スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金太郎をフリー作品に仕上げる(最終回)

みなさんこんにちは

いよいよゴールデンウィークに突入!
が、しかし…
我が家では何にも用事がございません。
しかし、今回のゴールデンウィークは天気にも恵まれていないようなので、まぁいいかと。

さて、製作してきたフリーのEH500がようやく完成しました。
ご依頼を受けて製作してきたものなので、どちらかというと完成の喜びというよりは、責務を果たせてほっとしたという感じといったところでしょうか(苦笑)

110306_EH500_011.jpg
あまり何も考えずに、リクエストのカラーを綺麗に表現するだけの加工となりましたが、完成してから改めてみてみると、案外格好良いものです。
普段ならばもっと細かい箇所をあれやこれやと詰めていくのですが、この位のさっぱりした加工というのもまた十分に意味のある作業なのかもしれません。

110306_EH500_012.jpg
デザインに関しては、出来るだけシンプルになるように心掛けました。
そうすることによって、すっきりとした全体像となり、違和感の余り無い出来になったのではないかと、製作者は勝手に自画自賛しております(苦笑)

本日、この完成品をご依頼者のお店にお持ち致しました。
こんな下手っぴの製作品にもかかわらず、とても喜んで下さいましたが、こうしてご依頼者の手元に渡った際のご依頼者のお褒めのお言葉、そしてモデルを食い入るようにご覧になるあの視線を拝見する瞬間、言葉にならないほどの充実感をいただきます。

さぁ、次はロクヨンセンだ!
この高揚感が残る間にしっかりと頑張ろう~
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりのEF64-1000(2)

みなさんこんにちは

久しぶりに製作することになった『ロクヨンセン』。
模型として表現する際に最も注目されるのはやはりスカート周りではないでしょうか?
特にジャンパ栓類がごちゃつく箇所はその中でも最大の見せ場といえるでしょう。

製作するにあたり、もちろんこの部分についてはしっかりと表現していこうと考えています。
そこで、最もロクヨンセンらしいこの部分の加工について、今回のシリーズでは出来る限り細かく加工の様子を紹介していこうと思います。
言葉では分かり辛いので、とりあえず写真を交えながらご覧下さい。

110426_EF64-1015_002.jpg
こちらが製品から取り外してきたままのスカート部分です。
まずは不要なパーツをノミで削り取ってしまいます。

110426_EF64-1015_003.jpg
ブレーキホースのコックだけではなく、KE70ジャンパ栓、KE77ジャンパ栓もカットします。
今回製作するEF64-1015号機の場合は電気暖房装置が付いている前期型の為、その他はカットする必要性はありません。これをカットするとなると、また面倒臭いのですが(苦笑)

110426_EF64-1015_004.jpg
ホースが出ているKE70型ジャンパ栓の表現にはこの銀河モデルのパーツを使用します。
数年前に発売された商品ですが、使用するのは今回が初めてです。

110426_EF64-1015_005.jpg
ホースを差し込む必要性がある出口の部分はこのように埋まっています。
そこで、ここに0.5mmの穴を開ける必要性があります。

110426_EF64-1015_006.jpg
何かにしっかりと固定してからでないと綺麗にドリルを立てられません。
そこで私の場合このようにヤットコでしっかりと挟んでから作業を行いました。
左手でしっかりと挟み込み、パーツが動かないように注意しながら慎重に0.5mmのドリルで少し深めの穴を時間をかけてゆっくりと開けていきます。

110426_EF64-1015_007.jpg
少し分かり辛いですが、ホース差込口に穴が開いたのがお分かり頂けるでしょうか?
この辺の作業は手間が掛かるだけで、それほど難易度は高くないと思います。

110426_EF64-1015_008.jpg
そして最後にブレーキホースと、穴あけ作業を行ったジャンパ栓を取り付けます。
後はこれを塗装してそれぞれ細かく色付けしていきます。
本日の作業はとりあえずここまで、明日以降塗装を行っていきたいと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今私ができること

みなさんこんにちは

11042801.jpg
先日ご落札頂きました、EF65-1089号機。
今回もまたご落札者の方が大変迅速にお取引頂き、本日無事に義援金を送ることが出来ました。
なんだか、とてもほっとしました。

何かの力になりたいと思い続けた今回のモデルを製作。
結果として、私の製作品には到底見合わないほどの金額でご落札頂きました。
ご落札頂いた方がお二方とも『震災の為に自分が何か行動したかった』と言って下さった時には、本当に嬉しく思いました。まさにそれが私が願った形そのものだったからです。

モデル製作を通じての義援金活動というのはこれで一区切りにしようと思います。
ただ、この義援金を送るという活動を行ったことによって、私自身の中で大きな意識の違いが生まれたように感じています。
今こうして芽生えた想いはきっとこの先の自分の人生にとって良い経験になると思います。

そして最後に、今回の企画を強く支持して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
改めまして、ここに謹んで御礼申し上げる次第です。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

久しぶりのEF64-1000(1)

みなさんこんにちは

先日、とある方からネットを通じて模型の製作依頼を頂戴しました。
普段、知人から極稀に製作を依頼されることはあったのですが、今回のようにネットを介してご依頼など全く無いので大変驚きました。

私の製作するモデルのレベルなど高が知れています。
リンク先の皆さんのモデルを改めて拝見すると、そのレベルの差に唖然とするほどです。
しかし、このようなお話を頂くというのはある意味大変光栄なことです。
ご依頼者の方にはとても申し訳ない気分で一杯ではありますが、ご依頼を受けることにしました。

110426_EF64-1015_001.jpg
今回ご依頼頂いたのは、EF64-1010号機とEF64-1015号機の2両です。
かなり以前にEF64-1015号機を製作したことはありますが、1010号機は初めて。
ただ、資料は十分に揃っているので、その点では困ることは無いでしょう。

ただ、このEF64-1000というのは曲者です。
リンク先のHondaさんはすいすいと、この難物を事も無げに仕上げておられますが、果たしてこれだけのレベルの物を私が作ることが出来るのだろうかと、本当に心配です(汗)

しかし、受けた以上は最善を尽くす。
ご依頼頂いた方へのそれが最大の誠意となります。

さぁ、気合を入れてまずはEF64-1015号機から頑張っていきます。
おっと、その前にデカールを貼ったEH500を完成させねば(汗)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

金太郎をフリー作品に仕上げる(5)

みなさんこんにちは

春の嵐とでもいいましょうか、ここ数日荒れた日が続いています。
土砂降りになったと思ったら急に日が射し、汗ばむような暑さになったかと思うと、今度はまた突然集中豪雨のような猛烈な横殴りの雨に見舞われたりと、忙しい一日です。
春らしいといえば確かに春らしいともいえるのですが…

さて、今日もご依頼頂いているEH500製作の様子を紹介いたします。
メインの塗装は終わったのですが、そこに社名のロゴを入れねばなりません。
本日はそのロゴを製作していこうと思います。

110306_EH500_009.jpg
まず最初にボディのサイズを測る意味合いも含めて、定規と併せて撮影します。
これで大体のサイズを決めることが出来るので、後はロゴデータを作るのみです。

ソフト上で取得した画像のサイズを見ながら、社名ロゴの大きさを調整します。
あまり大きくても良くないし、小さくては見えない。
その辺のバランスが結構難しいのですが、大体イメージが完成したので印刷です。

110306_EH500_010.jpg
今回もまた、ケイトレーディングのデカールを使用しました。先日のキハ181系を製作した時にもかなりお世話になりましたが、このEH500でも大変重宝しました。
大体イメージ通りのサイズとなったので、後はこれをしっかりと乾燥させてからクリアを吹いて本体に貼っていきます。流石にこれだけ大きいと失敗しないかなぁと思っているのですが(苦笑)

今回は大掛かりな加工を殆ど行わなかったので、いつもより早く完成しそうです。
頼まれ物くらい、これ位のペースで造らなきゃなりませんよね…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

この日を忘れない

みなさんこんにちは

未曾有の大震災に見舞われた2011年3月11日。
忘れてはならない歴史の1ページは人類の歴史と共に積み重ねられます。
そして今日、4月25日。
この日もまた、決して忘れられない1日です。

今朝のニュースを見て、改めてあの日の事故を思い出しました。
2005年、あれからもう6年も経ちました。

JR西日本とて、もうこんな事故は二度と起こしたくないと思っているでしょう。
社員の皆様もきっと同じ心持だと思います。
しかし、既に6年という月日が経過しているのもまた事実。
先日の運転中に携帯を触っていた運転士は27歳、もしも彼が大卒であればあの事故を経験していないはずです。また、そういった当時を知らない社員もこれからは多く現れてきます。

負の歴史というのは伝えることに勇気が居ることです。
しかし、それを乗り越えてこそ本当の進化があるはず。
私はJR西日本がそうあってくれると信じています。
それは、ただ鉄道ファンであるというからだけではなく、一人の国民としての願いとして…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

言葉にならない感謝の気持ち

みなさんこんにちは

先日製作したEF65-1089号機。
このブログで何度もヤフオクに出品後そのご落札金額を全額東日本大震災の義援金とすると告知させて頂きましたが、本日その落札日となり、再び非常に高額でご落札頂きました。

本当に、言葉にならないほどの感謝の気持ちで一杯です。
こんな私のいい加減なモデル、そしてブログでのお話にご賛同頂けるなんて信じられません。

今回、ヤフオク出品中には『違反出品』として申告もされました。
内容は、詐欺と疑われるというものです。

確かにそうでしょう。
そう思われても仕方有りません…

でも、そう言われてもやり続けるという気持ちだけは忘れずに居られました。
それは全て、ご入札いただいたかた、そして皆さんのご支援があったからです。

本当にありがとうございました。
今日はもうそれしか言葉が見つかりません…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

金太郎をフリー作品に仕上げる(4)

みなさんこんにちは

ここしばらくは模型製作に費やす時間が多かったからでしょうか、今日はすんなりと作業が進みました。
最近は作業机に向かうまでにえらく暇がかかり、以前のような勢いで模型加工に臨んでいなかった為に、結果として触りかけのままモデルが大量に発生し、かなりいい加減な状態になっていました。
それが先日のEF81-454号機を完成させたことで再びあの充実感を思い出し、最近の姿勢に繋がっているのでしょう(苦笑)

さて、本日はボディ部の塗装を行いました。
下準備として、全体にフィニッシャーズのファンデーションホワイトを既に塗装しておきました。
これをベースに緑と少し明るめの赤をエアブラシで吹いていきます。

110306_EH500_007.jpg
下地が白なんで、おそらく綺麗に発色してくれると思います。
ただ、今までに見たことも無いようなカラーリングなんで、どんな出来になるのか不安です。

ちなみに、今回のカラー(3色)は某大手輸送会社をイメージしています。
カラーが決まっているので、後はそれをどう並べるかだったのですが、コンテナやトラックが存在するので、そのカラーリングを参考に今回はデザインしました。
この手の作業はとても苦手なんですが、果たして…

110306_EH500_008.jpg
とりあえず、3色塗装完了しました。
複雑なことはせず、順番にカラーを並べただけにしたのですが、割とすっきりしてよい感じです。
これならばそんなに違和感は無いと思うのですが、如何でしょうか?

ちなみに、この並びでどちらの会社かは大体お分かりになりますよね(苦笑)
後はここにオリジナルで製作したデカールを貼って完成です。
どうやら予定通り、ゴールデンウィークまでには納品出来そうです…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

金太郎をフリー作品に仕上げる(3)

みなさんこんにちは

4月も残すところ後1週間となりました、年度初めは時間が進むのがとても早い。
来週末からはいよいよゴールデンウィークとなります。時の過ぎるのが早過ぎて全く実感がわきません。今年は何にも予定はありませんが、1回位日帰りでどこかに出かけようかなとも思います。

さて、フリーのEH500ですがこちらもなかなか進みません。
今日も結局本体の塗装にまではたどり着かず…
ただ、今週末は特に予定も無いので、明日明後日かなり進行すると思います。
流石に、連休までには仕上げてしまわないと(汗)

110306_EH500_005.jpg
さて、その前に塗料の紹介です。
最近、FABREというブランドで鉄道模型用のカラーが発売されたことは以前にも紹介しました。
その後、ラインナップが順調に増え、ユーザーには大変ありがたい製品となっています。

今回、お話しするのはこの2本です。
そう、ほったらかしになっている『クハ481-801サハ481-500』のボディに使用することになる、クリーム4号と赤2号なんですが、現在製作しているEH500の運転席がこの手のカラーなので、試しに使ってみることにしました。

110306_EH500_006.jpg
その他にもごちゃごちゃと小物が写っていますが、運転席もご覧いただけると思います。
使用した感想、これはかなり既製品に近い色合いといえると思います。
これでもう調色に悩むことは無いなぁと、ほっとしています(苦笑)

さて、話をEH500に戻しましょう。
小物類の塗装と足回りが完成しましたので、いよいよ本番のボディ塗装です。
使用するカラーは決まっているので、後は塗るだけなんですが、どうなることやら…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

金太郎をフリー作品に仕上げる(2)

みなさんこんにちは

暖かかったり肌寒かったり、雨が降ったりやんだり…
季節の変わり目、体調管理が難しいシーズンとなり、我が家では子どもたちが揃って熱を出してダウンしてしまいました(苦笑)
翌日にはすぐにそれぞれ元気に外を走り回りだしました。子どもの体力というのは凄いものです。

さて、依頼を受けて製作中のEH500ですが、今日は足回りを完成させました。
本当はもう少し作業を進めたかったのですが、時間的に厳しくこれで精一杯。
ご依頼頂いている分なので、もっと早く仕上げたいのですが…

110306_EH500_004.jpg
今回の加工については、色を塗り替える程度でというご注文だったので、足回りの加工はいたってシンプルに仕上げています。
台車の塗装、及びスカートの塗装とブレーキホース類の取り付けです。
その他の細かいパーツについては今回見送っております。

レイアウトでの走行を考えると、本当はこれ位の加工の方が良いのかもしれません。
そういった、シンプルな加工についても今後試してみようかなと思います。
その前に、ちゃんと完成させるのは言うまでもありませんが(汗)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

嵯峨野観光鉄道へお出かけ(後編)

みなさんこんにちは

先月完成した嵯峨野観光鉄道のジオラマ京都JAPANにやってきた管理人。
巨大なジオラマにひたすら感心していましたが、やはり一番気になるのは奥に鎮座する2台のEF66達の姿です。
カットモデルとなっても、圧倒的な存在感を示す2台のEF66。やはり風格が違います。

11042001.jpg 11042002.jpg
昨年の9月、廃車回送されていく姿をカメラに収めて以来の再会です。
こんな形で再び出会うとは思いも寄りませんでした。
カットモデルになっている故に異論も有るかとは思いますが、私はこうしてまたその姿を間近で見ることが出来、本当に嬉しく思いました。

11042003.jpg
こういう演出は嫌いではないです(苦笑)
ちなみにこちらは45号機で、49号機は『関』の札が入っています。

11042004.jpg
ついでなんで、模型資料的な写真も撮影しておきます。
連結器をここまで近くで見ることなんてそうそう出来ませんので…

11042005.jpg 11042006.jpg
台車もここまで寄って撮影することが出来ます。
細部の資料が必要な方にとっては、最高の写真ではないでしょうか(苦笑)

11042007.jpg 11042008.jpg
今回ここに設置されたEF66は両方とも1エンド側のようです。
じゃあ反対側の2エンドはどうなったんだろうか…

そうこうしているうちにそろそろ別の用事の時間となりました。
大変名残惜しくはありますが、ここらでこの2台のEF66達ともお別れです。
『またやってくるから』思わずそんな言葉が出そうになりました。

11042009.jpg
さて、ジオラマを出ようと思った際に気が付いたのがコレです。
お分かりになるでしょうか?
ジオラマの真下にある模型の整備工場への出入庫用の専用線です!
ある意味、これは本当の営業線なんだなぁと思いました(笑)

さて、用があるということでジオラマを後にしたわけですが、果たしてどこに行くのか?
もう皆さんお分かりになっておられると思いますが…

11042010.jpg
そうです、この日開催された部品販売のオークションに参加するためです。
最近吹田で廃車されたと思われる、183系、485系、583系のナンバーなどがオークション形式で販売されると聞き、今回冷やかしのつもりで出かけたわけです(苦笑)

11時から始まったオークション。
到底私が買えるような金額ではなく、目の前で信じられないような金額の声が飛び交います。
ちょっと欲しいなぁと思っていた、クハネ583-27は十数万円(汗)私ならば、間違いなくそのお金でどっかに乗り鉄に行くか、それともカメラレンズの資金かな…

本当に『参加』するだけでしたが、なかなか興味深いものをみせてもらいました。
おそらく、私が参加するようなことは一生無いような気がしますが(苦笑)

<おしまい>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

嵯峨野観光鉄道へお出かけ(前編)

みなさんこんにちは

先週の土曜日、嵯峨野観光鉄道に完成したジオラマへ子どもを連れて出かけてきました。
HOゲージで製作された日本最大級のジオラマということで、それだけでも大変興味深い施設といえますが、何と言ってもここの目玉は昨年退役したEF66-45号機、49号機のカットモデルが展示されているというところでしょう。
しかも、この2台の運転台からジオラマ内のEF66牽引ブルートレインを運転することが可能というのもまた大きな魅力です。

JR嵯峨嵐山駅に併設された、嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅の建屋の更に奥、丁度下車口の辺りにレイアウトの入り口があります。ここで入場券を購入して、中へと進みます。

11041901.jpg 11041902.jpg
館内に入ると、まずは奥に鎮座する2台のEF66が目に飛び込んできます。
焦らずとも、後でそれはゆっくり見るとしてまずはジオラマを拝見します。
入り口付近にはこれまた廃車された機関車の運転台部分を用いて模型を走らせることの出来るようになっており、家族連れの多くの方々で賑わっておりました。かくいう管理人も勿論子ども達にねだられて、その中のひとりとなった訳ですが(苦笑)

11041903.jpg
やはり京都ということで、それを意識した全体的な造りになっています。
本当に大きいので、一回りするのも一苦労です。

11041904.jpg 11041905.jpg
こちらは梅小路をイメージして製作されたものでしょうか?
まだまだ空き地らしきものが目立ちますので、これから更に多くの構造物が用意されるものと思われます。その発展の様子を見に行くだけでも楽しいかもしれません…

11041906.jpg 11041907.jpg
こちらは清水寺をイメージして作られたジオラマです。
木組みの足回りの様子がとても素晴らしく、この模型を見るだけでも価値があります(笑)

11041909.jpg
巨大なレイアウトの丁度真ん中辺りにレイアウトを跨ぐように作られた橋があります。
この橋の上からジオラマ全体を俯瞰出来るようになっていますが、そこから見ると改めてこのジオラマの大きさを感じることが出来ます。そして、その橋の真ん中に行くと…

11041908.jpg
このように、カットモデルの2台のEF66が大変良く見えるようになります。
さぁ、改めてEF66の近くに行ってみましょう。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

金太郎をフリー作品に仕上げる(1)

みなさんこんにちは

震災前のある日、よくお伺いするお店で店主さんと少しお話をしていたところ意外な一言が…
『ちょっと作ってもらいたいものが…』
え?私なんかで宜しいのですか?と何度も聞き返したのですが、構わないとのこと。
なんとチャレンジャーなと思いました(苦笑)

しかも、今回のご依頼はちょっと変わっています。
『金太郎を使って、フリーの機関車を作って欲しい』とのこと。
デザインなんて全然出来ないのですが…

110306_EH500_001.jpg
家に持ち帰って眺めてみました。
サイドのロゴも格好良いし、これを作り直すのは勿体無い気がします(苦笑)

110306_EH500_002.jpg
撮り鉄趣味的にはどうしても国鉄型に目が行ってしまいますが、JR貨物新製の機関車も格好良いと思います。この金太郎なんかは普段見られないのですが、模型で改めてみると、とても格好良い!
実車は2車体連結タイプのマンモス機関車、迫力がある写真が撮れることでしょう…

110306_EH500_003.jpg
とりあえずバラバラにしてみました。
どこまで加工するのか、これからじっくりと検討します。
勿論、どんなデザインにするのかも(汗)

模型制作を頼まれることなんて殆ど無いので、本人もびっくりでした。
義援金用のモデルも一段落下ところなので、こちらを頑張って製作します。
ご依頼頂いているので、なるべく早く仕上げねば…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(最終回)

みなさんこんにちは

東日本大震災被災者の皆様へ届ける義援金の為に製作を続けていたEF65-1089号機ですが、本日ようやく完成するに至りました。
思えば仕事の段取りなどでなかなか作業が進まず、もどかしい日々の連続でした。
出来についてはいつものレベルですから、リンク先の皆様のような素晴らしい出来栄えでは決してありません。その旨をご承知頂いた上で、今回の趣旨にご賛同頂ければ幸いです。

110316_EF65-1089_015.jpg
加工範囲については、ほぼこれまで製作してきたものと同じです。
あくまで走行させることをベースに考えた仕様です。

110316_EF65-1089_016.jpg
屋根上周りの配管は真鍮線で再現しております。
また、広島車特有の屋根上カラーについても可能な限り表現したつもりです。

110316_EF65-1089_017.jpg
サイドから見ると、通常の更新色よりも帯がやや低い点が注目されます。
それにより、側面扉と帯の間にわずかな白の部分が生じますが、それも再現しました。

下記のアドレスにて現在オークションを実施させて頂いております。
ご興味をお持ち頂き、尚且つご賛同頂ける方、何卒よろしくお願い申し上げます。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n93689833

今回の商品のご落札金額につきましては全額
東日本大震災で被災された方々への義援金とさせて頂きます。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

言語道断

みなさんこんにちは

震災の被害が余りに大きく、日々のニュースが殆どその関連となっています。
勿論、今のニュースでも伝えきれない程、現地から発信される困難は山のようになると思います。
そんなニュースの中に埋もれてしまいそうになりそうな、気になる事件が目につきました。

奈良線 運転士が運転中に私物の携帯電話を扱った事象

当初、メールを運転中に確認したのかと思いました。
もちろん、それだけでも十分に問題です、厳しく罰せられれて然るべきでしょう。

しかし、後日分かったところによると、なんとこれメールではなく携帯ゲームだったとか!
言語道断、全く以って許されざる行為、鉄道会社の信用を著しく貶める愚かな行為です。
なぜこんな馬鹿げたことをしたのだろうか?本当に理解不能です…

多くの乗客の命を預かっているという誇りはどうしてしまったのでしょうか?
鉄道マンは、そのような多くの人たちを支え、そして社会に貢献するという素晴らしい職業です。
その輝かしい職務の威厳を保つために、日々殆どの社員は身命をとして職務を全うしておられます。

来週にはあの忌まわしい事故が起こった日が今年も巡ってきます。
その前になんと哀しい事件かなと思った次第です。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(14)

みなさんこんにちは

満開だった桜もこの週末にかけてが最後の見ごろとなりそうです。
鴨川沿いではあちこちでお花見をするグループが楽しそうにお酒を呑んでいる姿が見られます。
そういえば、花見酒なんて最近してないなぁ…
東北のお酒と、そして三陸産のほやなんかで一献やれば最高だなと思います。

さて、EF65-1089号機もいよいよ佳境に入りました。
今日も帰宅後に工作机に向かって作業を進めてきました。
明日、遅くとも明後日には完成の見込みです。

110316_EF65-1089_014.jpg
ボディ周りの塗装やインレタを張り終えたところで今日は終了です。
明日、細かいパーツ類を取り付けた上でクリア塗装となります。

相変わらずの大したことのない出来ではございますが、何とか形にはなりそうです。
最近は一つのモデルに数ヶ月以上掛けていたことを思うと、少しは努力したかなとも思います。

いやいや、まだ完成していない。
最後の最後まで気を抜かぬように頑張ろうと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

夜の桜トンネルを抜けて…

みなさんこんにちは

各地で自粛ムードが漂う中、今年は実施するのかどうか思っていたのが嵐電の春の風物詩、桜のライトアップです。
北野線の鳴滝-宇多野間で毎年で毎年行われているこのイベントですが、いつも行きたい行きたいと思っていたのですが、用事でなかなか行けなかったり、思い出した頃にはイベントが終了していたりして今まで行けずじまいでした。

今シーズン、嵐電のホームページを見ると開催の日程が紹介されていました。
前述しましたが、開催すらどうなるか微妙な情勢でしたが、通常通り開催とのこと。
せっかっくのチャンス、これは行かねばと思いたち、今年は出向いて参りました。

車を北野白梅町近くのコインパーキングに止めてから、嵐電に乗って現地に向かいます。
思えば、長いこと京都に住んでいますが、この駅から嵐電に乗ったのは初めてです。
2両編成の列車に乗り込み、発車を待っていると、車内には同じ目的だろう思われる方が数名…
そうこうしている間に列車は北野白梅町を発車。何とも言えないモーター音を響かせながら列車は進みます。

列車が宇多野駅を発車すると、運転手さんの車内放送が始まりました。
話を聞いていると、ここから鳴滝までのライトアップ区間は車内の電灯を消して、夜桜を楽しめるような演出が為されました。
電気が消され、真っ暗になった車内。
しかしすぐに両脇にはライトによって照らし出された溢れんばかりの夜桜が現れます。
車内には思わずため息にも似た感嘆の声が上がりました。

鳴滝駅に到着後、管理人は下車。
ここから歩いて良さそうなポイントを探ります。

11041401.jpg
鳴滝駅のすぐ近くにある踏切で最初の1枚。
桜は綺麗に撮れるのですが、夜間の列車はやはり難しい(苦笑)

11041402.jpg
もう少し宇多野よりのポイントに移動しました。
丁度桜のトンネルの終点くらいの場所でしょうか?
ここでは多くの方が撮影されておられました。

11041403.jpg
ちょっと遊んでみましょう。
もう少しF値を絞って暗くすれば、全体の色合いが落ち着いたかもしれません。
ちょっと惜しいことをしたかな?

11041404.jpg
今度はサイドから狙ってみました。
車両の彩が桜に馴染んでいて、とても綺麗です。

私が撮影に出向いたのが12日、今回のイベント最終日でした。
ライトアップ時間を過ぎると、現場では灯りが落とされ、一気に真っ暗になりました。
先ほどまでとは違い、静けさを取り戻した景色を改めて眺めつつ、来年もまたここにやってきたいなぁと思った次第です。

それまでに、多くの方に平安の日々が戻りますように。
そう思わずには居られません。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(13)

みなさんこんにちは

春らしい陽気が続いたと思ったら、俄かに肌寒い日に逆戻り。
気温の上下が大きくなる昨今、体調に気をつけねばと思っていたのですが、どうやら下の子どもが風邪をひいてしまった模様。結構熱も出ている様子で、かなりしんどそうにしています。小さい子どもだけに、余計と可哀想です…

110316_EF65-1089_013.jpg
そんな中、ようやくボディ塗装がほぼ完成しました。
貫通扉から始まり、ベースの白、ディープブルー、そして最後にスカイブルーの順で毎日少しずつ作業を進めてきましたが、何とか形になりました。

この後は漏れこみ部分の細かい修正作業を行っていきます。
完璧にマスキングしたつもりなんですが、どうしても漏れこみは発生します。
私はもうこれはどうしょうもないこととして、諦めています。

修正作業が終わればいよいよ完成まであとわずか。
さぁ、頑張って今週中に仕上げてしまおう!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(12)

みなさんこんにちは

少しずつではありますが、形になりつつあるEF65-1089号機。
細かいパーツなどについては、ほぼ完成しつつあります。
残すはボディ本体の塗装及び仕上げ作業と足回りです。

110316_EF65-1089_011.jpg 110316_EF65-1089_012.jpg
本日仕上がったのは、ご覧の通り足回りです。
スカート部分についてはエアホースの取り付けと、コック撤去後の再現がポイントでしょうか。
カプラーはKATOのナックルカプラーを取り付けてあります。

台車部分については、EF65の場合最も特徴的なのが検出器が数多く取り付けられていることが上げられるのではないでしょうか?各台車には必ず2個以上の検出器が取り付けられており、足回りを見せる際の重要なアクセサリーとなっています。

足回りが完成したことで、いよいよ本体に作業が集中出来ます。
何とか今週中には形にした上でヤフオクに出品したいと考えているのですが、果たして…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(11)

みなさんこんにちは

週明けの月曜日。
先週末から続く大きな余震。
本日もまた大きな、余震というにはあまりに大きな地震が被災地を襲いました。

あれから既に1ヶ月。
あっという間にこの1ヶ月は過ぎ去ってゆきました。
我々、幸運にも地震の被害に遭わなかった人間にとってもあっという間の1ヶ月でした。

何とか自分で出来ることを探しつつここまでやってきました。
未だに出来るのはこれくらいと思い、義援金用のモデル製作に励んでおりますが、仕事の用事などで殆ど作業が進まず、自分で自分をふがいなく思う日々です。

110316_EF65-1089_010.jpg
今日の作業報告もたったのこれだけです。
EF65-1089号機のナンバープレートを仕上げました。
ただの赤ではない、もみじ色のプレートを表現しています。
今回はgaiaカラーのスカーレットを用いてみましたが、なかなか良い感じです。

明日はどこまで製作が進むのか…
とりあえず、やれる限りは頑張ろう!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

さくら・みずほの駅弁が凄い!

みなさんこんにちは

今日の記事ですが、これは震災前に記載したものです。
ちょうど震災の次の日にアップしようと思っていたのですが、それ以上に書きたいことが沢山あり、以後そのままで保存していたのをすっかり忘れてしまいました。

そのままにするには惜しい内容だったので改めて本日アップした次第です。
敢えて内容は変えずにお伝えしようと思います。
よって、現在の状況とは大きく違うこともありますが、ご了承下さい。

【以下3/11以前に記載】
今回のダイヤ改正で遂に九州は鹿児島まで延伸された新幹線。
これにより、鹿児島から青森まで新幹線だけで移動することが出来るようになったわけですから、凄い時代になったものです。
ただ、本当に新幹線だけで最長距離を移動するとなると、やはり10時間はかかるみたいですから、流石にそんな長い距離を新幹線で移動される方は、鉄道ファン以外でまずいらっしゃらないでしょうが(苦笑)

さて、本日のネタは先日ポックルさんがネット上で公開されたネタの紹介です。
その記事を拝見した時、これは良いわぁ~と思っていたのですが、遂にそのブツを入手。
家に帰って早速子ども達と一緒に袋から取り出してみました…

11031201.jpg
はい、こちらが淡路屋さんの『新幹線 みずほさくら 弁当』です。
華やかな紙箱が春らしく、とても可愛らしい感じがします。

11031202.jpg
そして、その中にはこのような入れ物が…
何でも集めたがる管理人にはたまりません(苦笑)

11031203.jpg
中には献立表も入っています。
今回開通した新幹線の沿線各地の名産物が敷き詰められています。
これはお酒のアテとしても素晴らしい(笑)

11031204.jpg
改めて容器を取り出してから撮影しました。
九州新幹線、N700-7000番台のイメージをよく掴んだ入れ物ですね。
陶器で作られたこの入れ物、かなりしっかりと作ってあって、結構重たいのです。

11031205.jpg
美味しそうな中身が詰まってます~
早く食べたい~!
気持ちを抑えて…

11031206.jpg
中身を綺麗に並べてみました、間違いなくお酒のアテに最適です!
しかし、駅弁ってのは本当にアルコールによく合いますよね(笑)

この後、夕食のおかずとして家族4人で仲良く頂きました。
流石に4人で分けるには小さかったです(苦笑)

テーマ : お弁当
ジャンル : 趣味・実用

ありがとう489系を撮る

みなさんこんにちは

去る3月26日、27日に臨時列車として運行された金沢の489系。
いわずと知れた、最後のボンネット編成ですが、どうやらその歴史も終焉の時を迎えたようです。
今回企画された『ありがとう489系』が最後の舞台になる可能性が有るとのこと。

思えば今までボンネットは数回撮影したことがありません。
その中でも良い条件は無かったはず。
最後の晴れ舞台、何とか好天にありつきたかったのですが…

その前に、私が撮影に出かけたこの日(3月27日)は他にも臨時列車が運行されました。
今年のNHK大河ドラマにあわせて『お江列車』なる臨時列車で、京都を出発し、琵琶湖を一周する形で再び京都に戻るというダイヤ設定だったのですが、この臨時列車に京キトの485系が充当されました。

この列車を撮影するために選んだ場所は東山陸橋。
そういえば、ここへやって来るのは久しぶりのような気がします。
午前11時。さぁ、列車がやってきました。

11040901.jpg
110327 11:02 ??M お江列車号 京キトA6編成 東海道本線 山科-京都

普段とは逆方向の編成となるため、パノラマグリーンが先頭となりました。
よく見ると、運転室の中にヘッドマークイラストのような物があります。

11040902.jpg
3姉妹のイラストのようですが、ありがとう485系の文字が…
改めて、見慣れた国鉄型特急が去り行くことを思い知らされます。

ところで、この時なんですが、私は進行方向の左手に居りました。
しかし、丁度同じ時間に京都駅を出発する快速列車があったために、進行方向右手で待機されていた方は軒並み完全に被られてしまっていたと思います。
見ているほうが少し辛くなりました…

さて、この後ありがとう489系を撮影するために北上します。
時刻から考えて、マキノ駅が最も良い条件だろうと思い、車を走らせました。
そして、マキノ駅下まで到着すると…
ホーム先端は猛烈な人だかり(苦笑)
とてもこれでは撮影出来ないと判断し、急遽移動することとします。

第2候補と考えていたのが敦賀駅の北側踏み切り。
ただし、ここにはタイガーロープが張られているので、それがネックです。
国道161号線を北上、新疋田の駅も大勢の撮影者で溢れかえっています。
その様子を眺めつつ、目的の踏切に到着すると、ここにも数名の方が…
しかし、それまでの場所よりは圧倒的にノンビリしておりましたので、ここで決定です。

三脚を構えて、さぁ列車を待つぞ!
と意気込んでいた頃にはとても綺麗な太陽が線路を照らしていました。

ですが…
列車通過の約10分前に西の空には大きな雲が現れ、太陽はすっぽりと隠れてしまいました。
今さらもう移動することなどかないませんので、腹を据えて列車を待ちます。

11040903.jpg
110327 16:50 9042M ありがとう489系号 金サワH01編成 北陸本線 敦賀-南今庄

残念ながら、太陽が再び列車を照らすことはありませんでした。
しかし、撮影出来たという事実だけで十分に幸せです。

ワガママを言えばキリは無し。
そんな思いを抱きながら、この日は敦賀を後にしました…

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(10)

みなさんこんにちは

昨日の記事でも少し触れましたが、ようやく本体部分の塗装に取り掛かりました。
まずは側面扉と貫通扉のサンドイエローから塗装します。
黄色系は下地に薄い色がないと乗り辛いので、一番に塗装したわけです。

使用したのはモリタのサンドイエロー。
モリタさんが一時塗料商品の販売を止めるというニュースが流れた時は本当に困ったものだと思いました。というのも、我々鉄道模型製作をする者にとって、この塗料が無くなるのは考えられないことだったからです。
多くのユーザーの声に応えてくださり、現在では以前よりパワーアップしたような形で販売されています。本当にありがたいと言うしかありませんね。

110316_EF65-1089_009.jpg
塗装した部分にマスキングテープを貼るだけではなく、全面の貫通扉には念のためマスキングゾルも併用して使用しています。貫通扉には細かいパーツが付いているので、マスキングテープが浮いてしまうのを防ぐのが目的です。

さぁいよいよメインの塗装へと進みます。
サイドのラインが綺麗に走るよう、マスキング作業に集中しようと思います…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

本当にもういい加減にして欲しい…

みなさんこんにちは

今日も仕事が終わってからEF65-1089の加工を続けていました。
さほど時間を取ることが出来ず、結局サンドイエローを吹いたところで終わりました。

時間も押し迫ってきたので、そろそろ今日の記事を書こうとリビングに戻ってきて、何気なくテレビをつけたところ、またも大きな地震が宮城県沖で起こったニュースが放送されていました。
先日の大震災の余震でしょうか、しかし余震とはいえ震度6強という強いものでした。

もう…
もう勘弁してもらえないのでしょうか?
なぜにこれほどまで辛い仕打ちが被災地を襲うのでしょうか…

言葉が出ません。
とにかくもう、本当にもういい加減にして欲しい。
それしか言いようがありません…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

私に出来ること EF65-1089号機(9)

みなさんこんにちは

ここ数日、本当に良い天気の日が続いています。
この好天気であちこちの桜も一気に開花し始めたようですね。
今週末はどこかでお花見でもしたいものです。

さて、本日もギリギリに更新です。
といっても、作業自体は全然進んでいないのですが…

110316_EF65-1089_008.jpg
gaiaカラーより発売されている『サーファイサーEVO』という製品を試してみました。
サーフェイサーですが、粒子が細かいということで今回使ってみたのですが、ご覧頂いてお分かりになるでしょうか?確かに粒子は細かいのでは無いでしょうか?

さぁ、ここからがいよいよ塗装の本番です。
果たして上手くいくのでしょうか…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(8)

みなさんこんにちは

新年度となり雑用が増えてバタバタしています。
おまけに体調を崩してしまいました…
思うようにはなかなかいかないものです(苦笑)

勿論それだけが理由というわけではありませんが、なかなか作業が進みません。
今日も結局一工程進んだだけでした。
最近、いつも調子になってしまうという危機感が出てきました。
少し気合を入れなおした方が良さそうですね…

110316_EF65-1089_007.jpg
本日の作業ですが、EF65-1089号機の大きな特徴である側面部の蛍光灯カバーを製作しました。
0.15mmのプラ板を4.5mm幅に切って、適当なサイズに揃えます。
この作業にかなりの時間を食われてしまいました。

これで本体部分の加工は一通り完了です。
いよいよ塗装作業へと進みます。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リニア・鉄道館へ(後編)

みなさんこんにちは

2011年3月に開館した『リニア・鉄道館』。
春休み最後の週末ということで、館内は親子連れで大盛況でした。
我が家もその他大勢の皆さんと同じく、大いに楽しませて頂いております。

このリニア・鉄道館にも運転手シミュレータが用意されています。
ただ、ここでは入場券に付属する抽選券を応募して、それに当選した方だけがそのシミュレータを実際に操作出来るというシステムを採用しています。
長時間の待ち時間を解消するための一つの提案ですね。

そのシミュレータ、3つのコースが設定されています。
・N700系運転体験
・車掌体験
・在来線運転体験
今回、我が家は4枚の抽選券で各コースを応募しました。
勿論、一番の目的はN700系運転でしたが、これは残念ながらなんと番号1番違いで落選…
しかし、在来線運転体験に見事当選したので、こちらを試すことに!
実際に体験出来る時間まで少しあるので、ここらで館内を改めてゆっくりと拝観します。

11040306.jpg 11040307.jpg
管理人的に最も興味を引いたのはやはりこの機関車でした、EF58-157号機。
幼い頃、近くの踏み切りでよく見かけたEF58。
考えたら30年ぶりの再会のような気がします…

11040308.jpg
オロネ10車内を遠くから撮影。
この列車は展示だけで中を見ることが出来ませんでした。
10系寝台は今まで見たことが無いので、一度中に入ってみたいものです。

11040309.jpg
こちらも懐かしいキハ82系気動車です。
私の小さい頃、近くの気動車特急は全部このキハ82系でしたが、気が付けば181系になってました。
今でもそうなんですが、どちらかというとキハ181系よりもこの82系の顔の方が好きです。

そうこうする内にシミュレータの時間がやってきました。
子どもに操作させようとするも、ちょっとまだ難しい様子。
結局、手を添える形で私が運転することになりました(苦笑)
それでも、子どもたちは目の前で流れる景色の画像に大興奮の様子でした。

その後、館内で購入したお弁当を施設の外に設置された117系車両で頂きました。
おそらくこれは大宮でも同じだと思いますが、車内は家族連れの皆さんが多く、賑やかな声で溢れかえっていました。その中で頂くお弁当はまた、いつもよりずっと美味しかったような気がします。

午後となり、更に来場者の方が増えてきた模様。
名残惜しくはありますが、そろそろ時間なので我々はこの鉄道館を後にすることとします。
時刻はまだ2時前、多くの入場の方々の行列を尻目に、帰路へ就きました。

帰り際も、帰ってからも、子どもたちはずっと『楽しかったよ』と我々に話しかけてくれます。
私なんかは、自分も楽しんでいるのに、そういわれると少しこそばい感じがします(苦笑)
こうして触れ合う時間のなんと幸せなことか。

今という幸せな時間をこれまでしっかりと考えていたのだろうか?
子どもたちの笑顔を思うと、その重さを改めてひしひしと感じました。
当たり前こそ最も贅沢なものだと。
この気持ちは、絶対に忘れてはならないものですね。

<おわり>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

リニア・鉄道館へ(前編)

みなさんこんにちは

今回の震災では実際に被災していない我々にも大きな傷を残しました。
それは子ども達にも言えることなのです。我が家の子どもたちもどうやら震災後のニュースがとても気になっている様子です、地震のこと、津波のこと、そして原発のこと…

幼い彼らの心にまで震災の小さい余波は届いているのです。
そしてまた、彼らなりに心を痛めているというのは親から見れば分かります。
子どもたちは今春休み真っ最中。その春休み最後の週末、彼らに楽しんでもらおうと本日は先月開館した『リニア・鉄道館』へ連れて行ってきました。
勿論、私も楽しませて頂いたのですが(汗)

JRで名古屋まで向かい、その後あおなみ線という第3セクターで当地へと向かいます。
新幹線ではなく、在来線で移動した為に京都を出発したのは6時過ぎ…
途中、何度もうとうとしながら現地に到着したのは午前10時過ぎでした。

11040301.jpg
到着すると、もう既に凄い人です!
ただ、このような場所は時間が経てば経つほど人手が多くなるので、早めに向かった訳です。
それでも入場するまでに15分位は掛かったのではないでしょうか?

ようやくチケットを購入して館内に入場。
エントランスに並べられたC62を始めとする3台の列車にまず圧倒されました。
そして、子どもたちのテンションはいきなり急上昇です(苦笑)
周りを見ると、我が家と同じような大勢の幼い子どもたちが、その目をらんらんと輝かせていました。

広い館内に並べられた多くの車両群。
昨年、大宮の鉄道博物館で見た時と同じような感動でした。
ただ、やはりJR東海さんの持ち物なので、東海道新幹線関連が充実しています。

いつもと同じように『一番行列が出来そうな』物から見学します。
見たところ、リニアモーターカーの施設と、鉄道模型ジオラマがそれに該当しそう。
リニアよりも、多分模型の方が子どもも喜びそうということでこちらに決定。

11040302.jpg 11040303.jpg 11040304.jpg
細かい芸が施されたジオラマに、これまた手の込んだ車両たちが目の前を快走します。
各地方をイメージしたエリアが用意され、それぞれの地域の特徴が上手に再現されたこの鉄道模型ジオラマは本当に良く出来ていました。是非、お時間のある際に皆さんも足をお運びになっては如何でしょうか?

11040305.jpg
細かい芸と言えばこちらです。
お分かり頂けるでしょうか?海のジオラマの海中部分に再現されたもので、竜宮城です…
よく見ると、ちゃんと浦島太郎までいますね。

存分に鉄道模型を堪能した後、いよいよ館内を本格的に探索します。
子どもたちの目が活き活きしているのが分かります。
もうこの時点で、親としては十分に嬉しいものでした…

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

私に出来ること EF65-1089号機(7)

みなさんこんにちは

新年度最初の週末、京都の町もあちこちで桜がにわかに咲き始めました。
まだ蕾が多いとはいえ、桜の桃色は僅かでも人の心に印象深く残ります。
いよいよ春がやってきました、季節は間違い無く進んでいます。

110316_EF65-1089_006.jpg
製作がのびのびになっているEF65-1089号機です。
ようやく今日ボディ部分の加工が終了しました。
屋根上の加工や全面部分のフック類など、目立たない箇所の加工に時間が掛かります…

明日は家族を連れて少し遠出をするつもりです。
少しばかり気分を変えるのには丁度良いかもしれません…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ここから新たな1年が始まります

みなさんこんにちは

本日から平成23年度がスタートしました。
本来であれば、この清々しい門出を皆で祝うはずだったと思います。

そういえば、今日は4月1日エイプリルフール。
出来ることなら、あの日をウソにしたい…

震災で就職内定が取り消しになった人。
進学しようにも、学校が無くなってしまった人。
歩むべき道が突然失われてしまった人。
多くの物が奪われてしまいました。

しかし、こうして新年度は始まります。
ここから新たに始まる道のりがあります。
被災者の皆様にさし向けられる多くの手が確かに存在します。

私たちに出来ることは限られています。
そんな我々が今出来ること。
日本はきっと、そんな思いやりを持った人が増えていくと信じています…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。