スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪天候の中のトワイライトEXP撮影

みなさんこんにちは

こんにちは。というよりは、ご無沙汰致しておりますと言ったほうが良いでしょうか?
連続更新をお休みした途端、今度は1ヶ月近いお休みを頂戴しておりました。
更新停滞中、何人の方からブログは止めてしまったの?とご質問頂きました(苦笑)

ブログをやめてしまうつもりは毛頭ありませんでした(笑)が、仕事もかなり立て込んでおり、更に記事にするほどのことも特に無かったので、ついつい放置したままとなってしまいました…
まぁまぁ、そのうち書く事も出てくるかな?と思っていた本日、ようやく記事になりそうな出来事がありましたので、久しぶりにPCの前で駄文をパチパチと叩き始めた次第です。

台風17号が本州に迫る本日。
家族の用事で福井県は南越前町へと向かう予定がありました。
天気予報を見ると、午前中は雨もまだ降らない模様。
ならば少し早めに家を出れば、台風の雨風が強くなる前に帰宅することも可能と踏んで、早朝京都の自宅を発ち、いつもの通い慣れた南越前町界隈へと出発したわけです。

道中はずっと曇り模様。
山間部では多少の降雨もありましたが、天気予報通り雨はまだ本格的には降り始めていません。屋外での用事だったので、とにかく天気よ持ってくれ!と祈りながら走ること約2時間。ようやく現地に到着したのは午前9時半頃でしたが、空は何とか持ち堪えてくれました。

早速用事を済ませて時計を見ると午前10時過ぎ。
よし、上りのトワイライトには間に合った!!
この日は天候が悪かったので、普段のセオリーから外れた場所で撮影する事が出来ると企んでおりました。そこで私が撮影場所に選んだのは、有名ポイントである『ハッポー』の裏側から上り列車を撮影するというプラン。
何の変哲も無い編成写真になりますが、これまでのアルバムには無い1枚になると思い、トライした訳です。

実はこの日、台風の影響で当日発のトワイライトは運休。そればかりか、午後からの北陸界隈の特急列車は全て運休になってしまうなど、かなりギリギリの状況でした…
そんな非常事態ではありましたが、運行中の列車たちは遅れも無くやってきました。そして定刻の10時過ぎ、近くの踏切が鳴り出すと、遠くに二灯のヘッドライトが見えました…

12093001.jpg
120930 10:12 8002レ トワイライトEXP号 EF81-104号機牽引 北陸本線 南条-王子保

まず初めに、色々と言い訳させてください。
初めての場所だったこと、三脚も用意しておらず…
たぶん、次回はまとめられるかと(苦笑)

この後、一気に新疋田駅へと移動します。
敦賀での長時間停車があるので、トワイライトの追っかけは比較的ゆったり可能です。
北陸自動車に乗り、敦賀へとワープ。
新疋田駅には10時50分少し前に到着しました。
ただ、新疋田駅では既に雨が降り始めておりました。

ホームに上がると何名かの方がカメラを構えておられます。
今までトワイライトでこんなに人が集まっているのを見たことが無いのでビックリ!
前情報が無かった管理人は、きっと皆さん廃止前にバタバタするのが嫌で、今から余裕を持って撮影をしようと考えておられるのだと思っていたのですが…

そして午前11時丁度頃、深坂トンネル手前の発車信号が開通し、駅構内の踏切が鳴り始めると周りの撮影者の皆さんの雰囲気が一変します。
一呼吸置いた後、敦賀方から深緑の車列が姿を現しました。
ホーム中ほどでカメラを構え、ファインダー越しにその雄姿を捉えると後はひたすらシャッターを押すのみ。この日は普段とは違う構図というのを意識していたので、ホーム中ほどから縦位置での撮影を試みたのですが…

12093002.jpg
120930 11:03 8002レ トワイライトEXP号 EF81-44号機牽引 北陸本線 新疋田駅

ファインダーの中の機関車の姿を見てビックリ!
44号機、全般検査明けじゃないですか!!
黒光りした足回りだけではなく、屋根上までもピッカピカの機体は、おそらくこの運用が検査明け最初の運用かと思われます。
なるほど、皆さんこれを狙っておられたわけですね…

その後後続のレッドサンダー貨物を待っていたのですが、こちらはどうやらウヤ。
後続のしらさぎがやってきたので、ここらで撤収することにします。

12093003.jpg
120930 11:22 5M しらさ5号 ?編成 北陸本線 新疋田駅

駐車場に戻る最中、683系2000番台のしらさぎが通過。
後から知ったのですが、このしらさぎがこの日最後の下りしらさぎだったようです…

これで本日の予定はおしまい。
新疋田駅を後に、我が家へ戻る道すがら、雨風はだんだんと強くなり始めました。
悪天候の中自宅に戻ったのは午後2時前。
短くはありますが、久しぶりの鉄道活動となった一日でした…
スポンサーサイト

お久しぶり、寝台特急日本海!

みなさんこんにちは

今年の3月に定期列車としての運行が廃止された寝台特急日本海と急行きたぐに。
定期廃止後も大型連休には臨時列車として運行されることが発表されており、既にゴールデンウィークには何本かの列車が運行され、今回夏の帰省シーズンにも往復何本かの列車が設定されました。

前回、ゴールデンウィークの運行時には敦賀界隈まで出向いて撮影したのですが、今回のお盆休みは私用で自宅を離れるのが難しく、遠征しての撮影は難しそうな気配。
唯一、本日の今朝だけ僅かながらの時間が出来たので近くで撮影することを決意。

果たしてどこで撮影しようか?
迷った挙句決めたのが、山科の跨線橋。
有名な撮影地ではありますが、管理人今までここに行ったこと無かったんですよね…

通過しばらく前に現場に到着。
既に10名ほどの撮影者の方がスタンバイされておられました。
挨拶してから、邪魔にならないよう端のほうでカメラを構えます。

この撮影ポイント、跨線橋ということで側面には目の大きな網が張られています。
レンズを開放にして密着させれば気にならないかな?と甘く見ていたのが間違いの元。

12081611.jpg
120816 09:37 2815M 普通 湖西線 山科-大津京

F2.8で撮影したんですけどねぇ…
結構柵が気になります(苦笑)
まぁまぁ、撮影出来るだけ良しとしましょう…

12081612.jpg
120816 09:45 8004レ 日本海号 EF81-106号機牽引 湖西線 山科-大津京

やっぱり柵の影は少し気になります。
それより!
この時期はお顔に全く光が回らないんですね(苦笑)
まぁまぁ、それでも久しぶりに日本海の姿を見ることが出来ました。
それだけでも十分に素晴らしいことです。

12081613.jpg
120816 09:45 8004レ 日本海号 EF81-106号機牽引 湖西線 山科-大津京

ついでなんで、後姿もパチり。
こちらは見事に順光となります。今日のカニは100番台唯一の白帯116号機。

これにて撮影は終了!
有名撮影ポイントだけに、綺麗に編成を抑えることが出来るのはわかりましたが、太陽の位置関係なんかをきっちり把握していないの、中途半端な絵になってしまいますね。
ただ、午前の湖西線下り列車なんかはかなり良い感じに撮れると思います。
これから混雑が予想される、湖西線普通の113系や117系は狙い目かも!?

そして本日は8月16日、京都では五山の送り火が行われました。
管理人も近くまでブラブラとカメラ三脚抱えてお出かけ。

12081614.jpg
暑い熱い夏ももうそろそろおしまいに近付いてきました。
移り変わりゆく季節をこうした風情ある行事で感じられるというのは、なんとシアワセなことなんだと改めて思います。歴史や文化、そういったものの重さ、ありがたさを最近とみに感じるようになった、いよいよ40も近い管理人でした…

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

真夏の敦賀界隈撮影記(後編)

みなさんこんにちは

鳩原ループでトワイライト他数本の列車を撮影したあと、午後からの撮影と食事のために北へと移動。ちょうどその頃から空にはポツリポツリと小さな雲の欠片が現れだしのですが、この時はまだ気に留めるほどではありませんでしたが、後ほどこれがきいてくることになるんですが…

敦賀を後にた管理人が目指したのは今庄界隈。
通い慣れた場所で狙うのは下りのトワイライトと4076レの貨物。
もちろんその他にも目的があったのですが、それはまた今度に。

真夏の高い太陽が容赦無く照り付ける酷暑の南越前町界隈。
向かったのは4076レを狙うのによく出かける国兼踏切。
長いストレートから僅かに進路を左に切る瞬間を狙います。

現場に到着しましたが、遠くのほうにお一人撮影者の方が見える以外は誰も居ません。
まぁ…普通に考えたら誰もいませんよね(苦笑)
悠々とカメラをセッティング。ここでは何度も撮影しているので、先ほどの市橋とは違って気分も楽。でも、こういった余裕が失敗のタネなんですけどね…

通過時刻近くになると遠くに3灯のヘッドライトが見えました。
以前はEF81牽引だったと思うのですが、レッドサンダーに変わったようです。
いずれにせよ、気合を入れてファインダーを覗いていると踏切がなり始めました。

さぁいよいよ!
列車が近付く音が聞こえて来たのですが…
『あれ?これ反対から来てない!?』
思うや否や、下り線をしらさぎが爆走!
ありゃー!被ってしまった!!

と、がっくり来たのですが、しらさぎの速さを甘く見てました。
あっという間にしらさぎは遠くへと過ぎ去っていき、見事に被りを回避!

12080801.jpg
120805 13:44 4096レ EF510-2号機牽引 北陸本線 南条-王子保

命拾いで撮影したこの4096レを牽引していたのは、先日全般検査から上がった2号機!
この時期、お顔に陽が入りませんが、コンテナも満載でこりゃあラッキーでした!

通過後、今度は下りのトワイライトを狙うべくもう少し北へ移動。
それまでに少し時間があるので、日陰で一休み。

12080802.jpg
120805 14:02 243M 普通 北陸本線 南条-王子保

その前にやってきた普通列車。
よく見ると、長浜-敦賀開通130周年記念の大きなヘッドマークが!

12080803.jpg
120805 14:12 8001レ トワイライトEXP号 EF81-114号機牽引 北陸本線 南条-王子保

通過時刻近くになっても撮影者は私だけ。
青々と育った稲と夏の空を交えて北海道行きの夢列車を撮影。
車内はランチタイムも終盤、サッポロクラシック、美味いだろうなぁ~

嶺北での撮影はここまで。
狙う夕方の下り貨物を撮影する為に敦賀まで戻ります。

夕陽を浴びる二本の貨物を狙うべく選んだ場所はダンロップカーブ。
ただ、普通に横構図で狙うのは面白くないので、縦アングルでやろうと決めていました。
午後5時前に3095レ、そして6時前には本命の3099レ。
現場にカメラをセットしてひたすら列車を待ちます…

12080804.jpg
120805 16:44 3095レ EF510-16号機牽引 北陸本線 新疋田-敦賀

この頃から低い空に薄雲が大きく広がってきました。
せっかく光線は良い条件なのに、雲がかかってしまえば一巻の終わり。
3095レ通過時も曇ったり晴れたりの繰り返しでしたが、この時は綺麗に光が差してくれました。

しかし…
この後、美しい夕焼けは見事に雲の向こうへと隠れてしまいました。
最後の最後まで逆転満塁ホームランを期待したのですが…

12080805.jpg
120805 17:50 3099レ EF81-729号機牽引 北陸本線 新疋田-敦賀

こんな時に限ってやってくるのが原色の729号機とか(苦笑)
そういや、改番されてからのEF81を撮影したのは今回が初めてだったかも!?

久しぶりの敦賀界隈ですが、なかなか楽しい撮影となりました。
やっぱり列車撮影は良いものですね、今のシーズンはちょっと暑過ぎますが(苦笑)

このお盆休みは日本海号が運転されるので、界隈は大賑わいでしょう。
しかし、週間天気予報ではあまり天気は芳しくないような…
私もどっかのタイミングで出かけたいなぁとは思っていますが、果たして!?

<おしまい>

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

真夏の敦賀界隈撮影記(前編)

みなさんこんにちは

サッカー男子代表。
開幕当初のあの強いチームはどこに行ったのやら…
準決勝、3位決定戦の両試合は開幕前の不安だらけのチームその物でした。
『魔法が解けた』
そんな表現がピッタリの、大変残念な結果に終わりました。

残念無念の話はここらで終了。
先週の日曜日、朝から辺りをとても強い日差しが照らしているのを見て久しぶりに敦賀界隈へ出かけてみようと思いました。狙うのはトワイライトと貨物を何本か。
ちょうどその前日にポックルさんが素晴らしい貨物の写真を見せ付けてくれていたので、それがモチベーションになっていたというのもあるんですが(苦笑)

午前8時半頃に自宅を出発。
大原を抜け、湖西道路へと入ると見る間に車の量が増えてきました。
夏の休日、海や琵琶湖へ向かう行楽客が多いのは当然のことです(苦笑)
おかげで、到着時刻に余裕が無くなり、トワイライトの嶺北は諦めざるを得ませんでした。

新疋田に到着したのが午前10時前。
ループ界隈のどこで撮影しようかとここで思案。
そうだ、ループ俯瞰の登山に初挑戦してみよう!
と思い早速ポックルさんに行き方のご指南を頂戴したところ、最低でも40分は見た方が良いとのことで、時間的に到底間に合わないことが発覚(笑)

それならどうしようかな?
もう一度頭の中をリセットして界隈の候補地を検討していると、頭の中で『ピン!』と、ある場所が浮かびました。その場所とは『市橋陸橋』。
この時期の太陽はとても高く、写真はトップライトとなります。
そこで上から狙える構図としてこの場所を思いついたわけです。

そうなれば早速移動、細い山道をてくてくと登っては下りしてようやく到着。
現場に着くと、当然の如く誰もいないのがトワイライトの撮影(苦笑)
素晴らしい撮影対象なんですが、日本海や485系に比べると圧倒的に不人気。
私はまぁこの列車が大好きなので逆にありがたいのですが…

真夏の日差しが照りつける市橋の鉄橋で一人カメラをセッティング。
実は管理人、この陸橋から撮影するのは初めて!
どうやって構図を決めたら良いかイマイチわからずおろおろ。
そうこうする内に列車通過の案内が鳴り出して…

12080701.jpg
120805 10:59 8002レ トワイライトEXP号 EF81-103号機牽引 北陸本線 新疋田-敦賀

あか~ん、パンタ串刺しや~(苦笑)
客車の側面は陰になってしまうので完璧とはいえませんが、機関車の顔と屋根上は綺麗に照らし出されています。トワイライトの場合、客車が濃緑なのでバックに山が入ると少し見栄えが悪くなってしまいますが、ここの構図では線路のバラストが客車との色の対比を生み出すので、まずまず綺麗に車体が浮き上がるように思います。

ただ、これは悔しい!
また改めて出直しですね…

通過後もう一度構図のセッティング。
今度は上手く行くかなぁ?と待ち構えていると再び通過の警報が。
しばらくすると、EF510牽引の貨物がやってきて再チャレンジ!

ところが…
これが大失敗!(汗)
とてもお見せ出来るような写真ではなく割愛させてください(苦笑)

悔しい思いのまま、もう一度構図調整。
次こそは…

12080702.jpg
120805 11:16 6M しらさぎ6号 ?編成 北陸本線 新疋田-敦賀

編成が短くなって、感じは変わってしまいましたがしらさぎ号。
少し窮屈になってしまいました…
正面の傷が少し気になります。

12080703.jpg
120805 11:21 4016M サンダーバード16号 ?編成 北陸本線 新疋田-敦賀

ようやく納得行く構図で撮影出来ました。
サンダーバードを始めたとした681,3系も撮影者には人気がありません。
個人的にはこの特急列車も格好良いと思うのですが…

12080704.jpg
120805 11:29 3147M 新快速 近ホシV51編成 北陸本線 新疋田-敦賀

最後に新快速の223系を撮影してこの場所からは撤収です。
ちなみに、この新快速に私の家族が乗車していたんですが(笑)

新疋田で家族を回収後、昼食をとるために北へ移動。
午後からの撮影に備えます。

<つづく>

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

帰り道でトワイライトエクスプレスを撮影

みなさんこんにちは

連日の暑さに管理人は完全にやられました。
ここ京都の暑さは全国的に知られていますが、生活しているからと言ってその暑さに慣れるなんてことは絶対に無いと思います(苦笑)
猛暑の今夏、管理人をはじめ多くの京都人が『早く終われ、夏!』と心から祈っているのは間違いないと思うのですが…

さて、今日もビワマス日記の続きになります。
近江八幡でビワマスを入手。
その後、近くの農家直売店であれこれと美味しそうなものを物色した後京都へと戻ります。

湖岸道路を琵琶湖大橋まで戻り、渡ったところで時計を見ると11時過ぎ。
ハイシーズンの現在、ちょうどトワイライトが毎日運行中。
せっかっくなので、堅田界隈で一枚撮影していこうと思います。

当初狙っていたポイントは伸びた草でアウト!
列車を撮影すると、見事に植物が車体に入ってしまいます。
それならばということで、急いで近場へ移動。

到着後、すぐに113系の普通が通過。
慌ててカメラを構えるも、残念ながら間に合わず。
『あ~あ』と思いながら、堅田方面に眼を向けると、遠くのほうに2灯のヘッドライトが。

『おっ!やってきたな!』
改めてカメラ類をセットアップ。
しかし、ギリギリすぎて攻めきれず…

12073101.jpg
120729 11:43 8002レ トワイライトEXP号 EF81-44号機牽引 湖西線 おごと温泉-堅田

まぁまぁ…
天気もイマイチで空気もそれほど澄んでいなかったのでこんなものでしょうか?

このトワイライトエクスプレス、あんまり撮り鉄さんには人気がありません。
日本海や雷鳥がまだ走っている頃、日本海や雷鳥には多くの人が集まっていましたが、トワイライト通過時には誰も居ないなんて事がよくありました。
今でもトワイライトは撮影者が少なく、非常に撮りやすい対象です。

しかし、この列車を良く見ると非常に魅力的な被写体。
今となっては貴重な機関車の客車牽引列車というだけです。
ただ、このトワイライトもいつまで走ってくれるのかわかりません、北陸新幹線や青函トンネル新幹線開通時には大きな変更の可能性があります。

まだまだ余裕を持って撮影出来る素晴らしい被写体トワイライトエクスプレス。
今のうちに様々な角度から狙っておくのが良いかなと私は思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。