スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念!

みなさんこんにちは


無念!


今日の日本のブログでどれほどこの言葉が使用されることでしょう…
それ以外に言葉が見つかりません。

結果としてPK戦での結果となりました。
PK戦での勝敗は運が大きく作用します、ですからもう仕方がありません。

だからこそ、あえて今回の結果を振り返るとやはり点が取れなかった。という一言に尽きると思います。これについては戦前からずっといわれてきたことでした。というよりも日本サッカー永遠の課題なのでしょうね。
今日の試合も最後の最後にフォワードがシュートではなくパスを選んでしまった。あのへんなのかなぁ?

しかし、当初の3戦3敗と言う予想を大きく良い意味で裏切ってくれた日本代表。
今回のワールドカップに素晴らしい見所を提供してくれたことに感謝感謝です!

さぁ、こっから本当の頂上決戦の始まりです。
今回は果たしてどこが優勝するのか!?
個人的にはドイツ代表が好きなんですけど、アルゼンチンは強いしなぁ…
ブラジルはいつもと違って堅実だし、オランダはロッペンが戻って劇的に良くなった。
後はスペインとポルトガルが…

結局、しばらくは眠れない夜が続きそうです。

しかし…

悔しいなぁ!
スポンサーサイト

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

さぁテレビの時間ですよ(笑)

みなさんこんにちは

おそらくこの記事をご覧になった後、皆さんはほぼ同じ行動に出られるのではないでしょうか?
かくいう管理人もそうなんですが(笑)

世界の檜舞台で見事に16強!
これだけでも正直信じられません。

選手でもないのに緊張さえしてきました。
この妙な高揚感は間違い無く緊張感です(苦笑)

いよいよキックオフ…


さぁ、見るか!


テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

東京おのぼり紀行(8)

みなさんこんにちは

ヒストリーゾーンに居たらそれこそ1日終わってしまいそうな危険を感じた管理人。
他にも色々と計画を持っていたので、後ろ髪を引かれつつ他のゾーンへ…
ヒストリーゾーンを取り囲むように2階展示場が設置されている。

その2階の展示物を見ていると、鉄道の歴史絵巻になっているようです。
明治から現在まで、起こった出来事を模型を交えて紹介するコーナーですが、なかなか面白い!
またまたここでショールームの前で硬直してしまったわけですが…(苦笑)

10062701.jpg 10062702.jpg
明治の新橋開業から始まり、昨年のはやぶさ富士の廃止まで紹介されています。
改めて、昨年の九州ブルトレ廃止が日本の鉄道史で一つの大きなページだったことを思い知らされます。

10062703.jpg
館内で展示されている鉄道模型の調整を行っておられるようです。
これがお仕事なんですが、やはりちょっと羨ましいかな(笑)

10062704.jpg 10062705.jpg
特集展示コーナーでは『日本鉄道の父』と言われる井上勝氏の紹介がなされていました。
無知な管理人はお恥ずかしい話、この井上勝氏を存じ上げませんでした。
しかし、そんな無知な私でもわかるように当時の資料と併せて詳細な業績紹介があります。
いつの時代も、一生懸命仕事に取り組む人ってのは格好良いもんですね。

10062706.jpg
その近くの資料部屋ではこのようにヘッドマークが大量に展示されています。
その他にも所謂鉄道部品が大量に置いてありましたが、勿論全部本物ですよね(笑)

10062707.jpg 10062708.jpg
鉄道を構成する部品のメカニズム紹介と実際にそれを動かしてみるコーナーです。
子どもたちが面白そうにパンタグラフを触ってましたよ(笑)

10062709.jpg
こういう模型を見ると反射的に撮影してしまいます…

10062711.jpg 10062712.jpg
そしてこれも鉄博物館の看板コーナーの一つ、運転シミュレーターです。
面白そうだなぁと眺めてはいましたが、流石にオッサン一人で参戦は辛い(笑)

10062710.jpg
館内から新幹線と表にある乗り物を眺めています。

とても広いのでかなり疲れました…
ゆっくりと腰を下ろすと、おなかが減ってきました。
あ、そういえば入り口に日本食堂のフードコートがあったなぁ~

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東京おのぼり紀行(7)

みなさんこんにちは

昨日は久しぶりに違うネタとなりましたが、本当は鉄道博物館ネタだけで2週間くらいは頑張れそうな勢いです(笑)
ただ、あまり長く続けると今度は記憶があいまいになってしまいそうなので、もうそろそろ打ち止めにしなきゃあならないなぁと思ってます。しかし、データにはまだまだこの時の画像が残っているので、後数回はこのお話を続けさせていただこうかと…(苦笑)

今日紹介するのは、昨日までに紹介出来なかったその他の車輌です。
ヒストリーゾーンにはそれこそ1日あっても全然足りないくらい列車が展示されています。
ここまで管理人の記事にならなかった車輌たちをまとめて紹介します。

10062601.jpg
こちらは皇族の皆様が御使用になられるいわゆる『お召し列車』です。
流石に中には入れません(苦笑)

10062602.jpg
国鉄通勤列車の礎を築いたともいえる101系です。
私、未だに101系と103系の違いがわかりません(笑)

10062603.jpg 10062604.jpg 10062606.jpg
EF66の後ろで展示されているレムフです、下関から築地まで新鮮な魚介類を運ぶために特急列車顔負けのスジで山陽東海道筋を駆け上ってきた伝説の貨物列車『とびうお』が有名ですね。
コキを牽引する姿も勿論格好良いと思うのですが、このとびうおもまた壮観だったろうなぁと思います。白い列車がズラりと並ぶ姿…撮ってみたい(笑)

10062607.jpg
貨物の近くに展示してあった海外の貨物列車の模型です。
ドライモンさんに教えて頂いた、アメリカの貨物の模型がありました。
これ、本当に凄いですよね、コンテナが2階建てですよ!!
これを数台のディーゼル機関車が牽引してアメリカ大陸を横断するとか…スケールが違います。

10062608.jpg
このようにヒストリーゾーンでは多くの列車が我々を出迎えてくれます。
ほんと、その気になったら余裕で1日ここだけで過ごせますよ(苦笑)

さぁ、せっかくなんで他のコーナーも見せていただきましょうかねぇ~

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

すみませんでしたあぁぁ!(汗)

みなさんこんにちは


すみません(汗)


今日はまずここからはじめさせてください。
何をかって?
勿論、サッカー日本代表へのお詫びです(苦笑)

戦前は3戦3敗、物見遊山のチームです。
等と公言していました。
しかし、しかぁし!!
それがまさかの2勝1敗の見事な成績で予選リーグ突破、見事16強!

確かに対戦相手のゴタゴタに助けられたり。
強力なトップ選手が怪我で出場出来なかったり。
審判の判定が戦略的に有利に働いたり(恣意的なものでは無くという意味です)。
色んな好条件が重なったとはいえ、それを活かせたのはチームの実力の外ありません。

次はいよいよ決勝トーナメント1回戦パラグアイ。
でも、頑固な管理人はあえて言おう!
難しい挑戦だと!
※ギ○ンではありません。

ただ、こういう試合も含めてワールドカップは素晴らしいもの。
今まではこの素晴らしい輪の中に日本が入るなんて全く考えられませんでした。
その輪へ今まさに入った自国代表を誇りに思います。

数週間前にあんなけネガティブキャンペーンうってた人間が言うかって感じですが(滝汗)

テーマ : 2010年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

東京おのぼり紀行(6)

みなさんこんにちは

普段は撮影対象にもあまりならない新幹線。
仕事で使うとなってもそれほど乗車する楽しさを感じないことはこのブログで何度かお話しているところでもあります。
しかし、この新幹線という乗り物の素晴らしさは今更改めて語る必要もありません。
日本が世界に誇る、技術の結晶と言えるでしょう。

10062501.jpg
写真左手奥にあるモニターではその新幹線の歴史を放映しています。
新幹線開発に関わる多くのことが紹介されており、大変興味深いものでした。
思わず座り込んで最後まで視聴してしまいましたが、勉強になりました。
皆さんも是非ご覧下さい。

10062502.jpg
登場当時の座席です。古いのは仕方が無いとして、ちょっと硬い感じがしました。
このシートで数時間というのはしんどいかもしれませんね…

その後館内を探索していると人だかりが出来ているのを発見。
何かなぁと?と近寄ってみると、東北新幹線用の200系新幹線の連結部を車外に出す実演でした。
私も興味があったので、その様子を見てみることに…

10062503.jpg 10062504.jpg 10062505.jpg
1,2,3!という感じでオープン!
私は無知なので存じ上げませんが、実際にこれは使用していたのでしょうか?
東海道新幹線しか知らないもので、全くイメージが沸きません…

10062506.jpg
連結器を出すとこんな顔になるんですねぇ~

10062507.jpg
車内の様子は見慣れた雰囲気です。

技術としての新幹線には尊敬の念すら抱きます。
でも、やっぱり新幹線という乗り物には旅情を感じないなぁ(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東京おのぼり紀行(5)

みなさんこんにちは

鉄道博物館で撮影した写真を紹介するシリーズも3回目です。
今日は機関車をメインに管理人目線で撮影した画像を紹介します。

10062401.jpg 10062402.jpg
鉄道博物館のEF58といえばパックことEF58-89号機ですね。
ただ、個人的にはブルーの車体の方を見たい気が…(苦笑)

10062403.jpg 10062404.jpg 10062405.jpg
JR貨物から譲渡されたEF66-11号機です。最後まで庇をつけずに原型を保ったまま引退した機体ですが、こんな凄い機関車がつい数年前まで走っていたということにある意味驚きを隠せません。
後、この機関車を移送する際にわざわざ日本海沿岸経由で輸送したという逸話もある意味忘れられない事象ではないでしょうか?

10062406.jpg 10062407.jpg 10062408.jpg 10062409.jpg
JR東日本でもJR貨物でも残り後僅かになってしまった、交流機関車のスタンダードED75です。
関西の私にとっては全く縁の無い機関車なのでイマイチ親近感が沸かないのが正直なところ。

しかし、実際にこの機関車が重連で貨物を牽引している姿を見たらきっと格好良いのだろうなぁ…
やはり列車というのは走っている姿が一番輝いていますからね。
って、それをこの場所で言ってしまうのはご法度ですね(苦笑)

10062410.jpg 10062411.jpg 10062412.jpg
それでは本日最後の写真シリーズはED75の屋根上連続写真です。
いつか製作することがあるかな?
見るとかなりシンプルな様子なんで楽かもしれませんね(笑)

明日は視点を変えて新幹線をのぞいてみたいと思います。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東京おのぼり紀行(4)

みなさんこんにちは

昨日に引き続きまして本日も鉄道博物館でのお写真です。
今日のテーマはずばり『電車』です。
国鉄型の特急や急行をメインに紹介させて頂こうと思っています。

485系や455系など、今でもまだ現役で頑張っている車輌ですが登場当時の姿とはやはり大きな違いが出てきています。この鉄道博物館で展示されている車輌は列車がデビューした頃を再現されています。見慣れた外見ではありますが、中身はちょっと見たことが無いという新鮮な気持ちで見学することが出来ました。

10062301.jpg
ターンテーブルの周りに鎮座する国鉄最盛期を支えた優等列車たち。
改めて思います、素晴らしいカラーリングだと。

10062302.jpg
181系のときですね、私は関西人なのであまり親近感がありませんが…
ただひとつ気になったのは、運転席上のヘッドライトです。
私が幼い頃に見た181系ボンネットではそんなの付いていなかったような??

10062303.jpg 10062304.jpg 10062305.jpg
こちらは急行型として活躍した455系です。現在では急行列車というジャンルが無くなりつつあります。
運転席のサボにさりげなく書かれている『鉄道博物館』という心憎い演出が…
車内は現在の北陸線の様子とそう変わりはありませんね。

10062306.jpg 10062308.jpg 10062309.jpg
国鉄特急列車の代名詞といっても差し支えないでしょう、485系ボンネットです。
つい先日まで定期運用として急行能登が運行されていましたが、遂にそれも終焉を迎えました。
既に登場してから半世紀ほど経ちますが、そのスタイルの優美さは些かも衰えません。

車内に入って驚いたのがリクライニングシートではないということです。
特急なのにこんなシートだったんだなぁと逆に感心しました。

また、普段は撮影できない妻面の写真なんかはいずれ役に立つかも?と思って(笑)

10062310.jpg 10062311.jpg 10062312.jpg 10062313.jpg
さぁここからがこのブログの真骨頂とでも言いましょうか(笑)
485系の屋根上パンタグラフ周りを記録しておきました。
今後、バイピング作業にきっと役に立つと思ったので…

こういう所にばかり目が行くようになったのはある意味職業病だなぁと思います(苦笑)

さて、いよいよ明日は機関車編。
ご期待に沿えるような写真はあるかな??

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東京おのぼり紀行(3)

みなさんこんにちは

平日の午後にスーツ姿のおっさんという、ちょっとしたネタのような格好で鉄道博物館に至り、他のお客さんの客層を見てかなり凹んだ小心者の管理人(笑)
しかし、同じようにスーツ姿で一人館内を探索する方を発見し、ようやく入館する覚悟が出来た管理人(苦笑)
今日から数日はこの鉄道博物館で撮影したいろいろな物を紹介していこうと思います。

まず館内に入って目に入るのは右手に見える大きな展示場『ヒストリーゾーン』です。
見たことも無いような古い物から、つい最近まで走っていたような列車まで、ありとあらゆる列車たちが入場者たちを出迎えてくれます。

10062201.jpg
とても古そうな蒸気機関車がまず最初に展示されています。
これこそ、わが国第1号の機関車『1号機関車』です。

10062202.jpg 10062203.jpg 10062204.jpg
その近くに置いてあるのがこちら、マイテ39です。
当時の超高級列車ですが、今見ても趣のある車内は魅力的ですね。

10062205.jpg 10062206.jpg
こちらはオハ31です。
KATOから鉄道博物館展示車シリーズとしてこの車輌が発売されました。私も手元にありますが、こうして実物を見ると感慨もひとしおです。

10062207.jpg 10062208.jpg
こちらはキハ41000です、ガソリン車なんですね。
古い列車はどれも同じなんですが、この白熱球が最高の雰囲気をかもし出しています。

10062209.jpg 10062210.jpg 10062211.jpg
クモハ40ですが、古いとはいえ今の通勤列車のスタイルの原点をしっかり感じられます。

10062212.jpg 10062213.jpg
ED17は見たことありませんが、DD13は小さい頃に見た記憶があるなぁ~

10062214.jpg 10062215.jpg
元祖ブルートレイン、20系客車です。
大阪駅で銀河に使用されている20系を幼い頃に見たことがありますが、流石に乗ったことはありません。ただ、先日乗車した583系には同じ匂いがしました(笑)

以前はこの20系にも乗車できたそうなんですが、色々あって今は車内に入れません。
残念だなぁ~

10062216.jpg
そして、この聳え立つ腕木式信号が見下ろすその先にあるのが…

10062217.jpg 10062218.jpg
古希を迎えたC57-135号機です。お祝いのヘッドマークが似合ってます。
1日に数回このターンテーブルが回転するイベントが行われるのですが、その際に汽笛を鳴らします。閉め切った館内に響き渡る蒸気機関車の汽笛は感動物の迫力ですよ!

余りにも展示物が多過ぎてとてもじゃありませんが1日では紹介し切れません。
明日もまた管理人視点の展示物を紹介しようと思います。

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

東京おのぼり紀行(2)

みなさんこんにちは

昨日の記事では東京にやってきたところまでを紹介しました。
記事の後、夜遅くまでお仕事をこなした管理人はこの日東京に宿泊。
あまり東京地区で宿泊を伴う仕事が入らない管理人にとっては珍しいことでした。

次の日も勿論お仕事をすべく現場に向かう前にちょっと寄り道…

10062101.jpg
何かのイベントがある際にはいつもおめかしする浜松町の小便小僧。
今回私が出向いた際にはワールドカップの衣装でお出迎えしてくれました。

その後現場でお仕事をこなしたのですが、予定よりも大幅に早く片付きました。
気が付くとまだお昼過ぎ。

さて、ここで管理人は悩んだわけです。この後どうしようか?と。
この日の夜には既に予定があったので、夕刻までは時間に余裕があります。
そこで、二つの可能性が生まれました。
ひとつは、西浦和駅で新鶴見のPFを撮影する(ちゃっかりカメラ持って来てます<笑>)
もうひとつは、一度は行ってみたかった鉄道博物館へ行く

さぁ果たして!?

10062102.jpg
というわけで、こちらを選択しました…

10062103.jpg
はい、そうです…

10062104.jpg
鉄道ファンの憧れ…

鉄道博物館!


10062105.jpg

平日の午後にスーツ姿のおっさんが一人で入館(滝汗)


正直、門の前に来た時には自分で自分にドン引きしてました(苦笑)
しかし、その時私は館内に発見したのです!
私と全く同じような人たちを…

救われました(笑)

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

東京おのぼり紀行(1)

みなさんこんにちは

先日、出張で東京に出向く仕事が出来ました。
普段なら東京に向かう際に乗車するのはサンライズなんですが、今回は諸所の事情で新幹線で向かうことに。朝早くに自宅を出たので、眠い目をこすりながらの出だしとなったわけですが…

10062001.jpg
あれだけのスピードで走る新幹線がこんな短い間隔で走るなんて、やっぱり凄いなあ。

10062002.jpg
既にホームはビジネスマンで一杯です。
皆さん働き者です。

10062003.jpg
それにしても見事な好天です。
今から思えば、入梅前最後の素晴らしい天気でした。

10062004.jpg
指定席は満員!
ちなみに、この日乗車したのは700系でした。真偽の程は存じ上げませんが、700系にも廃車が出るとか出ないとか?過酷な運用をこなす東海道新幹線では車輌の回転も速いのでしょうね。

管理人はこの後、名古屋を越えた辺りでスヤスヤと…

10062005.jpg
目が覚めるとちょうど富士川鉄橋の手前あたりでした。
素晴らしい天気のした、富士山がこれでもかという位その美しくも威厳のある姿を誇示していました。こんなに綺麗な富士山を見たのはいつ以来でしょうか?滅多と富士山を拝むことの無い管理人はちょっと感動してしまいました。

美しい富士山の姿の余韻に浸っている間もなく、列車は目的地の品川へ。
確かに早くて便利な新幹線。
でもその余りの速さは私のようなドンくさい人間にはちょっと忙しすぎるかなぁ
2時間半の旅ですが、何となくそれ以上乗車したような錯覚に見舞われるのは私だけでしょうか?

10062006.jpg
品川駅に到着後、臨時ホームに降り立ってパチり。
サンライズ285系と、NEX253系が停車していますが、この辺りにいたはずの青い客車は既に居ません。また、客車区の線路も大幅に変更されているようで、線路の撤去後が目立ちます。

品川客車区といえばブルートレインの一大基地。
そんな時代が過去帳入りしたと実感させられた瞬間でした。

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

九州男児 EF81-454号機(11)

みなさんこんにちは

いよいよ本日は日本対オランダの一戦があります。
カメルーン戦で歴史的な勝利を収めたのは素晴らしいことなんですが、あの1戦に勝ったことでテレビではまるでオランダにさも勝てるような報道が為されていますね。勿論どんな番狂わせがあるかはわからないのがサッカーを含めてスポーツの面白いところではありますが、流石に今回は厳しいと言わざるを得ないでしょう…

最高にうまくいって0-0の引き分け、それもオランダのシュートが悉くバーに嫌われた上に日本のGKが神懸り的なスーパーセーブを連発してようやくといったところでしょうか。しかしそれもほぼ0に近い可能性でしょうね、管理人的な予想としては3-0か2-0だと思ってます。

さぁ、そんなワールドカップのグループリーグも中盤戦。
スペインが負けたり、メッシが絶好調だったりと毎日毎日楽しませてもらってます。
4年に1度のお祭り、素晴らしいプレーの数々をこれからも期待したいですね!

えらく前置きが長くなりましたが、今日のネタもEF81-454号機です。
昨日インレタが無いことが発覚したので、その他の部分を仕上げていこうと思います。
今回のテーマはズバリ碍子!
あの何ともいえないグリーンを表現してみます。

091107_EF81-454_027.jpg
使用したのはこの2本です。gaiaカラーのビリジアングリーンとエメラルドグリーンの2色。
ビリジアングリーンのままではちょっと濃すぎるので、エメラルドグリーンで少し明るさを出してみようとしたワケですが、果たして!?

091107_EF81-454_028.jpg
パンタグラフに色挿し。
お、思ったようなカラーになりました!
これは成功ですね。

091107_EF81-454_029.jpg
6段碍子にも同じように色挿しを行います。

碍子についてはなかなか良いカラーが出来たようです。
今後はこれで悩むことが一つ減りました…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

九州男児 EF81-454号機(10)

みなさんこんにちは

梅雨入り後各地で雨が続いています。
今回の梅雨前線は勢力が強いようで、各地で大雨の様相を呈しています。
雨が多く降るといつも起こるのが土砂災害。
こればかりは予想しても自然の猛威を完全に抑えきるのは至難の業で、毎回被害が出てしまいます。
私に出来ることは祈る事くらいですが、何とか今回は『恵みの雨』だけで終わってもらいたいものです。

さて、そんな雨の合間の昨日ですが久しぶりに陽射しが降り注ぎました。
いつ以来かなぁ?
当然、その合間を縫って塗装作業を行った管理人。
ボディ本体で残っていたのは上部のスカイブルーだけでしたが果たして…

今回、ボディ上部のスカイブルーにはモリタの塗料を用いました。
ずっとフィニッシャーズカラーを使い続けてきたので、今回もと思ったのですが、フィニッシャーズのスカイブルーでは鮮やかさがちょっと強いような気がしたので、モリタの物を選択しました。

091107_EF81-454_025.jpg
いきなりですが完成後のお写真を(笑)

庇の取り付けに戸惑ったので、その部分のアラがモロに出てますね(苦笑)
後、450番台や500番台で特徴的なセンターピラーの黒塗装も忘れずに。

091107_EF81-454_026.jpg
サイドからの様子はこのような感じになりました。
吹き込みの調整など、あれやこれやとその調整跡が残りますが最終的にクリア塗装でカバー出来ると思っています。この辺がいい加減な管理人らしいところ(苦笑)

さぁ、こっからいよいよナンバー等の最終仕上げと思い、インレタケースを開けてみると…


必要なインレタが全く無い(苦笑)


くろま屋さんも以前ならオーダーインレタを素早くご用意頂けたのですが、最近はお忙しいらしく現在ではオーダーインレタをお願いするのは難しいようです。

丁度いい機会なので、一度自分で原稿を作って他のインレタ業者さんにお願いしようかな?
でもまぁ、これでまた完成がぐっと伸びてしまうなぁ(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

いくらなんでもそれは…

みなさんこんにちは

ワールドカップのせいで毎日寝不足の管理人です(笑)
日本代表を応援するのは勿論楽しいのですが、管理人的には世界最高峰レベルの試合が毎日どこかで見られるのが楽しくてなりません。今日もまた面白い試合があるので、多分寝不足になると思うのですが(苦笑)

さて、そんな日本代表ですが先日見事にカメルーンに勝利!
下馬評では3連敗が規定路線なんて言われていた(管理人もそう思ってました<汗>)中で、良い意味で期待を裏切ってくれた日本代表の快挙に日本中が大いに沸きました。

日本が沸いたといえば、その前日の『はやぶさ』では無いでしょうか?
はやぶさと言っても、昨年廃止された伝統のブルーとレインでも、年末から東北新幹線に導入される新型新幹線とも違いますよ、もちろんあの人工衛星『はやぶさ君』です。
数々の困難を乗り越え、奇跡的に地球へと戻ってきた今回の快挙は日本人技術者たちの驚異的な努力が実を結んだ、まさに『国民的な快挙』でした。専門の知識の無い管理人にはそれがどれほど凄いことなのか、その本質を知るには当然至りませんが、これまでの困難を解説したWebページを拝見することだけで今回の偉業の末端を知ることが出来ました。

しかし、今回の奇跡の帰還後に見たニュースに愕然としました。

先日の事業仕分けで『技術は1番である必要があるのですか?』等と研究開発者に迫り、そして予算を削減していったその人たちが一様に今回の偉業を褒め称えているのです。いくらなんでもこれは無いでしょう…
世間の雰囲気を見て勝ち馬に乗るつもりでコメントしたと思うのですが、さすがにこれは頂けません、民意に媚びようとする姿勢が余りにも露骨で正直ちょっとひいてしましました(苦笑)

どうせなら『予定通り戻ってこれないものに開発の意味はあるのか?』とか『イトカワの砂が入っていなければ全くの無意味ではないか?』位のコメントをしていただいた方が、ある意味まだ納得出来ると思った管理人の心も『事業仕分け』の対象になる位荒んでいるんですかね?(苦笑)

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

九州男児 EF81-454号機(9)

みなさんこんにちは

梅雨ですね~
今年は入梅宣言があった日から見事に毎日雨が降っています。
季節をいっぱいに感じられるのが日本の風土。
そういう意味で逆にこの雨に風情を感じるのが一番の過ごし方かなと思います。

ジメジメして鬱陶しいですけどね(苦笑)

さて、こんなお天気なのでエアブラシを使った塗装作業はちょっとお休み。
その間に他のパーツを仕上げることにしましょう。
『後は本体だけ!』となると気分も楽になりますし(笑)

いつもよくワケのわからんことをやる管理人ですが、今回の試してみましたネタは集電方法の改良です。そのままでも十分に低速がきくKATOの機関車ですが、そのままでは面白くないので、ちょっと手を加えてみました。

10061601.jpg
まず、台車の集電板接触部分に半田を盛ります。

10061602.jpg
そしてまた集電板にも同じように半田を流していきます。
お互いに若干の厚みが増したことにより、接点が増えることで集電効率が上がるのではないか?と期待してみたのですが、果たしてこれが理由なのか否か低速のききが普段よりもかなり増したような気がします。じんわりと発車する実車のようなスタートに大満足!

10061603.jpg
足回りパーツには今回銀河モデル『N-048 速度記録装置』を取り付けました。
この辺のパーツは意外と見た目に効くんですよ。

10061604.jpg
最後に運転室内をマッハ模型の塗料とgaiaのウルトラブルーで運転席表現をして完成です。

ようやく完成の姿が見えてきましたが、まだまだ難関は続きます。
気合を入れて頑張るぞ~!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

勝った…

みなさんこんにちは


勝った!


正直な話、全く期待していませんでした。
それが、それが…

現状ではまだ3戦全敗が本来の実力でしょう、トラップの技術を見ればそれは明らか。
ただ、それでも嬉しいことには変わりありません。

我々世代はあの『ドーハの悲劇』をリアルタイムで見ていた世代です。
あれからもう20年近く。
後20年したら、もうちょっと気楽に見られるのかなぁ(苦笑)

しかし、NHK中継の最後がグダグダになったのは、製作者も興奮していたからかな?

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

キティちゃんカップ

みなさんこんにちは

いよいよ入梅です。
順調に進んできた模型製作も一休み。
そんなワケで今日は久しぶりに管理人のくだらんネタです(苦笑)

以前にも記事をアップしましたが、私はコンビニでよく行われている『ポイントキャンペーン』にとても弱く、何かしらのキャンペーンが行われていると集中的に通ってはポイントを稼ぎます(笑)
今回の獲物はローソンで行われている『キティちゃんのマグカップ』。
こんな三十路半ばのオッサンが使うには可愛過ぎるのですが(汗)

今回の必要ポイントは30点。
100円につき1点のポイントシールが貼られていますが、最近のローソンではパン類が主体でおにぎりやお弁当にはポイントが付いていません。パン類だけで30点はちょっと大変です。

で、お昼ご飯で徹底的にローソンを利用した結果…

10061401.jpg
ブルーの可愛らしい箱に入っています。
三十路半ばのオッサンにぴったりのデザインです(爆)

箱を開けてみます。

10061402.jpg 10061403.jpg
デザインはシンプルでなかなか良いと思うのは私だけでしょうか?

10061404.jpg
裏面にはちゃんとローソンのロゴが入っています。

先日、仕事場で使用していたマグカップが割れてしまったので、これを使います。
可愛くて良いでしょう?三十路半ばのオッサンに(笑)

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

九州男児 EF81-454号機(8)

みなさんこんにちは

勢い尽きるまで走り続ける管理人(笑)
どうですか、3日連続でEF81ネタですよ!
あ、クハ481-801が…

さて(笑)
いよいよ本体の塗装に入ります。
EF81-450番台の特徴として、3色カラーは勿論ですが最大の特徴は太い帯線ではないかと思います。
通常の貨物更新色よりもかなり太く見えるこの横線をどうやって塗るか?
今回管理人は普段の方法ではなく、正攻法で塗装することにしました。
つまり、白→ディープブルー?→スカイブルーという段取りです。

というのも、前面ステップ部分を綺麗に仕上げようと思うと、明らかにこの段取りのほうが綺麗に塗れると思ったからです。しかし、線幅を安定させるのは難しいだろうなぁとちょっとビビりながら作業開始です。

091107_EF81-454_022.jpg
その前に、今回から運用開始の新兵器、WAVEの塗料攪拌機です。
エアブラシ用の塗料を作って放置すると塗料が底に溜まります。これをいい加減に攪拌するとちゃんとしたカラーを出せないのはご存知の通りですが、その為に手で攪拌すると結構しんどい(苦笑)大体5分くらい混ぜないとちゃんとした色に戻らないので、これもまた加工作業から遠ざかる一つの要因となっていました。

そんなわけで今回の新兵器投入と相成ったわけですが…


恐ろしく楽になった


この感動はぜひ皆さんでご体感ください!
¥840.-で得られる幸せが、確かにそこにあります!(笑)

091107_EF81-454_023.jpg
で、攪拌したフィニッシャーズカラーのファンデーションホワイトで全体を塗装。
隠ぺい力が強いカラーなので、すぐに真っ白になりました。

その後乾燥時間を置いてマスキングすること数時間!
いよいよディープブルー!となるのですが、実際のEF81-454号機のディープブルーを見ると、とてもじゃありませんがディープブルーではありません、完全に水色です(苦笑)

全般検査明けをイメージするのなら矛盾してしまいますが、やはり現在の様子をなるべく再現したいと思っているので、今の褪せた青色を再現してみようと思います。そこで、フィニッシャーズカラーのファンデーションブルーをメインにして、同じくフィニッシャーズカラーのファンデーショングレーで艶を落として調色してみました。

091107_EF81-454_024.jpg
こちらが塗装後にマスキングを剥がした様子です、結構いい感じにブルーの調子が出せたと思うのですが、皆さん如何でしょうか?
ただ、吹き込み箇所も数点目立っていますのでその辺りは修正が必要です。

まぁ久しぶりの作業の割にはそこそこ上手くいったなと思います。
さぁて、しばらく乾燥させたらいよいよ本体最後の塗装に入るぞ~!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

九州男児 EF81-454号機(7)

みなさんこんにちは

やる時は一気にやる!
模型製作で一番大事なことではないでしょうか(笑)

半年掛かりのEF81-454号機ですが、ここにきて急にペースアップ!
このままの勢いでゴールまでたどり着けるか!?

無理かな(苦笑)

さて、今日のネタは昨日の続き、スカート部の加工です。
必要なパーツをあれやこれやと取り付け、プライマ処理を施してダークグレーを塗装するところまでは着ましたが、ここから先に重要な工程が待っています。それは…

ジャンパ線の取り付け

真鍮線で取り回して製作するのがセオリーかとは思いますが、塗装せねばならないことと、硬さが少しあるので細かい取り回しが難しいという問題点があります。何とかこれを簡単にする方法は無いかな?と苦心していた時のお話です。

私の母親はビーズで装飾品作りをしています。小さいビーズを束ねてアクセサリーを製作しています。私の細かい作業好きはきっと母親から受け継いだんだと思います(笑)
先日実家に帰った折、その母親の作業机を何気に見た時のことです。そのビーズを束ねる金属線に思わず目がいきました。それは、細さといい硬さといい、ジャンパ線を作るのに最高の素材ではないですか!しかもその金属線は既に黒の塗装がなされており、大変塗料が剥がれ難くなっています。
そこで母親に聞いてみると、これはビーズ作りでは普通に使われている物だそうです。


これはいける!


091107_EF81-454_019.jpg
聞いてみるとこれはケンタカラーワイヤーという製品で、太さも色も多種用意されています。
更に調べてみると、既にモデラーさんの中では有名な商品だそうで、多くのサイトで紹介されています。
今まで知らずに加工してきたのが悔しく思いました(苦笑)

こちらから商品は取り寄せることが出来ます、ぜひ皆さん試しに使ってみてください。

カラーワイヤーのお店

091107_EF81-454_018.jpg
で、早速ジャンパ線をこちらのカラーワイヤーで製作してみました。
450番台のジャンパ線は入り組んでいて大変加工が難儀でしたが、このワイヤーを使用することで作業が大幅に捗りました。世の中探せばほんと便利なものがあるもんですねぇ~

091107_EF81-454_020.jpg
最終的に色指しを行っていよいよスカート部は完成です!
細かい箇所で修正をまだかけねばなりませんが、450番台特有のごちゃつき感は出せたかな?
ステップの黄色はインパクトになりますね、かなり気に入っている部分でもあります。

ようやく難題のスカート部がほぼ完成したことで一安心。
さて次はいよいよ本体の塗装へと移ります。

珍しい、管理人頑張るなぁ(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

九州男児 EF81-454号機(6)

みなさんこんにちは

新コンデジ導入で楽しく加工作業が進められている管理人です(笑)
今回のIXY400ですが、以前のものに比べると格段に画像が綺麗!
特に高感度性能が素晴らしく、技術の進化を感じます。
今後は食事ネタなんかでその性能を遺憾なく発揮してくれると思いますが、果たして!?

さて、今日のネタはEF81-454号機製作記事です。
この機関車、いつ頃から作り出したのかなぁ?と考えてみると、年明け前後…
実際に加工している日なんてしれているので、どれだけ作業が進んでいないのかがわかります(汗)
そろそろカタをつけないと精神衛生上良くないのでなるべく頑張ります(笑)


EF81-454号機の場合、スカートのステップは外付けタイプです。
そこでステップをBONAのパーツを使って外付け表現にするのですが、そのままスカートに接着剤で取り付けただけでは簡単に外れてしまう可能性が非常に高いのです。特にステップは何かのはずみで当たる可能性が非常に高い箇所なので、何とか補強出来ないかな?ということでたどり着いた結果がコレでした。

091107_EF81-454_014.jpg
ステップパーツに洋白線を半田付けしたものです。
小さいので大変そうに見えますが、案外簡単に取り付けられます。
ステップの裏側に支えを作って、これをスカートに差し込んで強度を確保しようというわけです。

アイデアもクソもありません、まさに力技です(笑)

091107_EF81-454_015.jpg
このようにスカート下部両サイドに少し大きめの穴を開けます。
ここに先ほど用意したステップを差込み、瞬間接着剤を流し込んでしっかり固定します。
ただスカートに貼り付けるよりは格段に強度が増すと思うのですが…

091107_EF81-454_016.jpg
さて、こちらはホース収めの製作風景です。
0.3mmの洋白線を切り出してスカートに差し込んでから形を整えます。

091107_EF81-454_017.jpg
ステップとホース収めの両方を取り付けた様子です。
ホース収めはちょこっと分かり辛いですね(苦笑)

細かい作業が続いたのでちょっと休憩。
明日はスカートを完成までもって行きましょう。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

レールエキスポ京都010夏に行く(4)

みなさんこんにちは

数日間にわたってお伝えしてまいりましたレールエキスポ京都 010夏シリーズもようやく今回でおしまいです。本当はもっともっと細かくお伝えしたかったのですが、いかんせんデジカメのバッテリーが切れてしまい画像を得ることが出来なかったことと、管理人の勉強不足により各ブースの本当の面白さを伝えきれない私自身の問題があります(苦笑)

なにわともあれ、今日が最終回です。
最終回の本日は管理人が『いつか挑戦したい!』と思っているものの記事で締めたいと思います。

10061001.jpg
いつかは挑戦したいもの、それは『HOゲージ』です。
特に金属モデルのキットには大変興味があります。
とりあえず手始めに一度はワールド工芸のキットにチャレンジしたいと思っています。
しかしそれは果たしてそれはいつになることやら!?

10061002.jpg
金属モデル独特の質感はたまりませんね…

10061003.jpg
この重量感のある質感をプラで出すのは至難の技です。
エナメルや塗装や色んな手法で挑んでいますが、未だ納得のいく物にたどり着いていません。

10061004.jpg
格好よいなぁ、EF65!
でも、お値段を見ると10万円以上…
とてもじゃありませんが手の出るような金額ではありません(苦笑)

10061005.jpg
こちら、KTMのブースではこのように目の前でモデルを黙々と製作されておられました。
金属モデルを組み立てる様子をこの目で見たことがありませんでした。
雑誌などで見るのではなく、自分の目で組み立ての様子を学べたことは大変貴重な経験になりました。

この時、目の前であまりにもじっとその手先を見つめていたので、モデルを製作されておられた方はさぞかし嫌だっただろうなぁと思います(苦笑)

10061006.jpg
こうして少しづつ形となっていくのです…

そうこうしている内にイベントも終わりの時間を迎えました。
主催者様のご挨拶等をうかがった後、私たちも帰路につきます。

鉄道模型を触るものにとって、これほど楽しくて有意義な時間を過ごせた事を光栄に思います。
また、このようなイベントが関西でもこれからも沢山行われることを切に願います。
最後に、今回この素晴らしいイベントを企画実行されたボークス京都店、および関係者の皆さん本当にありがとうございました。おかげ様で本人、家族とも素晴らしい思い出になりました!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

レールエキスポ京都010夏に行く(3)

みなさんこんにちは

今日もまたレールエキスポ京都010夏シリーズです。
実はこのイベント、2日間の開催でそれぞれ全く違う催しが行われていました。
今から思えば、両日とも見に行けばよかったなぁと後悔しています。
特にレイアウト関係に最近少し興味を持ち出しているので、勉強したかった…

さてさて、済んだことは仕方がありません。
それでは今日のネタに行きましょう。

10060901.jpg
今回出品されておられたブースの中で思わず足を止めてしまったのが此方です。
勉強不足で今まで全く知らなかったのですが、このようなアイデアがありました。
ホームページを下記に紹介しますのでご存じない方は一度ご覧下さい。

泰茅轍道

Nゲージの縮尺では本来レールの幅が狭軌ではもう少し狭くなります。なので狭軌のモデルを見るとどうしても足元がいわゆる『がに股』に見えてしまうという弱点があります。
こちらではそれをカバーする為に、このようなアイデアでモデルの加工に挑んでおられます。
ほんと、こういうアイデアは凄いなぁと心から思いますね。

10060902.jpg
こちらが展示されていたモデルの写真です、わかり易いように並べて用意しました。
ウェザリングを施され、よりリアルになっていることを差し引いても両者の足回りの違いは一目瞭然です!

10060903.jpg
キハ30もこのようにリアルさが一気に増しますね。

10060904.jpg
車輪を見せてもらうと、このように細かい加工は行われていますが、決して大掛かりなものではなく十分に誰もがチャレンジ出来るような加工となっています。この辺りは見事なアイデアといわざるを得ません。

確かにこれを採用すると普通のレールでは走らせられなくなります。
それでも、一度くらいはこういう差のあるモデルを機関車でやってみたいなぁと密かに企んでしまいました。それ位、インパクトのあるモデルだと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

レールエキスポ京都010夏に行く(2)

みなさんこんにちは

レールエキスポ京都010夏のお話第2回目です。
前回は会場の雰囲気をお伝え致しましたが、今回は各ブースの簡単な紹介です。
私にとっても多くの興味深いものがあり、大変ためになりました…

今日は展示されていた商品の中で管理人が気になった商品を紹介します。
まぁ、この管理人が気になるものですから大体はご想像がつきますよね(苦笑)

10060801.jpg
というわけで、管理人が最も注目したのがコレです。
TOMIXから発売されます、EF64-0の4次型と7次型(国鉄色&貨物更新色)です。
最近のTOMIX製品のクオリティの高さは言うまでもありません。
そのクオリティでEF64-0を製作したらどうなるのか?と大変興味があったのですが…

10060802.jpg
4次型からです。
期待通りの出来となっていました、EF64-0の山男風情がしっかりと表現されています。

10060802.jpg
こちらは7次型国鉄色です。
EF64-0の各世代における細かい差異が見事に表現されていますね。
これを種車にしてEF64-67号機を…なんて、今から思ってしまいます。

10060804.jpg
こちらが7次型の貨物更新色です。
スカートの作りや台車のモールドなど、ほんとよく出来ているように見受けられました。
脱線しているのはお茶目だからでしょう(笑)

10060805.jpg
また、こちらはコンテナ輸送50周年記念コンテナのセットです。
このセット、意外と売れるのではないかと思っているのですがどうでしょうか?

10060806.jpg
サロンカーなにわも展示されていましたが、これは欲しいなぁ~
TOMIXのブースではこの他にもキハ58,28シリーズも展示されていました。

10060807.jpg
こちらはマイクロエースのEF65-530号機です。東京機関区時代を再現したもので、あわせて24系24型の富士号が発売されるそうです。富士に24系24型が使用されたのはほんの僅かな時期になります。相変わらず渋いところをつくなぁマイクロエースと思いました(笑)

その他、KATOではEF510-500が展示されていましたが、こちらを撮影しようと思ったらバッテリーが…
今回がシェイクダウンのIXY400、バッテリーを充電するのを忘れてました(苦笑)

さて次回では出展されていた素晴らしいアイデアの模型を紹介します。
管理人、実はかなり衝撃を受けました…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

レールエキスポ京都010夏に行く(1)

みなさんこんにちは

先日、必要な塗料を購入するためにボークス京都へ出向いた管理人。
店内に入るとなにやら興味深いポスターが…

レールエキスポ京都 010 夏

ほぅ、そんなイベントが行われるのか~
家からそう遠くないことだし、こいつは子どもを連れて行くにはちょうど良い。
ということで、昨日ボークス京都へ出向いたわけです。

いつものようにお店へ向かうと、駐車場が満杯で停められません(苦笑)
しばらく待つと他のお客さんがお帰りになられたので、ようやく停めることが出来ました。

10060701.jpg
お店ではエントランス前からこのように賑やかな様子が伺えます。
どこで情報を仕入れられたのでしょうか、多くのお客さんで賑わっていました。

10060702.jpg
クロークでは各社のブースが設置される他、中央には大きなレイアウトが据え付けてありました。
見事なレイアウトを走る沢山の模型をお目当てに多くの子どもたちが目を輝かせてかじり付いていました。
かくいうウチの子どもたちもそうなんですが(笑)

10060703.jpg
先日KATOから発売された489系能登も元気よく走っています。
私も確か購入したはずなんですけど、一回も走らせてません(汗)

10060704.jpg
また、今回のイベントではアンケートに答えるとこのようなプレゼントが用意されていました。
我が家の子どもたちはそれぞれこんなものを頂いてました…
子どもを持つ親にとっては何ともありがたいお話です(苦笑)

その他、簡易レイアウトでの体験運転など今回のイベントは子供連れを意識したものでもありました。
確かに子どもたちの純粋な鉄道に対する興味は見ていて微笑ましいものがあります。会場ではあちこちでそんな子どもたちのにこやかな笑顔を見ることが出来ました。

勿論、各社いろいろと商品が展示されており、私も楽しむことが出来ました。
その様子はまた、次回まとめて紹介したいと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65-100号機が8865レに!

みなさんこんにちは

今更言うまでも無いことですが、EF65-0番台の車輌は岡山機関区に僅かに残るだけです。
その中でも国鉄色を纏うものと言えば、87,100,103,116号機の4両でしたが、昨年度末にPS17を搭載する2両の87号機と103号機は運用を離脱してしまいました。
残る100号機と116号機、奇しくもPS22を装備する2両が最後のEF65-0番台国鉄色として活躍していますが、これとて残り数ヶ月で運用離脱することはほぼ間違いないでしょう。

そんなEF65-100号機が岡山機関区EF65運用の中でも人気のある臨時専用貨物8865レに充当されました。
情報ではムドにこれまた伯備線で活躍しているEF64-1000広島色を従えているとのこと。
天気もそこそこだし、時間もあるしということで篠原と野洲間の踏切へ出向いたわけですが…

出向く最中にアクシデント発生。
一緒に連れていた子どもが車酔いの為に車内で…(滝汗)
つい先日までこんなことは全く無かったのに、最近急に車酔いが始まってしまいました。
こんな変なところで『成長』しなくても良いのに、可哀想な限りです。

そんな理由で、現場到着はギリギリとなってしましました。
列車通過まで後わずか、三脚をセットしていざ!!

10060602.jpg
100606 11:09 8865レ EF65-100号機牽引 東海道本線 篠原-野洲

ほぼ定刻に列車は無事に通過、情報とは少し違いましたが懐かしい香りのする編成です。
薄雲がかかり、絵自体にコントラストが出なかったのであくまで記録写真ですが、それでもきっと良い思い出の写真となるでしょう。

噂では新鶴見の国鉄色EF65PFは全て岡山に移籍するとかしないとか?
そうなると消えていくのは間違いなくこの0番台たち。
嬉しいような悲しいような。
複雑な気分になりますね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

新しいコンデジを導入しました

みなさんこんにちは

世の中本当に便利になったと思った一日でした。
便利を通り越して、怖いとすら感じましたが…

いきなり何の話?と思われますが、通販のお話です。
先日、長年使用していたコンデジを壊したお話をしましたが、メーカーに修理について質問してみたところ、なんと15,000円から20,000円ほど必要とのこと(汗)これでは…


新品買えるがな(苦笑)


というわけで、修理費用とほぼ変わらない価格帯でコンパクトな物を探してみたところ、候補はSonyのサイバーショット DSC-W380かCANONのIXY 400Fの2つにまで絞られました。ただ、私の用途としてはフラッシュを焚かない状態でより撮影しやすいものということで、CANONのIXYに決めました。

最大の理由は一度CANONのカメラを使ってみたかったということなんですけど(笑)

10060501.jpg
で、こちらが届いた商品です。
価格comで確認すると、Amazonで近所の量販店よりも遥かに安く購入出来ることを知りました。
Amazonってほんと何でも売ってるんですね。

で、今回一番の驚き。
なんと、朝注文したものが夕方には届くのです。
便利さは嬉しいのですが、それを通り越してビックリなのはそれでした。
購入するほうは勿論嬉しいのですが…

10060502.jpg
箱も小さいなぁ~
新しいものを購入した時はこうして箱を空ける瞬間が一番楽しいですね。

10060503.jpg
ちなみにこの画像は先日まで使用していたコンデジで撮影したものです。
今回の運用を以って、運用離脱となりました…

テーマ : デジカメ
ジャンル : 写真

クハ 481-801を作る(3)

みなさんこんにちは

コンデジが壊れたのがこれほど痛いとは…
今日もクハ481-801の塗装を頑張って行ったのですが、その作業工程をうまく記録出来ないのです。
何とか撮影は出来るものの、構図が確認できません。
早急に何とかせねばなりません。

さて、そんなこんなで今日も塗装の様子をお伝えします。
ただし、画像が滅茶苦茶なのはご容赦ください。

10060401.jpg
とりあえずGMのクリーム4号を吹いてみました。
横に並べたのがTOMIXの485系ですが、ご覧のとおり色合いが若干違います。
最終的にはこのシリーズと連結することになるので色合いの調整が必要です。

そこでこのクリーム4号とTOMIXの製品のカラーの違いを検討します。
まず、製品の方が色合いが濃いように見受けられます、特に赤味が足りない気がします。
そこで、同じGMの赤2号をまず追加。
試しに吹いてみると、今度は濃くなり過ぎた感じです。また、黄味も足りない模様。
そこで今度はガイアの黄橙色を追加、色合い的には良い感じなったのですが鮮やかになりすぎました。
で、最後に先日も使用したフィニッシャーズカラーのファンデーショングレーで鮮やかさを落とすのと、全体を少し薄めてみたところ…

10060402.jpg
画像がコレなんで大変わかりづらいのですが、ちょっとマシになりました。
ただし、まだ製品とはやはり違いがあるんですよねぇ~

ほんと色合いの調整は難しいものです、こればっかりはいつまで経ってもコツが掴めません。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATOの双頭連結器を入手!

みなさんこんにちは

本職がダメダメな管理人です(苦笑)
いやぁ、ほんと仕事が駄目ですね、何をやっても裏目です。
こんなこともあるんだなぁと、最近悟りの境地に達した気分です。

まぁ、悩んでいても仕方がないので、いつも以上にガツガツ頑張ろうかなと思います。
やっぱり仕事がうまくいかないと、趣味も心から楽しめませんからね。

と、仕事のお話をしたにも関わらず今日はまた鉄道模型ネタです。
先日、なかなか手に入れられなかったKATOのAssyパーツが入手出来ました。

10060301.jpg
こちらの、EF63用双頭連結器です。
最近、JR東日本の釜にはこの連結器が装備されている物が多く、多くのモデラーさんがこのパーツを使用するのでAssyパーツはどちらも軒並み売り切れとなっていました。

そんなAssyパーツがいつも徘徊している大手量販店に並んでいるのを発見!即購入となりました。
その他にも、発売されたばかりのEF65-500F用のスカートパーツやEF66前期型ナックルカプラーなど、釜加工を行うモデラーにとっては必須のアイテムが陳列されていたので、思わず大量購入…

特にEF65-500F用スカートパーツは車上子保護版タイプなので重宝します。
このパーツをうまく流用して、今度KATOで一般型や515号機なんかをやってみようと思います。

さぁ、今日もまだまだ塗装作業が残っています。
頑張っていこう~!!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

クハ 481-801を作る(2)

みなさんこんにちは

やり始めたら案外続くもので、今日もまた鉄道模型ネタです(笑)
ただ、今日はEF81-454号機の回ではなくてクハ481-801の回です。
案外今回は結構加工作業が進むかもしれません…

しかし!
昨晩、管理人に悲劇が訪れました。
普段から大事に使っていたコンパクトデジカメを不注意で壊してしまいました…
もう数年前の製品なので、性能的には今のものと比べるべくもありませんが、手頃なサイズで使い勝手もよく大変重宝していましたが、液晶画面を壊してしまいました。撮影自体は可能なんですが、プレビューが出来ない為に作業が全く出来ず…
今日のネタは何とかその壊れたデジカメで撮影した画像で作業工程を紹介します。

L1060107_002.jpg
まず最初に、先日Hondaさんのところでも紹介されたエアブラシのゴミ取りです。
この季節になると湿度が上がる為に、塗装の際には必須のアイテムですね。
ただ、これを使用しても1日に塗れるのは1色が限度かなと思ってます。

L1060110_003.jpg
すいません、画像調整が出来ないので真っ黒な画面です(苦笑)
フィニッシャーズカラーのファンデーショングレーで下地を整えました。
後は1日じっくり乾かしてクリーム4号を塗っていきたいと思います。

L1060109_004.jpg
ついでに座席もグレーで下地を整えました。
いくらなんでもブルーの車内は変なので…

明日も模型ネタです。
たぶん(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

九州男児 EF81-454号機(5)

みなさんこんにちは

果たしていつ以来だろう?
と思うくらいしばらく触っていなかった物に今日は触れました。
それは…

エアブラシ

確か模型加工がメインのブログだったはずですねぇ(苦笑)
ほんと、エアブラシを持ち出したのは数ヶ月ぶりです。
なんだかんだでやり出すと楽しいのですが、そこまで行くのに時間が…
まぁ、私の周りの方々も同じようなことを仰っているので、こんなもんでしょう(笑)

091107_EF81-454_013.jpg
ということで、久しぶりに塗装したのはEF81-454号機の細かいパーツ類です。
いつものようにミッチャクロンでプライマ処理してからグレーを吹きました。
454号機をはじめ、450番台の車輌を見るとねずみ1号では少し軽そうな感じなのでダークグレーを選択、足回りと屋根周りはこのカラーで統一することにしました。

こうして何かしらの作業を行うと何とか惰性でもう少し前に進みそうです。
半年掛りのEF81-454号機にもようやくゴールが見え出してきたかな??

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。