スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 えいでんまつりに行ってきました

みなさんこんにちは

2日続けて物悲しい記事が続きましたが、今日はほのぼの?とした記事です。
2年ぶりに近所の叡山電鉄修学院駅で行われた、第5回 えいでんまつりに参加してきました。我が家から自転車で20分ほどで修学院駅の車庫に到着するので、雲ひとつ無い秋晴れの中、子どもを連れて楽しんできました。

09103201.jpg
可愛らしい文字で書かれた『えいでんまつり』

09103202.jpg
動物園の様子が描かれた列車が休憩用の車輌として展示されていました。
敷地は然程広くないので、すぐに全部の展示車を楽しむことが出来ます。

09103203.jpg
しかし、本当に天気が良かった!!

09103204.jpg
昨年引退した、デオ600型です。
まだ廃車されず、今年も展示されていました。

09103205.jpg
事業用列車でしょうか?
なぜか塩昆布の広告看板が…

他の会社のファンサービスの場合、部品販売や撮影でもっと殺気立った雰囲気が会場をしきつめるという、あまり喜ばしくない光景を見ることが往々にしてあります。しかしこのえいでんの展示会はいつもノンビリとしていて、子どもを連れて行っても安心して楽しめます。

まぁ…肝心の子どもたちはいつまでこんなイベントに興味を持ってくれるのかわかりませんが(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

吹田機関区観察

みなさんこんにちは

昨日に引き続いて、今日もレポート写真です。
阪急正雀工場と吹田機関区は目と鼻の先です。今日も昨日の延長でこの付近で仕事があったので、フラフラと出かけてきました。何故カメラを持っているのだ!という、ご尤もなツッコミだけはご勘弁下さい(爆)

09103001.jpg
入り口からパチリ。
今日も沢山の機関車がお出迎え。

09103002.jpg
あっ!よくみると、これはEF66-30号機ではないか!!
先日故障で運用離脱した30号機です、おそらく吹田機関区公開までこの吹田機関区に残されているのでしょうね。

09103003.jpg
そうそう、このEF65-104号機も不具合を生じて運用を離脱したとの噂が…

09103004.jpg
敷地の東側に出向いてみると、EF66の後期型がナンバーを外されているにも関わらずパンタを上げて待機中…画像をよくみると、どうも41号機のようです。これも吹田機関区公開の後は解体されてしまう運命なんでしょうね…

なんか、2日続けて悲しい物を見てしまったような気がします。
って、行かなきゃ良いんですよね、単純に(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

阪急6300系解体シーンを目撃するの巻

みなさんこんにちは

先日、JRの新快速で阪急正雀工場が見える辺りを通過すると、丁度6300系の解体作業が行われていました。勿論、車内から見るには限界がありますので、どれ位の作業が行われていたかは不明でしたが、幼い頃から見慣れた特急車が解体されているということだけは分かりました。

本日、仕事でその正雀工場付近に出向くことがありました。
時間があったので、正雀工場へ様子を見に伺ったところ…

09102901.jpg
ナンバーは取り外されていますが、どうやら6950のようです。
解体に備えて、車内の備品が取り外されています。

09102902.jpg
クロスシートも外されて車外に打ち捨てられています…

09102903.jpg
その奥には、既に解体されて足回りだけになった車輌が見えました。
もう、これがどの車輌だったのかは全く分かりません。

昔住んでいた家から阪急の踏み切りは目と鼻の先で、いつも一人で電車を見に行ってました。
その頃の阪急の京都線特急と言えば停車駅が梅田、十三、大宮、烏丸、河原町と、今とは比べ物にならない程少なく、なかなか乗る機会の無い憧れの列車でした。
勿論その頃、京都線の主と言えばこの6300系、クロスシートの特急仕様車は格好良い列車の代名詞のような存在として私は捉えていた事を覚えています。

あれから30年、その6300系も遂にその使命を全うし、消え去る時がやってきました。
バラバラになった車体を眺めていると、丁度この6300系と同い年くらいの自分自身の人生そのものについて、色々と考えられさせられました。

そんな色んな思いとは別に、今私が言えるのはただ一言だけです。

35年もお疲れさん、6300系…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

LEDを使用して室内灯を自作する

みなさんこんにちは

昨日に続いて、本日も『おもいでのつるぎ』のチケット争奪戦に参加。
結果は…もう良いですよね(苦笑)
今回のつるぎは撮り鉄に徹しますかね…

さて、今日のネタはLED加工です。
今回から、LED加工についてはカテゴリを新たに設けました。
基本的に、電気のことがあまりよく分かっていない管理人なので、理論的におかしいこと等が頻繁する恐れがありますが、それによって生じる損害につきましては責任をとりかねますので予めご了承下さい。

ただ…加工失敗の被害は、まずこの管理人が被っておりますので、ちょうど良い人身御供になれると思います(笑)

あsて、今回は室内灯を自作してみました。
自作と言っても、昔のムギ電球室内灯が既に装着されている車輌に、ムギ電球の代わりとして白色LEDを取り付ける形となりますので、完全自作と言うわけではございません。

今回の種車はサシ581!
実車にはもちろん乗車したことはございません(笑)

09102801.jpg
今回、室内灯を自作しようと思ったきっかけはコレです。
電気部品やで特価品として並んでいました。
白色LEDが何と10個で126円!一個あたり12.6円ですよ!!
勿論、日亜なんかの物と比べると品質は落ちると思いますが、練習用には格好の材料と思い、5袋購入、それでも600円ほどです。

09103102.jpg
使用するパーツの一覧と価格です。
KATO サシ581 (管理人所有品)
KATO ムギ球仕様の室内灯セット (既に取付済み)
白色LED 1個12.6円
抵抗 430Ω 200個200円(1個1円)
ブリッジダイオード 1個42円
その他、コード類

本体は手元に有った物なので、合計に加算しないものとすると、今回使用した電子パーツの合計金額は、何と55.6円!失敗を恐れずにチャレンジできますね(笑)

09103103.jpg
LEDの場合、+側から-側へ電気が流れた時のみ発光しますので、室内灯の場合はブリッジダイオードを使用する必要性が出てきます。このブリッジダイオードとは、入力された電流を部品内で整流し、+側-側を固定して出力してくれます。鉄道模型の場合、前進後進で極性が変わるためにこのようなパーツが必要となるわけです。

このブリッジダイオードの出口に430Ωの抵抗を繋ぎます。
そのままパワーパックの電流を流すと、一瞬でLEDは焼け落ちます(笑)
そこで、抵抗を使用して流れる電流をLEDの許容範囲に調整するわけです。

ちなみに、管理人は今まで何度もLEDを文字通り焼天させています(苦笑)

09103104.jpg
このLED発光ユニットを収める場所を確保します。
元々の室内灯ユニットが入っていたエンド側にある出っ張りを切り落とします。

09103105.jpg
こちらが切り落とした後ですが、ここに今回製作したLEDユニットを設置するわけです。

09103106.jpg
こんな感じになります。
後はボディをはめ込むと、丁度ボディに挟み込まれて固定されます。

そして、いよいよ点灯です…

09103107.jpg
やっぱり明るい!
寝台特急の食堂車に室内灯はとても似合うと思うのは管理人だけでしょうか!?

たった60円で出来た今回の加工ですが、効果は勿論価格以上のものがあると思います。
これからも時間を見つけてはちょこちょこと自分の模型に自作の室内灯を取り付けていこうと思いますが、一つ大きな問題が!それは…

製作時間が1両で数時間

時間はお金で買えません(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

『おもいでのつるぎ』チケット争奪戦

みなさんこんにちは

最近、このブログに検索をかけて来て下さる方の中で最も多いキーワード。
それは『おもいでのつるぎ』なんです。
理由は分かりませんが、この文字をgoogleで検索すると、当ブログはかなり順位の高いところに表示されます。そこから多くの方々が此方をご覧いただいていると言うわけです。
実際、このおもいでのつるぎ号のネタを書いて以来、当ブログのアクセス数は激増!
なんと、以前の2倍以上になった訳ですから驚きです。

さて、そのおもいでのつるぎ号。
実際に列車が走るのが11月27日と28日、つまり本日がチケット販売開始日でした。
11月27日の大阪発新潟行きがその対象となった訳ですが、ミーハー管理人もご多分に漏れず、チケット争奪戦に参戦!結果は…


順当に轟沈(爆)


元々、団体枠がかなりを占めていたらしく、一般販売は極僅か。
かなり競争率は高いだろうなぁと思っていましたが、あえなくフラれました。

で、こうなると思い出すのは最終はやぶさ富士号のチケット。
あの時も凄まじい倍率だったと思うのですが、チケット発売後にはヤフオクに多くのチケットが出品され、一部で物議を呼んだ物です。
あのヤフオクの様子を思うと、今回もまたヤフオクで一発!と思う人達が出てくるのではないかなぁ?と思っていましたが、やっぱりおられました。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f85909569

世の中難しいですね(苦笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

曇りなので出来る撮影

みなさんこんにちは

昨日のつづきです。
小野-和邇から北上して向かったのは、木ノ本の『びわこ食品』さんです。
そう、例のとりやさいみそを購入するためです!!

和邇からは大体1時間の道のり、プラプラと休日の午前中に国道161号線を北上。
大体予定通りに現地到着。ふと貨物の時刻表を見てみると、ちょうどびわこ食品の裏手を通る北陸本線をレッドサンダー牽引の貨物が通過する時刻です。撮影出来そうな場所を探して、スタンバイ…

09102507.jpg
091025 11:45 4092レ EF510-14号機牽引 北陸本線 高月-木ノ本通過。
びわこ食品の本当に真裏位なんですよここ、今まで撮影したことが無かったので全く知りませんでした、これからここに来る際には時間を合わせて来よう(笑)

無事に貨物を撮影した後、びわこ食品で昼食をとります。
注文したのは勿論、とりやさいみそ!!
他のお客さんは皆さんグループの状況で、私だけは一人で入店(笑)
新聞を読みながら一人で食べるとりやさいみそは格別でした!
締めにうどんを入れてごちそうさん、ちゃんとお味噌を購入してお店を出ました。

ここでしおっちさんに連絡、すると今庄近辺でブラブラしているとのこと。4076レと4023Mを一緒に撮影しようと誘われたので、ここから北陸道で一気に北上です。
南条-王子保間のポイントでしおっちさんと無事合流、いつものような掛け合い漫才を繰り広げながら、目的の貨物を待ちます。

09102508.jpg
091025 13:44 4076レ EF81-454号機牽引 北陸本線 南条-王子保通過。
今日は九州男児でした。
しかしこの454号機、ナンバープレートを見ると『EF814-54号機』に見えません!?

09102509.jpg
091025 14:54 4023M 雷鳥23号 京キトA01編成 北陸本線 南条-王子保通過。
普段ならば逆光になってしまってとても撮影出来ないポイントですが、曇りであると言うことを活かして下りの雷鳥を撮影しました。メリハリには欠けますが、ベッタリとした濃い色合いが出るので、わりかし私は好きなんですけど…

湖西線からボチボチと曇天の中続けてきた撮影もここでお開きです。
順光になると逆に行動が狭められてしまうので、こういうのもたまには良いのでは無いでしょうか。
天気が悪いと、撮影する方もうんと減りますしね(笑)

しおっちさんお疲れさんでした、次は天気の良い日にしましょか(苦笑)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

広島…ではなく、湖西線でまったり撮影

みなさんこんにちは

本日はJR貨物フェスティバルin広島!
のはずだったんですが、諸所の事情により中止。
昨年、一昨年と参加したので今年はまぁ宜しいかなと…

そんな朝、しおっちさんから『4004MでA10代走!』なんてメールが届いたモンですから、着の身着のまま朝から湖西線まで飛んでいきました…

09102501.jpg
091025 08:22 4004M 雷鳥04号 京キトA10編成 湖西線 小野-和邇通過。
今日は初めて比良山系をバックにしたこの場所で撮影してみました。
うーん…天気が悪いのが本当に残念!
でも、家から30分ちょいで来られるので、天気の良い日に通ってみようと思います。
特に、冬場は雪化粧した山を背景にすると綺麗だろうなぁ~

09102502.jpg
091025 08:38 4092レ EF81-50?牽引 湖西線 小野-和邇通過。
撮影条件を調整していたらいきなり通過…
思いっきりピンボケです(涙)
ちゃんと気合入れなきゃあきませんな。

09102503.jpg
091025 08:56 4006M サンダーバード06号 湖西線 小野-和邇通過。
この頃になると、太陽は完全に雲の中へ…

09102504.jpg
091025 09:03 3092レ EF510-10牽引 湖西線 小野-和邇通過。
レッドサンダーを見る機会も増えてきました。

09102505.jpg
091025 09:20 4008M 雷鳥08号 京キトA?編成 湖西線 小野-和邇通過。
パノラマ雷鳥がやってきました。
車内を見てみると、グリーン車はそこそこの乗車率…
今度はお昼にパノラマで金沢から乗ってみたいなぁ~

09102506.jpg
091025 09:25 4002レ EF81-45号機牽引 日本海号 湖西線 小野-和邇通過。
増結が無いと綺麗に編成が収まってくれますね。
ただ、天気が良くないのであんまりパッとしませんね…

とりあえず、この場所はここで一段落です。
そうそう、現場でお話した千葉から遠征されたという方、短い時間ではありますがいろいろとありがとうございました。今回の遠征では電車メインで撮影されておられたようですが、今回は偶然にも非パノラマ編成が撮影出来たようでよかったですね~

撮影は一段落ですが、他にも用事があってこの後私は国道161号線を北上しました。
そのお話はまた明日にでも…

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

金太郎がやってきた

みなさんこんにちは

親の私が言うのもなんですが、我が家の子どもはドンくさいのです。
そりゃもう、普通のドンくさいのレベルでは考えられません。
既に小学校に入学していますが、幼稚園の年中サンとかけっこしたら余裕で負けます。
まぁ早生まれなので、仕方が無いとも言えますが、流石に可哀想なモンです。

その長男が本日、習い事でようやく進級出来ました。
普通のご家庭の子どもなら、同学年でもおそらく数ヶ月で達成してしまう物を、約2年掛かってようやくやり遂げてくれました。ここまで、あまりの不出来を見つめ続けたので、おそらくもう無理なんだろうなぁと諦めていたのですが、本人の頑張りによって進級が叶いました。

同期の子どもたちがどんどん進級していく中、それでも嫌にならず通い続けてくれた子どもの姿を思うと、進級出来ずに足踏みしていた姿を見てイライラしていた私の心の小ささを恥じるばかりです。

09102401.jpg
と言うわけで、余りの嬉しさと感動の為に、思わずこんな物を買ってやってしまいました(汗)
何かやったらもらえる!というのは良くないとは思うのですが…駄目ですねぇ(苦笑)

09102402.jpg
しかし、プラレールとは言えよく出来てますね。
金太郎、格好良いですよ。

09102403.jpg
これじゃまるでSRCやないかい!!
しかし、この発想は無かった!(笑)

まだまだ可愛い盛りの子どもたち。
もうちょっと優しくしてやらなきゃイカンなと思った一日でした。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

雷鳥とか500系とかカニ24の屋根とか

みなさんこんにちは

本日は私用で有給休暇をとりました。
朝から布団でゆっくり…とはいかず、今日もいつものように朝からバタバタと。
ただ、9時過ぎに時間が出来たので、東山陸橋へ下の子どもを連れて出かけてきました…

09102301.jpg
091023 09:42 4009M 雷鳥09号 京キトA01編成 東海道本線 山科-京都通過。
先日のダイヤ改正で残された5往復の雷鳥のうちの1本、雷鳥9号です。
下り向きは見慣れた姿です、ただこの485系雷鳥も後2年か…

09102302.jpg
091023 09:52 4002レ 日本海号 EF81-101号機牽引 東海道本線 山科-京都通過。
立て位置スロー流しに挑戦しました。
結果、ジャンパ線にピントが合ってしまい撃沈(苦笑)
また次回頑張ります!

09102303.jpg
091023 09:54 6A のぞみ6号 W09編成 東海道新幹線 米原-京都通過。
日本海を撮影するとすぐにやってくるのが上りの500系です。
来春、東海道本線から引退することが決まっているので、今日も何人か撮影されておられる方がいらっしゃいました。私もその端に寄せてもらって1枚パチリ。

いつもならここで写真の紹介はおしまいなんですが、今日はおまけがあります。

『模型資料コ~ナ~!!』

と、いきなりタイトルをつけました(笑)
今日の資料はカニ24-100番台の屋根です。
今後行うかもしれない、ウェザリングの資料と思って普段誰も撮影しないようなカニ24の屋根上を撮影してみました。今回の資料車輌は『カニ24-116』号機、唯一の白帯100番台です。

09102304.jpg   09102305.jpg

お役に立つかどうかわかりませんが、どうぞご覧下さい (苦笑)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

覚醒剤でまた…

みなさんこんにちは

今朝、いつものようにネットでニュースをチラチラ…
例のノリピー旦那の裁判が始まったということで、それにまつわる記事が多く記される中、ある記事に目がとまりました。

田原成貴元騎手を覚せい剤取締法違反で逮捕
http://www.sanspo.com/keiba/news/091022/kba0910220813017-n1.htm

うぁ~!またかぁ!
と思いました。

この田原成貴という方は、約10年ほど前に現役を引退された、元中央競馬会の騎手で、卓越した手腕だけにとどまらず、執筆活動、果ては歌手活動まで行うという抜群な行動力の持ち主でもありました。しかし破天荒な言動が元で多くのファンとアンチを持つ方もありました。
引退後、調教師に転向されてから数年、馬主さんとの確執や競走馬に発信機を取り付ける等、様々な物議を醸したあと、空港で銃刀法違反で拘束され、更にその際覚醒剤反応が出て逮捕されたという、賑やかな経歴の人です。

勿論この事件を機にJRAから追放され、競馬会から永久追放され、競馬ファンの記憶から少しずつ彼の影が消えた頃、なんといきなり競馬予想サイトの予想屋として復活。あの時は少なからずのファンが驚いたことでしょう。

その田原元騎手が再び覚醒剤で逮捕されました。
2度目の逮捕なので、数年間は塀の向こうでお勤めされることでしょう。
この人は男気溢れる言動を常に意識する方ではありますが、実際には本当の意味でファンを大事にしてくれないなと残念な気持ちになります。かくいう管理人はこの人のアンチでしたが(苦笑)

しかし覚醒剤の常習性は恐ろしいです、再犯を起こす確率が非常に高いというのがその恐怖を如実に物語っています。
最近私も酒に飲まれることが多くて恐ろしくなっています。
お酒と覚醒剤、どっちが怖いんだろうか…(汗)

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

500系との遭遇

みなさんこんにちは

久しぶりにテレビを見ました。
ザ!世界仰天ニュース 「大逆転(秘)人生SP」 2 という番組で、塞翁が馬と言うタイトルをつけられた実話のドキュメントでしたが、余りの結末に言葉を失いました。
まぁ…人間って弱い生き物です(汗)

さて、今日のネタです。
日曜日、時間が合いそうなので久しぶりに東山陸橋へ日本海の編成写真を撮りに行こうと出向きました。先日記事にも起こした、例のレンズの試運転も兼ねて丁度良いかなと思ったわけです。
天気の良い日曜日の朝、車の運転も楽しく、普段と違う経路で現場へ向かったのですが…

09102101.jpg
こんなことになりました。
到着した時点で日本海は通過中(苦笑)
まぁ、しゃあないなぁと思っていたら、新幹線側にカメラをセットした多くの人が!
何を撮っておられるのか聞いてみると、500系が通過するとの事!
よく見たら、京都駅に既に500系が停車しているではありませんか!!

レンズを車まで取りに戻る時間も無いし、手元にあるのは短いレンズだし、どうしよう…

09102102.jpg

悩んだ挙句、縦位置での流し撮りを試してみました。
長いノーズを流してみると、意外に面白い絵になったのではないかと思いました。

日本海は駄目でしたが、500系を撮影することは出来ました。
これもまぁ『塞翁が馬』って感じですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

秋の鉄道イベント

みなさんこんにちは

模型加工が続いたので今日は鉄道一般のお話です。
ここ数年、JR貨物が主催するJR貨物フェスティバル・広島車両所公開に参加しています。
当初は興味の中心である機関車のディティールを観察するためと思っていたのですが、最初の年に抽選で鉄道部品販売権を得て、EF65のナンバープレートを購入してから(しおっちさんに譲渡済み)というもの、ナンバープレートが興味の最大の対象となりました (苦笑)

広島は抽選式で固定価格を設定されているので、まだ良心的!?ですが、関東地区ではオークション形式をとっているらしく、考えられないような高額で取引されています。先日のEF65-1059も確か120万程だった記憶があります、凄いなぁとしか言いようがありません。

今年はJR貨物のコンテナ輸送50周年記念ということで、各地でイベントが執り行われます。
イベントではおそらくナンバープレートの販売が行われるだろうと仮定して、各地のイベントと出品されそうな物を大予想してみました (笑)

10月25日(日) JR貨物フェスティバル・広島車両所公開
http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/info/pamph_hiroshima.pdf
いわずと知れた、JR貨物の恒例行事です。
今年の出品予想!
EF65-107、EF65-1002,1009,1031,1032、EF66-2~8
PF初期型やEF66の前期型が大量に廃車された為に、多くのプレートが予想されます。
ただし、1枚10万円は下りそうにありません…

11月7日(土) 下関総合車両所 一般公開について
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174404_799.html
JR西日本、下関運転所の一般公開です。
最大の注目はブルトレ牽引機のナンバープレートでしょう。
対象は先日廃車されたEF66-46,50あたりか??

11月7日(土) JR貨物稲沢駅一般公開
http://www.jrfreight.co.jp/info/container50th_event.html
今年は稲沢駅でも一般公開が行われます。展示車輌として、EF64-0やEF64-1000等が予想されます。個人的には模型制作のためにも大変興味があります。
昨今、EF64-0の廃車が急激に進んでいます。ここではEF64-0のナンバープレートが大量に出品されるのでは?

11月22日(日) JR貨物吹田機関区公開
http://www.jrfkansai.com/htdocs/img/top/photograph.pdf
関西のファンにとっては最も待ち望んでいたイベントではないでしょうか?
6年ぶりの吹田機関区公開、おそらく運用を離脱したEF65-1038やEF66-30も展示されるでしょう。これは楽しみだなぁ~
ひょっとすると、こちらにEF66-0のナンバープレートが大量に出品されるかもしれません。
ただ、オークション形式が予想されるので、私には無縁のものとなりそうです (苦笑)

廃車されてしまった機関車の部品をもぎ取るようなイベント!
と批判的な面があるのは当然ですが、普段絶対に手に入れることが出来ない鉄道部品を手に入れたいと思うのもまた人情と言えるのではないでしょうか?

ただ、公式なやりとりでこのような部品が入手できる機会です、本当に欲しいと思う人が適価で入手出来れば良いのですが…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

人気者でいこう!EF65-1038号機編(6)

みなさんこんにちは

鉄道模型ネタで連日記事をアップ出来るなんて奇跡かな(笑)
ただ、これ位の勢いが無いと特急色は到底塗り上げられないので、ある意味当然かも!?
そんな訳で、今日はいよいよ青色の塗装作業に入ります!

090720_EF65-1038_024.jpg
じゃーん!
いきなり青塗装は終了です。
今回しようしたのは、グリーンマックスの青20号です。
EF65-1038号機の青の印象は、少し暗めというのがあったので、これを選びました。

塗装を行う時の私なりの注意点です。
まず、一番心がけているのは、塗装面に対して直角にエアブラシを向けると言うことです。
細かい部分などで、どうしても必要な時は仕方ありませんが、なるべく塗装対象面に対して直角方向から塗料を吹きつけるようにしています。
これは、テープの隙間から塗料が吹き込むことを防ぐためです。特に前面のテールライト部分はどれだけ綺麗にマスキングテープを貼っても段差の為に隙間が生じます。この部分にテールライト下側からエアブラシを吹くと当然漏れこみが生じますよね。しかし、本来マスキングの際にボディに対して直角の方向に対してはキチッとマスキングテープが張り巡らされているわけですから、とにかくマスキングテープを信じてマスキングテープに対して直角に吹き付けます。

ただ、どれだけ気をつけても実際に漏れこみを防ぐことは至難の業です。

090720_EF65-1038_025.jpg
テープを剥がしていきます、緊張の一瞬です。
側面のラインに関してはまずまずの仕上がりのようです、良かった良かった。

090720_EF65-1038_026.jpg
運転室窓下のRもそこそこ綺麗に表現出来ました。
ただ、庇下の部分に修正箇所が見受けられます、後ほど調整しましょう。
それ以外は合格かな?

090720_EF65-1038_027.jpg
前面部分は基本的に上手くいきました。
テールライト部分の漏れこみも想定内で、十分に修正可能な状況です。

修正部分もかなり見受けられますので、完成まではまだまだでしょう。
ただ、特急色塗装もようやく山場を越えました。
今回は意識的に細かく工程を紹介しましたが、もしこの作業工程が今後どなたかがご製作される際にお役に立てれば、それはもう管理人冥利に尽きるというものです。

あ、そうだ忘れてた!
この1038号機はHゴムが白色だった!!
と言うわけで、修正箇所を調整した後には、例のHゴム塗装が残ってました…
これもまた大変な作業なんだよなぁ~

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

人気者でいこう!EF65-1038号機編(5)

みなさんこんにちは

特急色塗装のマスキングを続きです。
昨日は家の用事で途中退場となりました。
都合4時間以上も作業を続けていたので、丁度良かったのかもしれません(笑)

それでは、今日も頑張ってテープ貼るでぇ~!!

090720_EF65-1038_019.jpg
二本の側線を張り終えたところで作業が中断していました。
次に取り掛かるのが、運転室窓下の部分のマスキングです。
側線の辺りにあるR部分の表現が最大のポイントでしょう。
直角をしっかり出したテープの直角部分に雲形定規などを使用してR部を切り出します。
そしてそれを水切りをガイドにして貼り付けます。
この時、上側のラインのマスキングまでは考えなくても良いでしょう、上部のライン出しはこの後の工程とします。

090720_EF65-1038_020.jpg
両サイドと前面部分を覆うようにマスキングを施します。
私の場合、1枚のテープで完成させようとはせず、何枚かに分けてマスキングテープを貼り付けるように心がけています。以前はなるべく少ない枚数でマスキングを行っていたのですが、最近は細かく張り合わせるようになりました。この方が細かい部分へのフォローが利くので、私はこの手法を好んで取り入れています。

090720_EF65-1038_021.jpg
さぁ、上部のマスキングに取り掛かりましょう。
上部のラインは、側面の上側のラインを目安にするとやり易いでしょう。
ただ、やはりラインが細いので千切れたり曲がったりすることが多いので、気をつけて下さい。

090720_EF65-1038_022.jpg
前面部分を覆いました。
マスキングテープで覆いきれない部分にはマスキングゾルを使用しています。
特に、運転室側窓を取り囲む水切りのR部分はテープではフォローしきれないので、マスキングゾルが必要不可欠となります。
ここまでで、またまた2時間くらい掛かってます、要するに下手なんです(笑)

090720_EF65-1038_023.jpg
そうそう、庇の上も忘れずにマスキングしておきます。
写真を見てみると、庇の上もクリーム1号なんですよね。

マスキングゾルをしっかり乾かしたいので、今日はここまで~!
明日はいよいよ塗装に取り掛かろうと思います。

今回の特急色については、塗装後に何度も修正をかけなければいけません。
しかし、最初の塗装段階である程度形にしないと、その後が大変なので、なるべく丁寧に作業を進めたほうが結果的に楽チンかと思います。

ただ、私の場合は丁寧にやってもこのレベルなのはご愛嬌 (苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

人気者でいこう!EF65-1038号機編(4)

みなさんこんにちは

いよいよその時がやってきました…
特急色。

あぁ、なんと耳に心地よい響きだろうか!
あぁ、なんと面倒そうな塗装であろうか!

とまぁ、しょうもないことを言いながら、いよいよ特急色塗装のスタートです。
今回は私の手順を紹介しようと思います。
ただ、予め申し上げておきますが、私は下手糞です。
その点だけはご承知置き下さい…

090720_EF65-1038_013.jpg
準備万端です。
使用するのは、マスキングテープ、そしてマスキングゾルも併用します。

090720_EF65-1038_014.jpg
二本の側線は私の場合、それぞれ0.5mmと0.2mmに設定しています。
したがって、それぞれ大きなテープから切り出して使うこととなります。
面倒ですが仕方ありません。ただ、何回も切っていると、自然に思ったサイズに切り出せるようになります、人間と言うのはなかなかよく出来た機械だなぁと感心する次第です(笑)

090720_EF65-1038_015.jpg
メインのテープとは別にもう1枚少し大きめのテープも用意します。
これは何に使用するのかと言いますと…

090720_EF65-1038_016.jpg
このように、真っ直ぐな細い線をマスキングする際、片側の端の押さえ用にするわけです。
片側がしっかりと固定されていると、作業はかなり捗ります。

090720_EF65-1038_017.jpg
まず最初に、側面の細いラインから作業を開始します。
これが…本当に大変です。細いので、なかなか思ったように真っ直ぐにマスキングが出来ません。更に、0.2mm相当のかなり細いラインなので、少しでも変な力がかかると、千切れたり、またひねったりして使い物にならなくなります。

で…この作業に2時間ほど費やしました(汗)
その間に一体何本のラインを切り出したことでしょうか…
流石に己の不器用さには腹が立ちます(笑)

090720_EF65-1038_018.jpg
悪夢のようなライン引きがが終わっても、まだまだ難関は続きます。
今度は太い方のラインをマスキングします。
この時、0.5mmのラインを使って、車体を一周させてしまいます。

この作業にもやはり2時間弱を要しました(笑)

ここで家の用事が入り、タイムアウト!
まだまだ作業は終わりませんが、仕方がありません。

あ~…
大変です(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

人気者でいこう!EF65-1038号機編(3)

みなさんこんにちは

突然ですが、決戦前夜です。

インレタが届かないことを良いことに、全く作業の進んでいない今回の機関車シリーズ。
そろそろ加工を進めようと思います。

090720_EF65-1038_012.jpg
で、これは先日梯子の取付金具を削ったところで終わっていた、EF65-1038号機です。
削った後、周辺を調整して本日クリーム1号を改めて吹きました。

決戦前夜と言うのはつまり、明日特急色の塗装にかかるということです。
個人的に、機関車の塗装の中で一番難しいのは特急色だと思っています。
前面のテールライト部分の吹き込み対策、前面貫通扉付近の細かい塗り分け、庇部分の細かい塗り分け、そして側面乗務員扉近辺のRを含むマスキング、また側面に走る2本のラインの正確な平行…

どれもこれも私にとっては苦行のような作業です(苦笑)
しかし、練習せねばこれも上手くならないと、明日は腹をくくって頑張ろうと思います。

ただ、家族の用事が入ったら、これ幸いに逃げ出す可能性高し(爆)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

残念なニュース ~JR西日本~

みなさんこんにちは

今日の記事はあまり楽しいものではありません。
例のJR西日本、福知山線脱線事故に関わるJR西日本の事後対応について、私なりに意見を述べたいと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091015-00000010-mai-soci
皆さんもご存知の通り、あの忌まわしい事故の事後報告について、JR西日本が事故調査委員会に対して、自社に都合の良いように資料を改竄するように迫った事件です。

まぁ…凄いなぁというのが率直な意見です。
責任は当社にあると言いながら、裏手では公式見解について口を出す。
良いとか、悪いとか、そういう概念を抜きにすれば、何と己に対して正直な会社であろうといわざるを得ません。また、このような事態を公の場に露見させるということは、如何にこの裏対応が稚拙であったかということを逆説的に証明しています。

事故を起こしたことに対して反省しているというのは本当でしょう、多分。
その上で、その罪をなるべく軽くしてくれと泣き付いているのです。
その行動原理は分からないでもないです、よく見る光景としては、交通違反したドライバーが罰則の軽減を求めることと本質的な論理は同じ。

分からない心理ではない。
誰でも怒られたくないのですから。

しかし、企業として考えた場合に今回のような無様な事件を起こすことが、会社的にどのようなダメージを負うかを考えた上での行動だったのだろうか?残されたのは、JR西日本は結局、無反省で旧態依然の呆れた企業という素晴らしい看板だけではないか。

今回の事件で分かったことは、『自分達の代替は存在し得ない』という殿様商売気質がこの会社(JR全社?)から無くならないだろうという絶望的な現実です。真の意味で競争原理を持たない限り、特権意識の塊である、悪しき意味での『国鉄魂』はこの先もおそらく消えることは無いだろうと思いました。

信楽鉄道事故、福知山脱線事故、大きな事故を繰り返すにはそれなりの理由があると考えるのは、管理人の穿った捉え方でしょうか。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

新戦力投入!

みなさんこんにちは

いきなりですが、本日我が家に新兵器が到着いたしました。
実は私、今まである重要なレンズを知人から数年も!借りたまんま(世間では借りパクと言います)にしていたのですが、流石にそろそろ返却せねばならないと言うことで、今回レンズを購入しました。

09101405.jpg
旧タイプのNikon AF-S 28-70mm/F2.8 です。
そうなんです、私、実は標準域レンズを所有してなかったんです(滝汗)

昨年Nikonから新型の標準ズームレンズが発売されたのですが、新品で購入すると約20万弱…
そんなもん、とてもじゃありませんが手が届きませんので、旧タイプのレンズを探していました。
ただ、このレンズも評価が高く、型落ち、中古と言えども10万円を切るような価格ではなかなかみつからなかったのですが、今回運良く8万円台で入手出来ました(それでも十分に高いですが…)。
中古と言うことで多少心配はありましたが、実際に手元に届くと確かに注意書きにあった外装の傷は見受けられるものの、レンズ本体には全く問題は無さそうです。実際にカメラに取り付けて動作を確認しましたが快調そのもの!使い出したら、どうせすぐに傷だらけになるので、良い買い物が出来ました。

と言うわけで、試運転を兼ねて、近所で今まで使用してきたレンズとの比較をしてきました。
同じ構図、シャッタースピード、絞りでレンズだけを交換して試してみました。
画像はRAWデータをjpgに変換したのみです。

09101401.jpg
Tokina AT-X PRO AF 28-70mm 1:2.8 Nikon D2H ISO200 1/320 F2.8 28mm W/B 曇天

09101402.jpg
Nikon AF-S 28-70mm 1:2.8 Nikon D2H ISO200 1/320 F2.8 28mm W/B 曇天

正直、ここまで違いが出るとは思いませんでした…
今までのレンズでも十分にシャープだなと思っていましたが、レベルが違います。
山の木々に注目して頂くと、その差を感じて頂けると思います。

09101403.jpg
Tokina AT-X PRO AF 28-70mm 1:2.8 Nikon D2H ISO200 1/80 F2.8 80mm W/B 曇天

09101404.jpg
Nikon AF-S 28-70mm 1:2.8 Nikon D2H ISO200 1/80 F2.8 80mm W/B 曇天
ズームを最大にしてみましたが、やはり違いは歴然です。
精細な表現力には絶対的な差が存在します。

これだけの性能を持っているレンズが手に入ったのですから、是非とも近日中に使用してみたいなぁと思います。ただ、普段は望遠レンズを使用することが圧倒的に多いので、果たして実戦投入が何時になるのかは未定です(苦笑)

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

人気者でいこう!EF66-27号機編(8)

みなさんこんにちは

久しぶりに模型加工です。
と言っても、申し訳程度の進み具合なので、読み飛ばしてもらっても全く問題ないかもしれません(汗)最近仕事が忙しい&休日は家の用事、そして日々の晩酌で手が動かないことで全然作業が進まないのが真実ですが(苦笑)

そんなわけで、今日はEF66-27号機の細かい部分を仕上げてしまいます。
そうそう、実際のEF66-27号機は本日(09/10/13)の3170レに充当され43両ものワムを牽引したそうです。湖東地区では素晴らしい朝陽を受けながらの撮影が可能だったそうです…ウラヤマシイ。

090809_EF66-27_023.jpg
機関車の名札ともいえる、前面のナンバープレートです。
元のナンバーを削り取り、ボディと同色で塗装してから、ジオマトリックスの金属インレタで『EF6627』を貼り付けていきます。輝くナンバーがたまりません。

090809_EF66-27_024.jpg
特急台座に取り付けてから、前面部分を組み立てます。
この部分だけを見ても格好良い!
やっぱりEF66は国鉄色だなぁ~

090809_EF66-27_025.jpg
また、運転台もここで仕上げておきます。
EF66 53!タケちゃんマン、進んでるかい?さんとこのような、素晴らしい運転台には全く及びません(笑)
スタフ入れの取り付け、シートの塗装、またマスコンやブレーキもそれぞれ塗装します。
ただ、このような加工を施しても、組み立てると全く目立たなくなるのですが(苦笑)

完成まで後僅かなのですが、残念ながら締めのインレタがまだ届いていません。
果たして完成は何時になるのでしょうか…
まぁ、あせらずにゆっくり仕上げましょうかね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

金魚さん(2)

みなさんこんにちは

昨日に続いて金魚ネタです。
鉄道ネタ以外で連載物は初めてのような気がします(苦笑)
模型ネタでご覧頂いてる皆さんには申し訳ない限りです…

子どもたちが貰ってきた金魚を、以前から飼育している金魚が居る水槽に移してから数日、見る間に金魚たちが死んでいきました。えらいこっちゃ!餌も普通に食べていたようなのになんで!?
やはり何かしらの病気に犯されていたのでしょうか?専門外なのでサッパリ分かりません。
とにかく、残ったのは昨年から飼い続けてきた金魚と、今年の最大サイズ金魚の2匹。

残った2匹。この2匹と言うのが大変悪いバランスだったのかもしれません。
2匹になってからというもの、今回貰ってきた大きな方の金魚が、昨年から飼い続けてきた金魚を追い掛け回すと言う事態が発生しました。どうやら、縄張りを争いをしているようなのです。
見ていると、ひたすら大きい方が突付きながら追いかけています!
コレはイカン!!ってことで、急遽この大きな金魚を元のバケツに戻しました。

それから約1週間たったある朝、昨年から飼い続けてきた金魚はお星様になってしまいました。
当初は飼育に否定的だった妻も流石に1年間も買い続けてきただけに愛着も湧いたのでしょう、ガッカリしている様子でした。かくいう私も正直寂しい気持ちになりました。

ところが!!
子どもは特にそんな様子も無いんですよね…
庭に死んでしまった金魚を埋めちゃったら、ハイそれまで!って感じ。
なんだ、このドライさ!?子どもって凄いなぁ!
これではまるで私は捨てられた彼女を忘れられずにいつまでもウジウジしている男が如しだなぁと思える始末(苦笑)

きっと子どもはこんなもんなんだろうなぁと思います。
現に、毎日バッタや蝶々を蟷螂の餌にしたり、てんとう虫やダンゴ虫を虫かごで干からびさせたりと、大人からすると残酷に思えることを平気で繰り返しています。
ただ、こうやって色んなことが積み重なりながら少し情操が育まれ、何時の日かその経験というバケツに色んなものが貯まっていって、大人へと成長していくのでしょう。

最近、非常に悪いことが続いており、私の心に余裕がありません。
些細なことでも子どもの言動にイライラする日が続いています。
これではイカンと思いながらも、それでも怒りを抑えることの出来ない自分に辟易するのですが、それとはまた逆に怒ることで解放されるというギリギリの自分にも気付かされます。

あ~駄目だな。元から駄目駄目人間なのに、もっと駄目人間になってる。まさに駄目スパイラル。
本来、親と言うのは子どもたちの『経験と言うバケツ』の大きさをでっかくしてやることが責務なのに、今の我々は子どもの小さいバケツを、更にボコボコに凹ませてしまっているように思います。まさに親失格。最近、子どもが子どもを育てているという話をよく聞きますが、我が家はまさにその悪例でしょう。

然しながら、子どもが成長していくことに待ったが掛かるはずも無く、我らにかかる責任は日々増大するばかり、泣き言を言う間に子どもは更に成長を続けます。
ここのところ、暗いニュースが続き、確実に凋落することが分かっているわが国日本。
そんな時代に生まれてしまったからこそ、せめて我々がしっかりと見つめてあげなければ、この先の荒れ狂う未来を泳いで行く彼らは頼るべき心の本質を持てないままとなってしまうでしょう。

子育てとはかくまで難しいものか。
金魚さんが死んだことで、彼らの成長を感じ、そしてそのことを通じて、子どもを育てるという、人生の大きな仕事の責任の重さを改めて知らされました。

とまぁ、非常に堅苦しいお話となった『鉄道ブログ』でした。←なんのこっちゃ!?

で、現在水槽には今回お星様になった金魚を突付き回した張本人が、代わりの主として君臨しております…
世の中、生き残ったもの勝ちなんですかね(汗)

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

金魚さん(1)

みなさんこんにちは

本日は地域の体育大会。
朝から出かけたのは良いのですが、流石に疲れました…
我が家は子どもの自由参加競技だけでご遠慮しましたが、1日中大会に参加されておられたご家族は本当にお疲れさまだなぁと思いました。

さて、本日はそんな家族に起こった小さなニュースネタです。

昨日、長男が一言。
『金魚さんが死んでる~』

昨年の夏頃に子どもが盆踊りの出店で貰ってきた金魚が死んでしまったというのです。
水槽を見ると、飼い続けてきた金魚が底に沈んでいました。

当時、10匹前後の金魚を兄弟合わせて持って帰ってきたのですが、数日で見る間に数を減らし、今回★になってしまった金魚だけが唯一1週間ほどもバケツの中で生きていました。
当初はすぐに全部死ぬだろうと高をくくっていたので、水槽も何も用意せずに居たのですが、さすがにそれだけ長生きするとそのまま放って置くことも出来ず、ホームセンターで水槽セットを購入して飼育していました。

それから1年と少し。子どもたちには餌やりの仕事を与え、その金魚は特に問題も無く順調に我が家の一員として元気に暮らしていました。
ただ、水槽もそれほど大きな物では無いので、これ以上の金魚を水槽に加えるのは難しいと思われたので、子どもたちには『今年はもう絶対に金魚さんは貰ってきちゃ駄目ですよ!』と強く念押ししたのですが、幼い子どもたちには当然そんな言葉は通用しません。今年もしっかりと金魚をもらってきました…

貰ってきたものはもう仕方が無いので、昨年と同じように少しバケツで様子をみます。
ネットで調べると、こういう金魚たちは殆どの場合病気にかかっているそうで、健康な金魚のいる水槽に直接入れると、健康な金魚まで死んでしまうとのこと。ですから、1週間ほどは他の入れ物で様子をみて、それから水槽に入れるのがセオリーだそうです。

で、その通りに1週間ほど貰ってきた金魚を別のバケツに入れたままにしていたのですが、今年の金魚たちは大変元気で、結局7匹中1匹が死んだだけでその他は元気な様子でした。
これは大丈夫なのかな?と思い、そろそろ併せて金魚の水槽に入れようと思ったのですが、大きな不安がひとつ、それは水槽の大きさです。30×20×25程のサイズの水槽に合計で7匹もの金魚を入れるなんて、ちょっと問題があるのでは??

と言っても始まらない状況なので、えいや!の気持ちで水槽に入れました。
すると、それから数日は特に何の問題も無かったのですが、しばらくして貰ってきた金魚が連日死に出したのです。
結局、元から居た金魚と貰ってきた中で1地番大きかった金魚の2匹のみとなりました…

以下、また明日へ…
最近、ほんと何のブログが分からないですね(苦笑)

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

和邇駅定点観測

みなさんこんにちは

今日は朝から東海道本線を注目の列車が2本上りました。
1本は下松からの東京メトロの甲種輸送。
先日は新鶴見のPF1064号機が充当され、沿線を賑わせました。
かくいう私も現場へ出向いたのですが、1年に1度あるかどうかの大失敗でガックリしました。
今回もまたPFが充当されないかな?と願っていたのですが、今回はEF66-39号機でした。

そしてもう1本。今回は新鶴見PFが運用に入らなかったので、こちらがメインか?
EF66-24号機がワム専用貨物の3170レの運用に入り、しかもHM側が先頭!
その為でしょう、普段はスカスカのポイントが人だらけ!!
少し外した場所でも人だらけ!!

そんなに沢山の人の中に入るのはシンドイなぁと、場所を探してみましたが、そうそう簡単にポイントなんて見つかりません。結局、探している最中に該当列車通過(爆)
どうも、甲種輸送には縁が無いようで…

気を取り直し、先週も撮影に出向いた和邇駅へ。
空に雲が多く残るので、今週も比良山系をバックにするにはイマイチの状況。
という訳で、本日もまたまた和邇駅のホーム端で撮影することに…

09101001.jpg
091010 08:16 4004M 雷鳥04号 京キトA01編成 和邇通過。
先週よりも少し長い焦点距離のレンズを選択。色々と試すのが楽しいです。

09101002.jpg
091010 08:33 4092レ EF81-146号機牽引 和邇駅通過。
今週はローピンの146号機。まだ綺麗な方でしょう、BBP(ボロボロパーイチ)ではありません(笑)

09101003.jpg
091010 08:52 4006M サンダーバード06号 和邇駅通過。
681系が所定なのかな??

09101004.jpg
091010 08:59 3096レ EF510-1号機牽引 和邇駅通過。
今日は赤雷トップナンバー!
でも、構図失敗!!

09101005.jpg
091010 09:07 2813M 京キト 和邇駅。
今日は207系が臨時で運用に入ったようです。
何故か不思議な気がしました。

09101006.jpg
091010 09:16 4008M 雷鳥08号 京キトA05編成 和邇通過。
非貫通が恋しい(笑)

09101007.jpg
091010 09:21 4002レ EF81-104号機牽引 日本海号 和邇駅通過。
今回はトワ釜の日本海でした。
架線柱の影が大変美しく決まっています(苦笑)

09101008.jpg
091010 09:27 2815M 京キト L11編成+? 和邇駅。
国鉄色が2編成並んでやってきましたので、今週はこれも撮影。

しばらくはレンズを変えたり、構図を変えたりで楽しめそうです。
1時間で雷鳥2本、貨物2本、日本海とかなり効率良く撮影出来るので、かなり気に入ってます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

去り行く物 ~113系~

みなさんこんにちは

夕焼けが綺麗に顔を照らしました。

いつものように鉄道情報系サイトを眺めていると、関東の”スカ色”113系が自走で廃車のために長野へ向かったというニュースがありました。こちらではスカ色の113系を見ることはありませんが、湘南色やJR西日本色の113系はまだまだ現役として頑張っています。

ただ、こちらでも225系という新型車両がここ数年で導入されることが決まっているので、これが東海道・山陽本線で運用を開始すると、221系が押し出されて一気に113系や117系の淘汰が進むと思われます。元気そうに見えても、既に登場から30年以上第一線で活躍しているわけで、引退が近づいているのは当然といわざるを得ません。

鉄道ファンに限らず、これが最後!と言われると、どうしてもそこに注目してしまうもの。
今春のはやぶさ・富士は別格として、先日の非パノラマ雷鳥でも多くのファンが沿線を賑わしたのは記憶に新しいところです。かくいう私もキッチリそれに便乗してましたが(苦笑)

とにかく速かった!!

今年度に限ると、残るのは東海道新幹線に入線するフル編成の500系でしょう。
趣味としての捉え方は不順かもしれませんが、このように常に我々ファンが楽しめる環境にある鉄道というのは、なかなか奥行きのある趣味といえます。

これから先、ゆったりと愉しませてもらいたいものです…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

思い立ったが吉日 EF64-1000小加工(1)

みなさんこんにちは

台風がようやく過ぎ去りました。
被害に遭われた皆さんには謹んでお見舞い申し上げます。
かくいう我が家も、隣家との敷居(縦1m×横1.5m程の金属製)が風で飛ばされてしまい、隣家の庭に転がっていました…
近日中に工務店の方に直してもらいますが、天災とはいえもし、これが運悪く誰かに当たっていたらと思うとゾッとします。とにかく、誰も傷つかなくて良かった…

本当に、良くないことは続くモンです(汗)

さて、模型の話でもしましょうか。
いい加減、EF65やEF66を仕上げろ!といったところですが、オーダーしているインレタがまだ届きませんので、足踏み状態なんです。かなりオーダーが立て込んでいるようなので、それまでは違う物を製作しておこうと思います。

090907_EF64-1000JRF_001.jpg
そんなわけで、今回手を出したのがこのEF64-1000です。
KATOから今春に発売された、この『3024-1 EF64-1000 JR貨物更新色』ですが、発売されるや否や、すぐに店頭から消え去ってしまうほどの大人気商品となりました。
私の場合、発売後直ぐに購入したのですが、今では入手困難の模様です。

しかし、この鉄道模型の在庫というのは面白いですね。
実車の人気がある無いに関わらず、在庫が無い物が人気となる。
まるで仕手戦みたいです、なんだかなぁという気にもなりますね。

閑話休題。

このEF64-1000ですが、そのまんまでは面白くありません。
特に、JR貨物所属の『ロクヨンセン』の魅力はスカート周りのジャンパ栓及びコック類の煩雑感ではないでしょうか?
という訳で、今回はスカート部分の加工と、前面手すり類の取り付けだけという簡単な加工を施してみようと思います。

簡単といっても、私には結構難儀な作業なんですが(苦笑)

090907_EF64-1000JRF_002.jpg
まずは解体後に運転台周りを塗装します。
機関車の場合、この部分の色が変わると全体の雰囲気が変わるので必須ですね。

と、ここで本日の気力ゲージが尽きました。
続きは明日以降ということで…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりにゲームをした

みなさんこんにちは

台風です。
それも、今回の台風は非常に強い勢力を保ったまま、紀伊半島辺りから日本全土を通過するという予報が出ています。予想される進路にお住まいの皆さんには何とか無事に過ごしてもらいたいものです。かくいう私もその進路のど真ん中に住まう者なので、今から色々と心配です。

昨日の私のくだらないグチへ多くのコメントを頂きました。
多くの方々のご好意に改めて深く御礼申し上げます。
皆さんのご好意は大変ありがたく、私もかなり気分が晴れました。
そんな温かい皆さんのご期待に沿えるよう、今後も喜んで頂けるようなブログにしていきたいと心より思う次第でございます。

さて、今日のネタは鉄道とは全く違います、ゲームのお話です。
幼い頃は毎日毎日ゲーム三昧で、結婚してからしばらくはPS2にはまったりしていた管理人ですが、子どもが出来てからはそこまでゲームにのめりこむ事はありませんでした。

そんな管理人ですが、昨日色々とサイトを眺めていると『信長の野望シリーズ』最新作が9月に発売されたとの記事がありました。どんなもんかいなぁ?と眺めていると、結構面白そうな感じ。
更にサイトを見てみると、体験版なるものが用意されており、ダウンロードして手軽に遊べるとか…思わずダウンロード(笑)

昨年PCを入れ替えたので、サクサクとゲームは稼動します。
シナリオとしては、長宗我部元親が四国を制覇する過程がプレイ出来ます。
体験版なので、シナリオも期間も限られますが、かなり楽しめました。
思わず製品版を購入してしまいそうになりましたが、ここは我慢(苦笑)

こちらで体験版はダウンロード出来ます、ご興味のある方はどうでしょうか?
http://www.gamecity.ne.jp/tendou/trial/

ただ、オンラインゲームは明らかに危険なので今後も意図的に外します(笑)

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

グ チ

みなさんこんにちは

今日はグチの日です。
いや、別にそんな日があるわけではなく…
単純に管理人のグチです…

ここ数日、余りにも色んな出来事が起こりました。
しかも、悪いことばかり。

良いことも悪いことにすりかえられてしまい、喜べないことばかり。
やっぱり、普段の行いが悪いのかなぁ!?

今日は、グチの日です。
皆さん、勘弁してください (苦笑)

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

人気者でいこう!EF66-27号機編(7)

みなさんこんにちは

台風が迫っているようです、しかも大物。
今週半ばから終わりにかけて、日本列島を縦断する恐れがあるとか無いとか…
色々とこなさなければならない仕事があるのに、困ったものです。

さて、今日は久しぶりに機関車加工のお話です。
本当に久しぶりですね、何時以来でしょうか?
それでは、いってみよ~

090809_EF66-27_020.jpg
ボディの塗装までが終わっていましたので、屋根上の塗装に入ります。
マスキングを行いますが、運転室部分の雨樋上にもちゃんとマスキングするように心がけます。

090809_EF66-27_021.jpg
また、これは大きな特徴でもありますが、ひさし部分の先端はボディ色のままです。
私の場合、細めに切り出したマスキングテープを”貼り付けるだけ”にして、この庇の”つば”の部分をぐるりとマスキングします。この部分って案外目立ちますよ。

090809_EF66-27_022.jpg
ねずみ1号を吹いて完成!
まぁまぁ綺麗に仕上がったのではないでしょうか??

さて、ここまでくれば後はインレタを貼るのみ。
完成までいよいよ後僅かとなりました。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF81最若番機を撮る ~EF81-2号機~

みなさんこんにちは

昨夜子どもと一緒に早い時刻に眠ってしまった為、今朝は滅茶苦茶早く目覚めてしまいました。
起きてしまったものは仕方が無いので、朝からネットをあれやこれやと眺めていると、4092レにEF81最若番機の2号機が充当されているとのこと!
早起きは三文の徳とでも言いましょうか、今までこの2号機は撮影したいと思いながら、なかなか縁が無かった機体だったので、ゴソゴソと写真撮影に出かけてきました…

まずは撮影地選択です。
線形を考えると、朝の湖西線で順光になりそうなポイントは限られます。
ましてや、撮影ともなると候補地は更に絞り込まれます。
そこで、空の状態が良ければ、小野-和邇の築堤、比良山系の様子がイマイチであれば、和邇駅で正面ドカンの構図で行こうと考えていました。

途中、空の様子を見るとどうも北の空は怪しい。
しかし、太陽のある南側は綺麗だったので、和邇駅での撮影に決定。
初めての撮影ポイントだったので、大変心配だったのですが…

09100401.jpg
091004 08:31 4092レ EF81-2号機牽引 和邇駅通過。
結論から言うと、想定通りの良いポイントでほっとしました。
パンタに架線が入ってしまうのが玉にキズですが、これ位は仕方無しかなと…
初めてのEF81-2号機、後数年の活躍でしょうが、それまで何回出会えるだろうか!?

09100402.jpg
091004 08:52 4022M サンダーバード6号 和邇駅通過。
指差し確認!
681系サンダーバードも格好良いですね。

09100403.jpg
091004 08:58 3096レ EF510-19号機牽引 和邇駅通過。
レッドサンダーも格好良い~!!

09100404.jpg
091004 09:07 2813M 京キト S3編成 和邇駅。
この117系も225系が登場すると、221系へ置き換えられるんだろうなぁ…

09100405.jpg
091004 09:16 4008M 雷鳥08号 京キトA01編成 和邇通過。
パノラマだけになってしまったんだなぁ~
まぁ、パノラマでも十分に格好良いんだけど。

09100406.jpg
091004 09:21 4002レ EF81-45号機牽引 日本海号 和邇駅通過。
今日はローピン45号機牽引!
最近、トワイライト釜ばっかりだったので、ちょっと新鮮(笑)
写真を見ると、架線の影が顔の良いところにいってるので、もう少しシーズンが進んでからの方がこのポイントは楽しめるかもしれません。

以上、今日は初ポイントで楽しめた!!!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

オハ24-300 なはレガート(1)

みなさんこんにちは

今日は親類宅のPC調整に借り出されました。
LAN設定とプリンタ設定、及びE-Mail設定を依頼されました。
特に問題なく作業は進み、早く帰れるかな?と思っていたのですが、最後の最後で問題発生。E-Mailの設定で、Outlook Expressから送信だけが出来ないのです。
結果的に言うと、送信ポートの調整に問題があったのですが、オンラインでのQ&Aコーナーを探すのに手間取り、1時間近くもロス…
最終的には全て問題なく動作するようになり、夕食も頂けたので良かったのですが…

そんなわけで、模型の加工は全然進まなかったわけです(苦笑)

機関車加工が気分的に乗らなかったので、今日は客車の方に手を出しました。
なはレガートの製作ですが、IPAで塗装を落としたところまでは進んだので、埋める必要のある窓の加工に進みます。

090831_oha24-300_003.jpg
といっても、さほど変わったことをしているわけではありません。
0.5mmのプラパンから窓の縦サイズに合わせた細長い物を切り出し、各窓を埋めます。
写真のように、必要な箇所を直接ボディに書き込んでおくと楽ですよ。

と、ここまで作業を進め、文面を用意したところで今日のお仕事はストップ…
実はこの文章も日付が変わってから記入しています。
理由は、子どもが一緒に寝て~!と言うので、一緒に寝たら、親の私のほうが先に寝てしまったからです…

まぁ仕方ないかなと(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

交直転換

みなさんこんにちは

10月に入り、秋雨前線の影響で天気が優れません。
来週もしばらくこんな天気になるようですね。
まぁ、降るべき時に雨は降る必要があると思うので、これはこれで良いと思います。
雨が無いなんて、もっと悲惨ですから…

さて、今回は先日乗車した、最終非パノラマグリーン車乗車のお話です。

北陸本線では、北陸トンネルの南側出口と敦賀駅の間で交流と直流の電源切替が為されます。
数年前までは北陸本線長浜-虎姫間、湖西線永原-近江塩津の間にこの区間が設定されていましたが、現在では敦賀駅北側で行われるようになりました。その為に、アーバンネットワークの主役でもある新快速が敦賀駅までやってくるようになったわけです。

走行中、この区間では車内の室内灯が落とされます。
特に夜間ではデッドセクションを通過中、車内は非常灯のみになり暗くなります。
新しい車輌では特にそういったことは無いので、雷鳥のように古い車輌に乗車していると、否が応でもこの電源切替を感じられるわけです。

今回、丁度この区間を通過する際に動画で車内の様子を記録しておりました。
今回はその様子をyoutubeにアップしました。
その様子をここに紹介します、お時間のある際にご覧頂ければ幸いです。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。