スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵯峨野観光鉄道に乗って…

みなさんこんにちは

気が付けば7月もあっという間に終わりです。
そんな7月最後の週末、家族で実家に出かけてきたのですが、本日皆でお出かけしよう!ということとなり、総出で嵯峨野観光鉄道に乗車してきました。
今まで走っている姿は勿論何度も見てきた管理人ですが、乗車するのは今回が初めてだったので、結構楽しみにしなが出かけてきました。

思い起こせばはるか昔、まだ山陰線が電化されていない時代にこの区間に乗車したことがあります。
当時は旧型客車を使用したDD51牽引の普通列車がまだ走っていた時代、その他にもキハ28,58の急行やキハ82系のあさしおなんかがこの保津峡の難区間を駆け抜けていました。
私の記憶が正しければ、その旧型客車の普通とキハ28.58急行、あとキハ47系に乗車したはず。
今そんなのが走れば、47系以外大ニュースですね(笑)

さて、本日の乗車コースですが、まず最初に馬堀までJRで先に向かい、トロッコ亀岡から嵯峨駅に戻るプラン。往復とも乗車するのも良かったのですが、同じ道を行き帰りするのもどうかな?ってことで、こういうプランになりました。
早速JR嵯峨駅から園部方面行きの普通列車に乗車、次の保津峡駅ではラフティングの方が大量に乗車してこられました。どうやら、保津川急流を何度も楽しんでおられるようです。

馬堀駅に到着し、そこからトロッコ亀岡駅に向かいます。
馬堀駅の窓口でトロッコのチケットを購入しようと聞いてみると、窓ガラスや屋根を撤去したザ・リッチ号の乗車をオススメされました。ただし、そのチケットはここでは買えないが、ザ・リッチ号に乗車したほうが絶対楽しいですよ!と丁寧に説明して下さいました。
せっかくなんでということで、トロッコ亀岡駅に向かい、そこでチケットを購入しようと思ったのですが…なんと満席!期待していただけに、とっても残念でした。

11073101.jpg
嵯峨野側の駅ほどではありませんが、こちらにも沢山の方がいらっしゃいます。
夏休み真っ最中の日曜日、多くのお子様連れで賑わっていました。

11073102.jpg 11073103.jpg
ホームに出てみると、たくさんの狸の置物が我々を出迎えてくれます。
しかし、なんで狸の置物なんやろか??

11073104.jpg 11073105.jpg
しばらくすると、嵯峨方面から列車がやってきました。
機関車とは反対側のほうを先頭に現れました。
先頭車には完全に頭を出して写真を撮っておられる方がいらっしゃいます。
これはちょっと危ないと思うのですが(汗)

11073106.jpg
車内は超満員!
そういえば、嵯峨野駅では立席券発行しかしてなかったような!?

11073107.jpg
先頭のオリジナルカラーDE10には嵯峨野観光鉄道のエンブレムがついています。
このDE10もまさかこんな運命をたどるとは思ってもいなかったでしょうね。

11073108.jpg
真っ青な大空!
とまではいかず、雲の合間に僅かに青い空がのぞいていました。
お陰で、暑さはかなりしのげたんですが(苦笑)

11073109.jpg
嵯峨野駅から下車された方でホームは大混雑です!
ほんと、大繁盛ですね、このご時勢でこの乗車率は素晴らしいとしか言いようありません。
今から保津川下りの船に乗車されるのでしょうか?

さぁ、ここからいよいよ乗車なんですが…
今回はあえてこの先は記事にしません。
というのも、この嵯峨野観光鉄道はあくまで乗車することが目的の列車。
ならば、その内容を紹介したのではせっかくの楽しみをバラしてしまうような気がして(苦笑)

ただ、素晴らしい景色と変化のある保津川を眺めての約25分間は十分に価値があると思います。
乗車券は大人一人600円ですが、このお値段を考えると、得られる感動はそれ以上といえます。
今度は往復で乗ってみようかな?
そんな風に、またまた乗ってみたいと思わせてくれる、そんな楽しい一時を与えてくれる鉄道です。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

試験塗装のロクヨンセン(13)

みなさんこんにちは

久しぶりに何にも用事が無い週末の土曜日。
製作が滞っているEF64-1010号機を仕上げてしまおうと、模型机に朝から向かいます。
残る作業工程は後わずかですが、その少しが長い道。
さぁ、頑張るとしましょう~

塗装関係の作業はほぼ終了しているので、ボディに色々とパーツを組み付けます。
最近は色んなパーツを取り付けているので、これが結構大変。
しかし、その分見た目の雰囲気は良くなるので、遣り甲斐もあるってもんです。

110516_EF64-1010_035.jpg
その前に、前面部分の色挿しを行います。
前面部下にあるステップに銀色を塗ります。
正面から見るとかなり目立つのでここは一発綺麗に仕上げていきたいのですが…

110516_EF64-1010_036.jpg
やり方としては、至極原始的な方法を選びました。
ズバリ、極細の筆でさらっとひいてしまう。
その為、塗料が垂れるのを防ぐため、塗料が伸びるギリギリの粘度を探ります。
これによって、塗った下側に塗料が回り込むのを防ぐわけです。

110516_EF64-1010_037.jpg
おっかなびっくり塗ってみました。
これにはもう、技術もクソも何もありません。ただひたすら、息を止めてじっくりとそろりと塗るだけです。慎重に筆を進める、それだけです。

110516_EF64-1010_038.jpg
前面のステップ周りが何とかうまくいったところで、今度は区名札を。
沿線住猫さんにご用意頂いた、この赤い区名札が青いボディによく映えます。

110516_EF64-1010_039.jpg
予め塗装しておいた各種手すり類を取り付け、瞬間接着剤で固定します。
この時、ちゃんとどこにどの手すりを取り付けるのかを記録しておかないと、綺麗に取り付けられませんので、私はメモ書きしたものを用意して作業を進めています。

とりあえず本日の作業はここで終了。
まだもう少し作業は残っていますが、後1週間ほどで完成させられそうです。
この勢いで頑張ろう!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

あれこれおもうこと

みなさんこんにちは

今日もまた鉄道ネタではありません。
然しながら、多分今日は鉄道ネタを持っていたとしても書かなかったかと思います。
思うところが重なってきましたので、少しお話させてもらいます。

まず最初に、元プロ野球選手の伊良部氏がお亡くなりになりました。
享年42歳、その早過ぎる死について私も大変悲しく思います。

現役時代からテレビなどの報道で『悪童』というイメージを植えつけられていた伊良部氏。
しかし、実際の彼はそんなイメージとは裏腹の大変優しい方だったそうです。
また、非常に繊細な神経を持っていらっしゃる方だそうで、そういう部分もテレビなどが紹介する彼の姿とは大いに違うものといえるでしょう。

後からこんなことをいうと、怒られてしまいそうなんですが…
現役時代からの数々の報道を見ていた時から、私は何となく伊良部氏はそんな『テレビの姿ではない』人であるように感じていました。どうしてか?と問われるとわかりませんが、あのぶっきらぼうな話し方の裏側から垣間見られる神経質そうな感じに妙な親近感を覚えたのかもしれません。もちろん、私は伊良部氏のような才能など微塵も持ち合わせていませんが、人様と接する時に感じるあの緊張感への対処法について同じような手法をとっているような気もします。

伊良部氏は先発の前日、緊張の余り眠ることが出来なかったそうです。
そこで、お酒を飲むという風になったそうです。当然レベルは違い過ぎるのは承知しておりますが、何となくそのお気持ちは分かります。私も仕事に向かう際や、これからのことを思うと気持ちが滅入ってしまって耐えられなくなることがよくあります。しかし、それを表に出すわけにもいかず、どこかで未消化のままやり過ごしていくうちに妙なストレスがかなり溜まってきたような気もします(苦笑)

それにしても42歳、余りにも早過ぎる死去。
しかし、彼にとってこの世というのはそれ以上に身を切り裂くようなものだったのでしょうね。
心よりご冥福をお祈りいたします。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

殆ど何も出来ない日々

みなさんこんにちは

えっと…
そろそろ連続更新も終わりに近づいてきたかと思います。
ここまで内容の無い日記を晒し続けるのであれば、連続更新なんて意味がありません。
というのも、仕事でバタバタが続いたりで模型加工を行うほどの気力が無い(苦笑)

せっかくここ数日は涼しい日々が続いているのに、なんと無駄な。
こんな時だからこそ、一気に色々なものを仕上げていきたいのですが…
このサボり癖を何とかせねば、本当に自分の人生に支障が出るような!?

今日も仕事で客先(いや、何も買ってもらってないからそうではないか)から酷い罵倒を受けました。
営業マンにとっては当たり前の日常ではありますが、個人的にはこたえます(苦笑)
その他にも、ここ数日はトラブルが頻発して気持ちも少し下がり気味。
ただ、それを理由に何も行動を起こさないのでは言い訳です、こんな時こそ頑張らねば!

明日からは頑張るぞ!
と、とりあえず虚勢をはってみることにしました(苦笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ほっと落ち着いた

みなさんこんにちは

今年は6月末に猛烈な暑さに襲われましたが、以降は比較的落ち着いた感じ。
ここ京都でもいつもの年なら連日35度を軽く突破し、不快指数は200%以上と、いわゆる京都の夏に悩まされているのですが、今年は少し違って日が沈むとかなり過ごし易い日々。

一部報道では既に太平洋高気圧が弱まりつつあるとか??
もしもそうならば、季節が1ヶ月ほど繰り上げてやってきたのでしょうか。
いやぁ、決してそんなことは無いはず。
きっとこれから、あの寝苦しい日々がやってくるに違いない…

そんな管理人。
実は本日大きな仕事の後で、ようやく先ほど落ち着いたところです(苦笑)
そうです、お分かりいただけますね??
鉄道模型どころか、レスすら満足に書けないという情けない状態…

しばらくはこんなペースが続いてしまう気がします。
いやはや、時間というのは何と貴重なものなんでしょうかね(苦笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

本日、また

みなさんこんにちは

いきなりですが…

実は本日管理人の誕生日です!

この歳になると、全然嬉しくありませんけどね(苦笑)
以前にも少しお話しましたが、鉄道ネタで言うと『EF81-106号機』と生年月日は同じです。

まぁ、誕生日くらいはちょっと良いもの食べようってことで本日はちょっと贅沢。
そんなわけで、今日は色々とございまして記事もこれだけ…

また明日以降に本日のお話も含めて、色々とさせて頂こうかと思います。
というわけで、本日はもうおやすみなさいです…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

敦賀の屋台ラーメン『池田屋ごんちゃん』

みなさんこんにちは

ドラクエ楽しいです(苦笑)
思わず今日のお話もこのネタになりそうなところなんですが、ちょっと違うお話。
と言っても、先日の北陸撮影記の延長戦なんですが…

夕方の貨物列車を撮影した後、同行した友人と食事に行こうということになりました。
そこで出た案が、一部で最近大流行の敦賀のラーメン屋さん『一力』。
以前、私も知り合いの敦賀の方から最も敦賀で旨いラーメン屋と伺っていたので、是非行きたいと思っていたのですが、残念ながら時間的に厳しいものがあるので断念。

そこで他に美味しいラーメン屋さんは?ということで、再び敦賀の方に伺ってみると、とある屋台ラーメンのお店を紹介して下さいました。それではそのラーメン屋さんに行ってみよう!ってことで敦賀市内の8号線沿いに出店されているという『池田屋ごんちゃん』へと向かいました。

市内のスーパーと気比神社の間にあるよ!
ってことで、通りを気比神社側から南に向かって車を走らせると、すぐに見つかりました。
早速車を停めて、屋台へと向かいます。

11072501.jpg
敦賀の夜の街にはこのような屋台ラーメン屋さんが昔からありますね。
どうしてこのような文化が生まれたのでしょうか?少し気になります。

時間的にまだ早かったからでしょうか?お客さんは我々ともう1組さんのみ。
一瞬?大丈夫なんかいな??と思ったのも束の間、注文を待つ間に続々とお客さんが来られました。

11072503.jpg
注文した後、おばちゃんがチャーシューの入った入れ物を持ってきてくれました。
なんと、チャーシュー入れ放題という太っ腹のサービスのようです!
しかし…最近めっきりこういうのに弱くなった管理人は、控えめに数個だけ頂きました(苦笑)

11072502.jpg
そしてやってきたのがこちらです。
スープは豚骨しょうゆで、ほんのり甘さが乗ったとても飲み易いスープ!
麺は縮れ麺で、もちちとした食感が大変心地良く、つるつると喉を通り越していきます。

少し前まではこってりラーメンばっかりだった管理人ですが、最近はこの手の少しあっさり系のラーメンが大のお気に入り。数年前とは完全に好みの方向性が変わってきましたが、これは明らかに年齢によるものでしょうね(苦笑)

とにもかくにも、とっても美味しいラーメン屋さんを発見!
また北陸遠征に出向いた際には寄ってみようと思いました。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

我々世代の宝物

みなさんこんにちは

11072401.jpg

また要らぬものを買ってしまった(汗)

我々世代の人間にとってこの『ドラゴンクエスト』というゲームは特別な存在ではないでしょうか?
まだRPGなどと言う単語が一般的ではなかった時代、我々にそのジャンルを教えてくれたソフトと言って差し支えないのではないでしょうか?
その後、続編が発売されるたびに社会現象ともなったこのシリーズ。

最近はもうあまりゲームをすることも無かったのですが、先日のウイニングイレブン以来、ちょっとそのムシがむずむずしてきました。そこにきて、数年前に発売されたこのドラクエ最新作も中古でなんと1,000円ちょっとで販売されており、思わず購入してしまった次第です。

うーむ、またこれで鉄道ネタが…
いかんいかん(滝汗)

テーマ : ▼ゲームの話
ジャンル : ゲーム

700系グリーン車で良い旅を!(下)

みなさんこんにちは

京都駅から700系こだまのグリーン車に乗車し、一路東京を目指す管理人。
果たしてその道中、いつもとは違う旅をどう楽しんだのか??
700系グリーン車シリーズ、本日が最終回です。

定刻に京都駅を出発した列車は徐々にスピードを上げながら、普段見慣れた景色のど真ん中を新幹線らしいスピードで駆け抜けていきます。普段外からしか見ない新幹線の風景も、反対になれば全く世界が変わります。
京都駅から名古屋まではひかり号と同じようなものなので、さほど違和感を感じず。
しかし、名古屋を越えたあたりから、普段との違いを大きく感じ始めました。

まず最初に、多くの駅で通過待ちをする。
これは当然でしょう、のぞみが後ろからどんどん追い抜いていくので。
しかし、通常は2,3分の停車時間ですが、5分ほど停車する駅も出てきます。
こうすると、なんだか在来線で旅をしているような錯覚に陥ります (笑)

三河安城、豊橋と各駅に停車し、次はいよいよ静岡県に入って浜松です。
この浜松駅、5分ほどの停車時間が有るということ。
それならば!ってことで…

11072301.jpg
じゃーん!
ホームに降りて、駅弁も買えちゃいます!
普通、新幹線でそんな余裕なんて考えられません!
こだまだからこそ出来る、楽しいイベントと言えるのでは無いでしょうか?

ちなみにこのお弁当、とっても温かいです。

11072302.jpg
さぁ、蓋を開けてみましょう。
おぉっと…肉厚のうなぎがしっかりと鎮座しています。

どれどれと一口食べてみると…
『やわらかい!』
赤ワインで煮込まれた鰻は、口の中で簡単に崩れてしまうほどの柔らかさ!
また、脂の乗りも素晴らしく、思わず笑みが出てしまう旨さ!
あっという間に完食してしまったのは言うまでもありません…

お腹一杯になった後はお休みタイム。
リクライニングシートでゆったりと眠りにつく管理人、なんと贅沢な時間の過ごし方…
あまりにも気持ちが良かったのでしょう、目が覚めるとなんと品川!
慌てて降りる準備に追われました(苦笑)

今回初めて東京駅までこだま号で出かけてきましたが、結論から言うとこれはアリです。
勿論、乗り鉄という立場からの判断ですが、普段のせせこましいのぞみ号の旅とは違い、なにかどこか牧歌的な雰囲気すらただようこのこだま号は、旅の楽しさを東海道新幹線でも味わえる事を教えてくれました。

これならまた乗りたいかな?
次に乗れるのはずっと先。
でも管理人はもう今から少しそれが楽しみだったりします(笑)

<おしまい>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

700系グリーン車で良い旅を!(中)

みなさんこんにちは

昨日は『乗車記』としたにもかかわらず、乗車するまでで終わってしまいました(汗)
ちょっとバタバタしておりましたので、何とか大目に見て頂ければと…

さてさて。
新幹線のホームに上がり、普段なら近づく事の無いホーム中央付近に移動。
私が乗車するこだま号の前に出発するのぞみ号のグリーン車に乗車されるであろう方々がいらっしゃいます。

何と言いますか…
やっぱり、ちょっと雰囲気が違うんですよね、セレブなオーラを発する方がたくさん(苦笑)
間違っても、私のような若輩に似合うような空気ではありませんでした(笑)

その中になんだか見たことある人だなぁと思う方がいらっしゃいました。
よく見ると、地元の大物代議士の方でした…

そんなのぞみ号を見送った後、私が乗車するこだま号が京都駅のホームに入線してきました。
使用されている車両は700系、ついこの間まではのぞみにしか使っていなかったような気がするのですが、新幹線に詳しくない管理人には分かりません(苦笑)
静かに停車した列車の扉が開き、いよいよここからグリーン車の旅が始まります。

11072201.jpg
いつも思うのですが、グリーン車って明らかに他の車両よりも静かな気がします。
おそらく、遮音性の高い構造になっているのでしょうね、この静けさが乗車する者に落ち着きを与えます。
ただ、この静けさの原因は殆ど誰も乗車していないということもあるかもしれませんが(苦笑)

11072202.jpg
落ち着いた緑色の大きなシートがグリーン車の証です。
新幹線の場合の2列×2列シートは本当に広く感じられます。

11072203.jpg
間接照明のわずかに黄色みがかった車内には独特の上品さが漂います。
夜、走っている新幹線を見ると、グリーン車だけは何となく薄暗いのがよくわかりますもんね。

11072204.jpg
手元の肘掛にはこのようにBGMサービス用のパネルが設置されています。
ただ、これで音楽を聞こうにもヘッドフォンが用意されていないので、持ち合わせていないと使えない。
実は管理人が知らないだけで、どっかで借りられたりしたのかな??

11072205.jpg
グリーン車と言えばフットレスト。
汚い足が写りこんでいて誠に申し訳ありません(汗)

殆ど誰もいない車内なので、リクライニングも一番後ろまで気兼ねなく倒せます(笑)
ゆったりと腰を下ろし、一息つくと列車はゆっくりと動き出しました。

普通新幹線で東京までと言えばおおよそ2時間少しの旅。
しかし今日は約4時間ほどののんびりとした乗車時間。
これはこれで、とても楽しめそうな予感がしてきました…

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

700系グリーン車で良い旅を!(上)

みなさんこんにちは

管理人は普段ここ近畿でお仕事をしているのですが、年に数回東京出張の仕事が入ります。
普通の方であれば、躊躇無く新幹線か飛行機を選択されるのですが、へそ曲がりの管理人はいつも大体サンライズエクスプレスで東京に向かい、帰りは何かイベントを作って真っ直ぐ戻らないのが常でした。
この時点で管理人が如何に社会人失格なのかが良く分かりますね(苦笑)

さて、そんな管理人が今回行き帰り往復で東海道新幹線を使って東京まで往復してきました。
しかも、乗車したのは往復グリーン車!
なんでこんな贅沢な旅が出来たのか!?

実はこれには当然理由があります。
種明かしをすると、今回私はJR東海ツアーズさんのツアーで出かけてきました。
ツアーと言っても、往復新幹線のチケットとホテル代がセットになっている、大変ビジネスに便利なプランで、今回私が確保したチケットも合計でなんと¥25,000.-!普通に新幹線のチケットを購入したら、それだけで3万円くらいになってしまうので、とんでもなくお得!!

というわけで、色々用意されているプランの中から今回私が選んだのは『往復こだま 1泊コース』です。
まぁ、ちょっと時間は掛かってしまいますが(汗)それでも、往復グリーン車です。
また、若干費用は増えますが、のぞみ等を利用出来るプランも存在します。そのプランでも通常からするとかなりお得なプラン内容となっていました。

勿論、このプランにも制約がありまして、乗車出来る列車は決まっています。
その中から、自身の時間に合わせて列車を選択することとなりますが、結構選択肢もありますので、この辺でお困りになることはまず無いかなと思います。

こうして、グリーン車に乗車できると言うワクワク感を胸に京都駅に向かったのですが…
丁度タイミング的に4002レが京都駅に入線してくる時間だったので、そちらに寄り道。
果たして今日はどの釜かな??

11072101.jpg
やって来たのは、3月に全般検査から上がってきた107号機でした。
かなり汚れが目立つようになってきましたが、まだまだ美しい姿です。
ちなみに、今回の写真は全て携帯で撮影しました(汗)

11072102.jpg
出場表記もしっかりと抑えておきます。
こういうのは後から役に立つので意外と大事なんですよね。
でも、この辺のデータ集についてはHondaさんが完璧に管理されてますから、あちらをご覧いただいた方が確実なんですけど(苦笑)

さぁ、日本海の出発を見送って新幹線ホームへと向かいます。
本日乗車するのは700系新幹線。
初めて乗車するグリーン車にわくわくしながら、列車の到着を待っていました…

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

おつかれさま、魁皇関

みなさんこんにちは

先日、通算最多勝利記録を塗り替えたばかりの魁皇関が遂に現役を引退した。
あしかけ20年以上、築き上げた勝ち星の数なんと1047。
まさに、前人未到の力士だったといわざるを得ません。

今と違い大相撲が大人気だった若貴時代の若乃花、貴乃花、曙といった面子と同期入門。
思えば、私が大相撲を見ている時には必ず魁皇関の名前があったように思います。
来場所から、その名前が見られないと思うとやっぱりさびしいものです。

魁皇関、大変人気のある力士として有名でした。
確かに、彼が土俵に上がった時の歓声は明らかに他の力士よりも大きく、彼の人気を物語ります。
『気は優しくて力持ち』そんな愛されるべきイメージが最も似合うのが魁皇関だったのでは?

若手の頃は怪力を活かした猛烈な上手投げで相手に有無を言わせぬ力相撲で名を上げた魁皇関も、度重なる故障と年齢から来る衰えで、力士生活晩年は大関という地位に居るにもかかわらず、成績もだんだん振るわなくなっていきました。それでも、彼の人気は一向に衰えることは無く、多くのファンに愛され続けました。

いつかは退き時が訪れる。
魁皇関にとって、今回の引き際はとても難しかったそうです。
前述したとおり、後年は成績が落ちていたこともあり、ご本人もその思いはあったはず。
しかし、そのお陰で以って魁皇関は『記憶にも記録にも残る力士』としてその名を残すことになりました。

魁皇関、本当にお疲れ様でした。
まずは体をしっかりケアして、また素晴らしい貴方のような愛される力士を世に送り出して下さい。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

2011年夏 北陸界隈放浪紀(おまけ)

みなさんこんにちは



いきなりですが、先日の北陸界隈での動画から紹介いたしました。
赤く染まったEF81の『動く』姿をお楽しみいただけたでしょうか??

最近はすっかりずぼらして忘れていたのですが、昨年購入したHDDカメラを今回は久しぶりに使用してみました。というのも、PCの整理の為に色んなファイルを眺めていると、昨年撮影した動画が何個も出てきました。改めてみると、写真には無い現場の迫力が残っており、これはやっぱりデータとして残しておかないと損だなぁと思ったワケです。

特に昨年撮影した動画を見ていると、前期は一生懸命雷鳥を撮影しています。
それが夏辺りからサッパリ動画が無くなってしまい…
今更後悔しても仕方ないのですが、これを機にもう一回動画も頑張ろうかなと。

ただ、カメラとの併用なのでどうしても列車接近時にシャッター音が聞こえます(汗)
その辺はもう、そういう事情だからということで割り切って頂ければと思います(苦笑)

テーマ : 貨物列車動画
ジャンル : 趣味・実用

ありがとう、なでしこJAPAN!!

みなさんこんにちは

今朝行われたFIFA女子ワールドカップ決勝戦、日本対アメリカ。
ここまで劇的な勝利を重ねてきた日本代表が遂に決勝戦の舞台へと進んできました。
既にこの段階でも十分に満足出来る成績を残したといっても過言ではありません。

そして迎えた本日の決勝戦。
これまで1度も勝ったことの無い強豪国アメリカにどんな戦いを挑むのか??
圧倒的な不利が予想された中での過酷な戦い。

いざ蓋を開けてみると、その予想はまさに現実通りとなった。
キックオフ直後から始まる、圧倒的身体能力を活かしたアメリカの猛攻。
画面を見ていると分かりますが、日本代表は今回の大会を通じて言えることですが、明らかに他国の選手たちに比べて小柄です。しかし、それを物ともせず、サッカーは体格で行うスポーツでは無いことを証明し続けてきました。
実際、現在のサッカー界で最強の座をほしいままにするバルセロナも小柄な選手ばかり。
そうなんですよね、サッカーって結局11人でやるスポーツなんですね。

試合は皆さんもご存知の通り、苦しみ抜いた挙句、執念と根性で追いつき、そしてPK戦。
後はキーパーの素晴らしいセービングから始まり、遂に絵に描いたようなサクセスストーリーを彼女たちは華麗に完結させてくれました。その足跡はドラマでも少し遠慮してしまいそうなほどの美しい物語でした。

3月の大震災で傷ついたこの国の人々を大いに勇気付けた彼女たち。
しかし、それはあくまで結果論であり、彼女たちの苦労、努力はこれまでずっと積み重ねられたものです。
ご存知の通り、今の日本は経済が疲弊しており、このような『マイナースポーツ』に投資される金額はメジャーどころと比較するまでも無く、微々たるものといえるでしょう。

彼女たちを支え続けたのは、ひとえに『夢へ』というシンプルな思いだけだったのではないでしょうか?
これこそ、今我々に最も求められている力では無いかと思います。
全てに満たされた社会の中でハングリーさを磨く強き精神力。
彼女たちの強い気概に私は心から感動しました。

本当におめでとう!
なでしこJAPAN!!

テーマ : ★☆女子サッカー☆★
ジャンル : スポーツ

2011年夏 北陸界隈放浪紀(下)

みなさんこんにちは

連日の暑さにバテバテの管理人です。
これだけ気温が上がってしまうと、流石に外出するには勇気が要ります。
いつもなら家の前は子ども達の歓声で賑わっているのですが、流石に今日はどこの家の子ども達もおとなしく家の中で待機していた模様。確かに、この炎天下は命に関わるような気がします…

さて、今日は昨日の続きと行きましょう。
久しぶりの撮影遠征記、果たしてうまくいったのでしょうか?
それとも!?

3095レを撮影した後、しばらく時間が空くので現場で色々雑談会。
しかし、夕方5時半を回っても相変わらずの酷暑が我々の体力を奪います。
何とか日陰で時間をやり過ごすのですが、かなりの体力を消耗した模様。
これが後々大きな問題を引き起こすのですが、それは後ほど(苦笑)

11071603.jpg
110716 17:42 11M しらさぎ11号 ??編成 北陸本線 南条-王子保

お目当ての列車が通過するまでに、北陸の顔681,3系の特急が何本か通過します。
夕焼けの良い時間帯と相まって、白い車体が美しく輝きます。
485系は既に居ませんが、この681,3シリーズも素晴らしい被写体かと思うのですが…

11071604.jpg
110716 17:46 4029M サンダーバード29号 ??編成 北陸本線 南条-王子保

今度は名実共に北陸幹線の主役、サンダーバード号の登場です。
681系の増結編成を先頭に猛スピードでかっとんで行きました。

11071605.jpg
110716 18:13 4031M サンダーバード31号 ??編成 北陸本線 南条-王子保

此方は速達型のサンダーバード31号です。いわゆる『ヨンダーバード』編成。
4000番台の場合は編成が9両でセットされています、よって編成途中に先頭車同士が入ることが無いため、編成写真として眺めると非常にすっきりとした美しい並びになります。個人的にはこの編成美がかなり好きなんですが、現状ではそんな風にこの683-4000を思いながら撮影するファンは少ないでしょうね(苦笑)

さぁ、太陽が山の稜線に近づきだし、いよいよ本番列車の通過時間帯となりました。
ところが、ここにきて大きな問題が…
太陽の光線はとても良いのですが、角度が落ちすぎた影響で障害物が線路に思いっきり伸びてきた!

これは非常に怖い!
でも、素晴らしい光線は欲しい!
何とも相反する思いを抱く中、遂にその時はやってきました。

11071606.jpg
110716 18:30 3099レ EF81-142号機牽引 北陸本線 南条-王子保

夕焼けの紅い光線を真正面に受けながら、EF81-142号機に牽引された貨物列車がきました。
もともと赤い機関車は、より赤さを増した姿で我々の前を颯爽と駆け抜けていきます。
気になっていた足元の影は車体に掛かることなく、思い通りの写真となりました。

いやぁ、良かった良かった!
と現場の皆でとりあえず大喜び。
しかし、まだもう1本残っています。

この時間帯、太陽の陽射しは1分1秒毎に大きな変化を見せます。
果たして間に合うのか!?
ところが、定刻になっても列車はやってこない!
何やら湖東あたりでトラブルがあったとの情報もここにきて到着!
大丈夫なの?今日はダメなの!?
そんな不安が一同の胸によぎった瞬間、遠くに列車のヘッドライトが見えました。

11071607.jpg
110716 18:38 4071レ EF81-126号機牽引 北陸本線 南条-王子保

夕焼け空と同化するか如く、真っ赤になったそのボディが颯爽と緑一面の田んぼのど真ん中を威風堂々と駆け抜ける。その姿がファインダー越しに見えた時に感じた『格好良い!』という思いは、30年前となんら変わらぬものです。

こうして、我々撮影している者達はそれぞれ大きな満足感を得ることが出来ました。
惜しむらくは、土曜日のためでしょうか、荷が少なかったことかな?
しかし、これだけの条件で撮影出来たので、贅沢は言えないでしょう。

その後、皆充実した面持ちで撮影機材を片付け、各々帰路へと就きます。
我々も同じように『してやったり』の思いを胸に、京都まで車を進めました。

そして今朝…
この炎天下での撮影が応えたのでしょうか?

私は本日猛烈な頭痛に悩まされています(滝汗)

<おしまい>

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

2011年夏 北陸界隈放浪紀(上)

みなさんこんにちは

夏休み前の3連休、皆様は如何お過ごしになられたでしょうか?
私は午前中子どもの体験講座に参加してきたのですが、これがまたなかなかの物でした。
自治体が主催する子供向けの体験講座なんですが、数多く用意されており、意外と良いものです。

様々なことに興味を持つことはとても良いこと。
本人が参加したいという意思を持つのであれば、それをサポートするのが親の役割。
手取り足取りではなく、その場へそっと置いてやる。
そんな教育を心掛けているのですが、果たしてどうなることやら(苦笑)

さて、そんな子ども向け講座が終わった午後。
最高に天気が良いので久しぶりに撮影に遠出しようかなと、友人のHiTechん氏を誘って南越前町界隈へ。
前からずっと撮りたいなぁ~と思っていた列車を狙いに出かけたのですが…

大原から琵琶湖側に抜けて湖西道路に入りひたすら北に向かいます。
しかし走り出してしばらくすると、凄い渋滞に…
今までこの路でこんなに混雑したことは無かったので少しビックリ。
おそらく、琵琶湖で涼を楽しむ人たちの車が多かったのでしょう。
ノロノロ運転がかなりの間続き、結局渋滞が解消したのは北小松を越えたあたり。
本来ならば新疋田あたりで4076レを狙えると思っていたのですが、それもおじゃん。
う~ん、なにやら先行き不安です…

その後も普段より少し遅い目のペースで南越前町を目指します。
途中、水分補給のためにコンビニに寄ったり、ガスを補給するなどで寄り道していると、南越前町に到達したのはなんと午後4時半前。普段よりも1時間半以上掛かったことになります。
そうそう、今日は敦賀から今庄は例の旧道を使いました。これがいかんかったかな(苦笑)

南越前町に到着後、現場近くまで近づくうちに、4060レが接近中!
慌てて車を停めてから手持ちで急いで撮影。

11071601.jpg
110716 16:38 4060レ EF510-12号機牽引 北陸本線 南条-王子保

撮影し慣れたこの場所では、この時期逆光となりお顔が真っ黒!
せっかくの男前が台無しのレッドサンダー貨物です。

さぁ、この列車を撮影後いよいよ本日の本番ポイントへ移動。
現地に到着すると先着の方がお三方。
その中のお一人はいつも大変お世話になっているポックルさんでした。
夕方5時前とはいえ、真夏のクソ熱い中、ここからご一緒させて頂くことに。

11071602.jpg
110716 17:27 3095レ EF510-6号機牽引 北陸本線 南条-王子保

すっかり日本海縦貫線貨物の顔となったレッドサンダーが颯爽と駆け抜けます。
この機関車も以前はさほど姿を見なかったのですが、最近は本当によく見かけます。
まだまだEF81が頑張ってはいますが、近い将来はこのレッドサンダーだけになるのでしょう。

お目当ての列車まではここから1時間。
空を見ると天気も良いし、雲の心配もなさそう。
これはイイ感じで撮影出来るだろうと思っていたのですが…
続きはまた明日にでも(汗)

<つづく>

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

今年も立派な姿を見せてくれました

みなさんこんにちは

はい、本日も鉄道ネタではありませんよ~!
ほんとスミマセン(汗)
ここ数日、やけに仕事が遅くまであり、本日も先ほど帰宅したところです…
来週は前半から出張があるので仕方が無いのですが、ブログネタが書けないのは辛いところ。
この3連休は今週1週間の遅れが取り戻せるように頑張らねば…

さて、そんな本日は年に数回の話題です。
数年前にご近所さんで頂いたカブトムシ。そのカブトムシも毎年卵から成虫へと育ててきましたが、今年もこの1週かで遂にその立派な姿を次々に現しだしました。

羽化したばかりの頃はじっとして動かないのでなかなか気付かないのですが、数日すると飼育ケースの中で『バタバタ』という激しい音がするようになります。今年もちょうど1週間ほど前から羽化した個体が土の上に上がりだし、昨日まで都合4匹が成虫となりました。確か幼虫は3匹だと思っていたので少しビックリしました(苦笑)

その4匹ですが、内訳はオスとメスちょうど2匹ずつ。
本日早速オス1匹とメス1匹は下の子供のお友達の家にもらわれていきました。

11071501.jpg
こちらが手元に残しておいたオスです。
結構立派なサイズです、今まで育ててきた中で一番大きいかも??
今年は育てた幼虫の数が少なかったのが要因かもしれません。
今後メスをどこかで購入してきて、ペアリングさせようと思ってます。

11071502.jpg
こちらが残ったもう1匹のメス、このメスも結構大きいような気がします。
このメスは近日中にもらわれていく予定です。

毎年育てているのですが、もう4年目に突入でかれこれ4代目です。
たったの4年ではありますが、生き物の繋がりを強く感じられます。
このような流れを見て、子どもたちが何かを感じ取ってくれたらな?
父親としてはそう思わずにはいられません。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

無事に体調が戻ったようです…しかし!?

みなさんこんにちは

色々とご心配をおかけいたしましたが、ようやく体調が戻りました。
まだ少し頭痛が残っていますが、これはもう余韻みたいなもんでしょう。
いよいよ明日からは頑張って鉄道模型記事をご覧頂くことが出来そうです。

??
明日から??
今日からじゃないのか!?

はい、すみません(汗)
明日から頑張ります、ほんと申し訳ないです。
というのもここ数日は仕事が立て込んでいて、帰宅時刻が大幅に遅くなり時間が取れない状態。
何とか今日も頑張ってみようとは思ったのですが…

ブログを始めて結構になりますが、これほどまでに内容の全く無い日が続いたことは、未だかつて無かったはずだと思います。
なんとも情けない話です。
こんなお恥ずかしいことを続けるくらいなら、連日更新なんて偉そうなこと言えませんね…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

試験塗装のロクヨンセン(12)

みなさんこんにちは

体調不良のときに限って何故か仕事というのはかさばるもの。
皆さんもそんなご経験は無いでしょうか?
此方が体調不良だからと言ってもそれはお客様にとってあずかり知らぬこと。
仕事です、それは当たり前のことです(苦笑)

ここ数日の体調不良ですが、ようやく落ち着いてきました。
そんな本日、いきなりの遠方出張(笑)
さきほど自宅に戻り、ほっと一息ついたところです。

時間的に全く余裕が無く(体力も流石に…)、本日もまたコメント記事だけになりそうなところでしたが、ある素晴らしい頂き物を紹介することで久しぶりに模型ネタが紹介出来そうです。

110516_EF64-1010_034.jpg
区名札です。
EF64-1010号機のド派手時代を見ると、区名札も赤なんです。
そこでこれを表現すべくオリジナルの区名札を用意してもらいました。

さぁこれでいよいよEF64-1010号機も完成させられそうです!
でも、明日以降になりそうです、ごめんなさい(汗)

全快には届かず…

みなさんこんにちは

ここ数日の不調記事をご覧頂いた方からコメントを頂きました。
本当にありがたい限りです、心より御礼申し上げます。
こんな拙いブログにこのような暖かいお言葉の数々、感謝の言葉も見つかりません。

然しながら、まだ体調は戻っておりません。
とりあえず、何とか頂いたコメントへのお返事を書けるところまではきました。
既にかなり良いところまでは戻っているのですが…

明日は仕事で遠出せねばなりません。
というわけで、本日もまたこんな中途半端記事となってしまいました。
連日の手抜き記事、お恥ずかしい限りです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

夏風邪でした…

みなさんこんにちは

昨日の体調不良の経過ですが、どうやら夏風邪のようです。
昨夜は悪寒で何度も目を覚まし、かなり体内に熱を保っているようでした。

今朝になると、奥様も熱症状でダウン。
私よりも体温が高く、かなりしんどそう…
おそらく、長男がもらってきた風邪を仲良く家族で分け合ったんでしょうね…

仕事から帰ってみると、奥様の症状は更に悪化。
急いで病院に連れて行き、処置を施してもらいました。

というわけで申し訳ございません、本日も鉄道ネタは無しです。
明日には何とか体調を整えて戻ってきたいと思います\・・

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

熱中症か…

みなさんこんにちは

タイトル通りです、現在ヘロヘロになりながらこの記事を書いています。
お昼過ぎ、いつものように暑い部屋で加工作業を進めていたのですが、しばらくすると軽いだるさを感じたのでとりあえず横になることにしました。その時は『寝不足』かな?位に簡単に思っていたのですが、それが…

真夏の日差しが降り注ぐ南向きの部屋。
窓を全開にして扇風機をかけながら眠ること1時間強。
妙な不調が体を襲いだしました。

まず、手足の関節が重く感じる。
つぎに、熱は無いのに頭痛がする。
起き上がろうとすると、背筋から首筋が硬い感じ…

うーん、熱中症かもしれません。
今も頭痛が収まらず、立ち眩みが…
とりあえず今日はもう早めに眠ることとします、明日からの仕事に支障があってはえらいことだ・・・

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

初期型EF81をKATOで作ってみる(16)

みなさんこんにちは

梅雨明け宣言が全国的に出されたようです、いよいよ暑い夏がやってきました。
昨日の記事で『まだ夏というにはどうなの?』と書きましたが、朝から今年初めてのせみの声を聞きました。彼らは誰に教えられたわけでもないというのに、やはり自然というのは凄いものなんだなぁと思いました。

さぁ、湿気も下がりいよいよ塗装作業に没頭出来そうです。
この調子で一気にEF81初期型も仕上げていこうかなと思います。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、まずは屋根上をダークグレーで塗装。
屋根両端部分はねずみ1号とし、屋根上にも若干の違いを作りました。

101118_EF81-2_070.jpg
その上で必要な部分をマスキングします。
今回の製作では先に屋根上部分を取り付けているので、他の機関車と同じような工程となります。

101118_EF81-2_071.jpg
その上で車体に必要な手すり類を全て取り付けました。
今回は塗装が終わってから取り付けるのではなく、予め取り付けた上で塗装することとします。

101118_EF81-2_072.jpg
側面点検蓋の水切り枠と銀河モデルの内ばめ式テールライトも併せて塗装します。
作業工程もいよいよ大詰めとなってきました。

101118_EF81-2_073.jpg
今回使用したのは、gaiaの鉄道模型カラーシリーズ『ローズピンク』です。
今まではモリタの赤13号を使用していたのですが、どんな物なのか試したくて採用しました。
果たしてどんな出来になるのかな??

101118_EF81-2_074.jpg
いきなりですが、ボディの塗装はこれでほぼ完成です!
気になっていたローズピンクの調子ですが、結構良い感じではないかと??
また改めてモリタの製品と並べて比べてみたいですね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

初期型EF81をKATOで作ってみる(15)

みなさんこんにちは

昨日までの猛烈な雨が上がったと思ったら、突然の梅雨明け宣言(笑)
えらい慌しく感じるのは私だけでしょうか??
例年なら京都の梅雨明けは祇園祭のクライマックス、山鉾巡行あたり。
果たしてこのまま本当に梅雨明けと行くのでしょうか…

さぁ梅雨明け!となると、しんどいのが模型加工。
以前にもお話したと思いますが、私の加工部屋にはクーラーがありません。
よって、いつも加工は酷暑の中で行うこととなります(汗)
でも、今年はちょっと頑張ろうかなと思っていますが、こちらもまた『果たして』!?

さて、そんな梅雨明け宣言が出た本日、EF81前期型の加工作業に戻ります。
今日の加工はボディの白線マスキングと屋根上塗装。
それではその模様を紹介致しましょう。

101118_EF81-2_066.jpg
今回の加工で最も大きな発見と言っても過言ではありません、0.5mmのマスキングテープ。
これまで使用してきた、マスキングテープのラインナップは0.4mmと0.7mm。
EF81貨物更新色の側線を表現するには、0.4mmでは少し細く、0.7mmでは太く感じられ、0.5mmのテープがずっと欲しいと思っていましたが、先日大阪のヨドバシカメラでこんなものを見つけて思わず購入!

101118_EF81-2_067.jpg
実際に使用してみました。
どうやら材質はビニールテープのようで、紙テープよりも少し硬さがあります。
これによって、真っ直ぐに貼るのが少しやり易いような気がしました。

101118_EF81-2_068.jpg
こちらは運転室窓下点検蓋の内側部分ですが、同じようにマスキングします。
本体の扉部分には側線がかからないので、そこでカットしたものを流用。
資源はなるべく無駄にしない!?(すぐに部品を諦めるくせに!)

101118_EF81-2_069.jpg
マスキングを終えたら、屋根上をダークグレーで塗装します。
屋根上のカラーリングについては、実際のところ何が正解で何が間違っているのか、全般検査出場後の近接写真が無いと非常に難しいのが現実です。ですから、私の場合は分からない場合、結構その時の『気分』で塗装します。
正しい方法とは言い難いのですが、まぁ趣味の一環ということでご容赦を(汗)

そういえば、最近HondaさんもEF81の初期型を作っておられたなぁ??
多分、普段の積極的から資料集めの努力を欠かさないHondaさんが正解なんだと思います(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

北陸新幹線開通後のお話

みなさんこんにちは

いやぁ、すごい雨です。
昨日から降り出した雨は今日になっても止むことは無くひたすら降り続けていました。
これだけ降ると水問題には良いかもしれませんが、地盤に大きな影響が出るのではないでしょうか?
いずれにせよ、そういった自然災害が起こらねば良いのですが…

これだけの雨が降り続くと湿度が高くなりすぎて塗装作業に入れません。
何点かやりたいことはあるのですが、少しばかりお休みです。
まぁ、それならば昨日購入したEF64-0の下準備でもすれば良いのですが(苦笑)

さて、今日のお話は北陸新幹線開業後のお話です。
先日、それについてのニュースが出ていました。多くのサイトで既に紹介されているので、皆さんご存知かと思いますが『金沢以東の特急列車は寝台特急を除き廃止』というなかなか興味深いものでした。
具体的に言うと、下記のようなものとなるそうです。

・サンダーバード、しらさぎは金沢着
・はくたかは基本的に全線で廃止
・北越もJR西日本管内では廃止
・寝台特急は現状のまま

最後の寝台特急はそのままという部分は素直に喜んでよいかなと思います(苦笑)
然しながら、富山まで関西圏から直通で行けないというのは果たして如何なものかと…
確かに、新幹線が開通することによって東京までの時間が大阪や京都に移動するよりも短くなるので、商圏を完全に首都圏依存に転換するということであればそれで良いのかもしれません。

しかし、少なくともこれまで歴史的に見て富山はどちらかというと関西圏との繋がりの方が強かったはず。それをいきなり新幹線が出来たからといって分断するやり方は、あまりにも企業優先の思考ではないかと私は感じます。金沢からわざわざ数十分の移動の為だけに新幹線に乗り換え、さらに恐らくではありますが、値上げという形で消費者に対応するのは本当の意味で利用者の方を向いているといえるのでしょうか。

さらに、新潟地区との繋がりをもカットしてしまうのもどうでしょうか。
確かに『本線』という名こそついていますが、ローカル線であることは否めません。しかし、これは1日数十人の乗客しか使用しないローカル線ではなく、地方の県と県を結ぶ重要なインフラであることも事実だと。

先日開通した九州新幹線。
その影響で当然並行区間の在来線特急は大幅に本数が削減されました。
それにより、熊本と博多の間では利用者の中で問題が発生しているようですが、これと同じようなことが今後北陸新幹線開通でも起こりえることは容易に想像できます。

株式会社である以上、株主の意向に沿った形で利益を生み出し、不採算部門をカットしていくのは当然のことではありますが、その論理をそのまま公共性の高い交通機関に持ち込むことは本当に理に適っているのでしょうか?公共交通機関の充実はそれそのまま国力を意味しているのではないかと私は思います。ある程度の廃線はやむなしとは私も思いますが、今回のカット案は果たして本当に妥当なのか?流石に今回だけは私も疑問を感じます。

国鉄から委譲されたJR各社。
株式会社となったことによるメリットデメリット。
世の中とは本当に難しいのですね…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

もう買わないって決めたのに…

みなさんこんにちは

とても、とても決意の固い管理人でございます。
先日の記事でアップした、例の『釜タワー』
余りにも種車が残っている現状から、しばらくは絶対に買わない!と強く心に誓いました。
あれから数日…

11070601.jpg

やってしもうた…(汗)


先日の宣言は一体なんだったんだろうと、自分で自分に呆れています(苦笑)
しかし…一つだけ言い訳をさせて頂きますと、いつもお伺いしているお店でセールが行われており、何とこのEF64-0も2,700円と超・超お買い得だったんです、ですからつい出来心で…

11070602.jpg
まぁ、せっかく購入したんでちょっとだけ見てみましょう(笑)
最近のTOMIX製品らしく、非常にレベルの高い出来栄えとなっています。
格好いいなぁ~

11070603.jpg
正面から見た様子ですが、塗装も決まっており男前です。
アーノルドカプラーがあんまりにもデカいのが目立ちますが、交換するので関係ありません。

11070604.jpg
側面に目を移すと、貨物更新カラーの綺麗なラインが良く分かります。
更に、台車を確認すると、非常に細かいモールドが足回りをきっちりと締めています。

これだけのベースならば、さぞかし格好良い出来になるだろうなぁ…
ただ、何時になったらこの車両に手を付けられるのやら。
やれやれ(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今年は厳しそう…

みなさんこんにちは

いきなりですが、近鉄が『新型観光特急』を製造するそうです。
先日、いつもお世話になっているドライモンさんとこの記事でも紹介されていましたが、かなり凝った作りの車両となるようなので、とても楽しみ。

次世代「新型観光特急」平成25年春デビュー!

詳しくは近鉄のwebサイトをご参考頂ければと思います。
内容を見ると、前面パノラマの先頭車両や軽喫茶コーナー、そして優雅な個室など『乗る楽しみ』を追求した車両になる見込みです。
特に、喫茶コーナーというのが嬉しいところ。
食堂車というものが稀少なものになった昨今、車窓をみながらゆったりと食事をするというサービスを提供して頂けるというのは、本当にありがたいものです。

もともと、近鉄と言えば私鉄の中で営業路線距離が日本一長いことでも有名な鉄道。
大阪から伊勢志摩や名古屋へ向かうとなると、それ相応の時間を必要とすることになります。そこでこのような列車を登場させることで、その長時間を逆に利用するという発想はある意味必然だったのかもしれません。

しかしこの列車、今から本当に楽しみです。
営業運用に入った際には是非とも乗車しようと思います。

話はがらりと変わります。
近鉄と言えばバッファローズ。といっても、球団が無くなってから既にかなりの年数が経ちますが…
その近鉄と合併したのがオリックス。
オリックスと言えばやはりイチロー選手。

そのイチロー選手、デビュー以来その素晴らしい活躍で多くの人に感動を与えてくれた、日本球界に圧倒的な印象を残すスーパースター中のスーパースターと言っても過言ではない、いや、それですら彼を表現するには足りないかもしれません。

オリックスで一躍脚光を浴び、その実績を引っさげてメジャーリーグに登場。
瞬く間に野球の本場アメリカでもトップスターになった彼は、多くの記録を紡ぎだし続けてきました。
しかし、その中でも大きな記録である『シーズン200安打』の連続記録に黄信号が灯っています。
どんな大スターにも調子の浮き沈みは当然あるわけで、その中でこれまでこんな大記録を継続したのは驚異的なこと。しかし、見ているだけの私のような無責任な人間はその上更に記録の連続という酷なことを望んでしまいます…

しかし、それでもイチロー選手なら何とかやってくれるのでは!?
そう思いながら、日々のニュースに一喜一憂しているのは私だけではないはず…

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

少しだけ前の写真

みなさんこんにちは

昨日久々に鉄道写真を更新しましたが、今日もまた鉄道写真で。
ただし本日はデジカメを導入した2006年頃の写真を何枚かお届けしようと思います。
撮影した分のアルバムソフトをあれこれと眺めていると、たったの5年前ですが既に廃止となってしまった列車が多く目に付いたので、それらの写真を何枚か紹介させて頂きます。

然しながら、写真撮影を開始した頃のものなので、お世辞にも綺麗とは言えません(苦笑)
その当たりは予めご承知置き下さいませ…

11070401.jpg 11070402.jpg
トップバッターは昨日も紹介した寝台特急『日本海』号です。
ただし、この列車はJR西日本所有の車両を使用した『日本海1号』で、函館まで足を伸ばしていました。
編成にはA個室も含まれており、今よりも設備面では優れていたといえます。
ちなみに、このEF81-45号機も昨年運用を離脱してしまいました。

11070403.jpg
現在も富山で活躍中のEF81-148号機。
この頃はまだ赤2号の塗色で活躍していました。

11070404.jpg
臨時列車用のアストル、下津林で撮影している時にはこんな珍客も。

11070405.jpg
この当時の貨物列車の主役はまだまだEF66。
初期型も含めて多くの0番台の姿を見ることが出来ました。
それから5年、既にEF66-0番代は旅客会社分を含め、片手も居ない状況に…

11070406.jpg
そうそう、この頃はまだ急行銀河も健在でした。
毎日田端のPFが大阪までやってきていたということが信じられないような時代になりました。

11070407.jpg
場所を湖西線に移してみましょう。
当時は117系の塗装もこのようなカラーのものが多かった記憶があります。
現在の近畿地区では全て登場時のカラーに戻されたようです。

11070408.jpg 11070409.jpg
また、湖西線でももう少し北へ向かうと475系や419系の姿が…
521系の姿は影も形も無く、デッドセクションがまだ近江塩津付近にあった頃は彼らの天下でした。

110704010.jpg
また、サントリーカーブで早朝カメラを構えるとムーンライトがPFに牽引されてやってきました。
このムーンライトシリーズも昨年ひっそりと姿を消してしまいましたね。

110704011.jpg
そして大トリはもちろんこちら、なは・あかつきです。
思えば、こんな『ネタ』列車が毎日走っていたんですよね…

たったの5年でこの変化。
それではこの先5年はどうなっているのか??
今では何気ない光景でも、きっとその頃には思い出深いものになっているのでしょう。
その為にも、今という今を大事に記録していきたいものですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

近場で日本海を撮る

みなさんこんにちは

今週末は暑さも一休みといったところで、昨日今日とここ京都では先日までのうだるような暑さから解放され、かなり過ごし易い休日を過ごすことが出来ました。
然しながら天気予報では今週半ばから再び35度以上の日々が始まるとか…
いよいよ夏本番、しっかりと暑さ対策をしてこの酷暑を乗り越えねば。

さて、今日のネタは久しぶりにお写真です。
そういえば、線路際にカメラを持ち出したのって何時以来かな?
この週末はちょうど実家に戻っていたので、すぐ近くの線路際まで行って参りました。

今回の狙いは日本海。
一年で最も日が長い今のシーズンは大阪から京都の間の区間で下りの日本海が撮影出来ます。
色々と撮影したいポイントはあるのですが、とりあえずは地元の桂川近辺へ。

現在桂川駅周辺ではキリンビールの工場跡地区の再開発が行われています。
今回は駅の西ロータリーから南に伸びている道路から撮影することにしました。
先日までは入れなかったのですが、工事が完成したようで道路が途中まで開通してたので、そこから撮影することにしたのですが…

11070301.jpg
110703 18:14 4001レ 日本海号 EF81-101号機牽引 東海道本線 桂川-向日町
うーん…
ちょっと厳しいなぁ…
しかし、そういうことが分かっただけでも収穫です。

11070302.jpg
110703 18:14 4001レ 日本海号 EF81-101号機牽引 東海道本線 桂川-向日町
ついでに後ろからも撮影。
やっぱり寝台列車は格好良い。
憧れの列車の姿は、今も昔も変わらない。

11070303.jpg
110704 18:15 4001レ 日本海号 EF81-106号機牽引 東海道本線 西大路-桂川
次の日は下津林踏切で撮影。
昨年から減車され8両となったので、このように構図の中に列車が収まります。
編成が短くなったことによる数少ないメリットといえるでしょう(苦笑)

この週末は写真をご覧頂いても分かるように両日とも天気があまり良くありませんでした。
しかし、条件は悪くとも撮影出来ただけで十分に楽しめました。
ただ、久しぶりだったので大分勘が鈍っていましたが(汗)

後1ヶ月くらいはこの界隈での撮影を楽しむことが出来ます。
何時まで走ってくれるか分からない寝台特急。
撮影者が少ない今の内にじっくりと撮影しておきたいものです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

初期型EF81をKATOで作ってみる(14)

みなさんこんにちは

7月最初の週末、皆様如何お過ごしでしょうか?
今年の3月に起こった未曾有の大震災の影響で、未だに多くの方が避難生活を余儀なくされています。
また、福島第一原発の甚大な事故は今後の日本に大きな影を落とす結果となりました。

然しながら、それでも我々は前に進む以外に路はありません。
我々の祖先もきっと各時代様々な困難と遭い向かってこられました、そしてその結果が今の私たちです。
何十年、何百年か先、同じように我々の子孫が私たちを語ることが出来るよう生きていく。
結局のところ、今を生きる人たちに出来ることはこれだけのような気がします…

そんな重要な道しるべの中の1ページとは程遠いですが、今日もまた模型ネタです。
ただ、これは私が出来ることの一つかなとは思っています。いつか、どこかでどなたかがこの記事をご覧になり、少しでも役に立てれば。そんな風に思いながら本日もEF81初期型の作業を進めていきます。
ほんと、全く大したことの無いお話なんですが…

さて、いよいよ本体の塗装に入ります。
今回の過程では、ちょっと複雑な感じで試してみようと思ってます。
その工程とは…
1)下地(サーフェイサー)
2)銀色(前面飾り帯)
3)飾り帯マスキング
4)白色(下回り帯)塗装
5)帯マスキング
6)各手すり取り付け
7)屋根周り塗装
8)屋根周りマスキング
9)赤13号塗装

途中で手すり類を取り付けるところがポイントかなと。
普段であれば、最初に作ってしまうところを今回は中間にしてみました。
理由は、本体に手すり類を取り付けた状態で塗装出来るからです。

101118_EF81-2_062.jpg
まずは下地のサフェイサーから。
今回もgaiaのサフェイサーevoを使用しました。

101118_EF81-2_063.jpg
その後、gaiaのライトステンレスを塗装します。
前面を中心に、今回は全体に塗装しました。これは下地のカラーを揃えるためです。
その後、アイズプロジェクトの1.0mmでマスキングします。

101118_EF81-2_064.jpg
マスキング完了後、こちらもgaiaのアルティメットホワイトを塗装。
考えたら、今回はgaiaカラーばっかりですね。

101118_EF81-2_065.jpg
こちらは別個で塗装した分、側面の点検蓋内側部分も白で塗装します。
これには理由がありますが、それはまた後ほど…

とりあえず、本日は4)までやってきました。
しかし、ここからが山場。気合を入れて頑張りましょう。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。