スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派手なロクヨン EF64-57号機(最終回)

みなさんこんにちは

今回もまた長々と引っ張ってきました模型製作シリーズですが、ようやく完成です。
2台も一気に作ると途中でモチベーションが維持出来なくなるのがよく分かりました…
次回の作品は1台入魂で頑張ろうと思います(苦笑)

091214_EF64-57_073.jpg
塗装は完成しているので、細かいパーツを取り付けていきます。
屋根上の貫き碍子を取り付けている様子です、立体的なのが結構良いかも?

091214_EF64-57_069.jpg
昔のRMを見ると、57号機と67号機では製造銘板のカラーが違うという情報がありました。
今回はその情報の通りに、67号機は無塗装メッキ仕上げを意識しています。
しかし、この製造銘板の塗装の違いはどうして為されるのでしょうかね?

091214_EF64-57_070.jpg
一通りのパーツを組み立てて一段落です。
さぁ、いよいよクリアー塗装ですが…

091214_EF64-57_071.jpg
仕上げにも今回はフィニッシャーズのクリアーを選択してみました。
どうせやるならば徹底的にってことで…

091214_EF64-57_072.jpg
長らくお待たせ致しました?ようやく2台まとめて完成です!!

過去のRMに掲載されていたカラーを再現することや、Hondaさんのような細かいパーツ組付けを意識して製作してきましたが、やっぱり何かが足らないよなぁ~
まぁ、何とか完成まで当初のコンセプト通りにやり遂げられたのは何よりです。

さて次回は何を作ろうかな?
よし、アレをやろう…
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

派手なロクヨン EF64-57号機(18)

みなさんこんにちは

今回のシリーズも気が付けばもう18回目なんですね…
今日も思ったよりも作業は捗りませんでした、もっと手際良く、段取り良く紹介しようと思っていたのですが結局いつものようになってしまいましたね(苦笑)

091214_EF64-57_067.jpg
今日はインレタやデカールを貼る作業に終始しました。
この2台ですが、表記に微妙な違いがあります。軸重の表示位置がちょっと違うんですよね、過去の雑誌やネットで画像を調べている際に気が付きました。

091214_EF64-57_068.jpg
頂いた区名表記もバッチリです!

何とかここまでやってきましたので、明日はパーツの取り付けを進めたいと思います。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

派手なロクヨン EF64-57号機(17)

みなさんこんにちは

今朝、会社に出勤する際に見た外気温計が、-2度…
車のガラスはガチガチに凍り付き、付近には霜が降りて真っ白。
うーん、冬ですね(笑)

しかし、寒くとも雪が積もったり降ったりしているわけではないので、乾燥しています。
そんな日には勿論塗装作業でしょう!
ってコトで、今日は最終塗装工程です。

091214_EF64-57_065.jpg
まずは屋根上にねずみ1号を吹きます。
どうも屋根上は全てこの色に塗られているようですが、勿論100%ではありません(苦笑)

091214_EF64-57_066.jpg
漏れこみを修正し、とりあえず完成!!
やっと出来た!!!

さぁ、後はインレタのみです。
今日は疲れたのでここらへんで…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

派手なロクヨン EF64-57号機(16)

みなさんこんにちは

この寒波で今週の日本海縦貫夜行列車は大きな影響を受けたようですね。
特に、13日夜発の『北陸』『能登』号は途中の駅で長時間停車した挙句、16時間後に運転打ち切りという大変なことになりました。ご乗車された方は本当に大変だったと思います。かくいう管理人も乗車した夜行列車に大幅な遅れが出て大変な思いをしたことがありますので、乗車している方がどんな思いで動かない列車の行方を心配していたかについては容易に想像出来ます。

此方でも寒波の影響で大変冷え込みましたが、そろそろこの寒気も緩むようです。
さぁ、いい加減にEF64-57号機と67号機も仕上げなきゃなりませんね。

さて、今日は足回りを完成させます。
本体は最後の塗装作業に入っていますので、足回りだけは先に仕上げてしまおうという魂胆です。

091214_EF64-57_057.jpg
爪楊枝に0.25mmの洋白線をぐるぐると巻いたものです。
さて、これはなんに使うのでしょうか??

091214_EF64-57_058.jpg
爪楊枝から外すと、こんな感じで『バネ』のようになります。
面白がってバネとして遊ぶとどこかに飛んでいくので注意です。

管理人は1個どっかへやってしまいました(爆)

091214_EF64-57_059.jpg
このバネから2巻分位を切り出します、大体この画像のようになると思います。
そして、このバネのような部品の中央位の位置をつまんで反対側に折ります、そうすると…

091214_EF64-57_060.jpg
はい出来ました、速度検出器です。
若干長さの調整は必要ですが、簡単に出来ます!

091214_EF64-57_061.jpg
次に台車部分の軸受け先端部に0.3mmの横穴を空けて取り付けたら完成です。

091214_EF64-57_062.jpg
どうでしょうか、見栄えも悪くないと思います。

本当は銀河モデルのパーツを使用するのが最も簡単且つ形も良いのでベターなんですが、あのパーツを用いる為には軸受けに大きな穴を空ける必要性があり、その穴にパーツを差し込むことで車輪に干渉することがたまに出てきます。そうすると走行に影響が少なからず出てしまうのを嫌って今回のように自作しました。

また、あのパーツは結構外れてしまうのです。その点、この製作方法だと横穴に深く金属棒を挿し込む形になるので、なかなか外れません。そういった普段の取扱いという点でも優位性があるなぁと思ってます。

091214_EF64-57_063.jpg
次にスノウプラウにカプラーを取り付けます。
このカプラーはKATOのEH200用のAssyパーツをそのまま流用しています。
カプラー部分は常に触れることになるパーツなので塗装が禿げやすい為、グレーのカプラーはありがたい!
また、金属板は真ん中付近で軽く折り曲げています。これはカプラーの回復機構を補助するためのものです。

091214_EF64-57_064.jpg
それでは必要なパーツを全部取り付けて足回り完成です!
後は本体の完成を待つのみ、今週末でクリア塗装まで持っていくぞ~!!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

派手なロクヨン EF64-57号機(15)

みなさんこんにちは

寒気到来です、今回の寒気は凄い。
今朝の気温、京都で-2度(苦笑)
ただ、空気は冷えていますが雪は降っていないので、思ったよりはマシです。
しかし、ここに雪が降ったらえらいことになるだろうなぁ…


寒いですが、乾燥してそうなので塗装です。
ブルーの塗装までは終わっているのですが、今日は白の塗装を…

091214_EF64-57_053.jpg
最大の見せ場はこのエアフィルター部分でしょうね。

091214_EF64-57_054.jpg
その他のマスキングはいつもと同じ要領です。
とにかく吹込みが無いよう、後はしっかりと平行が出るようにだけ意識します。

意識してもなかなか出来ないんですよ~(苦笑)

091214_EF64-57_055.jpg
今回使用したフィニッシャーズカラーのファンデーションホワイトです。
隠ぺい力が大変強いそうなので、塗膜を薄く出来るだろうと思ったのですが…

091214_EF64-57_056.jpg
確かに隠ぺい力は強いと思います、さほど吹かなくてもしっかりと発色しました。

さぁ、いよいよ最終工程ですね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。