スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北近畿タンゴ鉄道を撮る

みなさんこんにちは

実家の両親と一緒に天橋立までプチ旅行。
安くて近くて短い、まさに『安近短』なお出かけとなりました。

さて今日はその際に撮影した列車の写真を紹介します。
家族は皆KTRの浪漫2号に乗車し、私はその列車を車で追っかけながら撮影します。
観光列車としての時刻設定なので、車で先回りが可能なんです。

10042801.jpg
100425 15:05 3072M 文殊2号 福フチA43編成 北近畿タンゴ鉄道 宮津-天橋立

浪漫号の前に新大阪へ向かう文殊号を撮影。
出来れば国鉄色が良かったかな(苦笑)

10042802.jpg
100425 15:10 2662D 浪漫2号 KTR8000形気動車 北近畿タンゴ鉄道 宮津-天橋立

そしてやってきました、浪漫2号!
ヘッドマークも付いてるんですね、なんか得した気分。

10042803.jpg
100425 15:35 235D 北近畿タンゴ鉄道 丹後神崎-丹後由良

奈具の海岸で一休みする浪漫号を尻目に、私は一気に京都府最長の鉄道橋、由良川鉄橋まで。
今までこの鉄橋で列車が通過する姿を見たことがありませんでしたので、今回が初めてです。

10042804.jpg
100425 15:38 2662D 浪漫2号 KTR8000形気動車 北近畿タンゴ鉄道 丹後神崎-丹後由良

下りの普通列車と交換した浪漫号が由良川鉄橋を渡ります。
鉄橋の途中でスピードを緩め、雄大な日本海にそそぐ由良川の様子を満喫出来ます。
私は乗ってませんが(笑)

10042805.jpg
100425 15:48 2662D 浪漫2号 KTR8000形気動車 北近畿タンゴ鉄道 四所-東雲

由良川鉄橋を後にし、そのまま西舞鶴へ向かう予定だったのですが、道中になんか良い所無いかな?と車を運転していたら、菜の花がとても綺麗に咲いている箇所を発見したので思わず車を停めて撮影!

構図を考えるまもなく列車は通過(笑)

この後西舞鶴へ向かい、無事に家族と合流。
家族は一様に楽しかったと言ってくれました、プランを立てた張本人も嬉しいものです。
その後、日本海トレトレ市場で3匹500円の真新しい鯖を購入して京都市内へ戻りました。
日帰り旅行、しかも出発時刻もゆったりする中で今回の行程はなかなか良かったのではないでしょうか?

旅はやはり車だけでは味気がありません。
またどこか、気軽に楽しめる場所を探してみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

宮津の富田屋までプチ旅行

みなさんこんにちは

今週の日曜日、実家の両親と我が家でちょっとした旅行へ。
どうなるのか分かりませんが、高速道路の料金が高くなる模様。
時間も有ったので、とりあえず皆で北へ行くかということになりました。

本当の理由は、私の父親が宮津駅前の食堂『富田屋』でホルモン焼を食べながらビールを飲みたい!と言い出したからなんですけど(笑)

京都市内から宮津までは京都縦貫道を乗り継いで約1時間半で到着です。
昔は宮津まで行こうと思えば、下道で4時間位かかったと思います。それが今ではたったの1時間半ほどで到着するわけですから便利な世の中になったものです。

10042806.jpg 10042807.jpg
無事に宮津駅前の富田屋に到着~!

10042808.jpg
このホルモン焼は確かに美味しい!
ビールが飲みたいところですが、私は運転手なので我慢我慢(笑)

お造りも新鮮で美味しいし、何より安い!
この辺りに来られることがある方は是非一度訪ねてみることをお勧めします!

さてさて、その後そのまま京都に戻るのも芸がありません。
そこで、私以外の家族にはちょっとした旅行をしてもらいましょう。

ということで、北近畿タンゴ鉄道(以下KTRと略します)15:10天橋立発の浪漫2号に乗車してもらい、この観光列車で奈具の海岸や由良川鉄橋の眺めを堪能してもらおうというプランです。
この浪漫号、奈具海岸では景色の良い地点で一旦停車したり、由良川鉄橋をゆっくりと渡ったりと、KTR路線の中でも屈指の観光ポイントを紹介してくれる列車です。しかも扱い上はただの普通列車、しかも使用している車輌は『タンゴディスカバリー』に使用されている特急車輌という太っ腹ぶり!
鉄道ファンだけではなく、多くの人達にとっても楽しめる列車といえるのではないでしょうか?

え、私?
私はその間に西舞鶴へ先回りして我が家ご一行様をお迎えに上がります。
だから今回は乗り鉄は出来ませんよ(笑)

でも、ただでは転びませんからねぇ…

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

風邪ひーた…

みなさんこんにちは


風邪ひーた


悪寒が激しく、胃腸はグダグダ…
そんなわけで、今日はここらで失礼いたします(汗)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

きたぐに番外編

みなさんこんにちは

晴れたり
雨が降ったり
暖かくなったり
寒くなったり

どうなってるんですか、今年は(苦笑)
日々全く違う季節にいるようで体がついていきません。
実は昨日からちょこっと体調を崩してしまいました。

やや風邪気だったので、思いっきり食べて、寝ました!
効果は…
ぼちぼちかな(笑)

さて、今日は昨日までの新潟きたぐに号のネタです。
大阪駅で一旦下車後、管理人は京都まで戻る必要があります。
予め購入しておいた時差切符(この辺がセコい(笑))で 再入場し快速列車に乗車。

理由はもちろん、先ほど乗車したきたぐにの回送を山崎駅辺りで撮影するためです。
時刻も何も知らなかったので、撮れたら良いなぁなんて気軽な気持ちで列車へ。
山崎駅で下車した際に一番効率良く移動する為に最後尾に乗車しました。
すると…

10042701.jpg
東淀川の辺りで北方貨物からやってくるきたぐにを発見!
思わずビデオを車内で回します(苦笑)

その後はきたぐに号よりも快速の方が足が速かったので、視界から一旦消えます。
しかし、これで山崎駅で撮影出来ることはほぼ間違いありません。

10042702.jpg
100419 10:41 回送きたぐに号 京キトB3編成 東海道本線 山崎駅

レンズ選択及び構図で完璧に失敗(笑)

この回送きたぐに、よく見ると運転士が女性の方ですね。
指差しが格好良かっただけに、もっとちゃんと撮れば良かったなぁ~(苦笑)

まぁ、おまけだからいいっか!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

新潟の旅~きたぐに長時間乗車~(最終回)

みなさんこんにちは

楽しかった新潟旅行の夜はHondaさんとの素晴らしい夕食
あんまりにも話が弾み、お酒が進んだためにきたぐに入線時刻をすっかり忘れてました。
まぁ、入線を撮影するより、そりゃあ楽しく飲んでる方が良いですから(笑)

ホームでHondaさんご夫妻をお見送り。
わざわざ新潟駅まで出向いて頂き本当にありがとうございました。
今回の旅行もまた沢山の思い出を頂戴しました、心より感謝申し上げます!

既にホームに入線していたきたぐに号。
さぁ、ここから本来よりも3時間も長い旅がいよいよ始まります。

10042614.jpg
今夜のお宿はこちら、A寝台下段です。
やっぱり電車A寝台のベッドは広い~!
でも、開放A寝台ってのは一般の利用客の皆さんにはちょっと厳しいかなぁ?

10042601.jpg
列車は定刻に出発。
本来であれば6時間51分の旅が今回は9時間58分!
さぁ、乗り尽くしてやるぞぉ~…

が!

あんまりにも楽しく飲み過ぎたため、寝床でビデオをセットした瞬間!
もう、ほんと瞬間だと思います、あっという間に夢の世界へ管理人はダイブ!(苦笑)
ホントのことを言いますと、次に目が覚めたのは例の東富山の調整停車もほぼ終わりの頃でした…

10042602.jpg
眠っている間に新津駅も通過~(笑)

10042603.jpg
ビデオ君ご苦労様!
東富山駅に停車している様子もきっちりと録画されています(笑)

この頃ようやく目覚めた管理人。
時刻は4時半過ぎだったでしょうか?
若干昨夜のアルコールが残っていたため、うとうととしながら車窓を眺めます。
そう、この日切替工事の終わった富山駅への1番列車はこのきたぐに号です。
記念すべきその入線の様子はちゃんと見届けねば…

10042604.jpg 10042605.jpg
富山駅の新しいホームに到着です、工事の方が沢山おられました。
時刻は定刻から少し遅れているのかな?
しかし管理人はこの後再び気持ち良くスヤスヤと…

今度目が覚めると金沢駅でした。
なにやら他の列車の影響できたぐに号に遅れが生じているようです。
このままの遅れで行くと更に沢山乗車出来るコトになるのかな(苦笑)

しかし今回の時刻変更には福井駅での長時間停車などが含まれており、敦賀駅に着く頃には定刻に戻っていました。何だかちょっとガッカリですが、これが本来の公共交通機関のあるべき姿ですね。

10042606.jpg
敦賀駅でしばしの停車です。
喉が渇いたので水分補給です。やはり車内販売が無いのは辛いのぉ~

10042607.jpg
敦賀を発車、鳩原のループ線を越えて新疋田の定番撮影地へ。
普段絶対に撮影出来ないきたぐに号を撮影するため、この日は多くの撮影者で賑わっていました。

10042608.jpg
普段のサンダーバードや雷鳥は湖西線周りとなりますが、このきたぐに号は伝統の湖東周り。
瀬田川でもまた数名の撮影者を見かけました。

10042609.jpg
変運用の定刻に京都に到着。
ここで降りたら家まですぐなんだけど(苦笑)

10042610.jpg
向日町の車輌所を眺めていると珍客が!
国鉄色の583系を発見!!
JR西日本の583系との並びは貴重なシーンかもしれません。

10042611.jpg
つるぎの時は凄まじいことになっていた上淀も今日は平和な様子です。
そして列車は無事に終着の大阪駅に到着しました…

10042612.jpg
2日間の宿となった京キト583系B3編成です。
また、運用の関係で車掌さんも同じ方が下り上りとも担当されましたが、今回はこの車掌さんにも大変お世話になりました、ご覧になってはおられないと思いますが、心より感謝申し上げます。

10042613.jpg
そしてきたぐに号は塚本方面へと回送列車として発車していきました…

583系自体が貴重な存在となった今、その583系がこのように本来の姿でしかも定期運用として多くの人達に支えられながら現役を続けているということについては感動すら覚えます。
このきたぐに号についても車輌の老朽化、そして寝台列車の削減方針、また北陸新幹線開通による金沢以東の第3セクター化など、廃止されるための条件は目白押しです。ただ、現状まだそのような具体的な話も上がっていない以上、暫くはその雄姿を拝むことが出来そうです。

583系って単純に格好良くありませんか?
私はとっても好きです。
そして、この583系に今回乗車出来たことは私にとっても素晴らしい思い出となりました。

乗り鉄っていいな。
またどこかに行きたいもんだ!

<終>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

4月25日

みなさんこんにちは

4月25日。
鉄道ファンとしてだけではなく、人としてこの日は絶対に忘れられない日です。

しかし昨年には当事者のJR西日本による大変情けない事件が発覚しました。
これで事故を反省していると言われてもご遺族は誰も納得しないでしょう。

誰もこんな惨劇を望んではいないはずです、乗客もJR西日本も。

もう二度と、あのような惨劇が起こらないよう。
それのみを祈るばかりです…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

新潟の旅~115系に乗って~(5)

みなさんこんにちは

分水でおいらん道中を楽しんだ後、管理人は越後線で吉田駅に戻ります。
この時点で午後4時半頃、きたぐにが発車するのは午後11時です。新潟での夕食時間を考慮してもかなり時間があるので、フリー切符のエリア内で色んな物に乗ってみようと、吉田駅からは弥彦線に乗って東三条へ向かうことに…

10042401.jpg
こちらが吉田駅です。
駅前の雰囲気がいかにも地方の交通要所地点という感じでした。
吉田駅で時刻表を眺めると、長岡駅を越えて宮内駅まで行くと新潟行きの『快速くびきの』に乗車出来る時間帯です。せっかくなんで上沼垂の485系にも乗車してみようかなと。

10042402.jpg
吉田駅から東三条までは弥彦線に乗車します。
吉田から東三条までの間に駅は5つありますが、その駅名が面白い。

吉田
西燕

燕三条
北三条
東三条

まるでしりとりのようですね。

10042403.jpg
東三条行きの列車もまた115系です。

10042404.jpg
車内は懐かしくも見慣れた光景です。
この115系も製造されてから30年は経っているはず、元気なもんですねぇ。

10042405.jpg
新幹線の連絡駅でもある燕三条駅です。
新幹線の駅だけあって、やっぱりデカいなぁ~

10042406.jpg
吉田から20分ほどで終点の東三条駅に到着です。
今朝もきたぐにで通った駅だ。

10042407.jpg
東三条から長岡駅へと向かいます。
今度もやっぱり115系!

10042408.jpg
長岡駅に到着。
実はこの時、ほとんど道中は寝てたんですけど(苦笑)

長岡駅といえば、北陸号の折り返し駅でもありました。
ちょうど1ヶ月ほど前に北陸でこの駅に来ていたんだと思うと感慨深いものが有ります。

と、この時にHondaさんから電話が鳴りました。この日、Hondaさんが本来のご予定をわざわざ変更して夕食にお誘い頂きました!なんと嬉しいことでしょう!勿論快諾し、先ほどまで乗車してきた115系に飛び乗って新潟へと戻ります。

10042409.jpg
夕暮れ間際、山並みにはまだまだ雪が残っています。
去り行く季節と、遠い土地に着たんだという想いが交錯する瞬間でした。

10042410.jpg
列車は定刻に新潟に到着。
そういえばこの時も爆睡、亀田を過ぎるまで寝てました。

この後、Hondaさんとの夕食に向かったのですが、その様子はHondaさんの記事『せんや』でご覧下さい。
大変美味しかったのと、余りにも楽しかったので少々飲み過ぎました(苦笑)

そしていよいよ変運用の復路きたぐに号に乗車する時間となりました。

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

新潟の旅~分水おいらん道中めぐりその2~(4)

みなさんこんにちは

1年に1度のお祭り、分水おいらん道中。
元々はこの街の小さなお祭りだったそうですが、最近ではかなり大きな規模となり、毎年10万人ほどの観光客が訪れるという、立派なイベントとして4月の第3日曜日に行われているそうです。

今回、たまたまこのタイミングで新潟入りした管理人。
しっかりとお祭りに便乗してきたわけですが…

10042301.jpg
街の中央通を挟んで両サイドに沢山の方が集まっています。
自分のポジションを確保するのだけでも大変な位です…

そしていよいよおいらん道中が向こうからやってきました。
多くの付き人を引き連れ、3人のおいらんの華やかな行列が街を彩ります。

10042302.jpg 10042303.jpg
信濃太夫を先頭にしていよいよ行列がやって参りました。

10042304.jpg
続いて桜太夫が紅い傘も眩しく通ります。

10042305.jpg
最後を飾るのが分水太夫、真っ赤な着物がおいらんさんの表情を引き立てます。

10042306.jpg 10042307.jpg
和服女性といえば後姿。後姿といえば…うなじでしょう。
ということで、おいらんさんのうなじアップ(笑)
こういう部分に色気を感じるのは歳を取った証かな?

10042308.jpg
行列の最中、何度か行列が止まります。
その際に、おいらんは独自の歩き方『外八文字』を披露します。
この衣装、なんと合計で30kgもあるとのこと…
これを何度も繰り返すワケですから、かなりの重労働だと思います。

10042309.jpg 10042310.jpg
行列の華はもちろんおいらんですが、それ以外の付き人も大変鮮やかです。

10042311.jpg 10042312.jpg
小さい子供達も綺麗な化粧をして行列に参加していました。
本人にも良い思い出になるでしょうね。ご家族はもっとかな?(笑)

10042313.jpg
おや、外国人のお子さんまで!
まるでお人形さんだなぁ~

10042314.jpg
そして行列は街角へと消えていきました。
お祭りを主催された皆さん、本当にお疲れ様でした!
素晴らしい体験をさせて頂きました。

10042315.jpg
分水駅に戻り、越後線で吉田に戻ります。
この日は『分水おいらん号』として臨時列車が出ておりました。

ほんと良い思い出になったなぁ分水の町。
その後管理人はフリー切符を使って115系の旅を満喫することになります。

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

新潟の旅~分水おいらん道中めぐりその1~(3)

みなさんこんにちは

Hondaさんと別れた後、私は新潟駅に戻り、みどりの窓口にて新潟近郊地区のフリー切符を購入し、越後線の分水駅を目指します。
というのも、これもまた新潟の観光サイトで調べたのですが、ちょうどこの日、4月18日は分水の町で年に一度の『分水おいらん道中』が開催されることを知ったからです。
新潟駅から約1時間ちょっと、せっかくなんだからこれは参加しなきゃあってことで分水駅に向かいました。

10042201.jpg
新潟駅から吉田行きに乗車し1時間と少し。
そしてそこから更に柏崎行きに乗り換えて10分ほどで分水駅に到着です。
ただ、列車の本数がかなり少なかったので、ここだけはしっかりと調べておいて良かったです。

10042202.jpg
京都では完全に散ってしまった桜も新潟ではまさに満開のタイミングでした。
二度も満開の桜に出会えるなんて、なんか贅沢な気持ちです(笑)

10042203.jpg
駅には大きな看板が用意され、町のビッグイベントであることを知らせています。

さて、ここから街中に出向こうと思った時にハプニングが…
駅前広場には何やらござを敷いて佇んでおられるご一行が。
その方々が『お茶を用意しています、どうぞお座り下さい~』と仰るので、お言葉に甘えて座り込んでしまった管理人(苦笑)
どこから来たの?という話から、私が京都からやってきてたまたま今日のイベントを知ってここまで来た。とお話したところ、大変話が盛り上がり、どうぞどうぞ!ということで食べ物やお酒をどんどん持ってこられました(汗)

聞くと地元の自治会の方々が、町に訪れた人達にお茶を振舞おうと今年から始められた企画だったそうです。お茶を振舞うはずが、私のような無法者が踏み込んで酒盛りを始めてしまったモンですから、ほんと申し訳なかったです…

結局、約2時間ほどその場所で皆さんと楽しくお酒を呑ませていただきました(笑)
分水の自治会の皆さんご馳走様でした、そして本当にありがとうございました!!!

10042204.jpg
さてさて、いよいよメインイベントが行われる街の中心へと向かいます。
商店の沢山ある道に行くと、大勢の人達が!!
毎年10万人ほどがこの日集まってくるそうです、結構なお祭りなんですよ。

10042205.jpg
おいらん道中の行列が始まる前、行列が通る道の袂でなにやらおじさんたちがカメラを構えています。一体なんじゃろかいね?と沢山の人をすり抜けながら近くによると…

10042206.jpg 10042207.jpg
なるほど、そういうことか(苦笑)
今回のお祭りの『お祭り娘』さん達が一同に会して記念撮影をされていました。
私?私もおじさんですから、こそこそと参加です(笑)

10042208.jpg
また、彼女達はこのように募金活動をされておられました。
今後の運営資金の募金なのかな?

そんなこんなで時計を見るとおいらん道中が始まる時刻に!
慌てて大勢の観光客が並ぶ道路に向かい、私もその一堂の中に紛れ込み行列を待ちます。

さて、その様子はまた次回

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

新潟の旅~今代司酒蔵を見学~(2)

みなさんこんにちは

きたぐに号で新潟までの往復旅行。
さて、新潟での時間をどう過ごすか?

管理人がお酒好きなのはこのブログをご覧の皆さんならよくご存知のことかと思います。
そこで考えたわけです。
新潟といえば、日本酒!

そうだ酒蔵にいってみよう

思い立ったら即行動。
ネットの新潟観光案内サイトで調べてみると、市内で酒蔵見学を行っている酒蔵がありました。
電話で問い合わせてみると快く了解を頂いたので、Hondaさんと一緒に訪問することに…

10042101.jpg
100418 09:46 8226 C58-180号機牽引 SLばんえつ物語号 信越本線 越後石山-新潟

その前に少し時間があったので、新潟駅近郊の桜が綺麗そうな場所でばんえつ号を撮影。
Hondaさんにご案内して頂き、現場へと向かったのですがおりしも桜が満開の状態!
その他大勢の撮影者の中に紛れ込んで何とか撮影出来ました…

撮影後すぐに酒蔵へと向かいます。

10042102.jpg
今回私たちが向かったのは、新潟市の酒蔵『今代司酒蔵』さんです。
新潟のお米にこだわった純米酒を作り続けておられます。

10042103.jpg 10042104.jpg
入り口には直販所があります、酒蔵見学コース最後はこちらで試飲し放題となりますよ(笑)

10042105.jpg
こちらが酒蔵です、年季を感じる趣のある木造建てですね。

10042106.jpg 10042107.jpg
入ったところでご年配の方から酒造りについてのご説明をして頂けます。
もともと、日本酒の造り方についてある程度の知識は有していますが、このように改めてじっくりと伺うと更によくわかります。短い時間の間に多くのことが学ぶことが出来ました。

また、現在では新潟が酒蔵の数日本一だそうです。
以前は兵庫県が日本で最も多くの酒蔵を有していたそうなのですが、近頃はその数も減り一位の座を新潟県に明け渡してしまったそうです。最近は日本酒の消費量低下が進み、どこも大変なんだろうなぁと思います。
本当に美味しい日本酒の旨さをもっと多くの人が知ればそんなことにはならないだろうになぁ…

10042108.jpg 10042109.jpg
こちらは奈良の三輪神社から送られてきたお守りだそうです。
真ん中に見えるまん丸の飾りは杉の枝だそうです。
仕込が始まるとこのお守りを酒蔵に飾るそうで、その頃には真緑の飾りも仕込が終わった今頃になるとこのように茶色くなってしまいます。昔からこのお守りが飾られると『あぁ、ここの酒蔵では仕込が始まったんだな』と近隣の皆さんが知ったそうです。

10042110.jpg 10042111.jpg
この建屋、建築されたのはなんと明治30年代だそうです!
また、現在は使わなくなってしまったそうですが、この釜は昭和37年製。
釜で昭和37年製と言われると妙に親近感が湧きます(笑)

10042112.jpg
こちらが仕込みに使われるタンクです。
分かり辛いですが、高さは軽く2m以上あります。
この中に入った日本酒の元を何度も何度も攪拌することが重要だそうです。

10042113.jpg
こちらは明治時代に作られた蔵です。
釘類を一切使わず、木と木の組み合わせのみで仕上げられたとのこと。
蔵内はひんやりしており、夏でも15~17度程度にしかならないのだそうです。
新潟大地震の際でもビクともしなかったそうで、先人の技術の高さには驚かされます。

10042114.jpg
こちらは出来たお酒を濾過する工程の部分にある機械です。
この機械の仕組みもまた大変面白いのですが、それは是非現場でご覧になってください(笑)

10042115.jpg
蔵内には昔の看板が保存されていました。
これで蔵の見学はおしまい。先ほどの直販店のある建屋へ移動して試飲会です。

待ってました!

10042116.jpg 10042117.jpg
その前に、これが使用しているお米ですね。
大吟醸に用いる精米歩合が35%程度のお米になると、殆ど粒みたいです。
要らぬ部分を完全に削ぎ落とした、本当に贅沢なお酒であることがよく分かります。

10042118.jpg
じゃーん!
こちらが試飲用に用意されたお酒です!
大吟醸、純米吟醸、純米酒…どれもこれもお米だけで作られた日本酒です!

特に大吟醸なんて普段は絶対に飲めない!ってのもあって、がぶがぶ飲みました(苦笑)
その他、酒蔵でしか飲めないような生酒もまた荒っぽさがあって美味しかったし、古酒はまるで焼酎のような香りを持つ辛口酒で是非ともお刺身とあわせたくなる様な逸品でした。その他、これは日本酒なの?と思わせるような甘口の日本酒もあり、『試飲』というには程遠い状態に(滝汗)

10042119.jpg
ご馳走様でした!(苦笑)

その後、家用に1本注文(アレだけ飲んで!)させて頂きました。
時間帯を含め、色々と我侭を聞いてくださった今代司酒蔵の皆さん、本当にありがとうございました。
素晴らしい新潟での思い出が出来ました、心より感謝申し上げます。

そしてここで時間となり、今代司酒蔵さんを後にします。
Hondaさんはその後ご予定が有ったので、ここでお別れです。

さて私は次の目的地『分水』へと向かいます。
その模様はまた後日…

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

新潟の旅~きたぐにに乗って~(1)

みなさんこんにちは

先月ダイヤ改正後の時刻表を見た際に、4月18日新潟発のきたぐにの時刻が通常とは全く違うことに気付きました。色々と調べてみると、富山駅で新幹線工事の為に線路の切替を行うため、富山手前で長時間停車するとのこと。
普通ならば午前7時前には大阪駅に到着するきたぐに号はこの日は午前10時頃に大阪駅に到着する予定。つまり、いつもよりも4時間もきたぐに号に乗ることが出来る!!

という訳で、こんな機会でも無ければなかなか乗車することも無いだろうと、きたぐに乗車を決めました。
更に、どうせならってことで思い切ってA寝台下段のチケットを近所の駅へ1ヶ月前に購入する為に向かうと、同じことを考えている人は沢山居たようです、普段ならあまり埋まらないであろう座席も下段は殆ど埋まっていました(笑)

また、新潟から乗る為には当然新潟へ向かう必要性があります。勿論、新潟まではきたぐにに乗ります(苦笑)
ただ、帰りがA寝台なので行きは違うシートにしたいところ。きたぐにといえば583系、583系といえば…そう、勿論『パン下』でしょう!鉄っちゃんのセオリー通り、往路にはB寝台中段(パン下)を取りました。

寝台列車の旅。
いつものことですが、これほど当日が待遠しい旅はありません…

10042001.jpg
大阪駅11番線を午後11時27分に出発するきたぐに号。
この列車も北陸新幹線が開通する頃まで残っているのだろうか…

10042002.jpg
大阪駅の入線時刻は23時03分。
発車までしばらく時間があります。
きたぐに号には食堂車はもちろん、車内の自動販売機や車内販売すらありません。
発車前の車内ではその旨が何度も放送されます。何の用意も無く乗車するとエライ目に遭います(苦笑)

10042003.jpg 10042004.jpg
今夜のお宿、『パン下中段』寝台です。
前評判どおり、頭上にスペースがある為に居住性は抜群です!
シートに横たわっても左右には十分なスペースがあり、また寝台内で座っても頭上には十分な余裕があり、壁にもたれ掛かりながら長時間過ごすことも可能です。
ただ、窓に関しては仕方が無いとは寂しいかな…

きたぐに号のB寝台でパン下中段寝台があるのは8号車です。
寝台番号は1,2,11,12,13,14の6席がそれに該当します。
ちなみに、海側は2,12,14となります。

列車は定刻通りに大阪駅を発車。
生まれて初めて乗車する583系きたぐに寝台内での一夜が始まります。

10042005.jpg
車内は想像以上に静かです。
勿論モーター車なので、寝台内で横になっているとMT54の音が聞こえてきます。
しかし、先日乗車した419系のような爆音ではなく、僅かに聞こえる程度で安眠の妨げにはならないでしょう。
デッキでの音も車内へのドアでしっかりと遮音されており、寝台車内には雑音も届きません。

静寂が支配する心地の良い列車から普段見慣れた駅名の看板を眺めると、まるで既にもうどこか遠くの町に来たかのような錯覚すら覚えます。列車はそうこうする内にJR西日本での東海道本線最東端駅、米原に到着です。

10042006.jpg
米原駅での一コマ。
暗闇に佇む583系。カッコいいなぁ~

10042007.jpg
米原駅には午前0時54分に到着。発車が1時8分なので14分の停車時間があります。
このように下りのきたぐに号は何駅かで少し長めの停車時間があります。

米原 00:54-01:08(14分)
敦賀 03:11-03:47(36分)
直江津 05:56-06:17(21分)
長岡 07:14-07:28(14分)

下りと上りできたぐに号は運転時間が大きく違いますが、それはこの停車時間によるものです。
ただ、この停車時間の間に各駅の雰囲気を少しづつ味わえるのがまた旅の醍醐味ですかね?

10042008.jpg
列車は定刻通り、快調に走り続けているようです。
目が覚めると、信越本線でも屈指の撮影ポイントである柏崎手前を通過しているようでした。
朝陽が僅かにのぞく日本海、なんだかありがたい気持ちになりました(笑)

10042009.jpg
定刻に長岡駅に到着。
14分の停車時間の間にホームに出て朝の空気を思い切り吸い込みます。
しかしこの日はよく寝たなぁ!
北陸トンネルに入ってから暫くしてから眠りにつきましたが、熟睡出来ました。

その後も何のアクシデントも無く(苦笑)無事に新潟駅に到着!
この日、新潟に向かうことをHondaさんに伝えたところ、私の為にわざわざお時間を作ってくださるとのこと!
新潟駅では既にホームで待って頂いておりました!
お久しぶり~!!

10042010.jpg
きたぐに到着後、すぐにいなほが秋田に向かって発車します。
しかし、この新潟駅には国鉄型が色は変われども沢山居るなぁ~

10042011.jpg
国鉄型の最たる例がコレでしょう、SL(笑)
ばんえつ物語に使用されるC58 180号機です。

10042012.jpg
ホームでは様々な方がSLの周りに集まっていました、どこに行ってもSLは人気者です。

さぁ、この辺で新潟駅を切り上げて別の場所へHondaさんと移動します。
移動先は新潟駅すぐ近くの酒蔵!
その様子はまた後日に…

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

アメリカでのトヨタ叩きを思う

みなさんこんにちは

ブレーキ系のリコール問題からアメリカで一気に始まったトヨタ叩き。
勿論、問題点に対して応対が横着だったトヨタにも問題はあります。
日本国内でもトヨタの経営手法についてはあれこれと言われるところなので、たまに怒られるのも仕方が無いかもしれないと思いながらニュースを眺めていました。

しかし、事はどんどん大きくなり、アメリカでは最高レベルの違反金を請求されることに。
ことここに及んでは、流石にいくらなんでもトヨタ叩きが激し過ぎないか?と思います。
確かにアメリカの自動車会社は既に崩壊し、ほぼ『国営企業』となってしまった現在、最大の敵でもあるトヨタを徹底的に叩き潰すというのは道理に適っています。

この問題、日本とアメリカの間に政治的な溝が出来てからクローズアップされたので、一部では政治的な側面から日本国の最大の『ブランド商品』でもある車を叩くことにより圧力を掛けてきているのかな?流石はアメリカ、やることがはっきりしとるなぁと思っていたのです。

そこにまた新たなニュースが飛び込んできました。
トヨタのレクサスSUVに横転の恐れ、「不買」推奨=米誌
おぉ~!ここまでやるかいな、えげつない…
何も考えず、ひたすら頑張る方々のお影でこの平和な国に住まわせて頂いている私にも流石に戦慄が走ります。

ただ、私はこの辺でちょっと思ったわけですよ。

『なんかしっくりこない…』

ここまでマスコミで連日トヨタバッシングが報道されれば、当然日本国民のアメリカに対する感情は悪化するに決まっています。ましてや、もともと日本ではアメリカに対する潜在的な『敗戦国としての負い目』を抱えています、基地問題でもアメリカの姿勢について否定的な反応が多く見受けられるのは当然のことでしょう。

この辺で管理人はふと思ったんですよ。
『ここまでアメリカに対してイメージを悪くさせて誰が得をするの?』
アメリカが日本と言う国に対して既に興味を失っており、その利用価値に見切りをつけていたとしたら?

これ以上は恐ろしくて考えたくない予想が浮かびました…
いかんいかん、あんまりにもマイナス思考が続いている…

テーマ : 情報の後ろにある真実
ジャンル : 政治・経済

遂に食べた…

みなさんこんにちは

先日、しおっちさんからメールが届きました。
『桃屋から出てる「辛そうで辛くない少し辛いラー油」ってのがあるんだけど、そっちで売ってない?』私は全く知らなかったのですが、巷では暫く前から話題になっていたそうで、既にどのお店でも売り切れ状態で全く手に入らない状態だそうです。

桃屋のホームページを見てみると…
「辛そうで辛くない少し辛いラー油」品薄状態についてのお詫び
そりゃあどこにも売ってないはずですわ(笑)

私もしおっちさんからメールを頂いてからというもの、あちこちのお店をのぞいてみましたがどこにも売ってません。
そんな折、ネットで情報を見てみると、SB食品からも類似品が発売されていることを知りました。
しかし…
『ぶっかけ!おかずラー油』の品薄に関するお詫びとお知らせ
こちらの商品すらも現在は品薄状態(笑)
こりゃあしばらく熱が冷めるまで待つしかないなぁ~と思っていたところ…

10041801.jpg
近所の小さなスーパーにSB食品の『ぶっかけ!おかずラー油』がありました。
まさに、灯台下暗し(笑)

早速ビンを開けると、強烈にジャンキーな香りがします。
こういう匂いはたまりませんなぁ~(笑)
そうして、スプーンにとって、贅沢に白ご飯にえいやっと乗せます…

10041802.jpg
にんにくの香ばしい香りがたまりません~
ジャンクフードの魔力全開の雰囲気です。

で、一口…
うーん!

予想したとおりの美味しさやぁ~(笑)

決して上品ではない、ジャンクフード特有の病み付きにさせるあの味です!
これはいかん、ほんとやめられない、とまらない!
次から次へとご飯を口の中に放り込んでしまいます!
で、あっという間に完食!!

大変美味しいのは良いのですが、にんにくの匂いがきついので、平日には食べられないのと、量が少なくちょっとお高目なので大量に食べることが出来ないのが難点。

こうなると、桃屋の方も食べてみたくなるのが人の性ですねぇ~
さあ、探してこよっと!(笑)

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

419系の前面展望

みなさんこんにちは

今日も動画の紹介です。
先日、419系に初めて乗車したのは記事にした通りですが、その際に動画を撮影していました。
西金沢駅から金沢駅までの間の様子なんですが、運転士の技と419系独特のあの凄まじいモーター音がいい感じで撮影出来たので、youtubeにアップしてみました。

お時間のある方、ちょこっと覗いていただければ幸いです…

テーマ : 鉄道動画
ジャンル : 趣味・実用

来たよTOMIX!さよなら北陸、能登セット

みなさんこんにちは

『さよなら北陸』
『さよなら能登』
予想はされていましたが、やっぱり来ましたね。
TOMIXから先日のダイヤ改正で廃止された北陸と能登がそれぞれ発売されます。

ダイヤ改正で消えた名列車「能登」、「北陸」製品化決定!

489系能登については先日KATOの製品を購入したのでスルーかな?
しかし、北陸はやっぱり欲しい…
もし、これが上り編成なら間違い無くお買い上げなんですけど(笑)

『さよなら北陸』ということは、つまりTOMIXもEF64-1000を新規製作ってコトですね。
これについては現在でも評価の高いKATOの製品との競合と言うことで楽しみです。

その他、EF65-500Pも遂に単体販売を始めるようです。そりゃあ高崎機関区セットだけで終わらせるには余りにも勿体無いですもんね、あの素晴らしいモデルについては是非とも多くの方々に障って貰いたいと私でも思います。

また、オハ35系統も新規製作の上発売されます。最近のTOMIXは旧型客車のラインナップを増やしてきていたので、近いうちで出るだろうなぁと思っていましたが、これもとうとうやってきました。
24系25型客車にも更に手を加えて発表されるようで、こちらも大いに楽しみです。

最近のTOMIXさん、ほんと元気ですね~
ただ、これだけ発売されても台所事情がよろしくないので入手は厳しいかなぁ(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

満開の桜と6170レ

みなさんこんにちは

京都の桜も週初めの雨風でひとまず終幕を迎えました。
毎年、『これが最後?』と思われる列車が沢山あります。
今年もそんな列車たちと、春という季節を最も感じさせる『桜』との組み合わせで先週は結構頑張って早起きしてみました。今日はその際の様子を紹介してみようと思います。

10041501.jpg
100410 06:23 1055レ EF210-?号機牽引 東海道本線 山科-京都

鴨川鉄橋の桜も満開を少し越え、地面に近い部分では少しずつ葉桜に変わりだしていました。
しかし、朝陽に照らし出された桜は早朝特有の淡いピンク色の素晴らしい色合いで、管理人の目を和ませてくれました。

10041502.jpg
100410 06:25 6170レ EF66-115号機牽引 東海道本線 山科-京都

このワム専用列車も近い未来にはコンテナ貨物に置き換えられるでしょう。
桜の元を駆け抜けるワムの姿を見られるのは後何シーズンでしょうか…

今回はこの際の様子を動画でアップしております。
宜しければどうぞご覧下さい。

テーマ : 鉄道動画
ジャンル : 趣味・実用

ある午後の山崎界隈

みなさんこんにちは

先日の日曜日。
昼前にしおっちさんからメールで、どこに居るの?
というご連絡を頂きました。

実はこの日、天気予報では雨とのことだったのですが実際には曇。それどころから、ところどころに陽射しが差す状況です(笑)しおっちさんには色々と渡さなければならなかった物もあったのと、ちょうどこの日、EF66-27号機が撮影出来る時間帯に上ってくるということもあったので、午後から山崎に集合!ということになりました。

午後2時過ぎに現地到着。
偶然にもしおっちさんとはほぼ同じタイミングで現地入り。
また、しおっちさんに呼び出されたポックルさんも全く同じタイミングで到着。
とりあえず車を止めて、山崎カーブの入り口で3人フェンス前で挨拶をしていたところで事件発生。

あいさつも終わらぬ所で上りの新快速が山崎カーブにミュージックフォンと汽笛をけたたましく鳴らしながら接近、そしてそのまま明らかに異常を知らせる急制動で一気に減速!もうもうと台車から白煙を噴き上げ、あたり一面に焦げ臭い臭いを撒き散らしながら223系新快速は山崎カーブのど真ん中で停車!!

3人とも呆然と顔を見合わせます。
だって3人とも勿論線路に進入しておらず、またカメラすら出していない状況。
しかも線路際の道路で屈んでいた状況で停車…

私たち何もしてないよ(滝汗)

呆気にとられつつも、先日来の『撮り鉄騒ぎ』の影響で、線路際の道路に居るだけで列車が止まるようになったのか?等と思ったりもしたのですが、流石にそんなことで止まることはないでしょう。列車前方を伺うと、どうやらサントリー前の踏み切りで何かあったようです。

正直この時ばかりは少しヒヤっとしましたよ(汗)

少しして新快速はゆっくりと動き出します…
3人ともやれやれという感じで再びダラダラと喋っていると…
なんと、お目当てのEF66-27号機が既に島本駅辺りに見えるではありませんか!!
急いでそれぞれカメラをセット!私はこの時、余りにも急だったのでビデオしかセット出来ませんでした。

10041401.jpg
100411 15:29 1853レ EF200-11号機牽引 東海道本線 山崎-島本

先日の改正でこの配給列車はハイテクことEF200が担当することになりました。
JR貨物最強の電機がこんな貨物を牽引するとは…なんか微妙な気がします。

その後、EF81貨物が上ってくると貨物時刻表に記載があったので、3人ともまたウダウダと話しながら列車を待っていたのですが、待てど暮らせどやってきません。この日は貨物に大きな輸送障害が出ていたので、ウヤかなと思いつつも待機していましたが、そうこうしている内に雷鳥号の送り込みがやってくる時間帯となったので高橋川踏切へ行こうということになり3人とも移動。この時、リンク先のドライモンさんからポックルさんに連絡があり、同じく高橋川踏切で合流しようということになりました。車を大山崎駅近くの駐車場に止めてから高橋川踏切へと移動します。

10041402.jpg
100411 16:11 回4033M 回雷鳥33号 京キトA6編成 東海道本線 長岡京-山崎
初めてこの踏切で6両になった雷鳥を見たのですが、なんか物足りないなぁ~
今まで9両が当たり前だっただけに、違和感が凄くあります。

10041403.jpg
100411 16:15 回71M 回スーパーくろしお21号 ?編成 東海道本線 長岡京-山崎

スーパーくろしおの送り込み回送です。
283系のグリーンには乗車したので、今度は此方にも乗ってみたいなぁ。

10041404.jpg
100411 16:29 4076レ EF81-503号機牽引 東海道本線 長岡京-山崎

本日最後のお目当ては4076レのEF81貨物です。
この日は503号機が担当、通過直前にうっすらと陽射しが出てきました。

この日は大きなネタ物は無かったものの、久しぶりに大勢で楽しく過ごす事が出来ました。
現地でご一緒させて頂いたしおっちさん、ポックルさん、ドライモンさん、短い時間ではございましたが、ありがとうございました。またどっかで遊んでくださいね!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

餘部鉄橋、新橋供用開始へ

みなさんこんにちは

山陰本線最大の見せ場とも言うべき、餘部鉄橋の架け替え時期が確定しました。

山陰本線鎧・餘部間余部新橋りょうへの架替について

具体的に申しますと…
平成22年7月16日:餘部鉄橋最終日
平成22年7月17日~8月11日:当該地区工事の為運休
平成22年8月12日:餘部新橋供用開始

このようなスケジュールで新しい橋への移行が進むようです。

はまかぜ

ちなみに、最後に餘部鉄橋を渡る列車となるのは、5Dことはまかぜ5号となる予定です。
来年には定期運用を外れるキハ181系が最後を飾ると言うのも何かの因果を感じます…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

桜となにわ

みなさんこんにちは

今日の雨風で一気に桜シーズンは終わりを告げてしまったようです。
今年の桜、ちょうど先週一週間が見ごろだったようで、私もあれこれと出かけてきました。
ただ、写真の場所では既に葉桜になりつつあり、やや出遅れたかも?

10041201.jpg
100410 9:33 回9032M 回まほろば号 ?編成 東海道本線 島本-高槻

こちらへは雷鳥8号と日本海を撮影するためにやってきました。
現場に到着後、何気なくカメラを持ったまま佇んでいると、何やら列車の音が…
何かな?と思ったら、現在奈良のディスティネーションキャンペーンで臨時列車として運行されている、特急『まほろば』号でした。分かっていたらちゃんと撮影したんですが(苦笑)

10041202.jpg
100410 9:46 4008M 雷鳥8号 京キトA?編成 東海道本線 島本-高槻

桜も地面に近い方は葉桜が目立ったので、先端部分だけを構図に入れてみました。
しかし、シャッターのタイミング遅れてしまい、失敗です…

10041203.jpg
100410 10:02 1055レ EF210-163号機牽引 東海道本線 島本-高槻

今度はシャッタータイミングばっちりでした。
桃太郎も163号機。随分と増えましたね。

10041204.jpg
100410 10:06 4002レ EF81-101号機牽引 日本海号 東海道本線 島本-高槻

本番ではシャッター早過ぎて失敗(涙)
日本海も青森まで新幹線が開業する年末で怪しいという噂が絶えません。
ひょっとすると桜を交えた写真を撮影出来るのは今年が最後かも…

ここでこの場所を撤収、先日も出向いた長岡京の跨線橋へと向かいます。
目的は、このダイヤ改正から運用が変わり、大阪駅から向日町まで回送されることになった雷鳥号と、この日臨時で走ると聞いたサロンカーなにわ号です。

10041205.jpg
100410 11:04 回送雷鳥号 京キトA?編成 東海道本線 長岡京-山崎

今までこのポイントではパノラマ側では無いほうしか撮影していなかったので新鮮です。
ただ、せめて内側の柵が無ければ…
そう思わずにはいられないですね。

10041206.jpg
100410 11:17 ?レ EF81-45号機牽引 サロンカーなにわ号 東海道本線 山崎-長岡京

本日はローピンの45号機に牽引されてやってきました、サロンカーなにわ号。
この列車、私が幼い頃から走っています、よってかなりのお歳だと思います(苦笑)
年齢に負けず、いつまでも元気に頑張って欲しい限りです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

オーシャンアロー乗車記(後編)

みなさんこんにちは

変則運用で6号車にグリーン車が連結されたオーシャンアローのパノラマグリーンの展望席に乗車した管理人。通常とは違う景色をパノラマ席から楽しんだわけですが、今回はその際の景色をポイントを絞って紹介いたします。

実は…
乗車してすぐに爆睡してしまい、風光明媚なポイントの画像がありません!
その辺りの景色をご期待されていらっしゃる方、ほんとすみません(苦笑)

10041101.jpg 10041102.jpg 10041103.jpg
というわけで、いきなり阪和線から環状線天王寺駅進入の短絡線からです(汗)
この線路を使用するのは、このオーシャンアローとくろしお、はるか、そして関空快速の4系統になるのかな?
そういえば、1日に数本だけ113系の普通列車が新大阪から来てたような?

10041104.jpg 10041105.jpg 10041106.jpg
次に紹介するのは大阪環状線から梅田貨物線へ分岐する箇所を走行する様子です。
西九条駅進入の信号辺りから専用線への信号表示が始まります。

10041107.jpg 10041108.jpg 10041109.jpg
ここで大阪環状線とはお別れです、路地の隙間のような線路を通って梅田貨物ターミナルに入ります。

10041110.jpg 10041111.jpg 10041112.jpg 10041113.jpg
この梅田貨物ターミナルも数年後には吹田に機能を移転します。
その際、この辺りの線路はどうなるのでしょうか?

さぁ列車は淀川を渡り、いよいよ東海道本線へと入ります。

10041114.jpg 10041115.jpg 10041116.jpg
いつも撮影に出向く山崎の大カーブも乗車する側から見るとまるで違う景色になります。
この日は阪急京都線との併走部分で、阪急線特急の9300系にじりじりと離されていきました…

10041117.jpg
先日撮影に出かけた長岡京の桜も列車から眺めます。
流れるような桜並木が大変美しかったですね~

10041118.jpg
分かり辛いですが、向日町の常駐機関車の機関庫です。
最近はEF65PFが常駐していたのですが、久しぶりにEF66が留まっています。
下関のEF66も45号機と49号機の2両だけになったようで、他は全て廃車解体されたとのこと…
おそらく、この残った2両の片方も廃車解体の運命を辿るでしょうが、もう1両はきっと梅小路に出来る鉄道博物館に展示されると思います…きっと、たぶん、お願いします(汗)

10041119.jpg 10041120.jpg
幼い頃に通い詰めた下津林の踏切を越えると京都駅はもうすぐ。
無事に定刻に京都駅の0番線へと到着しました。

パノラマグリーンといえば聞こえは良いですが、要は電車の先頭車両で幼い子どもたちがかぶり付きで前方を眺めていることとやってることは同じなんですけどね(苦笑)
ただ、歳はとっても楽しいことには変わりは無いので、皆さんも機会があれば是非パノラマグリーン車先頭席の旅をお試し下さい。

<おわり>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

オーシャンアロー乗車記(中編)

みなさんこんにちは

前回からのつづきです。
今回もまたオーシャンアロー283系に乗車した際の様子をレポートします。
乗車記の達人の皆さんのようにポイントは抑えていませんので、ご参考程度に…

10041001.jpg
6号車側がグリーン車として白浜駅に京都行きとしてやってくるオーシャンアロー号。
問題はその列車の先頭席が空いているのかどうかということだったのですが…

10041007.jpg
しっかりと空いてました(苦笑)
前回とは全く違う景色を楽しめるということと、反対側のパノラマに乗車できる機会はそんなに無いかなと思って、今回もまた奮発してしまいました。
その代わり、今回はアルコール類やおつまみは贅沢品なので我慢!
って、まぁ時間もまだまだ早過ぎますよね。

10041002.jpg
予定通り、パノラマグリーン車が先頭で入線です。
しかし、このような変則運用はの割合は果たしてどれ位なんだろう?

10041003.jpg
乗車しているお客さんは僅かです。グリーン車なのでこんなもんでしょう。
車輌の真ん中付近で通路の位置が変わります。昔はここに衝立があり、奥は喫煙室になっていたそうです。勿論私はその頃の様子を全く知りません。

10041004.jpg
こちらが283系グリーン車のシートです。やっぱり広くて座り心地は格段に違いました(笑)
グリーン車の場合、元々シートの角度が一般席よりも深いため、私はあまりシートを倒さずに乗車しています。リクライニングを倒すとかえって座り心地が悪く感じてしまいます。

10041005.jpg
通路にはこのように絨毯にもオーシャンアローのロゴが…

10041006.jpg
京都に向けて出発進行!
そうそう、運転席のシートもグリーン車のシートと同じモケットですね。
運転手さんには心地良く座ってもらい、運転に集中してもらいたいですもんね。

さぁ、先日とは全く逆のパノラマ展望が始まりました。
ビデオを持ってこなかったのが失敗だったなぁ~(苦笑)

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

オーシャンアロー乗車記(前編)

みなさんこんにちは

昨年末にも乗車したオーシャンアロー283系。
通常この列車は新宮側がグリーン車として運行されています。南紀へ観光に向かう列車としてパノラマグリーン車が先頭車両として設定されているのでしょう。しかしこのオーシャンアロー号、検査などのタイミングによってはそのグリーン車が反対側に連結されることも有ります。

10040901.jpg
このように(笑)

前回乗車した際、先頭パノラマグリーン車があまりにも快適だったので、もし今回も最前列に残席があれば、ちょこっと頑張ってみようかなと思いみどりの窓口で空き席を確認してみたところ、グリーン車が6号車であることが判明。以前にしおっちさんから『6号車がグリーンの時は新宮向き先頭車は貫通扉タイプだよ』と教えて頂いていたので助かりました…

10040902.jpg
そんなわけでこの日は通常のシートに乗車。
シートは硬くも無く柔らかくも無く、シートピッチも十分でかなり快適です。
隣にお客さんが来られない場合ではグリーン車よりも快適かも!?

京都ではまだまだ空席が目立っていましたが、新大阪と天王寺から一気に乗客が増えました。
そして列車は紀勢本線から目的地白浜まで順調に走り続けます。
途中、和歌山の手前にある有名な桜の撮影ポイントでもある山中渓駅では何名かの撮影者がおられました。私は桜のシーズンに初めてこの駅を訪れた(通過…)のですが、確かに綺麗な桜でした。

10040903.jpg
無事に白浜駅に到着、このように今日は最後尾がパノラマグリーン車です。

10040904.jpg
何気に線路に目をやるとこんな標識が…
キヤ141専用って、なんか凄いな(笑)

10040905.jpg
改札口ではパンダが乗客を迎えてくれます。

この後、ちゃんと本来の目的である仕事に向かいます。
決してオーシャンアローに乗る為だけに来たわけじゃありませんよ!(苦笑)

先ほどのオーシャンアローは最後尾がグリーン車。
つまり、その車輌が戻ってくると今度は京都向きがグリーン車になるわけですよね…

<つづく>

テーマ : 鉄道乗車記
ジャンル : 趣味・実用

必要なもの

みなさんこんにちは

つい先日『子ども手当て』に多額の血税が支払われる問題について怒りの記事を書いたわけですが、私は税金を払うこと自体については当然の義務と考えております。しっかり払う物は払い、それによって社会基盤が整備されるのであれば喜んで税金は支払うつもりです。その税金が元になって作られた様々な形が後世に受け継がれ、そしてまたそれが自分達の子孫の財産になるわけですから、これは親として、また先人として当たり前の義務ではなかろうかと思います。

そこで今回の話題です。

JR西、赤字線をバス転換

要は赤字ローカル線は全廃ということらしいです。
私が知る範囲のJR西日本で言えば、舞鶴線や小浜線、越美北線、それに大糸線も含まれるかな?
また、関西本線も木津から亀山はアウトかも?

JR西日本に限らず、JR各社ともこの問題については頭を抱えている部分でしょう。
純然たる企業であるJRにとって、採算のとれない不要コンテンツをカットするのは当然の経営方針であり、また株主としても企業利益を最優先するように求めることにも頷けます。

実際問題、過疎地域での交通手段として鉄道というものは既に選択肢としてかなり順位の低い物であることは容易に想像出来ます。地元の学生の移動手段が殆どと言って差し支えない地域では、学校にバスの補助金を給付し、それこそ学習塾のように送迎バスを用意すれば事足るでしょう。最近の少子化の影響で各学校に1台から2台の大型の観光バスを、なんなら流行のハイブリッドバスでも用意すれば通学の際の安全面も含めて親御さんも安心なさることでしょう。またこれによって各地域に若干名ですが雇用も生まれますから尚のこと良しです。このようなことに税金が投入されるのなら私は大賛成です。

私が鉄道が好きなのはこのようなブログを開設していることからも明らかです。
そのような管理人がローカル線存続について否定的な意見を述べることに違和感を覚える方も当然いらっしゃるかとは思います。
鉄道は公共交通機関であり、利害を超えて存続させるべきである、特にJRは一企業体ではなく公共企業であるという部分を忘れてはならないではないか!
仰ることは至極真っ当なお言葉で、確かに事の一面を捉えた本質論と思います。

しかし…しかしです。
現実問題として、多くの人々から鉄道が不要の交通機関として認識されてしまったのもまた事実です。
廃線にとなった地域で致命的な問題が生じたというニュースを私は拝見したことがありません…

一鉄道ファンとしては本当に悲しいことではあります。
壊してしまった鉄路を復活させることはまず出来ません。
先人が必死の思いで地元に築き上げた鉄路を次世代に残すことが出来ないという無念。

どちらの思いも理解し得る問題であるだけに、明確な自分自身の立ち位置が定められないことに若干の苛立ちさえ覚えます。
ただ、この問題に答えはあるのでしょうか?
その答えを出せるのは結局後世の人だけかもしれません。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

神も仏も無いのか?

みなさんこんにちは

もう既にニュースで皆さんご存知かと思います。
今月の2日、試合前の練習中に倒れたプロ野球巨人軍の木村コーチ。

享年37歳。
ご本人の無念、ご家族の悲痛。
言葉が見つかりません。

テーマ : 日記
ジャンル : ライフ

今度はヘッドライトのLEDを交換 489系能登

みなさんこんにちは

今日もまた能登を使ったネタです。
久しぶりに購入した鉄道模型でしたが、この余りの格好良さに思わずあちこちいじって遊んでいます。こんなことなら、ハナからシリーズにしたら良かったかも?と、ちょこっと後悔しながら今日も記事をアップしています(苦笑)

本日のお題は先頭車のLED交換です。
標準のLEDでは何となく暗い印象があったので、ヘッドライトのLEDも交換しました。
果たしてどんな風にイメージが変わるのかな…?

10040601.jpg
こちらが標準でヘッドライトを点灯させた状態です。

10040602.jpg
で、こちらが高輝度白色LEDに交換したものです。勿論、電圧は同じで比較しています。
ただ、此方の方は明るくなりすぎてヘッドマークの文字が飛び気味に写っていますが、実際にはここまで飛んでいるわけではなく、ちゃんとヘッドマークの文字も綺麗に浮かび上がっています。

10040603.jpg
ついでなんで比較した画像も。

交換時間、僅か15分の電気加工。
久しぶりのLED交換でしたが、やはりインパクト大きいですね。

ついでなんで、室内灯も作ってみましょうかね(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

世の流れ

みなさんこんにちは

いよいよ満開となった桜。
今日も仕事で車を運転していたのですが、平日にも関わらず他府県ナンバーの多いこと多いこと…
観光都市京都には大変ありがたいお話なんですが、果たしてこの何割が京都でお金を落としてくれることやら?大変いやらしい話ですが、この辺はかなり重要な部分なのであえて書いてみました。

さてさて、今日もまた時事ネタからです。

埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台-JR東

痴漢対策ということで車輌に防犯カメラを搭載するそうです。
痴漢をするような意味のわからない人間はどんなことをしたってやってしまうとおもうのですが…
それより、個人的には『痴漢』に仕立てられてしまった人達のことの方が気になります。

いっそのこと、トイレじゃないですが『男車』『女車』『家族車』に分ければと思います。
だって、女性専用車輌があるんだから、これで良いんじゃないの!?(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

桜、満開へ

みなさんこんにちは

足踏み状態だった桜もこの週末の陽気で一気に満開となったようです。
特にこの週末は天気が良かったので、土日と近所の桜ポイントに出かけてきました。
出かけた場所は、長岡京の跨線橋です。毎年ここには必ず来てますね。

いつものように現場に到着すると見たことのあるお顔が!
なんと、よく撮影現場でお世話になるポックルさんが!!
先日の雷鳥号での邂逅といい、奇遇は重なる物です(笑)
そんなわけで、急遽2人での撮影となったわけですが…

10040401.jpg
100403 06:13 6170レ EF66-121号機牽引 東海道本線 長岡京-山崎

今回の改正で6170レとなったワム専用列車です。
ワムだけでこれだけの編成が組成される当列車も近い未来にコキへと置き換えられるでしょう。
そういえば、私が鉄道趣味に戻って撮影を始めた頃には青ワムの中に数両昔ながらの茶ワムが混じっていたのですが、最近は茶ワムを見ることが全く無くなりました。

10040402.jpg
100403 06:38 ?レ EF66-?号機牽引 東海道本線 長岡京-山崎

少し場所を変えて川沿いに植えられた桜並木を絡めてパチリ。
朝の散歩にこられた方とEF66の組み合わせにありふれた日常を感じます。
でも普段はイメージ写真を撮影しないので上手く桜を生かせないのが悔しいなぁ~

10040403.jpg
100403 07:34 回送きたぐに号 京キトB?編成 東海道本線 長岡京-山崎

この日はビデオカメラで編成メインを撮影し、デジカメでイメージ写真と考えてました。
数年前にこのポイントにも柵が増設され、このように車体の真ん中に…

この日ポックルさんとお話していたのですが、この柵が増設される前。丁度この時間帯にはもっともっと撮影する楽しさを与えてくれた列車が走っていました。
『なは・あかつき』『日本海2号』『銀河』『雷鳥』『ムーンライト九州』『ムーンライト高知・松山』
ほんの数年前までは、これだけの役者が短時間の間に目の前を通過してくれました。

仕方が無いといえばそれでおしまいですが、やはり寂しいものですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

KATO489系能登の小加工

みなさんこんにちは

先日来の寒波によって開花が遅れていました桜ですが、この週末の好天気で一気に満開となりそうな雰囲気です。近所の桜並木にも多くの人が訪れています。また、いよいよ観光都市京都には多くの人々が世界中から訪れ、街中は観光客で賑わいだします。ただ、その為に車で街中を移動するのが大変になるのですが…

数日前のブログでも紹介しましたKATOの489系能登ですが、そのままでは面白くないのでちょっと手を入れてみることにします。といっても、ほんとの小加工なので悪しからず(苦笑)

10040301.jpg
小加工の内容ですが、ヘッドライトのリムを銀色で挿してみることにします。
ボンネットのヘッドライトリムは銀色が挿しているもの、そうでないものがあるようですが、金沢の489系ボンネットのリムはどうやら銀色のようです。

10040302.jpg 10040303.jpg
ボディを台車からばらし、ヘッドライトユニットをボディから取り外します。
スカート周りは簡単に取り外せますが、右写真のユニットはちょっと外すのに苦労しました。
ボディを少し広げながら、手前に引っ張るようにすると外れました。

10040304.jpg
ユニットを外した後、ヘッドライトリムに銀色を挿しましたが如何でしょうか?
些細なことですが、かなり印象が変わります。
どうでしょうか、格好良くなったでしょう??

10040305.jpg
取り外したライトユニットですが、ついでなんで運転席も色挿ししてみます。
運転席が広いので、これも目立つのかな?と思ったのですが…

10040306.jpg
そうだ、どうせなら運転手も乗せてみよう!
Hondaさんがよく機関車でやっておられますが、いつも格好良いなぁと思っていたので(笑)
しかし、このままでは取り付けることが出来ません。

10040307.jpg 10040308.jpg

という訳で、このようにカットします。

なんか…微妙な気分です(苦笑)

10040309.jpg
さて、高さを調整した運転士を瞬間接着剤で取り付けます。
助手席にも座ってもらいましょう、この方がなんとなく格好良い。

さあ、いよいよこれをボディに取り付けて完成です。
取り外す時にも少し手間取ったユニットですが、当然取り付けもスムーズにはいきません。
先ほどと同じ要領で、少し強めにえいや!とはめこむと『パチ!』と音が鳴ってはまりました。

加工される方は、破損に十分お気をつけ下さい。

※この加工で破損した場合でも管理人は責任を持てません。

10040310.jpg
両先頭車とも完成です!
ほんの少しの色挿しですが、効果覿面です。

しかし、同時に分かったことがあります。
頑張って運転席もドレスアップしてみたのですが…

全く目立ちません

以上、おしまい!(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

さすが!

みなさんこんにちは

昨日のエイプリルフールネタは如何だったでしょうか?
後から見ると、PCで閲覧した時にしか仕掛けがわからないようになっており、ちょっと失敗。
連続更新は続けられるとこまで頑張ってみるとしますが、正直既にヒィヒィ言ってます。
これはウソではなく、ホントのお話 (笑)

10040201.jpg
こちらのTRAIN MODELING MANUAL Vol6に、ブログリンクさせて頂いております、仁ファクトリーの管理人、仁さんによるEF64-38号機が紹介されています。

実際に本をご覧頂ければ分かると思うのですが、Nゲージとは到底思えない出来栄えは圧巻です。
特に、前面のクリーム色表現については驚愕のレベルです。

こんな素晴らしいモデルを作りたいなぁと思いつつ数年。
最近はめっきり模型製作のモチベーションが下がってしまっている管理人。

EF81-454号機、どうなったんだろうか?(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

連続更新

みなさんこんにちは

えっと…
いつから始めたのかな?と過去の記事を眺めていたところ、トッ
プページを検索して確認してみたら、なんと昨年の9月から!がんば
りましたよね、連続更新。しかしそろそろこの更新記録も限界です、と
るにたらないような記事ばかりで申し訳ない限りです。
ふだんは怠惰が取り柄の管理人なので、連続更新もそろそろ限界かな
~っと思い、本日を以ってこの連続更新は一旦終了にしようかなと思ってい
るワケです。

ですから、明日から暫くオヤスミにしようかなと…
すみませんが、よろしくお願い致します
ね!

テーマ : 日記
ジャンル : ライフ

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。