スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年大晦日、今年も皆様ありがとうございました

みなさんこんにちは

今日は12月31日大晦日。
今年一年、当ブログをご覧頂きました皆様、本当にありがとうございました。
思い返せば、イベント毎に少しずつお越しいただく方が増えました。
内容ペラペラのいい加減ブログにもかかわらず、本当に嬉しいことです。

そういえば、結局キハ181系を含めて今年は全く模型加工が進まなかったなぁ~
ここ数年、模型制作のペースが猛烈に落ちているので、そこは来年への課題。
でも、昨年もそんなこと言ってたような気がします(苦笑)

家での用事を終え、さぁ実家に帰ろうかなぁと表に出たら…

10123101.jpg


どこの雪国?


昨夜からの雪で、あたり一面真っ白!
子ども達は朝から大喜びで、ご近所の友達同士で大運動会を開催中(笑)
とてもじゃないですが、ノーマルタイヤの我が家の車では出かけられないので、チェーンを取り付けることになったのですが、慣れない作業の為に2時間近く作業に掛かってしまいました(苦笑)

おかげで、サンダーバード12-19号の489系代走が見に行けなかったのは内緒の話です(笑)

そろそろ時間となったので、実家に帰ります。
今年一年皆様本当にありがとうございました、改めて感謝申し上げます。
来年もまたどうぞ、拙ブログをご覧頂ければ幸いです。

それでは、良いお年を!!!
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今年、最初で最後の忘年会

みなさんこんにちは

クリスマスあたりから日本を覆いだした寒波によって、冬らしい日々が続きます。
今朝、寝室の室温は何と0℃!
布団から外に出るのが一日のうちで大きな仕事となってきました。

さぁ、本日はいよいよ12月30日。今年もついに今日と明日を残すのみ!
我が家は明日から実家に帰省しますので、本日がこの家で過ごす今年最後の日です。
以前も少しお話いたしましたが、管理人は今年公私を含めて忘年会がゼロ。
というわけで、本日の夕食が管理人今年最初で最後の忘年会です(苦笑)

近所のちょっと大きめのスーパーに家族で出向いて、それぞれ欲しい物を2品ずつ選びます。
普段ならば、その一人分の予算が家族全員分の食費という、超豪華な夕食!
お~!なんと贅沢なんでしょうか!

10123001.jpg
買ってきた物を机の上に並べてぱちり。
いやぁ~食べるのは勿論ですが、お酒が進みますわ~

10123002.jpg
ビールではなく、第3のビールで乾杯というのはお約束(笑)
本物のビールなんて、ここ数年自宅用に購入した記憶がありません…

今年もいよいよ後わずか。
何より、家族無事で年末を迎えられそうなことが一番ありがたいことです。
さて、それでは夕食を頂きます(笑)

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

印刷されたナンバーを消してみる

みなさんこんにちは

昨日で今年の仕事は一通りおしまい。
最後の最後でえらいバタバタしてしまう羽目に遭いましたが、何とか年を越せるレベルにまでは持っていけたのでほっとしております。まぁ、実際には問題が拡大している可能性もありますが、もうここまで来たら『どーんと来い!』という感じで開き直りました(苦笑)

さて、今日のネタもキハ181系を使った鉄道模型ネタです。
といっても、今日のお話は今回のシリーズ物からは少し離れたお話をさせて下さい。
商品として販売されている鉄道模型で、ナンバーが既に印刷されているものがあります。
最近のTOMIX製品はその辺、後からユーザーがインレタを貼るという形で好みのナンバーを付ける事が出来るのですが、KATO製品ではナンバーが印刷された状態で販売されることが多いように見受けられます。
勿論、この方が面倒無く、より実感的に見えるのですが、やはりナンバー位は自分の好きなナンバーを入れてみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その際、元のナンバーを消す方法として、エナメル溶剤を用いてナンバーインレタを拭き取ってしまうというのが、よく聞く方法です。
しかし、以前これを管理人が試してみたところ色落ちが激しくて大失敗しました(笑)

今回はその際の方法について、細かいヤスリを用いてナンバーを消してみるという作業を試みます。
通常の紙やすりよりも遥かに目が細かいものを利用してみたのですが、どうでしょうか!?

10122901.jpg
こちらが今回の実験で使用したMr.Hobbyの『Mr.ラプロス 6000,8000』です。
磨き上げ仕上げに用いる極微粒子のやすりを用いることとしました。

10122902.jpg
実験に使うのは、今回加工を進めているKATOのキハ181系です。この後全塗装してしまうので、実験にはもってこいだと思い、実験してみたわけです(笑)

このやすりをナンバープレート部分にかけて、慎重にナンバーを削ってみましょう。
まずは、より目の細かい8000で作業に入ります。

10122903.jpg
ゆっくり、軽く擦ってみたのですが、以外に簡単にナンバーは消えてしまいました。
これは良いかも?と思ったのですが、8000位だと逆にテカってしまいました(笑)
ご覧頂いても、妙に輝いているのが分かると思います。

10122904.jpg
まぁ、そんなに激しく光を当てたりしなければ目立たないのですが…
ちなみに、今回の加工では後の全塗装があるので、結構いい加減に削ったために、周辺部も若干色落ちしている部分があることをご承知置き下さい。

10122905.jpg
今度は6000で試してみましたが、いい感じです。周辺部とそんなに違和感がありません。
磨き上げによるテカりも、商品の元の姿とそれほど差異は無いような気がします。

10122906.jpg
画像では分かりづらいのですが、明らかに8000番のときより馴染んでいます。
この後、必要なインレタを貼ってクリア塗装すればもっと目立たなくなるでしょう。

作業時間もあっという間なので、これは良いかもしれません。
しかし、厳密に見ると、ヤスリで削っていることには代わりは無く、削った部分にはその痕跡があります。然しながら、色落ちしたりなどの弊害が今回は無かった(削りすぎれば、当然問題になります)ので、クリア塗装でかなりごまかせるのではないかという印象です。

如何だったでしょうか?
こんなことをしなくても十分に楽しめるので、果たしてこの作業は意味があるのか!?
まぁ、こんなのもまた楽しさの一つってことでお許し下さい(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO キハ181系でJR西日本色を作る(5)

みなさんこんにちは

今日で仕事もおしまい!
しかし…今年は本当に仕事的には悪い年でした。
私のいる業界は年々規模が縮小しており、今後とても不安な世界です。
果たしてこのままここに立っていても良いのでしょうか?
そんな自問自答を繰り返すのが最近の日課となりました(苦笑)
これではいかんなぁ~…

そんなことを考えていると、心身ともに消耗するので、引き続きキハ181系を頑張ってみましょう。
頑張るといっても1日でやれる範囲は決まっているので、今日も無理せず出来るところまで。
どこまで作業が進められるでしょうか?
まぁ、ボチボチ頑張ります(笑)

101218_181-west_021.jpg
まず最初に行ったのが、屋根上の手すりです。
先日、穴を開けるところまでは進んだのですが、その後放置していました(笑)
サイズ的には1.4mmが今回の作業に向いているようです、いつものようにレボリューションファクトリーさんのパーツを使用しますが、これは本当に便利なパーツです。

101218_181-west_022.jpg
取り付けてみましたが如何でしょうか?
やっぱり立体感が出ると良いですね~
じっくり見ないと気が付きませんが(苦笑)

この部分は塗装せねばなりませんが、今回は部分塗装でいけそうな感じ。
後、今回は排気管付近のみだけ軽くウェザリングしてみようと思います。
初めての試みなので、今からドキドキしてますよ(笑)

101218_181-west_015.jpg
さぁ、こちらが本日のメインディッシュです。
4両分の非常口埋め、滅茶苦茶大変でした!!

普段、機関車製作の場合は1両で作業が完結するので、このように連続的な作業というのはありません。しかし今回の場合は、同じ作業をこうして何度も繰り返さなければならないので、本当に疲れます。
ブログのネタ的にも紹介出来る部分が少ない割には、全然作業が進んでいるように見えないので、地味な作業といわざるを得ません(笑)

文章は短いですが、実際には結構進んだ!
…と、思います(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO キハ181系でJR西日本色を作る(4)

みなさんこんにちは

今日もまたまたKATOのキハ181系です。
どうしたんでしょうか、最近ちゃんと加工記事を紹介出来ています(苦笑)
もともと、このような記事を紹介するために作ったブログなので、当然と言えば当然なんですが、最近の管理人の怠惰振りを考えると、信じられないような展開でしょう(笑)

さぁ、そんなわけで今日も作業を進めましょう。
今日の加工はボディ側面にある非常口を埋め立てる作業です。
国鉄時代に製造された車輌にある非常口ですが、現在その部分が埋められてしまっている車両が多いようで、今回製作しているキハ181系統もその非常口は埋められています。

101218_181-west_023.jpg
こちらは製品のキロ180です。
車端側の非常口が表現されています。登場時はもちろんこのスタイルだったわけです。

101218_181-west_024.jpg 101218_181-west_025.jpg
キロ180とキハ180を並べてみました。
ちゃぁんとこうして非常口の様子を再現してあるのに、それを消してしまうとは…
なんだか勿体無いお話ですね(苦笑)

さぁ、ここからが大変です。
500番の溶きパテで溝のあたりを少し多めに覆ってしまいます。
その後、しっかりと乾かしてから周辺部を削っていくわけですが、これはかなり手間がかかりそう。

とりあえず今日は溶きパテを塗って乾かすところで作業はおしまい。
焦ると結局後で手間が掛かるので、この辺は焦らずに行こうと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO キハ181系でJR西日本色を作る(3)

みなさんこんにちは

クリスマスも終わり、いよいよ年末に向かってラストスパートです。
管理人はといいますと、一応明後日が仕事納めとなっていますが、今年は様々な問題が発生しているために、最終日の28日も含めて分単位でのスケジュールになっています
そのどれもが問題事項を抱える案件ということで、滅茶苦茶気が重い…
まぁ、愚痴を言っても誰に助けてもらえるわけでもないので、頑張りましょうか(苦笑)

さて、そんな年内最後の週末。
何とかある程度の形にまでキハ181系をもっていきたいと思っています。
果たしてどこまでやれるのかは分かりませんが、とりあえず今日は久しぶりの加工作業。
順調に進めば良いのですが…

101218_181-west_014.jpg
ボディの加工ばっかり続いたので、気分転換がてら屋根上をさわります。
まず最初に行ったのが、排気管の穴あけです。

モールドのこの排気管部分を1mmのドリルで貫通させてしまうだけの加工ですが、これがやってみるとそうでないのとでは大きな違い!

101218_181-west_015.jpg
どうでしょうか!?
排気管の奥が黒くなることで、物凄くリアルに見えないでしょうか?
このような加工を思い付かれた先人の皆さんのアイデアには心底感服いたします。

101218_181-west_016.jpg 101218_181-west_017.jpg
今回のKATOキハ181の大きな見せ所としてある、屋根上のラジエター。
細かいフィンが大変素晴らしい存在感を示しているのですが、取り外しは簡単です。
裏側にはこのように何箇所かで差し込まれているだけで、少し押せば取れます。

101218_181-west_018.jpg
このように綺麗に取り外せます。

101218_181-west_020.jpg
ちなみに、キハ180とキロ180では上記のように配管が違います。
上がキハ180で、下の短いほうがキロ180なんですが、このような細かい違いに感動(笑)

話を戻しまして…
それでは、ラジエターのフィンを取り外して何をするのかといいますと…

101218_181-west_019.jpg
妻面側にある手すりのモールドを削って、実際に手すりを取り付けるためです。
全車両に2個ずつ。これでも結構大変なんですが、ボディ妻面にはもっと沢山のてすり取り付け作業が待ってるんですよね(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今日が本番!メリークリスマス!(笑)

みなさんこんにちは

昨日は仕事が長引いたため、自宅に戻ったのは10時を回ってから。
世間一般からすれば、それほど遅いとも言えないのですが、少々恐縮するのですが…
家に帰ると、子どもたちが色々と飾り付けを作り、部屋の中を賑やかにしてくれていました。

その時既に子どもたちは勿論既に深い眠りの中へ…
サンタさんがやってくることを心待ちにわくわくしながら眠ったそうです。
家に帰って、まずは子どもたちのプレゼントを車から取り出してから紙で包装。あのデパート包装ってヤツですか?あれのやり方がわからなくって、昨夜は夫婦で往生しました(苦笑)

お世辞にも綺麗とはいえない包装でも、子どもたちにとっては素敵なサンタクロースからのプレゼントだったようで、今朝枕元に置いてあるそれぞれのプレゼントを見つけた彼らの嬉しそうな表情を見ると、我々も大変嬉しく思えました。
こんな可愛らしいのも、後数年かと思うと、ちょっと寂しいねぇ~(苦笑)

さて、今日こそは家族揃ってのクリスマスパーティ。
自宅でささやかに全員でいつもよりちょっと豪華な夕食を頂きました。

10122501.jpg
まずはワインでかんぱーい!
今日はゆったりとした食事を頂けそうです…

10122502.jpg
今日のメインはビーフシチュー。
長く炊き込まれて肉がホロホロになっています、とっても美味しい~

10122503.jpg
大根とチーズのミルフィーユだそうです。
管理人、詳しいことは良く分かりませんが、ワインが美味しくなるのは分かりました(笑)

特に豪華な何かはありませんが、とても心温まるものです。
今のこの時間はきっと、この瞬間にしか無い宝物でしょう。
あれやこれやと求める前に、今のこの素晴らしい時間を大事にする心だけは忘れたくないものですね…

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今日はクリスマスイブ…なのに(涙)

みなさんこんにちは

今日はクリスマスイブ♪
街にはいつもより少しだけ明るい雰囲気があふれ、街行く人の顔も心なしか幸せそうな感じ。
確かに今日はキリスト教の方々の神聖な日ですが、ちょっとその温かい気持ちはお借りします…

さぁ、今日はもう早く仕事を終えて奥様や子どもたちと楽しい夕食にしよう!
明日は休みだし、久しぶりに多めのお酒もOKかな?
ワクワクしてきたなぁ…


なんて、無理でした(涙)


管理人、実はようやく今帰路に就いたところ(滝汗)
年末にいきなりトラブルが重なって、残業でした…

こんな年もあります、仕方ありません。
なるべく家に早く帰れるように、頑張って帰ろう!

しかたない
しかたない
(苦笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

最終キハ181系かにカニはまかぜを撮る

みなさんこんにちは

このブログをご覧頂いている皆さん、本日管理人はどうしていると思われたでしょうか?
長いことご覧頂いている皆様なら、きっと即答されるでしょう。
『最終かにカニはまかぜに乗車している』だろうと(笑)

しかし!
今回は違うんですよ~
私にとっての最終乗車は、あくまで先日の最終定期列車。
というわけで、今日のかにカニはまかぜには写真撮影でお見送りとしました。

撮影するにあたって、どこで撮影しようか?
コレに関しては、最初から決めていました。
最後の列車は、向日町への入庫シーンにしようと。

午後7時11分に大阪駅に到着しますので、それを目処に現場に向かいました。
現場には既に1名がおられましたが、後から何名か通過時刻が近づくにつれやってこられました。
その中に…見たことのある方が(笑)
『お~い!ドライモンさ~ん!』

そうこうしている内に予定の通過時刻がやってきました。
向日町の車庫へと入る踏み切りが鳴りはじめ、遠くにキハ181系のヘッドライトが見えます。
これがかにカニはまかぜとして見るのは最後なんだろうなぁと思うと、ちょっと緊張。

10122301.jpg
101223 19:53 回9052D かにカニはまかぜ号 東海道本線 長岡京-向日町

本線をアンダークロスし、ヘッドライトが眩しくこちらを照らし出します。
ヘッドマークのライトも消えていません、回送とはいえ特急列車の風格が漂います。

10122302.jpg
101223 19:53 回9052D かにカニはまかぜ号 東海道本線 長岡京-向日町

今日はこの構図で撮りたい!
そう思った形で、撮影することが出来ました。
闇夜の中に、左にキハ181系と右に向日町の車庫入場手前の踏み切り。
個人的に、これは本当に嬉しかった~

10122303.jpg
101223 19:53 回9052D かにカニはまかぜ号 東海道本線 長岡京-向日町

最後の写真です、この写真にタイトルをつけるとすれば…
『おかえり、おつかれさま』
といった感じではないでしょうか。

40年間、本当にお疲れ様でした、キハ181系!
最後の最後まで、やっぱり格好良い列車でした。

さぁ、この格好良いキハ181系を、その格好良さを何とか模型にすべく、頑張ろう!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

デフレって怖い

みなさんこんにちは

ここ数日は調子良くキハ181系の記事を続けられたのですが、今日はお休み。
というのも、仕事が長引いてそれどころでは無かったからです。
これが儲かる仕事なら良いのですが、お金にはならない仕事(雑用)ばっかりだからたまりません、疲労も2倍って感じですよ(苦笑)

さて、ここ数日で気になったニュースについて。
最近『無料』という煽り文句で多くの商品が『販売』されています。
物が売れない世の中、無料という呼び込みでお客を集めようという手法なんですが…

企業である以上、儲けが生まれないことをするはずは無く、必ずどこかで利益を生み出そうとします。
企業はどこも1円でも多くの金を得る為に、それこそ法のラインぎりぎりであろうがなんであろうが、黒では無く白であれば徹底的に利益を追求してくるものです。その事実を消費者は決して忘れてはならないのではないでしょうか?

バブル経済以降、不況スパイラルから一歩も出られない日本。
そして訪れたデフレスパイラル。

最近思うのは、消費者の『値引き』意識が強過ぎるのが、不況を脱しえない最大の理由ではないかということです。『過剰な値引き』というのは、その商品や仕事をする人の評価を不当に下げているという事です。モノや仕事に対する尊敬の念が失われ、価値という本質から目を逸らした結果が今のデフレスパイラルを生んでいるのではないでしょうか?

目先の利益を追うのは分かりやすく、結果もすぐに出るので苦労が要りません。
簡単な例だと、ガソリンスタンドで数円安いという理由で少し離れた場所まで車を走らせる行為。
そこまでのガソリン代を考えたのか?とはよく言われますが、実際にはそれだけではありません、そこに至るまでの車の消耗(タイヤやオイル等)、到着して尚、長蛇の列を待ち続ける間に失うガソリン、そして移動中における事故のリスク、また失った時間の損失。
そこまで考えて数円の差が果たして意味のあることと言えるでしょうか?

同じことを買い物に当てはめ、過度の値引きを期待することでどんなマイナスが生まれるのかを考えてみましょう。まず最初に考えられるのが、安い輸入商品に依存することで、国内生産品の需要が失われます。更に、値段を引くという事は、そのサービスを提供している人々の『価値』を下げるという事、つまり『価値』が少ないわけですから、勿論給料はそれに見合って低下、若しくは解雇という流れになるでしょう。

というか、もうこれ以上考える必要も無いんじゃないのでしょうか (苦笑)
値引きというのは、確かにその場での現金の減額は少なくなりますが、もっと大きく見渡せば、それはそのまま消費者にダイレクトに跳ね返ってくる、恐ろしいシステムの入口に私は思えるのです。

確かにお金が無い時にどんどん物を買うなんてことは出来ません。
将来の事も見渡せば、節約は当然必要です。
しかし、なんでもかんでも節約という雰囲気が世の中に蔓延しているのが現代社会。
難しいことではありますが、もう少し『お金を使って』みなければならないのでしょうね。

まぁそんなことを言いながら、現在進行形で『お金にならない』サービスの仕事を続けている私が、こんな偉そうな口を聞けるはずも無いのですが (苦笑)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

KATO キハ181系でJR西日本色を作る(2)

みなさんこんにちは

勢いでJR西日本カラーのキハ181系を作ることになった管理人ですが、実は今までこのように編成物を完結させたことは無かったように思います。
いつも製作しているのが機関車ばっかりなので、このような編成物にとりかかるのは新鮮な感じです。
一両完結の機関車とは違い、今回は全体の調和を考えねばなりません、この辺りが一番大きなテーマかなぁと思っていますが、果たしてどうなることやら…

101218_181-west_008.jpg
全てのパーツを取り払った後に、前面の加工箇所を探ります。
窓下の手すりの他、頭上のヘッドライト部分の小さな手すり、そして下部のヘッドライトユニット上にある後部標識灯掛け?を追加パーツとして取り付けることにします。

101218_181-west_009.jpg
また、現在のキハ181系にはタブレット掛けも撤去されているようです。
せっかく素晴らしいモールドが用意されているにもかかわらず、ここも削り取ってしまいます…

このタブレット掛けを撤去した時に、何となく違和感を感じました。
なぁんか実際の車輌とイメージが違うぞ??と…
で、先日撮影した写真を取り出してみると…

101218_181-west_011.jpg
うーん、やっぱり何かが違う…

!!
分かった!!
運転室ドア横の側面部分にある部分だ!!
後から調べると、これが『補強版』だということが分かったのですが、この部分が現在の車輌では撤去されているために、側面部分がとてもスッキリした印象になっていたのです。

101218_181-west_010.jpg
そんなわけで、このように補強版部分も綺麗サッパリ削り取ってしまいました。
この部分も大変精巧に再現されていたので、何か申し訳ないような気がしました(苦笑)

101218_181-west_012.jpg
ノミで削り取った後は、ひたすら紙やすりで綺麗に整えます。
最終的にはもっと細かいヤツで仕上げますが、とりあえずは2000番までで作業します。

101218_181-west_013.jpg
最後に、前面部分の調整やパーテーションラインの消去などを行ってひとまず下準備は完了。
キハ181形については、この後塗装を行っていく形となりそうです。

機関車ならば、このままどんどん進められるのですが、編成となるとそうはいきません。
次回は中間車輌の加工について紹介したいと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO キハ181系でJR西日本色を作る(1)

みなさんこんにちは

多分、皆さんやると思ってらっしゃったでしょうね(笑)
以前も少しだけ『やるぞ』的なネタを書いたこともありますし…
それでは、皆さんのご期待に添えるかどうかは分かりませんが、行きましょうか。

101218_181-west_001.jpg
それにしても素晴らしい出来だなぁと思います。
これだけの完成度を持つ商品に手を入れるのは、流石に躊躇しますよ(苦笑)

101218_181-west_002.jpg
と、言いながら早速ボディを取り外しています。
今回のキハ181はボディの取り外しがとても楽に出来ました。

101218_181-west_003.jpg
ライトユニットを裏側から見てみます。
細かいライトのパーツが並んでいますが、慎重に手前に引き出せば、これも以外と簡単。
あっさりとライトユニットも取り外せました。
先日のボンネットでは確か凄い苦労したような…

101218_181-west_004.jpg 101218_181-west_005.jpg
不要なパーツを一通り取り外しました。
当初の写真からでも分かったのですが、腰下のライトユニットは別パーツになっています。
これは塗装をやり直す上ではかなりありがたい構造といえます。
マスキング作業はこれできっと格段に効率が良くなると思われます。

101218_181-west_006.jpg 101218_181-west_007.jpg
こんな感じで、あっという間にバラバラになりました。
今日はまぁ、こんな感じで全ての車輌を分解したところまでにしておきます。

しかし、改めてこんなに良く出来たものを塗り替えるのはどうなんだろうか?
ちょっと自問自答しながらの加工となりそうです(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

去り行くもの

みなさんこんにちは

管理人の住まう地域では本日、抜けるような青空の一日となりました。
朝からどこか近場ででも撮影!
と行きたかったので、家の用事で本日は自宅待機。
そんな日に限って、とても天気は良いものです(苦笑)

10121901.jpg 10121902.jpg

さて、本日は話題はそんな清々しい青空とは違い、どちらかというと雨模様のようなお話。
東海道筋に住まう私たちの世代にとって、幼い頃から『貨物』と言えばコレ!
とも言うべき、機関車がありました。
そう、それがEF65-0とEF66の2機種です。

先日、岡山機関区でEF65-0番台国鉄色としては最後まで現役として残っていたEF65-100号機が遂に引退しました。
あれほど沢山走っていたEF65-0番台の国鉄色機関車もとうとうその姿を本線上で見ることは無くなってしまいました。

あぁ、100号機も引退してしまったか…
そう思っていたら、こちらも現役では最後のEF66-0番台国鉄色のEF66-27号機もどうやら運用離脱してしまったようです。
両機とも模型制作ということで何台か製作する機会があり、妙な親近感を覚えていた機関車です。
しかし、やはりそれよりも見慣れた機関車ということで思い入れが有ったのでしょうね、遂に引退してしまったのかと思うと、本当に寂しいものです。

珍しい国鉄型ということで、晩年は多くの撮影者に見守られた両機も、数十年前は見向きもされないような機関車だったと思います。特にEF65-0番台などは多くの機関車がひっそりと廃車されていったことでしょう。

今はあまり撮影者に喜ばれないEF210桃太郎。
おそらく、この桃太郎の多くも同じように、知らない間にひっそりと消え行くのでしょうね。
人間とはなんと面白い生き物かなと、改めて思った今日この頃です。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

まずは一安心 日本海&きたぐに

みなさんこんにちは

毎年、この時期になると我々鉄道ファンにとっては悲しいニュースが届きます。
今年もまた寂しいニュースを見なければならないかなと思っていたのですが…
そう、次年度の3月ダイヤ改正の発表です。

昨年は北陸の廃止と能登の臨時化が発表されました。
北陸の場合、多くの方が北陸新幹線の開業近くまでは運行されるだろうと予測していたと思います。
かくいう管理人もそうした予想の元に行動していたので、結局2回しか乗車出来ませんでした。

そして今回のダイヤ改正発表。
注目されたのは、日本海ときたぐにの推移です。
あけぼのについては、先日存続する旨のニュースが届いていたので、おそらく廃止されることは無いだろうと楽観視していたのですが、日本海ときたぐにについては大変気になっているところでした。
あけぼのと共通運用の客車を利用していることもあり、たぶん大丈夫なんじゃあないだろうかな?と予想はしていたのですが、公式発表が行われない限りとても気になるところではありました。

結果、今年のダイヤ改正では寝台列車の廃止は見送られました。
正直、ほっとしました(苦笑)

平成23年春ダイヤ改正について


今回のダイヤ改正で、私の興味対象の列車については、何点か大きな変化がありました。
まずは雷鳥がついに今回の改正でサンダーバードに置き換えとなり、長らく親しまれてきた『雷鳥』の名称と、あのクリームと赤色の車輌が北陸路から撤退します。これは以前から告知されていたことなので、いよいよかといった感じです。

また、特急北近畿は新型の287系が導入された上、名称がこうのとりに変更されます、また文殊が廃止されることとなり、タンゴエクスプローラーのJR乗り入れが見直されるそうです。
こちらはまだ183系が残りますが、それとて数年内にすべて新型の287系に置き換えられるでしょう。

福知山支社のプレスリリース

具体的な更新内容は上記の公式リリースをご覧頂きたく思いますが、今回の改正でかなりの数の列車が287系に一気に置き換わるようです。
ただ、このリリースを見ると、183系と287系のみの記載となっています。先日、381系が導入されるというニュースがあったと思うのですが、アレはどうなったのかな??

時が経てば当然列車環境も変わっていくもの。
今回の改正で登場する287系なんかは結構格好良いと思うので、これを撮影するのもまた楽しそうです。特に白いボディは朝陽や夕陽に映えるので、良い写真が期待出来るかも!?

ただ、ヘッドマークが無いのはやっぱり寂しいなぁ~

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

KATOのキハ181系を購入!

みなさんこんにちは

寒い!
ここ数日、本当に寒いいいい!!!!
今朝の外気温は0度!
確かにまぁ、冬ですからね(苦笑)

さて、夏頃にKATOから発売アナウンスのあったキハ181系。
発表当初から大きな話題を呼んだ今回の製品化ですが、かくいう管理人もこれにはかなり期待しておりました。馴染みのある列車が、今のKATOでどれ位のクオリティで用意されるのか、これはもう楽しみ楽しみで仕方なかったわけです。

そんなキハ181系ですが、本日遂に発売!
早速いつもお世話になっているお店に予約品を引き取りに行ってきました…

10121701.jpg 10121702.jpg
セット内容は、キハ181*2、キハ180*3、キロ180*1、キサシ180*1の7両です。
お値段は\ 18,585と、TOMIXのHGシリーズに比べるとかなり割安感があります。

10121703.jpg
ずらっと並べてみました。
ぱっと見た感じですが、これはかなり出来が良い感じですよ…
それでは、各車輌の様子を見ていきましょう。

10121704.jpg 10121708.jpg
まずは先頭車のキハ181からです。
キハ181系の『男らしい顔』がよぉく表現されていると思います。
ちなみに、電連は付属品に含まれて居ますので、後から取り付けなければなりません。

10121705.jpg 10121706.jpg
キハ181系の大きな特徴でもある、強力なエンジンと屋根上のフィンです。
まずエンジンですが、細かい表現まで為されており、本当に素晴らしい!
モールドの細かさには感動します。

また、屋根上のフィンも薄く刻まれたモールドが実車の質感を十分表しています。
この辺に今回のKATOの力の入れようが感じられます。

10121707.jpg
グリーン車のキロ180の座席は赤色です。
通常の座席が青色表現されているので、コントラストがしっかりしますね。

10121709.jpg
そして、今は無きキサシ180です。
この車輌にはエンジンと屋根上のフィンが有りませんね。
一回くらいはこういう食堂車に乗ってみたかったなぁ~

10121710.jpg
こちらが付属品です。
ヘッドマークに現在のはまかぜが無い!!これがとても残念でした(笑)
そうそう、単品のキハ181系にはまた違うヘッドマークが付属しているそうです。

駆け足で紹介してきましたが、今回のキハ181系は良く出来ているのではないでしょうか?
少なくとも、管理人には十分素晴らしい出来だと思えました。

実写はいよいよ来週の23日に運行される『かにカニはまかぜ』で運用が終了します。
走り続けて40年。
その貫禄がこうして模型にも現れるのは、流石としか言いようがありません…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ミッフィーちゃんマグカップ(笑)

みなさんこんにちは

先日の暖かさとはうってかわり、本日も極寒の一日となりました。
スーツの上に何も羽織らず出勤したために、凍えてしまいました。
いや、12月なんだからコート位は普通に着るべきですよね(苦笑)

さてさて、今日のお話は定期的に出てくるネタです。
そう、例の『ローソンの景品』です(笑)
今回のキャンペーンで貰えるのは『ミッフィーちゃんマグカップ』
サンドイッチやパンなどについてくるポイント20ポイントで貰えます。

10121501.jpg 10121502.jpg 10121503.jpg
黄色の紙ケースに入っています。
この入れ物も何となく可愛らしい仕上がりですね。

10121504.jpg 10121505.jpg
中身はこんな感じ。
デザインはかなりシンプルなので普通に使う分にも良いのではないでしょうか?

10121506.jpg
裏側にもちょっとした記載が。
細かいところにもこだわりがあるようです。

しかし、あれやこれやと年中キャンペーンを行っているので、マグカップも色んな種類が手元にあります。流石に奥様からは『もう要らない!』と言われてます(苦笑)

10121507.jpg
でも、こうしてまたまた集めてしまうんですよね~

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ナクナイ たむらぱん

みなさんこんにちは

以前から管理人が『これは良い~!これは良い~!』と何度も言い続けてきたたむらぱん。
最近はそのたむらぱんのお話も全然していなかったので、皆さんもすっかりその存在をお忘れだったと思いますが(笑)この度、約1年半ぶりにニューアルバムが発売されました!

その名も『ナクナイ』
なんと言いますか…
この辺からしてたむらぱんワールドなんですよね。
そういう、びみょ~な感じがまた、ファンとしては嬉しいわけで。

そして本日、そのニューアルバムが我が家にやってきました。
最近は便利な世の中になりました、家に帰ったらちゃんと発売日に届くなんて!

10121601.jpg
表紙はこんな感じです。
初回限定版なんですが、3Dになる表面。

10121602.jpg
裏面も同じような感じです。
なんかちょっと不思議なお写真ですわ。

10121603.jpg
中にはその3Dを見るためのメガネもオマケで入ってました。

まぁ、それは本当にオマケとして、初回限定版の凄いところは、今年の9月に行われたワンマンライブの模様を収録したライブDVDが用意されていること!
正直、これだけ単品で発売されても買ってしまうよ!
素晴らしいサービスだ!
というか、太っ腹すぎるんじゃないか!?たむらぱん!!

実際にこのDVDを見た感想は…
いや、ほんと素晴らしいので、是非皆さんご購入下さい(笑)

このナクナイも実はさりげなく多くのタイアップ曲を抱えています。
一番有名なところでは、現在の『世界・ふしぎ発見!』のエンディングテーマは、今回のナクナイに収録されている『ラフ』という曲。

いつブレークしても全くおかしくないのに、まだまだマイナーなたむらぱん。
まぁ、管理人的にはマイナーであろうがメジャーであろうが、あの独特なたむらぱんの世界が聞けたらそれで良しでございます。
でも、それではいかんのだけど(苦笑)

テーマ : お気に入りアーティスト
ジャンル : 音楽

キハ52 125 いすみ鉄道へ

みなさんこんにちは

えらい暖かい一日でした。
お昼間に至っては、汗ばむような陽気だったように思います。
確か今年の冬は寒さが厳しいといわれていたような??
いずれにせよ、冬は冬らしくあってほしいものです…

さて、今日は鉄道のお話です。
私、全く知らなかったのですが、いすみ鉄道へ今年の春に大糸線から引退したキハ52が譲渡され、しかもこれからも観光列車として活躍するとのこと。
結構話題になっていたそうなんですが、私は全く知りませんでした!!

いすみ鉄道 キハ52サポーター・車両オーナー募集

大糸線の主として鉄道ファンから絶大な人気を誇ったキハ52形式。
3月のダイヤ改正で後輩にその座を譲り、引退するものと思っていたのですが、このような形で復活するとは!

現在、いすみ鉄道ではこの復活にあわせてさまざまなイベントを行っておられます。
詳しくは上記のwebサイトをご覧頂きたいのですが、オーナー制度はなかなか興味深いものです。
流石に¥500,000.-のコースは厳しい(苦笑)
しかし、二つ目の¥50,000.-のコースは少々お値段ははりますが、ちょっと参加してみようかなという気にさせられますね。

社長さんのブログを拝見すると、いすみ鉄道の主力機であるいすみ200型でも全般検査には1,700万円もかかるそうです!これはエンジン一基搭載のいすみ200型の値段で、エンジンが2期搭載されているキハ52になると、費用はもっと掛かるそうです…

鉄道は大変維持費のかかる物だそうです。
今回の決断は、お世辞にも経済的に楽とは言えないいすみ鉄道にとっては難しいものだったに違いありません。しかし、この鉄道ファンに向けての勇気ある決断に、我々ファンは心底感謝せねばならないと思います。

いすみ鉄道さん、本当にありがとうございました!

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

バタバタの日本海撮影日記(後編)

みなさんこんにちは

今回のタイトルは『バタバタの日本海撮影日記』となっておりますが、昨日の記事ではその日本海が登場しないという、とんでもないタイトル詐欺の記事となりました(苦笑)
今日の記事ではちゃんと昨日の続きについてご案内いたします…

定刻にはやってこなかった日本海。
季節毎の日の出時間や方位を調べられるサイトで日のあたる角度と時間を計算してから出向いていたので、残念ながらその時間帯から外れてしまうとイメージ通りとはいかなくなります。
今回選択した場所では、これ以上列車が遅れてしまうと光が真正面に回ってしまう為、場所を変更しようと決断。いつもの湯尾界隈に移動することにしました。

移動するならさっさと行動!
この時間帯になると、青空も大きくなって撮影環境も良い感じ。
後は日本海が果たして何時に通過するかが問題ですが(苦笑)

湯尾のストレートへ到着すると、他に撮影者はどなたもおられませんでした。
その手前のHAPPOやインカーブも人影はまばら。きっと多くの方は『かにカニはまかぜ』の撮影に回っておられるのだろうと勝手に予想してました。まぁ、その予想もあってこちらにやってきたのですが(苦笑)

到着してすぐに普通列車が通過。三脚を取り出してよっこいしょとセットしていると、再び踏み切りが鳴りはじめたのです。上り線の信号を見ると黄色信号なので、当初は特に深く考えなかったのですが、何故か急に胸騒ぎがし出したので、急いで車へカメラを取りに…
車外に出た瞬間です、湯尾方面に日本海の姿が見えたのは!(滝汗)

10121204.jpg
101212 08:48 4002レ 日本海号 EF81-106号機牽引 北陸本線 今庄-湯尾

慌てふためいて撮影したので、構図も何も滅茶苦茶です(苦笑)
せっかく冬の朝の清々しい朝陽を浴びた姿だったのに、勿体無かったなぁ~
まぁそれでも、撮影出来ただけ良しとすべきですね。

列車は普通列車の続行で走っていたので、かなり減速して走行していました。この速度と遅れの様子であれば、あまり列車はスピードを上げて走ることは出来ないはず。
それじゃあせっかくなんで、この列車を新疋田あたりで撮影しようと思い、車を新疋田へと走らせます。間に合わなければ間に合わないでそれはもう仕方が無いってことで(笑)

湯尾から北陸道に乗り敦賀に向かうと、先ほどまで広がっていた青空はどこへやら?
嶺南地方はドン曇の上に小雨まで降ってくる始末…
新疋田の駅に到着しても全く状況は改善しないので、思い切って滋賀県内まで戻ってみることに。
ただ、戻ったとすると列車に間に合わない可能性も高くなる上に、天気が良いとも限りません。

でもまぁ、いっか(笑)

国境を越え、マキノ近辺まで戻ってくるとようやく少し青空が見え出しました。
この辺で撮影しようかなとも思ったのですが、それではいつもと同じだなぁと思い、今まで行った事の無いマキノ駅での撮影に挑戦してみようと急遽マキノ駅へ。上り線ホームから列車を縦位置で狙おうと考えたわけです。

駅に到着、時刻は既に9時40分を過ぎています。
入場券を購入して早速ホームに駆け上がると、ちょうど列車接近の車内放送が…
『ひょっとして、またまたのどたばた撮影!?』
との思いが頭の中を駆け巡ったのは言うまでもありません(笑)

10121206.jpg
101212 09:48 4002レ 日本海号 EF81-101号機牽引 湖西線 マキノ駅

やってきたのは、今一番敦賀で美しい釜『EF81-101号機』に牽引された日本海でした。
いやぁ~!これもまたギリギリのタイミング!!(苦笑)

何とか撮影することは出来ましたが、後から見ると光線はあんまり良くないしベストの選択とは到底言えない撮影地だったと思います。

しかし、何と言っても一番大事なのは『楽しく撮影出来たこと』
結局はそれに尽きます。
でも、次回はもうちょっと余裕を持って撮影したいなぁと反省した管理人でした(笑)

<おわり>

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

バタバタの日本海撮影日記(前編)

みなさんこんにちは

時期的にそろそろ良い写真が撮れるかも?
そんな企みをここしばらくずっと胸にしまっていた管理人。
どこに行くのかって?
そりゃあ勿論、普段通い慣れている南越前町界隈です。
うーん…

ワンパターン(笑)

日の出の時刻が遅くなる今の時期、ちょうどこの界隈で日本海に朝陽が当たると思ったからです。
然しながら、この時期の北陸地方は厚い雲に覆われることが多く、なかなか撮影に適する日に恵まれません。昨日、たまたま天気予報を見ると、なんとこの地方にもかかわらず『晴れ』の予報が…
というわけで、出かけてきた次第です。

京都を出発して暫く、空模様を見ると確かに星空が…
これは大丈夫だ、いける!
そんな核心の下に現地に到着。

しかし…
まだ日が昇らない、暗い空を眺めると、星も見えるが雲も見えるといった感じ。
この時点で既に何となく嫌な予感はしたのです。

そしてその嫌な予感は見事に命中(苦笑)
いつも日本海の前走りで撮影練習にもなる3096レは太陽が出ているにもかかわらず、厚い雲に覆われている影響で露出が全く出ずにアウト!
せっかくのEF81初期型19号機だったのに、悔しい!!

気を取り直して、本番の日本海を待っていると、その雲の切れ間から紅い朝陽が…
お~!本番ではちゃんと撮影出来るんじゃないかぃ~!!
気持ちが高揚する中、その瞬間を待ち続けると…

と…
と・・・・・・・

来ない


どうなってるんだ!
日本海来ないじゃないか~!!

10121201.jpg
101212 07:48 231M 普通 ?編成 北陸本線 南条-王子保

こんな素晴らしい光線が当たっていたにもかかわらず、日本海は来ず…
たぶんどっかで遅れたんでしょうね…

ちなみに、この写真では意図的に露出オーバーで撮影してみました。
ほんと、この陽射しの中で日本海が撮影したかったです…

10121202.jpg
101212 08:03 316M 普通 ?編成 北陸本線 南条-王子保

そうこうしていると、このように太陽は雲の中に隠れてしまいました。
空を見ると、大きな雲が散在し、太陽光線が当たるかどうかは運によるといった感じです。
それだけに、さっきのあのタイミングでの陽射しは残念!!

10121203.jpg
101212 08:19 4008M 雷鳥8号 京キトA6編成 北陸本線 南条-王子保

そうこうしている間に、先に雷鳥がやってきました。
この時はかろうじて光が届くような状態でしたが、構図が決まらずにガックリ。
ここでは走行スピードがかなり速いので、撮影も一苦労!

この時間になると太陽の向きが少し気になってきました。
朝の日本海通過時刻に合わせて場所決めをしたので、時間が経つと条件が変わるのは仕方ありません。
いつその日本海もやってくるかわからないので、ここで思い切って移動することにしました。

さぁ果たして管理人は日本海を捉えることが出来たのでしょうか!?
続きはまた明日にでも…

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

初期型EF81をKATOで作ってみる(5)

みなさんこんにちは

12月も半ばに差し掛かり、いよいよ世間も冬の様相を呈してきました。
街角にはクリスマスツリーが立ち並び、シーズンが到来したことを教えてくれます。
クリスマスといえばプレゼント。
そう、我が家でも子どもたちのプレゼントを用意するタイミングとなりました。

子どもたちのリクエストを確認するもまた一苦労。サンタさんを信じている彼らにとっては、我々両親に自分が思っているものを伝える必要なんて無いと思っているので、結構大変なんですよ(笑)
ちゃんと子どもたちの希望に添えるものを用意してやれるのかな?
ちょっこし不安な毎日です(苦笑)

さて、先日の記事で屋根上の機器カバー形状の間違いについては紹介しました。
本日はその部分の修正作業を行ってみましたが、思った以上に苦労しました。
とりあえずはどうぞご覧ください…

101118_EF81-2_016.jpg
排風口の後ろ側辺りの部分に問題がありました。
この部分を改めて調整した上で、光硬化パテを追加します。
硬化には通常数分もあれば十分ですが、念のために数時間陽射しにさらしました。

101118_EF81-2_017.jpg
そして固まった後に不必要な部分を再び整えていきます。
紙やすりで表面を仕上げていくのですが、細かい上に入り組んでいるので中々難しい。
特にL字型の奥になる部分は苦労します。

101118_EF81-2_018.jpg
ここでプラ棒の登場です。
1/4円柱を使用しますが、これはどこに使うのでしょうか?

101118_EF81-2_019.jpg
この1/4円柱プラ棒ですが、ちょうど排風口の裏側辺りに用います。
Hondaさんが撮影された屋根上の様子を見ると、どうも断面は真っ直ぐではなくR形状になっているのです。
これを再現するためにこのプラ棒を用いたという訳です。

101118_EF81-2_020.jpg
付ける方、取り付けられる方、それぞれに微妙な調整を施し、何度も何度も現物合わせで設置します。
ある程度綺麗に収められるようになってから、接着剤でカッチリと固定します。
この作業にはかなりの時間をとられました(苦笑)

101118_EF81-2_021.jpg
接着剤がしっかりと固まるのを待ってから、改めてパテを盛り、継ぎ目を整えます。
地味な作業が続くので、かなり疲れてしまいましたが、何とか頑張りました…
ここまで根を詰めて作業をしたのはいつ以来!?

101118_EF81-2_022.jpg
最後に500番の溶きパテを塗って今日の作業はおしまい。
溶きパテがしっかり乾いてから、継ぎ目部分消しに入ろうと思います。

101118_EF81-2_023.jpg
ついでにボディの穴埋め部分にも溶きパテを…
溶きパテがしっかり乾くまでは時間がかかるので、次に作業するのは数日後かな?

いやぁ、今日は頑張った!
たまにこうして作業に没頭すると楽しいものです(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

戦国スタンプラリーだそうです

みなさんこんにちは

今朝は寒かった!
この冬一番の冷え込みだったのではないでしょうか?
布団から離れるのが辛いシーズンとなりました。
あぁ…布団から離れるのが嫌なのは毎日の事か(苦笑)

そんな寒さが身にしみた今日、いつものようにJR西日本のプレスリリースを見てみると、年末年始に何やら面白そうな企画が予定されているそうです。

『戦国スタンプラリー~時代を駆け抜けた武将と姫君』

今年の12月25日から来年の3月13日までの土休日に実施(但し、12月25日から1月10日は毎日実施)されるそうです。
何箇所かにある駅にあるスタンプを押して、指定された駅に行くとプレゼントがもらえるという、最近では見慣れた形のイベント企画です。おそらく、来年のNHK大河ドラマと最近の歴史ブームに乗っかった形なんでしょうが、面白そうです。

内容はリンク先に詳しく書いてあるのでご確認頂ければと思うのですが、20駅に用意された『武将・姫君』それぞれ10人分のスタンプをセットで押すと、合計10種類あるキーホルダーをゲットすることが出来、更に全部のスタンプを集めると、それ以外のプレゼントがもらえる抽選に参加出来るようです。

スタンプ設置駅はアーバンネットワークエリアに集中しているので、うまく手配すれば1日で全てのスタンプを集めることが可能ではありませんか!
例の一筆書きでどこまで対応出来るかな?
ちょっと考えてみました。

山科⇒大津京プラン(スタンプ8個) ¥180.-
行程:山科⇒米原⇒近江塩津⇒大津京(東海道本線・北陸本線・湖西線)
スタンプ設定駅
山科:高台院(ねね)
近江八幡:常高院(初)
安土:織田信長
彦根:井伊直政
長浜:浅井長政・崇源院(江)
木ノ本:お市の方
比叡山坂本:煕子

京都⇒東福寺プラン(スタンプ8個) ¥140.-
行程:京都⇒大阪⇒天王寺⇒奈良⇒東福寺(東海道本線:大阪環状線:関西本線:奈良線)
スタンプ設定駅
山崎:豊臣秀吉
大阪城公園:淀殿(茶々)
森ノ宮:ガラシャ
天王寺:真田幸村
郡山:筒井順慶
奈良:芳秀尼
桃山:千姫
東福寺:旭姫

これで16個もいけるぞ!案外楽勝だなぁと思っていたら、思わぬ落とし穴が…

2駅のスタンプを押印するごとに、必ずゴール駅に行ってください。
キーホルダーはゴールのたびにお渡しします


つまり、これでは一気にまとめてスタンプを集めることが出来ないのでは??
用紙を10枚くらい持って回れば、一気にスタンプを押すことは出来るでしょうが、クリアープレゼントに参加するには、おそらく10セットのスタンプを1枚の用紙に押さねばならないでしょう。

管理人は『一筆切符』でかなりフォロー出来ると思っていたのですが、残念!
おそらく、こういう『一筆書き』の人への対応策なんでしょうね、きっと(苦笑)
でも、更にプレスリリースを見ると…

「冬の関西1デイパス」を発売します

しっかりと商売されてます、JR西日本さん(笑)
これを購入して、1日がかりでゆっくりと集めるのが良さそうですね。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

初期型EF81をKATOで作ってみる(4)

みなさんこんにちは

昨日、大きくニュースとして取り上げられた金星探査機『あかつき』が目標を達成出来なかったことについては素直に残念だなぁと思いました。
日本の宇宙開発事業については、今年『はやぶさ』が数々の困難を乗り越えて奇跡的に地球に帰還。
その後の調査で、はやぶさは見事にイトカワの微粒子を持ち帰ることに成功したことが判明しました。

今回の『あかつき』については残念ながらエンジンに故障を抱えている可能性があるようで、はやぶさのような奇跡は期待出来ないかもしれません。
確かにこのようなプロジェクトには多大な予算が必要となります。然しながら、資源の無いわが国が今後世界で生き残っていくには、このような技術を蓄積させていかねばならないと私は思います。

失敗は成功の母なり。
一度や二度の失敗でへこたれず、是非とも新たな技術に挑戦し続けてもらいたいものです。

さて、そんな壮大な話題とは別に、私のなかなか進まない模型加工のお話です(苦笑)
昨日の屋根上加工の失敗にもめげず(笑)今日も頑張って作業を進めました。
といっても、その屋根上加工を行うだけの気力は無かったのですが…

101118_EF81-2_014.jpg
そんなわけで、今日はスカート部分の加工です。
気分転換には良いかなぁと思いまして…

加工内容はKE59ジャンパ栓受け追加の為に向かって右側の部分の穴を開けることと、電気暖房ホース受け部分をカットすること、連結器横の手すり穴を開けること、そしていつものようにブレーキホース類の取り付けです。

101118_EF81-2_015.jpg
慎重に穴あけ箇所を選びそれぞれピンバイスで穴を開けます。
連結器横の手すり穴以外は基本的に0.5mmの物で穴を開けました。

スカート周りの加工は大体こんな感じでOKかな?
後は綺麗に洗浄してからパーツを取り付けていこうと思います。

ところで、話は宇宙開発に戻りますが…
『はやぶさ』『あかつき』『のぞみ』
どう考えても、名付け親の方は鉄道ファンですよね(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

初期型EF81をKATOで作ってみる(3)

みなさんこんにちは

昨日は大変失礼致しました(汗)
仕事の飲み会で帰宅が遅くなり、再び奥様の代走ということになりました…
突発的な飲み会だったのですが、こういうのが始まると『年末だなぁ』と、改めて思い知らされます。

さてさて、そんな飲み会の次の日の本日。
流石にあまり元気が無かったので(苦笑)早めの帰宅。
食事後に多少の余力があったので、EF81初期型の加工を進めました。
本日の作業内容は屋根上の作業、主に機器カバー部の加工です。
初期型の大きなポイントだけに、ここはしっかりと作業せねばならないのですが…

101118_EF81-2_010.jpg
まずは機器カバー部の不要な部分を切り取ってしまいます。
カッターとニッパでバリバリとカット。

101118_EF81-2_011.jpg
その後、空いた部分に1mmのプラパンを裏側から貼り付けます。
このプラパンを土台にする形で、次に光硬化パテを盛っていく形にしました。

101118_EF81-2_012.jpg
こんな感じでパテを全体に盛ります。
あんまり沢山盛ると硬化しないので、こうして土台を作ってから盛ったわけです。
比較的パテ自体は薄く仕上げることが出来たので、しっかりと固まってくれました。

101118_EF81-2_013.jpg
最後は綺麗に表面を整えてから溶きパテを塗って調整するの繰り返しです。
面倒臭い作業だったのですが、何とか最後までやり通す事が出来ました。

で、良かったはずなんです…
しかし、何気にHondaさんのブログでこの初期型の屋根上形状を眺めていたら…


完全に機器カバーの形状を勘違いしてた(滝汗)


うああ~
やり直しだよ、全く!!(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

代打

みなさんこんにちは

今日はまたまた管理人が動けません。
つきましては、再び私が代打で書き込みました。

ちょうどよいタイミングです
みなさんどうぞ、管理人へ不質問などを頂ければ私がお答えいたします。
それではどうぞ、よろしくお願い致します

広がる新幹線ネットワーク

みなさんこんにちは

12月に入り、公私共々バタバタする日が続いております。
昨日は早朝に撮影に出かけた後は、家の用事と実家の用事で1日が綺麗に埋まりました。
今日も朝から仕事があれやこれやと立て込んで(クレームばっかり…)おり、家に帰ってからもなかなか落ち着きませんでした。考えてみたら今年も後25日ほど。なんと1年の早いことか…

さて、そんな年の瀬のニュースとして入ってきたのが、いよいよ青森まで足を延ばすことが可能になった東北新幹線全線開通の話題です。
開業日にいきなり悪天候の為列車が大幅に遅延する等のニュースも入ってきました(汗)が、それはまぁ冬の日本では仕方のない事と言えるでしょう。
これで北は青森から、南は博多、そして来年3月には鹿児島まで新幹線で移動することが出来るようになりました。

ただ、実際に新幹線を利用する距離(時間?)限界というのはどれ位なんでしょうか?
私のような鉄道好きでも新幹線に連続で耐えられるのはたぶん3時間ほど。
一般の方にとっては、2時間ほどが限界ではないでしょうか?
それ以上の時間がかかる場合、普通は飛行機という選択肢になると思います。
例えば、東京から博多までのぞみで移動するとなるとおおよそ5時間ほど掛かりますが、これはもう流石に飛行機という選択肢でしょう…

数年後に新幹線は函館や金沢まで延伸されることとなっています。
金沢に関しては、首都圏から2時間半ほどで連絡出来るそうなので、その利用価値は私にも理解出来るのですが、
果たして函館というのは、如何程の需要と必要性があるのかなぁと、純粋に疑問を持ちます。

そういえばリニアも数年後には建設着工されるそうです。
2027年に東京と名古屋が、そして2045年には大阪まで…
でも、こんなに早く移動する必要性ってあるのかなぁとは思いますが、こうして新たな技術を積み上げていくという作業はとても、とても大切なことだと思います。

ただし、一番の問題は…
その頃に果たして私は生きているのだろうか?
ってことですね(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

初撮影、カニカニはまかぜ

みなさんこんにちは

一昨日辺りから急劇に気温が下がってきました。
確か金曜日は朝でも10度位有ったような気がするのですが、今朝は遂に2度…
車のフロントガラスはしっかりと凍り付いていました。

で、そんな朝早くに出かけたのには勿論理由があります。
今月一杯で運用離脱することが発表されている、キハ181系を使用した『カニカニはまかぜ』を撮影しようと、山崎界隈へと出かけてまいりました。
よぉく考えたら、今までこのカニカニはまかぜは撮影したことどころか、見たことも無かった列車です。こうしてギリギリになって撮影に出向くという、お約束の行動となりました(苦笑)

家を出たのが午前6時前。微かに東の空が明るくなりだした頃に出発。
本日の撮影地、山崎の百山踏切に到着したのは午前6時40分頃だったと思います。
現場では既にお二人ほどが既にスタンバイされておられました。

私も撮影ポイントへ行こうとするとちょうど踏切が鳴り出しました。
私の居る西側の反対側、線路の東側には大きな犬を連れた方がおられます。
私が驚いたのは、踏切が鳴ってしばらくしてからのことです。

なんと、その方はいきなり遮断機の完全に降りた踏切を堂々と渡ってこられたのです!
列車は島本駅を出た辺りの上り普通列車。
見ている間にその散歩の方は踏み切りを亘り終えられましたが、列車は勿論減速状態…
本当に呆気にとられてしまった一時でした。

気を取り直してから改めて撮影ポイントを見定めます。
先客の方に軽く挨拶してから、よさげな構図を確認。
しかし問題は、太陽がどうも怪しい感じであるということです…

101205301.jpg
101205 07:15 51D スーパーはくと1号 東海道本線 山崎-島本

両数が同じスーパーはくとで構図の最終確認。
コマ的には問題無さそうなんですが、やっぱり陽射しが…
後ろの方には陽が当たっているだけに、ちょっと残念。

101205302.jpg
101205 07:20 回9051D カニカニはまかぜ号 東海道本線 山崎-島本

はくとのほぼ続行でやってくるこのカニカニはまかぜ。
やっぱりお顔には陽が届きませんでした、残念!!
キハ181系で運転されるのは今年の23日までとのこと、何とかそれまでに綺麗な記録写真を1枚位残せたら良いのですが、果たして…

101205303.jpg
101205 07:31 回502M 回きたぐに号 東海道本線 山崎-島本

時間的にちょうどきたぐに回送の時間となったので、久しぶりに山崎の大カーブへ。
ここもフェンスが設置されたために、以前よりは随分と撮影が難しくなりました。
これもまた時代の流れでしょうか、仕方が無いとはいえちょっと寂しいですね。
今日はここで撮影を終え、家に戻ることにします。

101205304.jpg
おまけ。

家に着いたら、近くの山の紅葉が朝の紅い陽射しに照らされてとても綺麗でした。
この後、家庭の用事が山ほどあるので、一日頑張りまーす(笑)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

帰ってきたノートPC(笑)

みなさんこんにちは

今日は家の用事などで朝の6時からフル稼働(笑)
いったい何をしたのか覚えていないくらいあれやこれやと動き回りました。
たまにはこうしてバタバタするのも良いかな(苦笑)

さて、そんなあわただしい一日でしたが、時間を見つけては模型加工に勤しんでおりました。
本日の加工内容はEF81初期型の屋根上処理とスカート加工。
それぞれ作業は現在のところ順調に進みました。それぞれにしっかりとした加工箇所があるので、そうはなかなか作業は進みませんが、なんとか形になるレベルまで持ち込めました。

本来であれば、その話を記事にすればよいのですが、今日はどうしても言いたいことがあったので、違うお話をさせて頂こうと思います。模型加工でお越しいただいた皆さん、本当にスミマセン!(汗)

で、そこまでしてお話したかったことといいますと…

ノートPCが帰ってきた


納品して僅かに2週間でぶっ壊れてしまった、我が家のノートPC(苦笑)
しかしながら、某Sさんの対応は大変迅速かつ丁寧で、早速新品に交換してくださいました。
なんといいますか、世の中そういう時の対応こそ本質を見られるわけで、ある意味私はSさんを信用しました。

苦境に立たされたときこそ、冷静になれということでしょうか?
今回はそういった面を勉強させていただいたような気がします。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

向き不向き

みなさんこんにちは

今朝も昨日に続いてとても暖かい中で一日が始まりました。
夜半にしっかりと雨が降り続いていたので、冷え込むのかな?と思っていたのですが、意外なことにとても暖かい。今日もまたノンビリした1日になるだろうと勝手に予想していたところ、午後から急激に空模様は怪しく移り変わり、気が付けば猛烈な雨と風(苦笑)

仕事の最中、建屋から車に戻ったところいきなり凄い雨が降り出したので、管理人はあやうく難を逃れました。車の外では突然の強い雨に皆さん大変な思いをされていました…

さてそんな慌しく天候が変化した本日。
ネットではそこそこ大きなニュースとして取り扱われていたのですが、2022年W杯の開催日が本日の未明に発表されました。結果として日本は立候補5カ国の中で2番目に低い評価で落選したわけですが、ここ暫くのこの手のビッグイベントは立て続けにこのように低評価で落選することとなっています。

以前のような繁栄から急劇にその活気を失ってしまった日本。
経済的な繁栄を背景にして様々なイベントを招致出来るような日本は既に過去帳入りしています。
思えば前回のW杯招致がこの手の大きなイベントととしては最後のものになるような気がします。

後、これは管理人の勝手な思惑なんですが、日本人にはこういう招致合戦は向いていないような気がします。
というのも、もともと日本人は『控えめ』な上に『譲る』という気質が有るように思います。
こういった部分に『美学』を感じることが出来るのですが、残念ながらこういう気質は海外の方々にとってはおそらく全く理解出来ない部分であろうと思います。

仕事柄海外の人や、また外資系の会社の人と接することが多いのですが、明らかに『主張する』という文化が圧倒的に強い。というか、主張しなければ生きていけないのが現状です。
どっちかというと、こういう態度を『はしたない』とみなしてきた日本人にとって、海外の人に『主張』する今回のような作業は本質的に向いていないのではないかと思います。

確かに、この手のイベント合戦に負ける度、残念!とは思います。
でも、最近は『もともと向いていないことなんだから仕方が無いよ』と感じています。これは何も諦めから出ている感覚ではなく、我々には我々の思う美徳や本質を追求すれば良いのではないかという観点からです。

ただしこれはあくまで『理想論』であって、ただの自尊心だけの問題です。
『プライドで飯は食えない』
そんな当たり前の言葉が頭にちらつきます。

日が沈む国として、既に他の国がこの国に興味を失っているという眼前たる事実。
悔しいけどもそれは強く自覚する必要があるのではないでしょうか。

でも、この国の人々のポテンシャルは決して捨てたものでは無いと信じています。
今の日本人に欠けているものの一番は『誇り』では無いでしょうか?

相反する想いが交錯する中、人生の折り返し地点に立った管理人は複雑な思いで最近の世界の展開を眺めています。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

初期型EF81をKATOで作ってみる(2)

みなさんこんにちは

今日は朝からとても暖かく、しかも大変良い天気!
こんな日に撮影に出かけられたらなぁ~
等と、邪な思いに駆られつつ仕事をこなしていると、何やら夕方から空が怪しくなりだし、会社を退社する頃になると、しっかりと雨が降り出していました。

こんな日はしっかりと模型加工に勤しみましょうかね?
ということで、先日からはじめたEF81の初期型の加工を進めてみました。
でも、中々進まないんですよね、これが(苦笑)

101118_EF81-2_005.jpg
今日はナンバープレート埋め作業を行いましょう。
この光硬化パテを使うのは果たして何時以来だろうか!?
ちゃんと使用出来るのだろうか!?

うーん、怖い(苦笑)

101118_EF81-2_006.jpg
試しに取り出してチェックしてみたところ、ちゃんと使えました。
多分1年以上使って居なかったと思うので、本当に不安だったので安心しました(笑)

101118_EF81-2_007.jpg
いったんこのように紙などの上にチューブから出して、適当な量を爪楊枝で盛ります。
あんまり沢山盛ってしまうと後から削るのが大変なので、ちょっと盛り上る程度にするのが効率の良い作業のコツかと思われます。でも、いつも思った以上に盛ってしまうんですよね、これが(苦笑)

十分に蛍光灯の光を当て、しっかりと硬化したことを確認してから削り取る準備に入ります。
今回の場合、私は600番の紙やすりで削り取ることにしました。

101118_EF81-2_008.jpg
早速ですが、前面部分のナンバープレート部分の様子です。この段階ではまず粗く削ってしまって表面をしっかりと出すことに集中しています。後から順番に細かいヤスリをかけていくことになるので、コレくらいで十分でしょう。

101118_EF81-2_009.jpg
側面も同じような感じでナンバープレート部分を埋めてしまいます。
初期型の場合、ナンバープレートが切り抜き文字なのでどうしてもこのような作業が必要となります。
面倒なんですが、これをしなければ初期型にはならないので…

この後、先ほども少しお話しましたが細かいペーパーを順番にかけていき、表面を整えます。
最後に、表面に溶きパテを流して更に細かく表面を一体化させていきます。
おそらく、この作業だけで1日はかかるでしょう(苦笑)

今日は久しぶりにしっかりと作業に没頭しました。
おかげでちょっと疲れました!(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。