スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EF65-502号機を模型で復活させる!(3)

こんにちは。
花粉症でずっと鼻がグズグズしていたのですが、今朝明らかにその花粉症とは違う感覚が…
鼻の左側の内側がズキズキして、歩くと振動で頭がガンガンする始末。
おかしいと思って耳鼻科に行ったところ、やはり内部で炎症が起こっているとのコト。
お医者さんには『お酒は駄目ですよ』と念を押されました(笑)

080209_EF65-502_010.jpg

さて、本体の塗装に入ります。
予め乗務員扉の部分にはモリタのサンドイエローを吹いた後、マスキングを施します。
その後にモリタのディープブルーで全体を塗装しました。

080209_EF65-502_011.jpg

ディープブルーを吹いた後にマスキングにかかります。
慎重にくるりと貼ってみましたが…

080209_EF65-502_012.jpg

定規で確認すると、思い切りいがんでいるのがよくわかります(苦笑)
これでは勿論話にならないので、納得いくまでやり直しです。

080209_EF65-502_014.jpg

やり直すこと数回、ようやく納得出来るレベルになりました。
真っ直ぐのラインを出すのは本当に難しいです、なんか良い方法無いかなぁ~

080209_EF65-502_015.jpg

白を吹いて塗装は完成!
この後インレタを貼りますが、ここで一旦作業は中断します。
これは私の勝手な思い込みなんですが、これで完全に塗料を乾燥させているつもりです(笑)

さぁ、いよいよ次回はパーツを組み込んでいって完成だ!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65-502号機を模型で復活!(2)

こんにちは、久方ぶりの更新となります。
今週は仕事だなんだでバタバタしてました。その間に、遂にあの茶釜ことEF65-57号機が高崎から岡山機関区へやってきました。
待ちに待った茶釜ですが、未だ運用には入っていない模様。早くバリバリと働き出して欲しいものです。その反面、EF65-1038号機がここ1週間ほどお仕事に入っていないようで…

さて、そんな高崎機関区に所属していたEF65-500番台P型機の502号機製作を進めます。
併せて今回は528号機の製作も進めていきます。

080209_EF65-502_005.jpg

まずはIPAプールに放り込んで塗装を剥がします。
今回はベース車として、502号機にはTOMIX 2167 EF65-500F型を、528号機には同じくTOMIXの高崎機関区セットのP型539号機を使用しました。

080209_EF65-502_007.jpg

スカートは2台とも高崎機関区セットのスカートを使用しました。
モールドを削って、銀河モデルのブレーキホースを取り付けます。

080209_EF65-502_009.jpg

502号機の大きなポイントである屋根上モニター部の窓埋めも上手く出来ました。
これはかなり目立ちます、結構手間は掛かりましたが、良かった良かった。

080209_EF65-502_008.jpg

製作途中に新・酒井塗装工房のあっきーさんから、528号機の台車があの初代レインボー機、EF65-1019号機の台車であると言うことを教えてもらいました。
何も知らずに作っていれば、そのまんま500番台の台車で製作するところでした、あらためてこの場にて御礼申し上げます。

左が502号機用の台車、右が528号機用の台車です。
砂箱の形状に違いが有るのがよくわかりますね。

さて、次は本体の塗装です。この連休中に何台か仕上げてしまいたいなぁと考えています。
ただ、今までそんなに予定通り行った事は無いので、ボチボチ出来れば良しとしますか(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

お手軽加工 TOMIX EF65-535(後編)

こんにちは。
久しぶりに天気が良くなったような気がします。
今週はず~っと雨が降ってたような…

昨日、某しおっちさんから、関が原までEF64-35号機の撮影にお誘い頂いたのですが、家族運用もあってお断りいたしました。なにやらアクシデントが続発したそうですが、結果的には記念のお写真が上手く撮れたようで良かった良かったです。

さてさて、昨日からの続きです。
EF65-535号機のドレスアップを続けてみましょう。

080419_EF65-535_007.jpg

パンタグラフとスカートにはミッチャクロンを吹いてから、クレオスのC-306 FS36270グレーを吹きました。
このカラーは台車などに結構向いていると思うのですが…

080419_EF65-535_008.jpg

パンタグラフには、細かく色挿しを行います。
碍子と先端部には白、擦り板部にはコッパー、そして折れ部の赤はアクセントになるので忘れずに!

080419_EF65-535_009.jpg

はい出来ました!
簡単なんですが、雰囲気は最高です。

080419_EF65-535_010.jpg

台車のステップ部や、スノウプロウのステップに白を挿したのですが、これが目立ちます。

080419_EF65-535_011.jpg

ホイッスルにはKATOのAssyパーツを流用します。
この金色のホイッスルが屋根上では結構なインパクトになります。

今回はボディには全く手を付けず、その他の細々とした所だけ手を入れました。
元になるこのTOMIX製EF65-535号機の完成度が相当高いからでしょう、素晴らしく見栄えが良くなりました。本当に些細なことなんですが、今回のドレスアップは大成功でしょう。

しばらく加工作業を行っていなかったので、良いリハビリになりました。
さぁ、いよいよ502号機と528号機を仕上げるとしましょうかねぇ~!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

お手軽加工 TOMIX EF65-535(前編)

しばらく更新が途絶えておりました。
今週は仕事の飲み会が多く、毎日ご陽気でした(苦笑)
来週もまた予定が入っているので、しばらくは模型作りのペースも落ちそうです…

さて、今日はTOMIX高崎機関区セットのEF65-535号機をドレスアップします。
元々大変出来の良いモデルですが、少し手を加えるだけで更に格好良くなります。
コンテナで傷心の私にはちょうど良い感じとなりました(笑)

080419_EF65-535_001.jpg

はい、こちらがベースになるTOMIXのEF65-535号機です。
そのまんまでも十分に格好良いです。

080419_EF65-535_002.jpg

今回手を加えるパーツを並べました。
パンタグラフ、スカート、スノウプロウ、台車…
必要な部分に塗装と色挿しを施します。

080419_EF65-535_003.jpg

メインの加工はスカート部です。
コック類のモールドを全て削って、銀河モデルのパーツを取り付けます。
0.5mmの穴をピンバイスで空けて準備します。

080419_EF65-535_004.jpg

はい、こんな感じなりました。
後はミッチャクロンを吹いた後、灰色を塗っていきます。
ボディに手を出さないでよいと、こんなに楽なのかと思いました(笑)

080419_EF65-535_005.jpg

おまけ
不良部品です(笑)
コック部分のモールドがありません…
どうしたらこんなものが出来たのか、逆に感心しました(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

あれから1ヶ月

こんにちは、東京出張の疲れがまだ取りきれていない管理人でございます(笑)

さて…あれから、1ヶ月ですね。
3月14日、といっても別にホワイトデーじゃないですよ(苦笑)
ちょうど1ヶ月前のあの日、私は寝台特急なはあかつき号の車内におりました。
今でもPCに保存してある画像を見る度に、あの日を思い出します…

以前から私はよくYoutubeでいろんな映像を見ているのですが、今日はこの動画を紹介します。
熊本で放送されたドキュメンタリーです。
容量の関係だと思われますが、3分割されてアップされています。
とりあえず、3本続けてご覧下さい、もうそれ以上の言葉が見つかりません。

08041401.jpg

第1部。

08041402.jpg

第2部。

08041403.jpg

第3部。

特にコメントの必要は無いと思います。
歳を取ったからでしょうかね、最後のシーンでは恥ずかしながら涙を抑えることが出来ませんでした。

来年はいよいよはやぶさ・富士…
もう、これ以上は本当に勘弁して欲しいと思います…

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東京出張鉄ヲタ編

こんにちは、管理人です。
先日東京出張があって、管理人は勿論新幹線は使わずに東京まで行ってきました(苦笑)
昨年はサンライズと銀河の組み合わせだったのですが、今回は銀河が廃止されてしまった為に、帰りにムーンライトながらを利用してみました。

08041201.jpg

運賃を安く上げるための常套技、ノビノビ座席です(笑)
前回乗車した時、枕が無いことを学習したので、今回は100円ショップにて空気枕を購入。
意外とこれは大きなポイントです、枕が無いと眠れない方は是非参考にして下さい、サンライズのノビノビ座席には枕が有りませんので…

東京駅に到着後、仕事まで時間が膨大に余るので上野駅へ。
駅員さんに、カシオペアが本日やって来ないという事を聞いてガックリ(苦笑)

08041203.jpg

定刻に上野駅へ到着した北斗星。今回はEF81-93号機でした。
ひそかに、81号機や95号機を期待していたのですが…

08041204.jpg

この列車の外板もかなり傷んでます。

08041205.jpg

推進運転の為に、貫通扉を開いています。

08041208.jpg

仕事が品川方面なので、上野から戻ってくるとちょうどはやぶさ富士が入線していました。

08041207.jpg

後1年で役目を終えるからとはいえ、これも酷い…

その後、ちゃんと仕事を終えて(笑)いよいよ帰路に就きます。
実は私は椅子に座ったまま眠れない人間です…
ですから、今回のながら乗車は最後まで高速バスや新幹線と悩んだのですが、一回位は話しのタネにと思って頑張ってみたのですが…

08041209.jpg

発車時刻より僅かに遅れて発車しました。
ちょうど前々日に青春18切符の期間が終了しており、車内は空いているのかなぁ?等と甘い考えをしていたのですが、金曜日の夜と言うこともあって残念ながら?満席でした(苦笑)

結論から言いますと、もう私は乗りません(笑)
やっぱりあの座席では寝られませんでした。少しうとうとしては目が覚め、そしてまたうとうとしてはの繰り返し。更に静岡、浜松、豊橋での長時間停車ではどうしても眠りに就く事が出来ませんでした…

ようよう大垣にたどり着き、加古川行きの快速と、米原からは新快速に乗り換えて京都に着いたのが朝の8時半ぐらい。家に帰ってシャワーを浴びた後、泥のように眠ってしまいました。

あぁ…今回ほど銀河の廃止を恨めしく思ったことはありません…
横になって移動出来るというのと座席に座ったままでは、身体に対する負担が全く違います。
また、乗り換え無しに関西圏まで帰ってこられるというだけでもありがたい物です。
JRさん、やっぱり東京と大阪の間に1本くらい寝台列車を残してください、お願いします(笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コンテナ作り…嗚呼無情の巻

みなさんこんにちは。
今週の日曜日の後、全国的に天気が大荒れのようですね。
私の住む地域ではその日曜日くらいが桜の満開だったので、一気に桜も散ってしまったかもしれません。もう一回くらいは桜の写真を撮りたかったのですが…

さて、先日走行会を行った際にjinさんから、コンテナ用のデカールを頂戴しました。
某大手運送業のコンテナでカールなんですが、果たして上手く出来るやら…

08041001.jpg

ベースになるコンテナには、朗堂のC-4401を使用します。

08041002.jpg

色は、gaiaの13番ビリジアングリーンを選択。

08041003.jpg

エアブラシで全体を塗装します。
ここまでは問題無く進んできたのですが…

08041004.jpg

ガッデム!(涙)
初めてで、全然上手くいかないのは仕方が無いとして、これは…
デカールを水に浮かして、コンテナの上に大量の軟化剤を塗りたくって貼り付けたのですが、コンテナ表面の凸凹に入り込んだ水分が綺麗に取り切ることが出来ず、またその際にシワが出来てしまってこの様です…

あぁ、貴重なデカールを…
ショック大です。

08041005.jpg

気を取り直して、今度は側面の小さいデカールを貼ります。
今度こそ…

08041007.jpg

ソフトマターをたっぷり上下に乗せて…

08041006.jpg

やっぱり駄目だ…

うーむ…先行き真っ暗です。
どうすれば綺麗に気泡や水分が抜けて、乾いた時にコンテナ表面へ綺麗に貼りこめるのでしょうか…
もう二度とやりたくない衝動にかられかけています(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65-502号機を模型で復活!(1)

こんにちは、胃腸が弱っている管理人です(苦笑)
最近どうも具合が悪いので、アルコールを控えております。
なんと今週はたったの1回しか飲んでいない!どうしたんだ、私!(笑)

くだらない話はここらにしまして…
去る3月31日、高崎機関区に所属していた非貫通タイプのEF65型機関車は全て運用を離脱しました。
もちろん、あの535号機も例外無く、もう本線上を走ることは無くなったわけです。
老朽化という避けられない状況だったのは理解出来ますが、やはり残念でなりません。
これで日本に残るEF65の非貫通タイプは岡山とPトップを残すのみ。一時代を築いたこの機関車にもカーテンコールの時間がいよいよやってきたようです。

さて、そのEF65の非貫通タイプの中で今回私が製作に取りかかったのが、既に運用から外れて久しい、EF65-502号機です。
実車はブルーサンダーとの衝突事故で予定より早く運用離脱してしまったようですが、今回模型でその雄姿を復活させてみようと思います。

080209_EF65-502_001.jpg

今回、種車には2台のTOMIX製EF65を使用しました。
一つは高崎機関区セットのEF65P型の下回り。そしてもう一つは2167のEF65-500F型です。
理由は、502号機の場合テールライト形状が小判型で、これを再現しているのがEF65-500F型だからです。また、F型とP型ではスカート形状が全く違うので、これは高崎機関区セットの方から流用します。
今回は同時にEF65-528号機も製作しています。理由は後ほど…

080209_EF65-502_002.jpg

502号機には特徴が何点かあって、その中でも最も大きな物である、屋根上モニター窓の埋め立てです。
何故だか知りませんが、この502号機の屋根上モニター窓は埋められているのです。
なんでなんでしょか??

080209_EF65-502_003.jpg

パテを使って、全てのモニター窓を塞いでいきます。
爪楊枝が大活躍してくれました。

080209_EF65-502_004.jpg

全ての窓にパテを閉じ込めて、後はしっかりと乾燥するのを待ちます。
完全に固まらせてあげたいので、これで数日おいておこうと思います。

さぁ、今回はどんな感じになるかな~!?

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

桜満開の中を…

みなさん、こんにちは。
昨日の予告どおり(笑)満開の桜をバックにしての撮影に行ってきました。
場所はこの時期の定番ポイント、長岡京と山崎の間の桜ポイントです。
私が到着したのが6時半くらい、先客が1名いらっしゃいました。

08040601.jpg

まずはEF66の前期型更新色の貨物。このカラーも小数になってきましたね。

08040602.jpg

今日はこの1枚の為にやって来たといっても過言ではありません、きたぐにの回送です。

08040603.jpg

485系雷鳥も2011年で遂に引退の予定です。寂しくなるなぁ~

08040604.jpg

金光臨でやってきたキハ181系11連です。これだけ連なると、さすがに迫力です。

08040605.jpg

通過後の様子。
排気で辺りが真っ白になってしまいました(笑)

08040606.jpg

今日はその他にもエーデルまでやってきました。
思ってもいない物が撮れたのでラッキーです。

08040607.jpg

場所を移して河原から満開の桜と菜の花を織り交ぜて1枚。

今日は早起きした甲斐がありました~

おまけ↓

続きを読む

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

さよならあかつき弁当

みなさん、こんにちは。

今日は一日家族と出かけていました、たまにはちゃんとお父さんにならなきゃいけませんな(苦笑)
ちょうど今、京都は桜満開です。
しかし、京都へやってくる観光客の数は凄い!
今日も、普段なら5分もかからずに到着できる場所まで、なんと30分以上もかかりました。
正にシーズン到来と言ったところですね。

さて、今日は特にたいしたネタが無いので、以前に撮影していたものを紹介します。

08040101.jpg

『さよならあかつき弁当』
先日長崎駅で購入したお弁当です。3月1日~14日まで発売されていたそうです。

08040102.jpg

中身はこんな感じです。長崎にゆかりのある食材を集めて作られたもので、大変美味しく頂きました。
ちなみに、このお弁当の表紙はラミネート加工して保存しました(笑)

08040103.jpg

話は全然変わりますが、子供のおもちゃです。
なにやら、テールマークが外れてしまったようなので取り付けろと言われました。
綺麗に貼り付ける面を拭いたあと、両面テープで貼り付けました。

08040104.jpg

プラレールのおもちゃとは言え、十分にイメージを掴んでいますね。
思わず、塗装変更したくなりました(笑)

さぁ、明日はこの満開の桜をからめた写真をどこかに撮りに行こうかな?

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

センゴック出来た!(最終回)

こんにちは、春の花粉症祭りを謳歌している管理人でございます。
薬が切れた瞬間にやってくる、あの地獄めぐりは花粉症の方だけの特権です。

さて、今回でいよいよセンゴックも完成です。
これで都合4台目のセンゴックですが、果たしてちゃんとグレードアップ出来ているのか不安です。
ただ、私のような下手糞には努力と練習しか上達の道は無いので、懲りずにこれからも頑張って作っていきます。

080330_EF65-1059_011.jpg

いつものように、KATOのナックルカプラーを取り付けます。
そのままではプラ成型のテカりが気になるので、これもミッチャクロンでプライマ処理してから、改めてGMの床下機器用黒を塗装します。

080330_EF65-1059_012.jpg

こちらが取り付ける側のスカートです。
コックの両端が白で塗られているのがポイントですね。

080330_EF65-1059_013.jpg

そして全てのパーツを取り付けて完成です!
実際には1台しか存在しないセンゴックが2台も並んでいるのは不思議ですね(笑)
この機関車も本物についてはあまり良い噂を聞きません。
出来れば一度くらいは実物を拝んでみたいと思います(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

センゴック製作中~(2)

みなさんこんにちは、管理人でございます。
ここ数日は寒さがぶり返しましたね、三寒四温の言葉どおりの気候になっています。
まぁ私の鼻はもう完全に春シーズン満開なんですが(苦笑)

さて、先日まで全く模型作りをしていなかった(サボっていた)のがウソのように、しばらく模型作りに没頭しております。
完成した瞬間のあの達成感を味わってしまうと、エンジンがかかってしまったと言うか、やはりやめられませんね(笑)

さて、製作中のセンゴックに話を移しましょう。
センゴックの場合、Hゴムは白です。
TOMIXの下関仕様PFはHゴムが黒色塗装なので塗り替えねばなりません。
ただ、そのまんま塗ると、なかなか下地の黒が気になるので、この黒を消したいのですが…

080330_EF65-1059_006.jpg

私の場合はこの燃料用アルコールで黒の塗装を剥がしています。
アルコールをティッシュに滲ませて、ピンセットでくるんで拭いていくと結構簡単にとれます。

080330_EF65-1059_007.jpg

黒が取れてしまえば、後は簡単に塗ることが出来ます。

080330_EF65-1059_005.jpg

本体のほうはgaiaのウルトラブルーをエアブラシで吹いて完成。
今回はマスキングも綺麗に出来たきがします。

080330_EF65-1059_008.jpg

インレタを貼ると、いよいよセンゴックらしくなりますね。

080330_EF65-1059_009.jpg

屋根上モニターの部分のHゴム表現にはエナメルを用います。
はみ出た時の修正がきくので、最近私は細かい場所の色挿しはエナメルばっかりです。←常識!?(笑)

080330_EF65-1059_010.jpg

最後にステップ部分に色挿しを行います。
特に前面ステップ部の白色には注目です。1059の場合、ステップのサイド途中まで白色で塗装されているそうなので、今回はそれに準じた塗り方を施しました。

ここまできたらあと少し。
明日辺りには完成した写真を並べられるかな!?

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。