スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回広島貨物フェスティバル その3

ナンバープレートなどの大物部品が整理券を配っての販売ということが分かったので、ボチボチと場内を散歩してみます。
場内は朝もまだ早いというのに大盛況で、家族連れで大賑わいです。多くの出し物がイベントに花を添え、大変和やかな雰囲気が広がっていました。

07102801.jpg

はるか昔のセノハチの主EF59やEF66-100、EF200新カラーなどなど、多くの機関車が終結しています。その中でも、今年は赤い機関車が目に付きました。

07102802.jpg

北陸の新しい顔EF510と悲運の交直流マンモス機関車EF500の並びです。

07102803.jpg

この日の為にわざわざ仙台からやってきたEH500-53号機です。
こうやってじっくり金太郎を見るのは初めてでした。

07102804.jpg

このように、JR貨物の係員の方が定期的に様々なヘッドマークに交換してくれます。

07102805.jpg

赤い機関車のトリはEF81-19号機です。
最近、初期型EF81の廃車が猛烈なスピードで進んでいます、その中でもこうやって全検出場してくれるのは嬉しい限りです。まだまだ頑張れよ~!EF81-19!!

続きはまた後日に…
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

第14回広島貨物フェスティバル その2

という訳で、今回お話いたしますのは現地で購入した鉄道部品についてです。
昨日も記載致しましたが、3箇所のブースのうち、吹田機関区と広島機関区が販売するブースは早い者勝ちで、開門と同時に多くの人たちで大混雑となりましたが、私達は少し離れてそのブースを覗いてみました。

EF65関係のものが何か無いかな?と探していたところ…

07102904.jpg

多分電流の何かだとは思うのですが、よく分かりません (笑)

07102903.jpg

EF65-19号機の物だそうですが、一体何なんでしょうか…
ご存知の方、是非コメントお願いいたします。

メインのナンバープレートなどは整理券を配布した上で、当選者順に好きなものを購入という形になりました。
そりゃそうでしょうね、あれを早い者勝ちにしたらえらいことになりそうです(汗)
整理券の配布が10時30分からだったので、それまで場内をプラプラすることにしました。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

第14回広島貨物フェスティバル その1

先日ちらっとお話したこともあったと思いますが、10月28日に広島車輌所で行われました、JR貨物主催の『広島貨物フェスティバル』に参加してきました。
当日は、私とウチの長男、私の友達とこのブログにもよく書き込み頂くしおっちさんの4名で、日曜日の未明に車で広島へと向けて出発しました。

途中、中国道、山陽道と約4時間ほどの道のりでしたが、道中しおっちさんと私の私的かつ、とんでもなくビックリな繋がりが明らかとなりました。敢えて詳細は申し上げませんが、真実は小説より奇なりとはよく言ったもので、小説でも考えられないような事実に、車中では大盛り上がりとなりました。

さて、現地に6時に到着。
早過ぎた(笑)
仕方が無いので、山陽本線まで行ってEF67の仕事っぷりを見に行こうということで、付近を車で徘徊していると、なんとEF65に牽引されたコンテナ車の後ろにEF67が付いて走っている姿を目撃!良いものを朝から見られました。
その後、EF65-1032に牽引された、緑色のワムやトキの混成貨物にも遭遇。撮影はしませんでしたが、貨物フェスティバルに行くまで既に十分楽しめました…

そんなこんなで、会場に到着したのが8時過ぎ。車を駐車場に止めてから表門へ回り開場を待ちます。入場してすぐの場所に鉄道部品販売のテントがあり、それがお目当ての方が入り口に張られたロープの前に群がっています…

そして9時半、いよいよ開門!
と同時に、一斉に部品販売ブースへ多くの方が駆けていきます。
鉄道販売ブースは3箇所に別れており、ナンバープレートなどの人気部品を展示している場所と、廃車になった機関車から取り出した部品類やスタフ等を、広島、吹田のそれぞれの機関区が各々に販売しておりました。

で、私もボチボチとそのブースを覗きに行ったのですが…
続きは明日以降で。
今週はこの広島貨物フェスティバルの様子を1週間にわたって案内していく予定です。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

えいでんまつり

今日は叡山電鉄が主催する『えいでんまつり』に出かけてきました。
今年で3回目と言うことでしたが、家がイベントの行われる修学院車庫から近いということもあり、毎年散歩がてらに訪れています。
それではその様子を報告して行こうと思います。

07102701.jpg

住宅街の中に全く違和感無く溶け込む修学院車庫も今日は大変華やかです。

07102702.jpg

大人気の動物園列車も展示されていました。

07102703.jpg

このイベントの為に保存されている?デオ600系です。
この後、イベント走行に向かいます。

07102704.jpg

イベント内で行われていた『縁日』のような屋台で販売されていました。
電車型の『たい焼き』です。あずきとクリームがありました。
1個ではなく”1両”100円でした。美味しかったですよ (笑)

この修学院車庫ですが、それほど大きな施設ではなく、このえいでんまつり自体も本当にアットホームなほのぼのとしたイベントです。全部を見て回ってもおそらく30分もあれば十分に堪能出来るのではないでしょうか?

こういうイベントは規模はどうであれ、大変手がかかることだと思います。
えいでんの皆さん、今日は本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

EF65 116号機に出会う

余りにも悪いことが続くので、気分転換にたまには過去に撮影した画像をアップします。

07102401.jpg

先日、安土で撮影した8865レです。
この日は国鉄色のEF65-116号機が入っていました。

私は、この長いタキが入っているのを見るのは初めてでした。
この8865レはいつも色んな貨車が連結されているのですが、編成が短いので少し寂しいですね。でも、EF65を見られるだけでもありがたく思わねば…

模型工作の方は完全に一回リフレッシュしてやり直しですね。
ひさしの折れたEF64-1015は私の物として完成させましょうかね (笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

挫折寸前 EF64-1015 (10)

ここしばらく本当にロクなことが無いと思っていたのですが、遂にそのダメダメスパイラルは鉄道模型にまで及んでしまいました…

昨日のアップ画像を今日何となく眺めていると違和感が…
あれ???

071002_EF64-1015_022.jpg

ひさしが思いっきり欠けてます(号泣)
作っている時に気がつかなかったのもどうかと思いますが、とりあえず欠けてます…

Assyパーツを購入してやり直しです…
はぁ…
厄払いにでも行ってこようかな…
本当にちょっと落ち込みました。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

塗装編は終了 EF64-1015(9)

ブログの更新がしばらく滞りまして申し訳ありません。
私用や仕事などで最近はバタバタが続いておりました。
良い意味でのバタバタならよかったのですが、あんまり良い意味でのバタバタでは無かったので、先週は気分的に大変疲れました。
今週もまた同じようにバタバタが続くのだろうなぁ…

さて、ご依頼頂いておりますEF64-1015号機の作業ですが、ようやく塗装は終了しました。
マスキング作業の失敗でやり直しとなった今回の作業ですが、何とか完成への道筋がようやく見えてきた感じです。
ただ、今回のEF64-1015の場合本当の最難関作業でもあるスカート周りの加工にはまだ着手しておりませんので、実際の完成まではまだまだ時間がかかりそうです。

071002_EF64-1015_020.jpg

2色塗りのEF65はそれぞれ塗装が完了しました。
まずまず上手くいったと思います。

071002_EF64-1015_021.jpg

3色塗りのEF64-1015も無事に塗装完成。

さて、次回からはいよいよスカート周りの加工に入ります。
こっからが本当の勝負です。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

マスキング大会開催中 EF64-1015 (8)

秋らしくなりましたね。
朝夕はちょっと肌寒さすら感じるようになりました。
つい2週間ほど前まで30度を軽く突破する日々が続いていた事がはるか昔に感じます。

昨日ディープブルーを全体に塗装するところまで進んできた(やっと取り戻した)わけですが、今日はいよいよマスキング作業へと入ります。
前回、私が使ったICテープが悪かったのか、思いっきり糊が残ったり、吹込みが激しかったり立ったので、今回は以前に使用していた普通のマスキングテープに戻してみました。

071002_EF64-1015_016.jpg

出来る限り慎重に曲がらないように頑張ってます。

071002_EF64-1015_017.jpg

貨物更新色の場合、側面の乗務員扉の両サイドにある手すり部分はライトパープルになります。
よって、ボディ下部のラインのマスキングテープはこの手すり部分だけを避けなければなりません。
私の場合、一旦全体にマスキングテープを巻いてから、扉部分だけをカットします。

071002_EF64-1015_018.jpg

その後、同じテープで扉部分だけの長さにマスキングテープを切断して貼り付けます。
この場合の長さは3.1~2mmが適当かと思います。

071002_EF64-1015_019.jpg

作業完了後にライトパープルを全体に吹いていきます。
マスキングはしっかりやったつもりです…
さて、どうなるか!?

続きはまた改めて…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

仕切り直しのEF64-1015 (7)

ここしばらく仕事が多忙を極めており、平日に工作作業を行うことが出来なかったのですが、ようよう時間を取ることが出来ましたので、今日はEF64-1015の工作作業を進めました。
前回、見事なマスキング失敗をやってしまい、IPAプールから引き上げてサーフェイサー吹きからやり直しました。

071002_EF64-1015_014.jpg

3台とも出直しです。
今度こそ上手くいきますよーに!!

071002_EF64-1015_015.jpg

いつも通り、まずはサンドイエローから吹きます。
タミヤのマスキングテープを細かく切って、乗務員扉へ貼っていきます。
私はいつも4枚位を貼り合わせています。

ちゃんとマスキングを施した後に、モリタのディープブルーを全体へ吹きます。
さて、こっからが正念場です。気合を入れなおして頑張るぞ~!!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

青いヤツ

昔、私がよく近くの東海道本線に電車を見に行っていた頃、貨物と言えばEF65の一般型が牽引しているものが殆どで、また貨物そのものも今のコキばっかりではなく、コキやタキやワムやワキ、トラなどバラエティに富んだものが殆どで、最後尾にはヨがお決まりで連結されていました。

20年経って列車を見てみると、貨物がコキのコンテナ編成ばっかりになっていることに大いに驚かされたものです。
その中で、こちらでは朝の早い時間に走行している3170レのワム編成は興味深い物でした。

07101403.jpg

機関車がEF66に変わっているのは仕方が無いこととして、なんかイメージが違う。
そうです、ワムが青いヤツに変わっていることです (笑)
私の記憶では、ワムは茶色と決まっていたのですが、最近のワムは違うんですね。
でも、この青いヤツも結構好きなんで数を集めようと思ったのですが、なかなかこれが上手くいきません。私の場合、KATOの物を好んで集めているのですが、どうやら現在市場にはあまり青いワムが流通していないようですね。

07101402.jpg

で、見つけました (笑)
神戸の某模型店に1個だけ残っていたものを購入してきました。
以前に購入した物と合わせて、現在青いヤツは18両。本当はもうちょっと欲しいなぁ…
KATOさん、再生産お願いいたします。

07101401.jpg

ついでにこれも購入。
コキ50000に載せようっと。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

京都市営地下鉄醍醐車庫見学会

京都市営地下鉄東西線が開通してから、今年で10周年を迎えました。
節目の今年、醍醐の車輌基地で見学会が行われると言うことで、今日は家族サービス?を兼ねて、朝も早よから地下鉄に揺られて醍醐車庫まで行ってきました。

東西線に乗り込むと、それらしい家族連れが車内にちらほら…
醍醐駅に下りると、係員として京都市交通局の方が丁寧に誘導してくれていました。
案内され、受付を済ませた後にいよいよ地下へ…
長い長い階段を下りると、そこには普段絶対に立ち入ることが出来ない、巨大な空間が広がっていました。

07101501.jpg

まず最初に目に飛び込んできたのが、台車を外された状態の車輌です。
10周年記念のヘッドマーク?が見えますね。

07101502.jpg

レール下の点検用通路も見学出来ました。
電車って本当に色んな部品から出来ているんですね。

07101503.jpg

運転台の入室体験用に展示されていた車輌です。
方向幕に、来年開通予定の『太秦天神川』の文字が光ります。

07101504.jpg

これが東西線の車輌に使われているモーターです。
思ったよりも小さいなぁ。

07101505.jpg

地下車庫の風景をパチり。
何とも言えない、非日常の風景です。

07101506.jpg

工事用車輌の線路が通路となっていました。
暗闇の線路、得も言われぬ空気感です。

とにかく京都市交通局の職員さんがあちこちで丁寧に誘導してくださり、どこのご家族もお子様は大満足だったのではないでしょうか?
私も普段垣間見ることが出来ない地下鉄の世界を今日は十分に堪能させて頂きました。
この場にて、素晴らしい時間を提供してくださった京都市交通局の関係者の皆さんには深く御礼申し上げます。

次回のこういったイベントは今月末の広島貨物フェスティバルかな!?(笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ちょっと休憩 MicroAceの浪漫のカプラー交換

機関車の類がリセットされてしまったので、今日は久々に息抜きも兼ねて全然違うことをしてみます。
先日、仕事帰りに某量販店を何気なく覗いていたら、こんなものが…

07101201.jpg

大人気のため、発売後あっという間に市場から消え去ってしまった、MicroAceの浪漫リニューアル後です。
欲しいなぁとは思っていたのですが、ヤフオクでもプレミア価格がついてしまっていたりで、手に入れるのは完全に諦めていたのですが、新品でゲット出来ました、ラッキ~!!

帰宅後、喜び勇んでケースを開けて商品を見てビックリ。
なんと、客車にも関わらず両端の車輌にはダミーカプラーが取り付けてあるではないですか…
どないして走らせるねん!?と思わず突っ込んでしまいました (笑)

07101202.jpg

突っ込んでいるだけはダメなんで、とりあえずカプラーを交換する事にしました。
ボディを取り外して、ダミーカプラーを取り外します。MicroAceの製品にはTOMIXのTNカプラーが取り付けられると言うことは知っていたので、TNマウントを取り付けることにします。

07101203.jpg

ブレーキホースの類が有った方がそれらしく見えるかな?と言うことで、TOMIXの分売パーツJC62を選択しました。

長いので、続きは下へ

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

面倒臭がってはダメ EF64-1015(6)

こんばんは、ようやく秋の風がやってきたようです。
お昼間の気温もそう上がらないようになって来ました、今がたぶん1年で最も過し易い時期なんだと思います。
私は結構きつい花粉症を持っているので、春はあまり好きではありません。ですから、特に私にとってこのシーズンはより過しやすく感じるわけです。

それでは今日も作業内容を報告していきます。

071002_EF64-1015_011.jpg

さて、EF64-1015ですがディープブルーの塗装が完成しましたので、次にマスキングを施してライトパープルの塗装に移ります。うまく出来るかな?

071002_EF64-1015_012.jpg

全体にライトパープルをエアブラシで塗装しました。
塗料がしっかりと乾燥するのを待って、マスキングを剥がしてみると…

最悪です、マスキングテープののりがこびり付いて取れません(涙)
他にも、吹き込み箇所が何箇所か出てしまいました。
こうなってはもう諦めるしかありません、ここまで来てのやり直しは非常に辛いものがありますが、下手っぴが妥協するなど許されないことです。涙を呑みながら、IPAプールに3台まとめて再投入です。

071002_EF64-1015_013.jpg

IPAにボディを投入している間にガラス部分の色挿しを行いました。
Hゴムが黒色なんで、塗っていきます。

IPAに放り込んだボディは明日にでも上げてもう一度調整しましょうかね…
また完成が遅れそう…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

暗雲立ち込める EF64-1015 (5)

友達の手術が上手くいき、後は回復を待つのみです。
依然として事故の加害者は誠意を全く見せていない様子です、先が思いやられます…

さて、製作ご依頼を頂いておりますEF64-1015ですが本日は色々と作業を進めることが出来ました。丁度秋晴れで湿度も低くて塗装には最適な日が続いたのですが…

071002_EF64-1015_006.jpg

いつも通りパーツ類を塗装していきます。
足回りも含めて塗装が必要なので、ミッチャクロンを吹いてからそれぞれのカラーを塗装します。

071002_EF64-1015_007.jpg

足回りを先に完成させました。
ミッチャクロンを下塗りしてから灰色をエアブラシで塗装しています。

071002_EF64-1015_010.jpg

上機嫌で本体のディープブルーも塗装してしまいました。
ここまでは大変順調に進んできたのですが…

この後、悲劇が訪れます。
それはまた日を改めて…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

そこそこ進行中 EF64-1015 (4)

昨日ブログにも記載致しましたが、例の私の友達が手術を終えたと言うことでお見舞いに行ってきました。
鎖骨骨折と言うことで、鎖骨にプレートを入れて補強をする手術を行ったそうです。つまり、もう一度必ず手術が必要と言うことですね…
具体的な事故時の模様を伺いましたが、明らかに先方の過失です。
ただ、事故を起こした当人および周辺の人間は明らかに保険屋へ任せっきりでかまわんと思っているようで、これは今後大きな問題となりそうです。
本人の怪我は鎖骨骨折と言う重症だったものの、命に別状や後遺症が無かったのは本当に不幸中の幸いです。とにかく今はじっくりと回復に時間を費やしてもらいたいと思います。

さて、お見舞いに出かけた後に今日は塗装作業を進めました。なんでも、明日から天気が悪くなるらしく、しばらくは塗装作業が難しそうな雰囲気…
どこまで出来るか?とにかくやってみました。

071002_EF64-1015_008.jpg

まずはボディ全体にサーフェイサーを吹きます。
周りに2台ほど機関車が見えるのは気のせいです (笑)

071002_EF64-1015_009.jpg

側面扉部分にモリタのサンドイエローを吹きます。
この後、マスキングテープを細かく切って、扉部分へ丁寧にマスキングを施します。

とりあえず本日はここまで。
明日以降はいよいよメインの塗装&マスキング作業へと進みます。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ここからが勝負!EF64-1015(3)

いつも何かに付けて一緒に行動することの多い友達が事故にあってしまいました。
どうやら相手方の過失だそうですが、本人は鎖骨を骨折し、本日手術を受けています。
命に別状は無かったので、一安心でした。

しかし相手方はそんな事故を起こしたにも拘らず、お見舞いにすら来ないとの事!
保険屋さんだけはお見舞いに来たそうですが、これは許せない話です。
今後、この件に関しては彼も事故を起こした本人に毅然とした態度で臨むと言ってます、当然です、人間としてこの事故を起こした人間はそれ相応の償いをすべきでしょう。

さて、そんな憤りを感じつつも作業は丁寧に進めました。
やっぱりなんでもやらなければならない事はやれる時にしましょう。

071002_EF64-1015_004.jpg

最大の難工事であるスカート周りの加工下準備に入ります。
ブレーキホース類の元穴を全て開け、更にジャンパ栓の受け穴も開けておきます。
ブレーキホースだけなら、銀河モデルのパーツだけでことたりるのですが…

071002_EF64-1015_005.jpg

その銀河モデルのパーツです。
セットに付属のブレーキホース10本は全て使用します。
私は車輌ケースに入っているスポンジにこのブレーキホースを突き刺して塗装しています。
しっかり固定できる上に、自由に配置できるのでこれは結構お勧めです。

さて、明日にはいよいよ本格的な塗装に入ろうかなと思います。
また、友達の件も事後報告出来るかなと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ちゃんと作ってますよ、EF64-1015(2)

どういうわけか、今日も少し時間が出来ました。
当然、作業も多少は進められることが出来ました。しかし先はまだまだ長い道のりです。
来週は猛烈に忙しいのが分かっているので、この3連休がある意味で勝負かもしれません、しかし巨大台風が近づいていると言う噂が…

071002_EF64-1015_002.jpg

昨日、IPAプールに放り込んだ車体を引き上げました。
最近であれば、1日もあれば十分に塗装は落ちてくれます。
たぶん、冬場になればまた全然落ちなくなるんだろうな…

071002_EF64-1015_003.jpg

屋根上の手すりと、ヘッドライト横の手すりを取り付けます。
今回もRファクトリーの物を使用しています。

明日辺り、天気が良ければ下地のサーフェイサーを吹こうかと思います。
とにかく、時間のあるうちで天気が良い日だけは家族を省みずに作業にいそしむ事にします(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今度はEF64-1015だ!(1)

10月に入り、ようやく秋の雰囲気に包まれたかな?と思っていたら、甘かった。
今日もまた暑かったですね…夜に入っても、蒸し暑さからなかなか解放されません。
もう10月なのに、本当にどうなっているんでしょうか…

昨日のブログで紹介させて頂いたように、遂にEF81-81も完成させることが出来、少し休憩と思いきや、実はもう1台製作ご依頼を頂いており、そちらの製作に入ります。
少しずつでも作業を進めないと、全く製作が進まない可能性が高いので、時間を見つけてはこちょこちょとするように心がけています。

今回製作するのはEF64-1015。ベース車にはKATOのEF64クーラー搭載機を使用します。
マイクロエースからそのものずばりが発売されていますが、KATOでは製品化されておりませんので、こちらを塗装変更して再現していきます。

071002_EF64-1015_001.jpg

とりあえず手すり類のモールドを削っています。また、電気暖房表示灯も不要なので削ってしまいます。
一通り削った後はIPAプールにドボンです。

今回の製作ポイントは間違い無くスカート周りでしょう。
EF64と言えば、あのゴチャゴチャしたスカート周りの構造です。
アレを再現するのは、大変やろうなぁ~
特に、本体部分のジャンパ栓受けには何かアイデアを出さないと作れないと思いますので、仕事中にでも考えることにします(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

遂に完成!EF81-81(10)

このブログを始めてから、約半年が経ちました。
そして今日、遂に10000アクセスに到達しました!
特にどこで宣伝した訳ではないのですが、このように多くの方々にご覧頂いている様子を見ると、何となく嬉しい気持ちになります。
大した記事はおそらくこれからも無いでしょうが(笑)出来る限り続けていこうと思いますので、ご覧頂いている皆さん、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、そんなめでたい?日に遂にEF81-81が完成の運びとなりました!
思えば工作期間約1ヵ月半、本当に長かったです…
仕事だ何だとなかなか作業は捗りませんでしたが、まずまずの物が出来上がりました。

070912_EF81-81_019.jpg

完成したボディに半光沢のクリアを吹いて完成させます。
ここからいよいよ組み立て作業へと移ります。

最大の難関、前面扉の取り付けですが、私はガラス部品を外側から寝かせるように窓部分の中に入れてから、ちゃんとした取り付け方向へ縦方向に回転させて直してます。最後にスライドさせるように本体に取り付けるようにしています。
言葉で説明してもいまいちピンと来ませんよね(大汗)

070912_EF81-81_020.jpg

そして完成したのがこちらです。
側面の手すりも今回は別パーツにしてみました、銀色の部品はとりあえず全て再現したつもりです。

しかし今回のEF81-81はなかなか手強かったです。
その分、完成した瞬間の感動はえもいわれぬ物でした。
こちらの機関車はとある方にご依頼頂いたものでした、この先その方の元で大活躍してくれることを切に願う次第です…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

完成まであと少し!EF81-81(9)

ここ暫く本当に仕事が忙しくて、作業が全く捗りません。
忙しいばっかりで、全然儲からない仕事ばかりなので、余計に疲れます(苦笑)
今月一杯はこんな感じかな…もうちょっと儲かる仕事になれば、多少は疲れも紛れるのでしょうが(笑)

そんなわけで、今日も殆ど作業は進みませんでした。
しかし、全体の工程から考えるとかなり完成に近づいています。
いよいよあと少しでEF81-81もその姿を皆さんにご覧頂けると思います。

070912_EF81-81_017.jpg

現在のEF81-81のHゴムは黒になっています。
黒ゴムキットに銀色を塗って、星釜の模様に合うようにします。

070912_EF81-81_018.jpg

いよいよ本体側にナンバープレートを装着しました。
銀色の開放てこも取り付けて、本体部分の加工はこれにて完成です!

さて、残る作業は本体部分のクリアー塗装と、おそらく最も難しい作業になるであろう、組み立てのみとなりました。
以前にも記載致しましたが、KATOのEF81は窓ガラスの取り外し、取り付けが最も難しい作業となります。

頑張って仕上げるぞ~!!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。