スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EF65非貫通二次更新色の巻(2)

今週はまた台風がやってくるそうで、そうなると塗装どころの騒ぎでは無くなってしまいますので、今日と昨日は塗装作業を頑張って続けています。

先日jinさんに教えて頂いたように、今回から少し塗料を薄めに仕上げています。今まで原液とシンナーを大体1:2.5位で混合していたのを、1:3.5~4くらいに変更してみました。
結果は上々、今までよりも表面がスムーズになり、マスキング跡の境目が少し小さくなったような気がします。
やはり先人に教えを乞うというのは大事なことですね。

070730_EF65-506_005.jpg

という訳で、昨日から塗装作業を進めている2台のEF65です。
昨日はディープブルーを塗り上げるところで終了しましたが、今日はマスキングテープを貼ることから始めました。

このマスキングープについても、jinさんから『ICテープが良いよ』と教えてもらったので、早速使用してみました。
と言うのも、今まで細い直線のマスキングをするのに大変難儀していたのですが、このテープはかなり直進性が高く、細いテープでもかなり綺麗に貼ることが出来ると教えてもらったからです。
試してみると…本当だ、綺麗に真っ直ぐになった!!

070730_EF65-506_006.jpg

マスキングを施したボディにライトパープルを吹いた後、今度は屋根上の塗装に入ります。必要な部分をマスキングした上で、灰色9号に少し黒を混ぜた色で塗装していきます。

私は様々な画像や資料からランボードをディープブルーに設定しています。以前にも記入しましたが、屋根上の塗装に関しては本当に分からないことだらけです。通常の撮影で実車の画像を取得しても、鉄粉がかかっていたりで本当の色が分からないことが殆どです。
ただ、ランボード部分の画像を見ると、鉄粉がかかっていない部分はどうもディープブルーのような気がするのです…
ほんと、一回屋根上に上って綺麗に拭いてみたいものです (笑)

本日の作業はここまで。いよいよ明日、最近鬼門となっているインレタ貼りを行います。上手くいけば2台のEF65非貫通型二次更新色が完成します。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65非貫通型二次更新色を作ってます

昨日の日曜日、こちらのブログにもよくコメントを頂戴するjinさんとお会いして、その作品を拝見すると言う貴重な機会がありました。
ネットではよくお話させて頂いていたのですが、実際にお会いして話をさせて頂くのは初めてでした。

そしてネットの中でいつも憧れの眼差しで見つめていたjinさんの作品をこの目で見てみると…なんかもう、異次元空間の出来としか思えないほど、とんでもなく綺麗に仕上げられた、まさに工芸品と言って差支えないほどの素晴らしい作品でした。

その後大阪の貸しレイアウトにてしばらくご一緒させて頂きました。
工作に関する様々なアドバイスやヒントを頂き大変有意義な時間を過せました。

さて、そんなアドバイスを頂き早速実践してみたのが、エアブラシで吹く際の塗料の濃度です。私はもう少し濃い目の方が良いのかなと思っていたのですが、塗料は薄めで何回も吹いた方が良いかもしれないよ。と言うありがたい経験談を聞き、本日の塗装から少し塗料を薄めに、そして吹く回数を増やしてみました。

070730_EF65-506_001.jpg

まずはサーフェイサーを全体に吹きます。
私はクレオスの0.5mmのエアブラシを使用しています。

070730_EF65-506_002.jpg

次にドア部分のサンドイエローを吹きます。モリタのサンドイエローをそのまんま調色せずに私は使用しています。

070730_EF65-506_003.jpg

サンドイエローの塗装が終わったら、乗務員扉部分にマスキングを施します。
この時私は小さく切ったマスキングテープを何枚も重ねるように貼るようにしています。一気にサイズに合わせて大きくやろうとして失敗した記憶があるからです(笑)

070730_EF65-506_004.jpg

マスキングが終わった後は、モリタのディープブルーを吹きます。
明日は本体部のマスキングと、ボディ側面の帯辺りから作業を進めるつもりです。

奥に写っているからし扉のPFはオマケです(笑)
その内アップ出来ると思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

三石-上郡 大作戦

昨日、強烈な日差しと気温と前日に飲んだアルコールがやや残る中、2度目の山陽本線、三石-上郡間、通称”ミツカミ”へ写真撮影に出かけてまいりました。

前回、GW中に出かけた際にはタイミングが悪く、殆どの貨物がウヤとなってしまい、1日かけても数える程しか狙った貨物列車がやってこなかったので、今回はそのリベンジをかねて出かけたわけですが…

京都を出たのが午前3時過ぎ、一緒に出かけた友達に運転を委ねてのんびり名神高速、阪神高速、第二神明、姫路バイパスと進んできたのですが…
このままでは明らかになは・あかつき、72レには間に合わない(汗9
と言うわけで、急遽撮影のスタートは揖保川の橋梁から始まりました(苦笑)

07072801.jpg

揖保川橋梁を渡る72レ。余命幾ばくも無い?EF65-124号機。

72レを撮影した後は一路ミツカミへ…
現地に向かうと、霧が立ち込めていたのですが、時間が経つにつれて徐々にその霧も抜けていきました。当然気温もウナギ昇りなワケで…

07072802.jpg

更新色のEF66。

07072803.jpg

上りのEF66。

前回とは全く違い、どんどん貨物列車がやってきます。
今回は当たり!と思ったのですが…
長くなりますので続きを

続きを読む

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

インレタが怖い

ようやく梅雨が明けて塗装作業が順調に進められるようになりました。
調子に乗ってEF65の貨物更新色の作業をどんどん進めていきました。
順調に作業は進み、一般型と500番台併せて3台の塗装が完成しました。
結構塗り分けも綺麗に出来て、今回はまぁまぁかなぁと思って、いつも通りナンバーのインレタ貼りを始めたのですが…

今回も見事に剥がれてくれました。しかも、2台…
528号機仕様にした1台の側面、そして506号機仕様にした正面。
なんでこんなことになるのだ!?どーいうことだ?
この間の茶釜に続いて、2回も立て続けです、これは明らかに異常です。
原因を考えてみると、塗装と言うよりもインレタその物を疑った方が良いかと、違うメーカーさんのインレタを使用してみると…
これは綺麗に貼れました、原因はインレタだったようです。

生き残った1台はEF65-49号機としてほぼ完成しましたが、上のような理由でせっかく塗装が完成していた2台はIPAプールに逆戻り&溶きパテでのナンバー埋め作業に逆戻りです。

はぁ~
こんなところで躓くとは…
凄くショックな一日でした。

070625_EF65-57_007.jpg

先日完成させていたEF65-57号機も今回ヤフオクに出品しました。
こちらで出品してますので、可愛がって頂ければ幸いです。


正面部分の加工が上手くいかず、まだまだな自分を痛感しました。
今回、乗務員用扉上にある手すりを再現してみました。
こういう些細な事も案外良いなぁと思いました。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

北方貨物線でEF65一般型を撮る!

いよいよ本日近畿地方でも梅雨明けが宣言されたそうです。
室内の湿度も遂に50%台に落ちてきたので、これからはどんどん塗装作業が進められそうで楽しみです (笑)

先日から作業を進めているEF65-49号機はまた明日以降にでも改めて紹介するとして、今日は北方貨物線で撮影した写真を紹介します。
仕事で相手先がドタキャンかましてくれたので、えらい時間が浮いたために撮影できました、なんかラッキーかもしれません (笑)

23-001.jpg

まずやってきたのはEF66の100番台、列車番号は不明です。
個人的にこの機関車を『かえるちゃん』と私は呼んでいます (笑)

23-002.jpg

2070レです。一番の狙いだったEF65一般型でしかも国鉄色でした。
やってきたのは103号機、だいぶん汚れていますね。

23-003.jpg

2073レです。今度は更新色の104号機でした。
短い時間の間に国鉄色も更新色も撮影出来たのは運が良かったとしか言いようがありません。

来年関東地区で実施されるATS導入のために現在高崎のEF65が何機も岡山にやってきてくれています。しかし、先日127号機が運用から外れてしまったことを見ても分かるように、検査期限がやってきた機関車は順次廃車となっていくようです。
幸い岡山のEF65はまだ検査期間の残が比較的長いものが多いようで、我々が撮影する余地は残っていますが、これとて十年というわけではないでしょう。

幼い頃、これでもかと言うくらいに見つめ続けたEF65一般型。
しかし地球何周分も働いた彼らもそろそろお役御免。
鉄に戻って一番最初に目を向けたのが、あの頃あれだけ飽き飽きして眺めた、彼らの最後の働きとは皮肉なものですね。
そんな複雑な感情があるからこそ、模型作りに余計と気持ちが入っているような気がします。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

TOMIX キハ20タラコ化計画 完了

いよいよ梅雨空も終わりかけの様子で、この週末はボチボチ作業を進めることが出来ました。ようやく模型改造にしろ、写真撮影にしろ、物事を進めることが出来るのは嬉しい限りです。


kiha20-006.jpg

まずはIPA風呂から取り出して、前面部の手すりを取り付けます。
今回一番ビックリしたのは、この車体の塗装の剥がれやすさです。
IPAに付けた瞬間(大げさかな?)から塗装が剥がれるのでは?と思うくらい、簡単に塗装が剥がれてくれました、本当に助かります。

前面部の手すり類はタヴァサの物とRファクトリーの物を併用しました。やっぱりこの部分が別パーツになるだけで大きくイメージは変わります。立体感が出て、個人的には大変気に入りました。

kiha20-007.jpg

パーツ類を全て組み付けた後、今度はGMの朱色5号で一気に全体を塗り上げます。以前の茶釜と同じように、単色はごみ等が目立つので、慎重に塗り上げました。

まぁ一色なので、塗装自体はあっという間に終わりました。
いよいよ取り外した窓ガラスやその他のパーツを組み上げていきます。

長いので続きは下へ

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

初めて一般型EF65の写真を撮る

今日は仕事の合間に少し時間が出来たので、移動中に寄り道して写真を撮ってきました。
これだけ模型ではEF65の一般型を大量に作っているのに、実際のEF65一般型の写真を実は今まで1枚も撮っていなかったのです。
先日ミツカミに出かけた時も結局撮影出来なかったので、今日は本当にラッキーでした。

19-001.jpg

やってきたのはEF65-100号機でした。
一般型で唯一PS22のパンタグラフを装着する機関車です。
場所は新大阪近くの北方貨物線です、2073レなんですが、ご覧の通り単機でした…

まぁまぁ、一般型でしかも国鉄色の機関車が撮影出来たというだけでも良かったとしなければなりませんよね…(汗)
しかぁし!!次回タイミングが合えば、今度は多少でも良いからコンテナ引っ張ってきてね(笑)

たぶん、これがきっかけで100号機を作りたくなるんだろうな (笑)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

TOMIX キハ20系 タラコ化計画 その1

ここ暫く機関車ばっかりやってましたので、たまには目先を変えたもので色換えを行ってみようと思います。
今回の材料は先日からちらほらお話致しております、TOMIXから新発売になりましたキハ20系です。

当初はそのまんまで遊ぼうと思っていたのですが、余りの綺麗な出来を見ると、どうしても手を加えてみたくなりました…
発売されたシリーズでは現在のところ一般気動車色のみです。
ここはやっぱり首都圏色、いわゆる”タラコ色”をバリエーションに加えてみるのが面白いかなと。
ついでに、前面の手すり類も追加します。この辺りは機関車で培った技術を活かせればよいのですが…

ま、購入した状態の方が綺麗なんでしょうが(汗)

kiha20-001.jpg

今回は2台のキハ20の塗り替えと、手すり類のディティールアップです。
種車にはそれぞれモーター車と、トレーラ車の2種類を用意しました。
本当に綺麗に出来てますよね、かっこ良い、懐かしい(笑)

長くなるので、つづきは下へ

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65-56,57完成!

みなさんこんにちは、家族を省みず模型工作ばっかりやっている、ダメダメ親父の管理人です(汗)
ようやく手がけていたEF65-56,57号機が完成しました。

とにかく、今回は色々と試すことが多かったです。
今までやったことのないことに挑戦したのですが、なかなか最終的な出来には反映しない状況です…
こればっかりはとにかくやり続けるしかない事だと思いますので、今後も精力的に多くの改造に取り組んで行こうと思います。

070625_EF65-56_001.jpg

まずはEF65-56号機です。
写真ではかなり埃が車体についていますが、実際にはこんなこと無いです(汗)

改造箇所は下記の通り。
・ボディの茶釜化後、半光沢クリアーを塗装
  ボディ:GM ぶどう2号
  屋根:クレオス つや消し黒
  スカート:灰色9号につや消し黒を追加して調色
・前面手すり類
  銀河モデル:N-256 前面手スリ EF65-500 (窓下部)
  Rファクトリー:174 EF60用手すりセット(誘導員用手すり)
・解放テコ
  銀河モデル:N-111 電機3点セット EF60
・テールライト
  銀河モデル:N-245 小判型テールライト
・ヘッドマークステー等は0.3mm真鍮板で再現
・ナンバーはインレタ(EF65-56号機)
  銀河モデルの旧製品を使用
・製造銘板はRファクトリー製の物を使用。
  Rファクトリー 202 製造銘板 東洋/汽車 ライトパープルをぶどう2号で塗装
・屋根上のクレーンフック類はRファクトリーの物で再現
  Rファクトリー:174 EF60用手すりセット
・サイドのロゴ、ATS表記はインレタで再現
・パンタグラフはプライマー処理後灰色に塗装
  碍子部と末端は白、先端部は赤で塗装
・その他の屋根部分付属部品は取り付け済
・台車はプライマー処理後、黒で再塗装
・スカートには銀河モデル製ホース取り付け
・カプラーはKATO USAナックルカプラーを取り付け。

こちらの56号機は7/23締め切りでヤフオクに出品いたしております。
実車は廃車となりましたが、模型ではいつまでも走らせて頂ければ幸いです。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r39010190

EF65-57号機につづく

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65-56,57製作中

ようやく台風が通り過ぎて、久しぶりにこちらでは太陽の光を拝むことが出来ました。本当にどれくらいぶりだろう?最近全く日差しを浴びた記憶が無いのは、気のせいでしょうか??

さて、そんなに天気が良いものですから当然塗装作業を行いました。
先日、完成間近でIPAプールに逆戻りドボンした、EF65-56,57の茶釜コンビを今度こそ仕上げます。

070625_EF65-57_005.jpg

前回、最後の最後でつまづいた失敗を糧に今回はちょっと塗り方を変えてみました。
本意では有りませんが、とりあえずぶどう2号は少し厚めに塗ります。
ひょっとすると、この色自身かなり剥がれやすいのかもしれない?と言う可能性を疑ってみたからです。

070625_EF65-57_006.jpg

さくさくと塗装は進み、屋根上部分の色分けも完成しました。
実は屋根上を黒で塗装する際にマスキングをした上で黒塗装完了後マスキングテープを剥がしてみたところ、ほんの僅かですが塗装が剥がれる箇所がありました。やはりこのぶどう2号が少し剥がれやすいようです。エアブラシ用に作った塗料が薄すぎるのかもしれません…

そんなこんなで、今回はぶどう2号を塗った後に一度半光沢クリアで塗装しました。これは、インレタを貼った際に剥がれ落ちを防ぐためのコーティングを兼ねています。
で、試してみたところ…
今回は上手くいきました!やった~!!

今回、Hゴムをグレーで表現する際にポスターカラーマーカーの『POSCA(ポスカ)』を使用してみました。
感想…、グレーのHゴムを塗るには最強かもしれません(笑)
今度から、これは絶対に外せないアイテムとなりそうです。

なにわともあれ、今回は上手くいきそうです。
明日にはアップできるかな??

20070716235859.jpg

最後にオマケ。
先日のキハ20系シリーズを追加購入しました。キハ20(M)とキハ20(T)の2台です。
で…この2台を首都圏色に塗り替えます(笑)

キハ20の首都圏色って確か朱色4号ですよね??(汗)
ご存知の方いらっしゃれば、教えてください。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

台風通過中

現在台風通過中です。
どうやら今回の台風は思いっきり日本列島を横断してくる様子で、明日の朝にかけてはこちら(近畿地方)もかなり雨風がきつくなる模様です。

そんな訳ですから、当然塗装作業に入ることは出来ず、今日は一日ぼーっとしてました。

07071302.jpg

ただ、塗装作業のほかには色々と出来ることも有りますので、今日はナンバーのパテ埋めや、パテーション部分の平滑化などをしてみました。
どちらの作業も苦手です(笑)

07071301.jpg

あと、モニター部分のフックを取り付けてみました。
1台の屋根上に取り付けるフックは16本。そのうち、モニター部分に取り付けるのは8本。4台分のモニターにフックを取り付けたので、合計32本。疲れました…

明日の午前中は台風通過でかなり天気も悪いようですが、午後からはきっと台風一過で晴れてくる!?でしょう。
明日の晩から明後日にかけて、何とか塗装作業に入りたいものです。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

TOMIX キハ20系シリーズ購入

今週末は台風が押し寄せてくるようです、皆さんも十分にお気をつけ下さい。
その台風に刺激されてか、ここしばらく梅雨前線の活動がかなり活発になっています。まともに晴れた日はもうかなり見ていない気がしますが、空梅雨で水不足と叫ばれていただけに、あながち悪いこととは言えませんね。

しかし、模型を作ると言う上においては雨は大敵です。
とにかく、塗装が出来なくなってしまうのです。どうも湿気の高い日に塗装をすると、塗料がちゃんとボディに乗らない気がします。先日のインレタ事件もここら辺に問題点があったと思います。

で、今日は趣向を変えまして本日のお買い物を紹介してみます。

07071201.jpg

TOMIXから発売になった、キハ20系シリーズです。
近所の某量販店で店頭に並ぶところをもらって来ました。
今回購入したのは、キハ25(T)とキハユニ26の2台です。

長くなるので、続きは下へ…

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

バタバタしてます

ここ数日ちょっと私用でバタバタしており、全然模型作りを進めていなかったのですが、本日の夕刻になってようやく時間が少し見つかったので、徐々に再開です。

07070301.jpg

物凄い数の運転台(笑)
KATOのEF65は運転台を塗装してもそんなに外観上は目立たないのですが、やっぱり細かい部分でもやっておくに越したことは無いかなと、運転台も塗装することにしています。
マッハ模型の塗料を使っているのですがイイ感じです。エアブラシであの緑を吹いた後、筆でイスをブルーに塗ります。この際のブルーは青20号を使っています。細い平筆でイスの部分をペタッと軽く抑えるような感覚でやると結構綺麗にイスの部分が塗れます。

先日のEF65-56,57号機やり直し事件があってから、塗装後のインレタ貼りがちょっと怖くなっています。試しにやろうにも、本体で試すわけにも行かないのでなかなか難しいもんです。
今度は軽くクリアーを塗装した後に貼ってみようかと考えています。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

全部やり直しの巻き

模型作りをしていて、一番辛いこと。
それは…完成間近でのやり直し!

今回、先日から作成していたEF65-56,57号機は、最後の最後、インレタを貼った段階でIPA風呂にお戻りになられました…
塗装が終わってからナンバー部分のインレタをいつも通り貼ったいた時のことです、数字の部分を押し付けてから、インレタシートを剥がしてみると…なんと、本体のぶどう2号まで一緒に剥がれてくるではありませんか!!

今まではこんなこと一度も無かったので、本当にショックでしたわ(笑)
やっぱりこの時期に塗装するのはシンドイのかな?
部屋の湿度は大よそ65%~70%。確かに高いですな。
除湿機を買って、もっと湿度を下げてからトライした方が良いかもしれませんね…

ただ、いつも思うのがインレタの保管方法です。
一応、シリカゲルを入れた密閉型のタッパーに保管しているのですが、どうも銀色系統のインレタはすぐに接着力が無くなってしまうような気がします。今回も購入してからまだそんなに経っていないはずなのに、妙に貼り付きが悪いなぁとは思っていたのですが…
作る度にインレタを買い直すのは余りにも不経済なので、何とか良い手段が無いかと思案中です。もし、良い方法をご存知の方がいらっしゃれば、是非コメントお願いいたします!

とりあえず、明日は除湿機を探してきます(笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今度は茶釜

ここしばらく模型作りばかりしています。
そろそろちゃんと家族サービスしないと大変なことになりそうです(汗)

そんなことを言いながらも、また新しいものに取り組んでいます。
またかいなって感じなんですが、今度の対象も高崎のEF65です。
今回はEF65-56と57の2代目、3代目の茶釜に挑戦してみます。
しばらくはEF65から離れられそうにありません(笑)

070625_EF65-57_004.jpg

EF65でも56,57号機は一般型ですから、スカートはジャンパ栓等を撤去して、綺麗にしておきます。左側の切り欠きもパテで埋めてしまいましょう。

070625_EF65-57_003.jpg

先日の535の時もそうでしたが、最近は台車を必ず塗装するようにしています。同じ黒色でもやはり質感が全然変わります。

梅雨空が続いてなかなか塗装作業に移行できませんが、次に天気が良い日が有れば、一気に仕上げて行きたいなぁと企んでおります。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

EF65-535 他 完成!

今日は久しぶりに少し晴れ間が見えました。
ようやく梅雨空が増えてきて、ちょっと安心します。やっぱり梅雨には雨がしっかり降らなきゃあきませんからね。その分、撮り鉄も模型塗装の段取りもかなり遅れてしまうのですが(笑)

そんな中、ようやくEF65-535が完成しました。
初めての特急色塗装だったので、正直まだまだな部分の方が多いのですが、何事もトライせなアカンと言うことで、最後までやってみました。

070625_EF65-535_005.jpg

塗り分けの部分がやっぱり相当難しかったです。
上手い人たちはどうやってあんなに綺麗にマスキングしているのだろうかと思います。なにわともあれ練習ってことですね。

それはともかく、ベースのブルーが元々の商品だと少しくすんだ感じなので、もう少し青めのブルーに調合しました。これは大正解で、写真と比較してもかなりイイ感じです。
PC画像だとうまく表現出来ないのですが…

070625_EF65-535_007.jpg

屋根上の塗装も手元に有る資料を参考にして頑張ってみました。
実車をちゃんと調査したわけで確実とはいえませんが、たぶん大丈夫かと…
屋根上塗装に関しては、たぶん永遠のテーマだろうなと思います。

さて、続きのほうで残り2台の完成模様をレポートします。

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ブルトレ牽引機たち

この週末は色々と作業が進みました。
先日から作業を進めているEF66-11とEF65-535に関しては、クリアーコートを残すのみと言うところまでやってきました。
しかし、しばらくまた天気が悪いようなので、本当の完成は暫く先かな?

070625_EF66-11_004.jpg

クラックや塗装の残り等で仕上げはあまり綺麗にならなかったEF66-11を塗装中のワンシーンです。サイドのラインを表現するために行ったマスキングを剥がす瞬間…これが最高に気持ちよいので、塗装はやめられません (笑)

070625_EF65-535_003.jpg

ボディの基本部分を塗装した後に屋根上部分の塗装に移ります。
まずは灰色を吹いて、その後に黒を塗ります。

070625_EF65-535_004.jpg

ようやくここまでこぎつけました。

真ん中の機関車はKATOの3035-1 EF65-1000です。
これは私が昨年、鉄道模型に戻ってきて一番最初に購入した機関車でした。今回はこの機関車も田端仕様に塗り替えてみました。この機関車には手持ちの24系25型を牽引してもらう予定です。

よく考えたら、この3台は全て東京機関区で九州ブルトレを牽いてきた機関車たちですよね。並べるまで全然気がつきませんでした(苦笑)

明日あたりには完成写真をアップできるかなと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。