のマルタイの公開イベントの後ろでした。
ゴゴゴゴ!と大きな音を立てながら、路盤の掘り起しなどをする様子が見られました。
このような裏方の機械によって鉄道は安全に運行されているんですね。

とまぁ、主だった展示車両はコレ位だったのではないでしょうか?
後は車体釣り上げ作業に用いられた183系の先頭車だったと思います。

去年よりは確かに面白みには欠けたかもしれません。
しかし、こうして間近で列車を見ることなんてそうそう出来ることでは有りません。
そういう意味でもやっぱり、このようなイベントは貴重なものなんだなぁと再認識しました。

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(3)

みなさんこんにちは

大きな社員食堂で昼食を済ませた管理人一家。
いよいよ次に向かうのは本日のメインイベント、特急車両運転台での記念撮影です。
去年ははるかに用いられている281系の運転台でしたが、今年は果たして??

社員食堂から表に出ると、先ほどまでは何とか堪えていた雨が…
土砂降りというほどではありませんが、しとしとと会場に冷たい雨が降り始めました。
しかしながら、こんな天気でも相変わらず多くの来場者の方が構内を訪れている様子で、会場内はどこの催し会場でも沢山の参加者で賑わっていました。

さぁ、それではいよいよ特急車両運転台記念撮影の会場へと向かいましょう。
昨年までとは違い、今年から抽選によって当選した人にだけ参加出来るようになったこのイベント。確かに、昨年は同じ内容のイベントで待ち時間が2時間以上というとんでもないことになっていたので、抽選制にしたのは正解だったかもしれませんね。

そうそう、今回の当選者にはJRから直接電話があって、希望時間を伝えることが出来ました。
我々はお昼過ぎからの時間帯を希望したのですが、当選者700組すべてに直接連絡をとって時間調整をするというのはとんでもない労力だったと思います。確かに参加者としては非常にありがたいご配慮であるのは間違い無いのですが、関係者の方々の労力を思うと少し申し訳ない気がしました…

11110701.jpg
さて、いよいよ我々も会場へと到着。
おぉ~!今年の使用車両はパノラマ運転台のオーシャンアローだ!!
早速受付を済ませて、列に並びます。

11110702.jpg 11110703.jpg
列に並んでいる間、普段は絶対に近寄れない台車付近の様子を観察。いつかこういう事が模型作成のために役立つことでしょう(苦笑)
そうこうする間にあっという間に列の先頭までやってきました。流石、時間枠まで調整して頂いているおかげですね、ほとんど待ち時間も無く車内へ入ることが出来ました。

11110704.jpg
そういえば、このオーシャンアローのパノラマ車両には何度か乗車したな…
あれからもう2年くらい経つのかと思うと、妙な汗が出てきます(苦笑)

11110705.jpg
車内に入ってからはもうあっという間に我々の順番が回ってきました。
本当ならば、もう少しこのグリーン車のシートを堪能したかったのですが(笑)
運転室に入り、子供たちそれぞれの記念撮影をしてもらい、オリジナルのクリアファイルに写真を入れてもらって受け取ります。ちなみに、1枚100円ですがその価値は十二分以上でしょう。

もちろん子供たちは超ご機嫌!
二人ともニコニコと大事そうにその写真を眺めていました。
普段あまり運が良いとはいえない管理人ですが、今回ばかりは良いところで運が向いてくれました。
ほんと、ありがたいなぁと感じた瞬間でした。

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(2)

みなさんこんにちは

今年も家族一同で参加したJR西日本の吹田工場一般公開。
基本的にこのようなイベントは家族向けの催し物が多く、子供たちにとっては大変楽しいものとなります。今回もまた様々な企画が用意されていましたが、昨日紹介した電車塾もそのひとつ。
まぁ、こういう催し物のおかげで『子供たちを楽しませている』という名目が立つので、多くのお父さん方にとっても都合の良いイベントとなっているのですが(笑)

さて、そんな吹田工場見学日記2回目の本日のネタはまたまたお子様向けイベントの紹介です。
電車塾会場を後にして構内へ進もうと思うと、すぐに目に付いたのが『ペーパークラフト製作』のイベント会場です。建物の入り口に見本が用意してあり、建物の中で各自用意されたペーパークラフトを製作するというものです。

11110601.jpg
2階建ての建屋の2階に用意されたお部屋にペーパーと製作用の文具が用意されています。
沢山の種類の中から『一人3枚』好きな列車の台紙を選択します。

11110602.jpg 11110603.jpg
会場は多くのお子様たちがこのように一生懸命に列車作りにはげんでいます。
種類によっては結構レベルの高いものもあって、親御さんたちも苦労されていました。
今回私は全くタッチせず、ウチの奥様が子供たちと一緒に製作していたのですが、ご他聞にもれず彼女も見事に失敗されておられました(笑)

11110604.jpg
家に持ち帰ってからの撮影ですが、こちらが今回子供が製作した作品です。
図工の学習としても、子供たちにとって本当に素晴らしい教材であると思います。
しかし…5歳の子供の選択肢が『103系』『流電』『クモヤ』ってのがなぁ(笑)

他にも大勢の参加者がいらっしゃるので、ここでは1両のみ製作して残りは家で製作することに。
この後、家族で会場にある社員食堂で今年もお食事を頂きました。
ここでお昼ご飯を頂くのもこのイベントでは欠かせない行事です(笑)

昼食後、いよいよ運転台での記念撮影に向かいます。
今年乗車出来る運転台は何の車両かな??
わくわくしながらイベント会場へ…

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(1)

みなさんこんにちは

なかなか涼しくならない11月最初の週末、今年もJR西日本吹田工場一般公開イベントへ家族で出かけて参りました。
昨年は素晴らしい天気に恵まれましたが、今年は生憎のお天気。開門時刻となる10時頃に吹田駅に到着すると、ポツポツと雨粒が…確かに天気予報では午後から雨が降ると伝えていましたが、ちょっと早いのでは??

慌てて駅近くの100円ショップで傘を1本余分に購入。
こういうところがいい加減な管理人らしい所以でしょう(苦笑)
傘を購入してさぁ行こう!となったら、雨粒はどこへやら…
得てしてこんなもんです、世の中(笑)
とりあえず、雨はまだ降らない様子なので一安心。

11110501.jpg
駅から家族で吹田工場まで歩くこと約10分少々、ようやく正門前に到着。
今年も沢山の来場者がこの吹田工場へと集まりました。
早速私たち家族も中へと入ります。

さて、中に入ってすぐのところでイベントの案内が。
なにやら小学生以下の子供たちを対象とした電車塾が開催されるとか。
子供たちには丁度良いなぁと言うことで、早速そのイベント会場へと向かいます。

11110502.jpg
会場は正面入り口からすぐの線路脇にある小さな平屋の建屋でした。
中をうかがうと既に多くの人が開始時間を待っておられる様子。
我々一家も早速中に入り、座席を確保します。すると、中で係員の方々から座席はなるべく子供達に座らせ、我々保護者はお部屋の後ろで見て欲しいとのお話がありました。
すると、室内はまるで授業参観のような状態となりました。とても面白い(笑)

11110503.jpg
建物にはこのようなポスターが貼られています。
そろそろ時間となりますが、果たしてどんな授業が受けられるのかな??

11110504.jpg 11110505.jpg
満員御礼と相成った室内では、子供たちの元気そうな声があちこちから上がります。
そんな中『なおちゃん博士』という先生が講師役として登場しました。
この『なおちゃん博士』が電車のこと、吹田工場のことを子供達に講義してくれました。

なんとなく『さ○なくん』のキャラ作りだったような気がします(笑)
でも、とっても分かりやすく、私も非常に勉強になりました。

しかしビックリしたのが、子供たちの知識です。
おそらく小学校高学年程度の子供たちだと思うのですが、細かい車両の知識を問う質問でもあっさりと答えていました。例えば、形式の問題で『運転室もモーターも無い車両の形式は?』という質問に軽々と『サハ!』と即答するその様子にはちょっとビックリです(苦笑)

11110506.jpg
そして、講義の最後はクイズ大会!
それぞれの座席に用意された両面に『A』と『B』が記載されたA4サイズのカードを用いて、二択形式のクイズに答えていくゲームです。
合計8問のクイズでしたが、後半になるとかなり難しい問題が用意されており、残念ながら我が家の子どもたちは途中でリタイアとなってしまいました(笑)
しかし、それでもかなりの子供たちが満点を確保していましたよ。

数十分のイベント内容でしたが、非常に楽しく、あっという間にイベントは終わりました。
子どもたちは一応に笑顔で、参加させた親御さん達も大変喜んでいたと思います。

頑張ってリハーサルを繰り返したと思われる担当の職員の皆さん!
子どもたちは皆さんの頑張りに大満足でしたよ!!
本当にお疲れ様&ありがとうございました!

さぁ、それでは他のイベント会場へと向かいましょう。
今年はどんな楽しそうなものがあるでしょう…

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

思い出のEF81-45号機

みなさんこんにちは

いよいよ明日となった吹田工場の一般公開イベント。
昨年の様子については、当ブログの過去の記事をご覧頂ければ多少はご参考になるかと思います。
あまり役に立つとは思いませんが、もし宜しければどうぞ…

2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(1)
2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(2)
2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(3)
2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(4)
2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(5)
2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(6)
2010 JR西日本吹田工場一般公開めぐり(最終回)

管理人一家は、子供たちのために(苦笑)もちろん参加させて頂きます。
特に今年の開催では先日もお話したとおり、運転台体験に当選しましたので(苦笑)

話はまた鉄道物品販売へ。
今回のオークションで出品されるEF81-45号機のナンバープレート。
私の場合、鉄道趣味に復帰してからが短いので、こういった車両の記録が少ないんですよね…

11110401.jpg 11110402.jpg
ぱっと見てみると、この2枚とあと少ししかデータには残っていませんでした。
たったの2枚と見るか、それとも2枚も残すことが出来ていたと見るか。
もちろん、後者でしょうね(笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

自衛隊戦車輸送列車をバルブ撮影

みなさんこんにちは

一昨日の夜遅くに一通のメールが届きました。
『こんな遅い時間になんだろ?』と携帯を見てみると、いつも大変お世話になっているドライモンさんからのメール。一体何かな?と内容を拝見すると、どうやら変わった列車が走るらしいとのこと。

曰く、自衛隊演習の為に北海道からはるばる九州は大分まで戦車を輸送する列車が設定されており、その列車が2日の夜遅くに山崎駅で長時間停車するというのです。
そういえばそんなニュースをどこかで聞いたことをうっすらと思い出しました。
その時は全く別の予定があったので、出かけるのは難しいなぁと考えていたのですが…

で、当日の夜。
実はこの日は遠方に出張があり、そこから戻って時間があるかどうかが最大の問題でした。
首尾よく仕事が片付き(いや、仕事が発展し無かったというのが正解!?)、家に戻ると丁度良い感じの時間帯となっています。そこで、せっかくなんだから出かけてみようということで、夜の山崎駅へと向かいました。

現地に到着すると、既に駅の西側踏切には多くの人が…
いつも不思議なんですが、皆さんどうやってこんな情報を入手されるのでしょうか??
かくいう私も現場にいるのですから、何ともいえないのですが(苦笑)

すぐにドライモンさんたちと合流し、バルブ撮影のセットを行います。
ただ、列車がどの辺りに停車するかまでは分からないので、ある程度応用がきく範囲で調整。
その範囲を超えて停車してしまった時は諦めるってことで(笑)

列車到着までの間に皆さんからいろいろとお話を伺います。
その間中もさすがは夜の東海道本線、お昼間とは全く違い貨物列車が次々と行き交います。
そうこうしているうちに踏切が鳴り、下りの待避線にお目当ての列車がやってきました。
ゆっくりと待避線に入ってきた自衛隊輸送列車はソロソロと待避線前方まで進み、そして撮影するには丁度良いポジションで停車してくれました。すると、鳴っていた踏切が鳴り止み、いよいよ撮影会開始です。

11110301.jpg
111102 23:17 ?レ EF66-125号機牽引 東海道本線 山崎駅

暗闇の中に停車するチキの列。肉眼では暗くてよく見えません。
よく見ると、何かの荷物を載せているように見えるのですが、バルブ撮影を行うとその搭載物が非常によくわかるようになりました、確かに乗っているのは戦車です。
停車時間がそこそこあったので、通過する列車の光や踏切を通る車や人の影なんかを使いながら、様々な撮影を行うことが出来て、存分に楽しむことが出来ました。

発車時刻となり、戦車を載せた列車はゆっくりと動き出します。
これからはるばる大分までの道のりを、しっかりとした足取りで進むのでしょう。

今回のような特殊な列車の情報には大変疎い私には非常に貴重な経験となりました。
改めて素晴らしい情報を提供して下さったドライモンさんには感謝です。
また何か面白いことがありましたら、どうぞよろしくお願い致します(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ハッピーセットのプラレール

みなさんこんにちは

先日、家族で京都市内にお出かけしたことについては少しお話しました。
あの日、時間の関係で食事の時間があまり無く、外食する必要性がありました。
で、選択したのがマクドナルド。普段、我が家ではあまりファーストフードのお店に出向くことは無いのですが、丁度ハッピーセットのおまけがプラレールだったこともあり、今回は特別!ということで入店しました。

よく考えたら、私自身もマクドナルドなんて殆ど最近行ってないな…
店内のカウンターでメニューを見ると、昔とは違って色々とある。
正直、どれにしたら良いのかサッパリわかりません!
この辺が年齢に伴う部分かもしれませんね(苦笑)

11110201.jpg
で、子供たちが注文したハッピーセットについてきたのがコレです。
青い袋に入れられており、何が入っているのかが分かりません。
袋には中身のイラストが描かれており、そのイラストを見て子どもたちは『コレが良い!』とか色々言いたいことを仰っています(笑)

この日は色々と予定があったので、その場では開封せず、家に持ち帰っての楽しみとしました。
家に帰ってから、子どもたちがワクワクしながら開けてみると…
なんと、兄弟二人とも500系新幹線!
まぁ、この方が喧嘩にならなくて良かったのですが(苦笑)

11110202.jpg
こちらがその500系新幹線のプラレールです。
製品のプラレールも我が家にはあるのですが、少し小さ目のサイズとなっています。

11110203.jpg
何やらこんな子供たちが私に言ってくるので、聞いてみるとこのようなシールが付属しており、そのシールを貼って欲しいとのこと。自分でやらせても良いのですが、流石に小さい子どもにはちょっと難しいかなと、貼ってやることに…

11110204.jpg
所定の場所にシールを貼って完成!
マクドナルドのオマケおもちゃと侮る無かれ!
意外と格好良いじゃないですか(笑)

更に…

11110205.jpg
なんと、屋根が空いて中身がみられるようになっています!
車内には荷物棚のシールが貼られており、結構手が込んでいます。

こうして子供達にシールを貼った後返してやると、二人は大喜びで遊んでいました。
今回当たったのは500系だったんですが、実は子どもたち他の物が欲しかったそうで…
聞いてみると、上の子どもは雷鳥の485系で下の子どもはカシオペアのEF510。
二人とも、素晴らしい嗜好だと思います(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

よくもまぁここまで集めたもんだ…

みなさんこんにちは

模型製作を完全に置き去りにしている感の強い管理人でございます(汗)
確かに、EF81は最後の最後まで来ているのに全然完成しなかったり…
センゴックも中途半端な加工だけで、ちっとも前に進まなかったり…
やろうやろうと思っているジオラマは、道具ばっかり増えていったり…

いかんいかんと思いつつも、それでも中々前に進まない最大の原因といえば??
そう、これなんです『ウイニングイレブン2012』(汗)
何度か記事にもしましたが、先月の頭に購入以来ずっとハマったままです(苦笑)
しかも、オフラインでは未だに1試合も自分で操作することなく、ひたすらオンラインの『監督モード』で自分のチームの選手層の底上げに必死になっています。

前回の記事でも少しお話しましたが、管理人がプレイしているのはD1ディビジョン。
当初はレベルの高い他の方々にボッコボコにされていましたが、最近ではようやく五分五分程度となりました。日々良い選手を増やしてきたこと、そして勝率が改善されたことにより少しずつチームが良いように回転しだし、今となってはかなりの選手を有するチームとなってしまいました。

11110101.jpg
こちらがまさに現在の状態、このスタメンで試合をこなしています。
プチ銀河系といったところでしょうか…
そこで現在チームにいる32名全ての在籍選手とその総合値を並べてみるとこんな感じです。

【GK】
ビクトール バルデス 89
【CB】
チアゴ シウヴァ 93
ヴィディッチ 93
キエッリーニ 92
ジェラール ピケ 90
ルシオ 90
ジョンテリー 88
クリス 82
ケーア 82
【L&RSB】
マイコン 94
アドリアーノ 86
【DMF】
シャビ アロンソ 94
【CMF】
シャビ 97
イニエスタ 95
セスク 95
ピルロ 93
ランパード 86
ラサナ ディアラ 85
【L&RMF】
ロッベン 94
ペーペ 84
ミシェウ バストス 84
タバヌ 82
【OMF】
スナイデル 88
シルバ 85
ハムシク 84
【ST】
クリスティアーノ ロナウド 97
ペドロ 80
ネネ 78
【CF】
ルーニー 90
エトー 83
ビジャ 82
ファンニステルローイ 79



よぉこんな集めたな(汗)


好きな選手と、システムに合わせた人選行ったらこんなんになりました。
そりゃあこんなけ集めようと思ったら、他の事出来なくなるわなって感じです(苦笑)

しかし…
これだけ凄い人材を集めているにもかかわらず、未だにコンペではベスト16が数回だけ。
如何に私がこのゲームのポイントを理解していないかということですね(笑)

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。