スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PFあすか

みなさんこんにちは

久しぶりの撮影に出かけてきました。狙いは、PFが牽引する『あすか』です。
貴重な存在となった客車列車がブライダルトレインとして京都と彦根を往復するということで、今日は約1年ぶりに安土の大町踏切へと出かけて参りました。

この列車、ダイヤ情報には『サロンカーなにわ』と記されていたそうですが、私はかなり前からPFが『あすか』を牽引すると言う情報を得てたので、現場で『大サロだ!』『あすかだ!』と言う話し声があちこちから聞こえてくると、逆にビックリしました。

と言うわけで、列車が来る少し前に現場に到着したのですが、私がセットした後からどんどん人が集まる集まる!最終的には20名ほどになったでしょうか!?

やがて通過時刻が迫ります。しかし、忘れもしません、昨年のあの恐怖!
そう、目の前ではやぶさ・富士の被りを逃れた、あの生きた心地のしない恐ろしい過去です。
しかし、通過時刻を調べると、今回もかなり被りの危険性が…
いやぁ~な予感が頭をよぎる中、近江八幡よりの踏切が鳴りだしたのが聞こえます、今回は何とかそんな恐ろしい思いをしなくて良いなぁと思っていたところ、今度は逆に安土駅方面の踏切からも”カーンカーン”という美しい音色が…

え!?
え~!?
マジでございますか!?

近江八幡側を見ると、PFのヘッドライトがキラリ!
一方、安土側にも新快速223系のヘッドライトがギラリ!

やぁ~めぇ~てぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!
付近から悲鳴が聞こえだします。
かくいう私の頭の中にも悲痛な叫び声が響き渡ります!

しかし、今回は昨年とは逆に下りの新快速の足が思った以上に速い!
それに比べて、あすかの足は少しゆっくり気味!!

頼む!!新快速!!!その全身全霊の足力で過ぎ去ってくれ~!!!
現場の全ての人の想いが223系の足回りに届いたのでしょうか…

09052401.jpg
090524 14:07 EF65-1124号機牽引 あすか号 安土-近江八幡間通過。

この踏み切りはどうして撮影者にここまで試練を与えるのでしょうか…
新快速が目の前を通過した直後にあすか号通過…
ホンマにたまらんわ…(苦笑)

通過後、やれやれと言った感じで、一気に撮影していた方々が現場を後にされました。
あれだけ賑やかだった現場はあっという間に閑散となりました(笑)
しかし私は、返しのあすか号も同じ踏切から撮影することにします。
一回この踏切で下りを撮影してみたかったからです。
で、あれやこれやと撮影するアングルを変えてチャレンジしてみたところ、うまく決まりそうな場所を発見!返しの時間帯はちょうど陽が良い感じになると予想し、ここで粘りました。そして…

09052402.jpg
090524 16:00 EF65-1124号機牽引 あすか号 安土-近江八幡間通過。

やってもぉたぁぁ!!!

両数を間違えると言う、考えられないミスのためにプッツン(苦笑)
まぁ…こんな日もあるさ…

現場で一緒に撮影された方、お疲れ様でした (笑)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

三十路男

みなさんこんにちは

今日は鉄関係のお話は特にない…と思います(苦笑)

今年の7月で私も35歳。
人生も半分だなぁ~

その半分の頃って何してたろ?17歳
17歳って憧れますよね。

あの頃の憧れと今の自分はどれだけ重なっているだろうか?
多分、全然重なっていない、下手したら正反対(笑)
でも、それが人生の醍醐味かな?

今も思い出します。
大学の学祭のステージで100人以上の観客の前でステージを所狭しと走り回り絶唱した尾崎豊の『17歳の地図』

尾崎豊…死ぬなよな、バカたれ
今生きてたら、きっと川島英五みたいな深い唄を届けてくれたんじゃないかなと思う。

馴染みの美味しい店が6月で閉店となります。
時代はいつでも止まることを知りません。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

さよならセンゴック(最終回)

みなさんこんにちは

今日も陽射しがとてもきつくて、仕事で外出中はヒィヒィ言ってました。
でも、日陰に入ると途端に涼しくなります。湿気が低いから、まだまだ過ごし易いですね。
こんな時でもなければ、模型の製作も出来ませんね(苦笑)

数回にわたって紹介してきました、センゴックことEF65-1059号機もようやく完成です。
それではどうぞ~

090404_EF65-1059_014.jpg
Hゴムの修正も終わり、インレタを貼る作業を終えていよいよ組み立てです。
しかし…窓ガラスが入っていない状況ってのは、廃車途中のようですね(汗)

090404_EF65-1059_015.jpg
ボチボチ組み上げていよいよ完成!!
今回は青の塗装が綺麗に決まったので、ちょっと満足。

090404_EF65-1059_016.jpg
試走を兼ねて、ワム貨物を牽引させた状態でパチリ。
数年前は、実際にこんな姿が見られたと思うと…

090404_EF65-1059_017.jpg
youtubeにその様子をアップしてみました。
模型であっても”タンタンタン”と言うあの独特の音がします(笑)

このEF65-1059号機はご依頼主の方の所へと旅立っていきました、末永く可愛がってもらえることでしょう。そう思うと、このセンゴックは幸せなヤツなんだろぉなぁと思います。

実際のセンゴックは既に思い出の1台となりました。
これから毎年のように思い出の1台が増えていくのかと思うと、今から寂しい限りです(苦笑)


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

さよならセンゴック(3)

みなさんこんにちは

暑過ぎませんか?
どうですか?
暑過ぎませんか?(苦笑)

はい、そういうわけでセンゴック製作も大詰めです。
今日は側面モニターの塗装を紹介しましょう。

と、その前に先日の記事の補足です。
前回、正面の黄色を青色の後に塗りましたと記載しましたが、正確には一旦ねずみ1号を吹いてから、その上に黄色を塗っています。もともと塗料のノリが悪い黄色系ですから、青色に直接吹いても塗料が乗りません。そこで隠ぺい力の高いねずみ1号を吹いてから黄色を塗装したわけです。たぶん、こうしないと黄色は発色しないだろうなぁと思います。

話を今回のモニター塗装に戻します。
いつもであれば、筆なり爪楊枝なりで塗装しているHゴムの白表現ですが、先日jnrnitirin485さんの記事で見事にエアブラシを用いて綺麗にHゴムを塗装されておられる様子がアップされていました。この記事ですが、その余りの美しさに眩暈すら覚えてしまいました(笑)
と言うわけで、私も真似てみたのですが…

090404_EF65-1059_008.jpg
マスキングを始めます。
失敗したら泣きそうです(笑)

090404_EF65-1059_009.jpg
こんな感じで、横のラインはマスキングテープで、縦のラインはマスキングテープとマスキングゾルの合わせ技でマスキングを施してみました。

090404_EF65-1059_012.jpg
覚悟を決めてえいやっ!!!

090404_EF65-1059_013.jpg
出来上がりましたが…

むぅ~
はみ出しや足りない部分が結構気になります。この部分は当然補修が必要となりますが、問題が無い部分に関しては、今までとは比べ物にならないくらい綺麗にラインが出ています。これは面倒且つ勇気のいる塗装ではありますが、次回から白表現の際には必須の技かもしれません…

ここまでくれば完成まで後僅か
次回はいよいよ完成編となりそうです。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

さよならセンゴック(2)

みなさんこんにちは

さすがにこれだけ暑いと参りますね。
昨日は用事で一日外に居たわけですが、真っ赤に焼けてしまいました。
日焼け止めを塗っておけば良かった…

さて、製作中のセンゴックのお話に戻ります。
ご依頼を頂戴して今回はセンゴックを製作しているわけですが、かれこれ今まで何台製作したかもう覚えていないくらい作りました。こういう特徴の有る機体を製作するのはやっぱり楽しいものですね。

090404_EF65-1059_004.jpg
今回は今までと塗装の順序を変えて製作しました。
これまでは黄色を塗った後、ブルーを塗っていたわけですが今回試験的に逆にしました。
前面の塗り分けのエッジがどちらが立つのか試してみたかったので…

090404_EF65-1059_005.jpg
いつもとは逆のマスキングになるので、ちょっと戸惑いました。

090404_EF65-1059_006.jpg
まぁ…うまく出来たかなぁ??
今回の黄色はいつものgaiaの黄橙色に白を加えてみました。
gaiaの白6:gaiaの黄橙色4の割合です。

090404_EF65-1059_007.jpg
1059を正面から見ると、黄色の塗り分けの下部分は貫通扉より少しだけ上になっているので、今回はワザとそれを強調してみました。

ただ、それ以前に下のラインの塗り分けは難しいなぁ…
マクロレンズで見ると辛い(苦笑)

とりあえず今日はここまで。
次回はHゴム表現と苦闘する様子をお伝えします(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

さよならセンゴック(1)

みなさんこんにちは

ここ数日、テンプレートをいじりまくってます(汗)
これまで使用していた物もかなり気に入っているのですが、諸般の事情で新しいテンプレートを採用してみたものの、イマイチそれもしっくり来ず、他のテンプレートを探してきて、それを思い切りカスタマイズしてみました。
かなり自分が思ったものに改造出来たとは思うのですが、改造が進むにつれてこれまでのテンプレートの完成度の高さを思い知らされる羽目となり、完全にどツボです。
しばらくはこんな感じでリニューアルを繰り返すかもしれません、すみません(苦笑)

さて、模型加工のお話です…
先日、大宮工場へEF65-1059号機が廃車の為に運ばれたニュースは皆さんご存知かと思います。その後どのような処遇となるのか注目されていましたが、あっという間に解体されると言う結果となりました。
廃車の為に運ばれたワケですから、即座に解体されても仕方の無いこととはいえ寂しいものです。
と言うわけで、このセンゴックを久しぶりに製作してみようと思います。

090404_EF65-1059_002.jpg
ベースに使用したのは、TOMIXの2171 EF65-1000貨物更新仕様です。
これと言って特別なことはしてません。自分の出来る範囲での加工ということで、運転窓下の手すりやPラインの消去、その他手すり類の取り付け部分のモールド切除などを行います。

そうそう、この機体の場合はスノウプラウが付いておらず、形状が違いますのでカプラー押さえは他の車両から拝借しました。
しかし、このカプラー押さえはTOMY-TECさんでも全然手に入らない状況が続いております。
TOMIXさん、お願いですからこれを別売パーツに昇格させてください…

090404_EF65-1059_003.jpg
IPAプールにしばらく放り込んでから、塗装を剥がします。温かくなってきましたので、塗装を落とすのも楽になりました、今回もあっという間に綺麗に剥がれ落ちてくれました。

モールド処理がうまくいってない部分などを見つけては調整して、全体に白サフを軽く吹きます。
今回は結構順調に作業が進んでいます。本塗装は次回紹介します。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

彦根までお散歩

みなさんこんにちは

GWもいよいよ終盤、皆さん如何お過ごしでしょうか?
私の場合は、遠征に出たり、模型を作ったり、実家で浴びるほど酒を飲んだり(笑)と、まずまずの休日を過ごしたような気がします。

そんな休日の最中、リンク先の新・酒井塗装工房の管理人さんから、彦根のライブリー・スペース「和」に出向くので、タイミングが合えばどうでしょうか?というお誘いを頂戴しました。
時間的にも何とかなりそうな状況でしたので、生まれて初めて彦根の『和』まで出かけてきました。

09050601.jpg
まず、場内を見ての感想です。
デカい、デカいとは聞いていましたが、これほどまでとは…
その巨大なレイアウトに圧倒されながら、ここで新・酒井塗装工房の管理人さんと初めての対面です。
早速ご製作の様々な作品を拝見したのですが、流石に見事な出来の作品ばかりで圧倒されてしまいました…

09050602.jpg
まず目に飛び込んできたのが、高崎更新色のEF64-1000重連の貨物です。
勿論、先日の新製品ではなく管理人さん作の物です。
上手に作ってあるなぁ~

09050603.jpg
この日は酒井さんのお友達もいらっしゃっており、お友達は列車をメインに走らされておられました。

09050604.jpg
ラッピング列車を再現されておられました、これをフル編成に施すのはかなり面倒かと…
ただ、これが何系でどこを走っているのかは分かりません(笑)

09050605.jpg
伯備線のEF64-1000です、こちらも酒井さんの作品です。
いやぁ本当に大した物です…

私の時間の都合上、直ぐに退散せねばならなかったのが非常に残念でしたが、多くの為になるお話や情報を頂戴し、貴重な経験となりました。
また此方へいらっしゃる際には、もう少しゆっくりお話出来れば良いですね。

この度は本当にありがとうございました!!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

TOMIXベースのPF前期型(最終回)

みなさんこんにちは

引っ張るだけ引っ張った今回のPF前期型ですが、ようやく完成しました(苦笑)
その内製品が発売されてしまうと思いますが、まぁこれはこれで良かったと思います。

081010_EF65-1031_030.jpg
はい、完成しました。
何となく、PF前期型に見えると思います(苦笑)

081010_EF65-1031_031.jpg
屋根上の様子ですが、こんな感じになりました。
なかなか上手くいかないもんですね(笑)

このEF65-1032号機の実車は既に運用を離脱し、解体を待つ身となっています。
からし貫通扉のPFとして最後まで頑張っていた1033号機も遂に運用を離脱した模様で、これを以って広島更新色の前期型からし貫通PFは消滅と言うことになりました。

今回製作したEF65-1032号機はこのまましおっち機関区へと新製配置となる『予定』ですが、今のところ入線は何時になるか未定です(笑)

090404_EF65-1059_001.jpg
と言うわけで、いよいよ次の頼まれ物の製作に入ります~
もうちょっと待っててね、K君!(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。