スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 吹田工場一般公開に行ってきました

みなさんこんにちは

大変ご無沙汰いたしております、管理人でございます(苦笑)
前回の更新から大よそ1ヶ月、再び1ヶ月の感覚を頂きました…
毎日更新を止めてからというもの、PCの前に座る時間が激減しました。
逆に言うと、今までがちょっと異常だったのかもしれません(笑)

さて、今回の記事は今年もJR西日本吹田工場で開催された工場公開イベントの模様です。3年前にイベントが復活して以来、毎年子供たちを連れてお出かけしてきましたが、今年も同じく参加してきました。
内容は毎年殆ど変わらないのですが、それでも子どもたちは普段触れることの出来ない工場の敷地内に入れるということでとても楽しみにしておりました…

12102701.jpg
現地に到着したのは、開場時刻でもある午前10時丁度頃。
既に大勢の来場者が工場の敷地内に入場されています。
私たち家族もその列に連なって中へと入りました。

12102702.jpg
まず最初に目に入ったのが、ピカピカに塗装された381系の中間車両。
福知山線に移籍するために塗装変更されたのでしょうか?
そんなことを思いながら、更に場内奥へと進みます。

12102703.jpg 12102704.jpg
公開されている敷地の最も奥側は恒例の展示車両撮影会場。
今年はクモヤと新型くろしお287系、そして583系きたぐにが並んでいました。

12102705.jpg
この287系はここ数年一気にその勢力を伸ばしてきました。
おそらくこれから何年かで国鉄車両を一掃することになるでしょう。

12102706.jpg 12102707.jpg
今年の3月で定期運転が廃止され、臨時列車に格下げされた583系きたぐに。
しかしこの列車もいつまで走ってくれるのやら…
とりあえず今年度はおそらく走り続けてくれるでしょうが、来年は不安です…

12102708.jpg
今年吊り上げられる車両は113系。
たぶんこの車両は廃車前提でこの吹田にやってきた車両と思われます。

12102709.jpg
この後管理人は家族で車掌体験の車両へ移動。
数年前は早いもの順だったこのようなイベントはここ数年事前のはがき抽選になりました。
そりゃあそうでしょう、順番待ちだった頃は3時間待ちとか恐ろしいことになってましたから…

ちなみに今回のイベントで我が家は運転室撮影会も車掌体験も両方当選!
去年は運転室体験だけだったので、今年はとてもラッキーでした。

12102710.jpg 12102711.jpg
体験イベントを終えた後、再び構内を散策。
すると、なにやら色褪せた車両が放置してあります。
思わず近くに寄ってみると、なんとそれは元雷鳥のパノラマグリーン車、クロ481-2001!
とうの昔に配車されてしまっていただろうと思ったいたので、良い意味でビックリ。

その後ろには103系のモハ102-1らしき車両があったので、ひょっとすると廃車せずに博物館に展示するため保存しているのかもしれないと、少し期待も膨らんでしまいます。
まぁそれはぬか喜びでしょうが…

12102712.jpg
なぜなら、その車輌達のすぐ近くに、ご覧のように覆いをされた広場に佇む車両が…
おそらく、このくろしおカラーの381系達は廃車されるのでしょう。
ここは解体場の待機線なのかもしれません。

12102714.jpg
解体場近くで行われていたイベントが、軌道上自転車の体験乗車。
かなりの行列が出きており、しばらく待たされましたがなかなか良い思い出になりました。

12102716.jpg
こちらはこのようなイベントではお馴染みのペーパークラフト教室です。
ここも凄い人手で、とてもじゃないですが作業机を確保するのは無理!
といわけで、そのまま紙を頂いて帰り、家で改めて製作しました。

その後、恒例の社員食堂での昼食。
今年はカツカレーを頂きましたよ(笑)

吹田工場を後にしたのは午後2時前。
私達が帰ろうとする頃も次から次へと来場者がイベントに訪れていました。

実はこの日は朝も集約臨であるEF81+24系の『日本海もどき』を撮影する為、沿線は賑わっておりました。
管理人は何が走るのか全く知らなかったので『なんだろう??』とずっと疑問に思っていましたが、ポックルさんに確認してようやく納得(苦笑)

帰りの車内でも、京都駅に向かう車内から外を眺めていると、撮影地点として有名な駅では多くの撮影者が所狭しと駅の端でカメラを片手に南を向いておられました。こちらも後からポックルさんにワム廃回とPF+カニだよと教えてもらい、うんうんと納得。

しかし…こういうネタに全く疎いってのもどうなんでしょうかねぇ~(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(最終回)

みなさんこんにちは

一通り展示車両を見終わった頃になるといよいよ空から雨粒が本格的に…
天気予報では昼から雨が降り出すということだったので、予報どおりといったとこです。
そのため、本来ならば屋外で建屋周りをぐるっと回るはずのミニ新幹線達は建屋の中での乗車になるというアナウンスが午前中から為されていました。

こういった子ども向けの乗車イベントは大概凄い行列になります。
本来であれば、開門と同時にこの手の催し物には向かわねばなりませんが、今回は他にも多くのイベントに参加したために、今回は乗車する予定はありませんでした。

しかし…
子どもたちにはそんな論理、理屈は当然通じません(笑)
当然の如く『乗りたい!』と言い出します。
そうなれば親としては、仕方ないなぁということになりますよね…

それでは行ってみようかということで会場に行ってみると、当然の如く長蛇の列(笑)
係りの人が持つ案内板には待ち時間40分の文字が(汗)
子供達にその旨を伝えると、待つ!とのこと…
というわけで、この長い列の一番後ろへと並ぶことにしました…

11110901.jpg
で、待つこと数十分。
ようやく乗車することが出来ました(笑)
ただ、建物の中での運転ということで、1週辺りの時間も短くなり、思ったよりは早く乗車することが出来たように思います。これが屋外であれば、乗車時間がもっと長くなるので、待ち時間も当然それに比例して長くなってしまったでしょうね。

ということで、今回の吹田工場一般公開内での催し物参加はこれにて終了!
外の雨は既に本降りへと変わっており、家族揃って傘を差してから表に出ました。
楽しかったなぁといいながら、出口へと向かう道すがら、建物の奥に何やら見慣れた車両が…

11110902.jpg
東海道本線からも見える、本線脇の線路に留置されていた元雷鳥用のパノラマクロです。
既に向日町の車庫からは姿を消しており、吹田で多くが廃車解体されたと聞いていましたが、このパノラマクロはまだその姿を留めていました。
しかも、このパノラマクロ、よぉく見ると…

11110903.jpg


2001!A1編成クロだ!


ダイヤ改正前の最終雷鳥33号で使用されたA1編成。
なんとこの留置車両、その編成に組み込まれていたクロ481-2001でした!
ひょっとすると、この車両も梅小路へ…
と、淡い希望を抱いてしまう瞬間でした(汗)

この後、管理人一家は少しずつ雨がきつくなり始めた会場を後にしました。
帰り道、我が家以外にも多くの家族連れの方が雨の中吹田駅へ向かう姿が見られました。
そして、どこの子どもも皆一様に楽しそうな顔をしているのがとても印象的でした。

いつもお話していることですが、このようなイベントには本当に多くの手間が掛かると思います。
それで無くとも、関係者の皆さんは普段から大変お忙しいはずです。しかし、そのお忙しいはずの時間を我々ファンの為にこのように惜しげもなく割いて下さっているのです、これは本当にありがたいことであると言わざるを得ません。

逆に言うと、我々鉄道ファンはその思いに応えられるだけ会社に貢献できているだろうか?
せめて、関係者の方々に迷惑だけはかけないようにしよう。
そう思わざるを得ません。

最後に、あらためて関係者の皆さん、今年も本当にありがとうございました。
今年も存分に家族で楽しませて頂くことが出来ました、心より感謝申し上げます。
出来うることであれば、また来年も是非どうぞよろしくお願い致します。

<おしまい>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(4)

みなさんこんにちは

吹田工場一般公開見学編も今回で4回目です。
ここまでは会場で行われていたイベントを中心にお伝えしてきましたが、今回は展示車両の紹介です。
といっても、正直今年は去年に比べると面白みにかけたかな…(汗)
ただ、去年はちょっと凄過ぎた感もあるので、仕方が無いかな?

去年は『北陸路のエース達』と銘打って並べられていた構内東のほうの留置線へと向かいます。
昨年見学した車軸を組み付ける機械のある建屋を通り過ぎ、会場内の最東端へ。
すると、留置線横にある建屋にも多くの人たちが…

なんだろうな?と見てみると、車両部品の販売コーナーでした。
このコーナーに入るには、こちらも参加希望の当選はがきが必要で中の様子をうかがい知る事は出来ません。しかし、後から聞いたところによると廃車になった485系や103系のナンバーが多数用意されていたとか…
ただ、それも勿論結構な金額だったようで、とても購入出来るような物ではなかったようです。
そうそう!そして例のEF81-45号機のナンバープレートです!
あれ、某サイトの情報によるとなんと…


124万円


だったそうで…
まぁ、予想していた金額くらいだったわけです。
いや、ほんと、凄いです…
もう完全に良い商売として成り立つ世界ですね(苦笑)

さてさて、話がかなりズレてしまいました。
それでは撮影した写真の紹介といきましょう。
まず最初は、留置線に並べられていた車両から…

11110801.jpg
昨年はまだその姿を見ることが出来なかった287系です。
今後のJR西日本の看板列車の一つになるであろう形式ですね。
今回は既に山陰線、福知山線で営業で用いられている赤いラインのものと、まだ営業に入っていないくろしお用の青いラインの入った編成が並べられていました。
この青いラインの編成、結構きれいだなぁと思うのですが??

11110802.jpg
見たことのあるこの車両はU-TECHですね。
何かの試験車両らしいのですが、詳しいことは知りません(笑)
昨年確か敦賀で見た記憶があります。

11110803.jpg
こちらはクモヤです、最近の485系183系廃車回送ではよく見られたそうです。
といっても、私は廃車回送を実際にこの目で見たことは無いのですが…
ただ、こういう模型はちょっと作ってみたいなぁとは思っているんですよ。

話は変わりますが、この日ポックルさんから何度か連絡を頂いておりました。
当日の朝、ポックルさんは敦賀界隈で撮影されていたそうなんですが、イベントにボンネットがあるはずなんで、そのヘッドマークを教えて下さい。というご質問を頂戴していたのです。
しかし、先ほどの会場(昨年展示されていた場所)にはボンネットの姿が無かったので、ポックルさんには『ボンネット見当たらないですよ~』と返答したら、ポックルさんは『おかしいなぁ』と仰います。
ポックルさんの情報なんだから、間違い無いはずだし変だなぁ?と思っていたら…

11110804.jpg
全然違う場所にいらっしゃいました。
しかし、ご覧のようにかなり色あせてボロボロになってしまっておりまして…
ヘッドマークも付いていなくて、なんだかちょっと寂しい感じです。

11110807.jpg
よく見ると、その後ろには青い103系が繋がっています。
更に目を凝らしてその103系のナンバーを見てみると…
そうです、あの『クハ103-1』トップナンバーの103系です!
この2両、おそらく今後梅小路に予定されている博物館で展示されるんだろうなぁ。

11110805.jpg 11110806.jpg
そのボンネットはどこにあったのかと言うと、ご覧のマルタイの公開イベントの後ろでした。
ゴゴゴゴ!と大きな音を立てながら、路盤の掘り起しなどをする様子が見られました。
このような裏方の機械によって鉄道は安全に運行されているんですね。

とまぁ、主だった展示車両はコレ位だったのではないでしょうか?
後は車体釣り上げ作業に用いられた183系の先頭車だったと思います。

去年よりは確かに面白みには欠けたかもしれません。
しかし、こうして間近で列車を見ることなんてそうそう出来ることでは有りません。
そういう意味でもやっぱり、このようなイベントは貴重なものなんだなぁと再認識しました。

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(3)

みなさんこんにちは

大きな社員食堂で昼食を済ませた管理人一家。
いよいよ次に向かうのは本日のメインイベント、特急車両運転台での記念撮影です。
去年ははるかに用いられている281系の運転台でしたが、今年は果たして??

社員食堂から表に出ると、先ほどまでは何とか堪えていた雨が…
土砂降りというほどではありませんが、しとしとと会場に冷たい雨が降り始めました。
しかしながら、こんな天気でも相変わらず多くの来場者の方が構内を訪れている様子で、会場内はどこの催し会場でも沢山の参加者で賑わっていました。

さぁ、それではいよいよ特急車両運転台記念撮影の会場へと向かいましょう。
昨年までとは違い、今年から抽選によって当選した人にだけ参加出来るようになったこのイベント。確かに、昨年は同じ内容のイベントで待ち時間が2時間以上というとんでもないことになっていたので、抽選制にしたのは正解だったかもしれませんね。

そうそう、今回の当選者にはJRから直接電話があって、希望時間を伝えることが出来ました。
我々はお昼過ぎからの時間帯を希望したのですが、当選者700組すべてに直接連絡をとって時間調整をするというのはとんでもない労力だったと思います。確かに参加者としては非常にありがたいご配慮であるのは間違い無いのですが、関係者の方々の労力を思うと少し申し訳ない気がしました…

11110701.jpg
さて、いよいよ我々も会場へと到着。
おぉ~!今年の使用車両はパノラマ運転台のオーシャンアローだ!!
早速受付を済ませて、列に並びます。

11110702.jpg 11110703.jpg
列に並んでいる間、普段は絶対に近寄れない台車付近の様子を観察。いつかこういう事が模型作成のために役立つことでしょう(苦笑)
そうこうする間にあっという間に列の先頭までやってきました。流石、時間枠まで調整して頂いているおかげですね、ほとんど待ち時間も無く車内へ入ることが出来ました。

11110704.jpg
そういえば、このオーシャンアローのパノラマ車両には何度か乗車したな…
あれからもう2年くらい経つのかと思うと、妙な汗が出てきます(苦笑)

11110705.jpg
車内に入ってからはもうあっという間に我々の順番が回ってきました。
本当ならば、もう少しこのグリーン車のシートを堪能したかったのですが(笑)
運転室に入り、子供たちそれぞれの記念撮影をしてもらい、オリジナルのクリアファイルに写真を入れてもらって受け取ります。ちなみに、1枚100円ですがその価値は十二分以上でしょう。

もちろん子供たちは超ご機嫌!
二人ともニコニコと大事そうにその写真を眺めていました。
普段あまり運が良いとはいえない管理人ですが、今回ばかりは良いところで運が向いてくれました。
ほんと、ありがたいなぁと感じた瞬間でした。

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

2011 JR西日本吹田工場一般公開へ(2)

みなさんこんにちは

今年も家族一同で参加したJR西日本の吹田工場一般公開。
基本的にこのようなイベントは家族向けの催し物が多く、子供たちにとっては大変楽しいものとなります。今回もまた様々な企画が用意されていましたが、昨日紹介した電車塾もそのひとつ。
まぁ、こういう催し物のおかげで『子供たちを楽しませている』という名目が立つので、多くのお父さん方にとっても都合の良いイベントとなっているのですが(笑)

さて、そんな吹田工場見学日記2回目の本日のネタはまたまたお子様向けイベントの紹介です。
電車塾会場を後にして構内へ進もうと思うと、すぐに目に付いたのが『ペーパークラフト製作』のイベント会場です。建物の入り口に見本が用意してあり、建物の中で各自用意されたペーパークラフトを製作するというものです。

11110601.jpg
2階建ての建屋の2階に用意されたお部屋にペーパーと製作用の文具が用意されています。
沢山の種類の中から『一人3枚』好きな列車の台紙を選択します。

11110602.jpg 11110603.jpg
会場は多くのお子様たちがこのように一生懸命に列車作りにはげんでいます。
種類によっては結構レベルの高いものもあって、親御さんたちも苦労されていました。
今回私は全くタッチせず、ウチの奥様が子供たちと一緒に製作していたのですが、ご他聞にもれず彼女も見事に失敗されておられました(笑)

11110604.jpg
家に持ち帰ってからの撮影ですが、こちらが今回子供が製作した作品です。
図工の学習としても、子供たちにとって本当に素晴らしい教材であると思います。
しかし…5歳の子供の選択肢が『103系』『流電』『クモヤ』ってのがなぁ(笑)

他にも大勢の参加者がいらっしゃるので、ここでは1両のみ製作して残りは家で製作することに。
この後、家族で会場にある社員食堂で今年もお食事を頂きました。
ここでお昼ご飯を頂くのもこのイベントでは欠かせない行事です(笑)

昼食後、いよいよ運転台での記念撮影に向かいます。
今年乗車出来る運転台は何の車両かな??
わくわくしながらイベント会場へ…

<つづく>

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。