スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の親アオリ初釣果

みなさんこんにちは

今週半ば頃からホームグラウンドである若狭界隈より親アオリの釣果報告が届き出した。
この親アオリは釣れる期間が非常に短く、あっという間にシーズンが終了してしまいます。
冗談抜きで『昨日でおしまい』ということすらありえるような、そんな限られた釣り。

ですから、この時期は万難を排して釣り場に向かう必要性があります。大袈裟な言い回しに聞こえてしまいますが、ソレ位親アオリイカを釣るというのは、期間限定の特殊な釣りといえます。
そして本日、ようやく訪れた終末のお休み、管理人は喜び勇んで出かけてきたわけですが…

午前五時に現場到着後、早速準備をして釣り開始。
毎年この親アオリシーズンの一投目は大変緊張します(笑)
残念ながらその一投目では釣果を得られませんでしたが、海の状況は大変良い感じ。

『これはいけるかな??』
否が応でも高まるテンションの中、午前六時過ぎ、遂に歓喜の瞬間が訪れました!
思いきりエギをキャスト。遠くに着水したエギを見届けた後着底を確認。大きなシャクリを数回入れ、テンションフォールでアタリを探っていると、一瞬竿に違和感が!
思い切りエイや!と合せを入れると、親アオリ特有のあの重たい引きが!!

グイングインという独特のジェット噴射による引きをいなしつつ、ようやく視界にお目当ての親アオリが現れました!今年1杯目の親アオリイカはなかなかのサイズのようです!
慎重にネットで取り込み、墨をかけられないよう気をつけて(苦笑)足元へ…

12051901.jpg
胴長32cm、まるまると太ったメスでした。
これで今年度の親アオリボウズは逃れました(苦笑)

その後ももう1杯の釣果を重ね、意気揚々と帰宅。
秋アオリに比べると遥かに巨大な獲物に大満足の一日となりました。

12051902.jpg
帰宅後、奥様にイカの処理を丁重にお願いします(苦笑)
改めて撮影してみましたが、この大きさがお分かり頂けますでしょうか?
サイズが大きいので、処理にかなりの手間が掛かってしまったようですが、見事に食材になりました。

12051903.jpg
まずは定番のお刺身!
身がごっついので、ちょっと食べるのに苦労します(笑)
でも、大きなねっとりとしたお刺身には適度な甘みがあり、大変美味です。

12051904.jpg
こちらは親アオリでしか食べられない珍味、親アオリの白子と卵の煮付けです。
独特のもちもちとした食感が素晴らしいお酒の肴になりますよ~

今年もどうにか釣り上げることが出来た親アオリイカ。
この命に感謝しながら、今日は美味しい食事を堪能させていただきます…
スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

若狭湾の親アオリが始まった模様

みなさんこんにちは

明日はかなり荒れた天気になるようです。
嵐の前の静けさとでも言いましょうか、本日の関西地区は素晴らしい天気!
昼間は半袖半ズボンで過ごしたいと思うほどの陽気、まるで夏のような一日でした。

そんな本日、知人からの情報によると遂に若狭湾で親アオリイカが始まったようです。
各釣り速報サイトでは、有名どころの釣果が報告されていますが、各地で一斉に接岸が始まった様子。まるで示し合わせたかのように、若狭界隈一帯で親アオリイカが釣れだしたようです。

このアオリイカ釣り、私は『エギ』と呼ばれる、日本固有のイカ釣り専用ルアーを使用した釣りをかれこれ10年以上続けています。始めた当初は比較的良く釣れたのですが、ここ数年釣果が激減!釣り上げるアオリイカの数は急激に減ってきました。

実はこのアオリイカ、なんとたったの1年で命を終えてしまいます。
夏前に孵化した後、晩夏から初冬の頃まで沿岸地で生息し、冬になると沖合いに出て行ってしまいます。未だにこの移動先についてはわかっていないことが多いそうです。
そして春を迎えた今時分、その移動先からはるばる沿岸地まで帰ってきます。
夏には僅か10cmほどしかなかった固体も、こうして春に戻ってくる個体の中には胴の長さが40cmを越えるほどたくましく成長してきます。

そして今のシーズンはその『親アオリイカ』を沿岸部でゲット出来る最大のチャンスなのです!
しかしこの親アオリイカ、厳しい環境の中で1年間も過ごしてきたつわもの、そう簡単には釣り上げることは出来ません。
ただ、条件が重なればその親アオリイカをゲットするのは勿論可能、そして本日その親アオリイカの接岸情報が遂に本格化してきたという知らせが入ったわけですね。

この親アオリイカ釣りのシーズンは極端に短く、そのタイミングを逃すとまず釣れません!
現在、若狭界隈は非常に良い状況であるように見受けられます。
管理人は居てもたってもいられなくなってきました(苦笑)
今週土曜日には海へ出撃しようと真剣に画策中です…

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

ファミリーフィッシングで大コケ

みなさんこんにちは

ゴールデンウィーク二日目、皆さん如何お過ごしでしょうか?
管理人、昨日は臨時運転された日本海を撮影する為に出かけたわけですが、本日は家族運用ということで昨年の秋にそこそこの釣果を得た志積漁港へ再び訪れました。

二日続けての午前3時起き。
正直、辛い(笑)

しかし、普段家族のことを省みず、我が事ばかりを優先するダメ親父。
たまにはちゃんと家族サービスするぞ!ということで踏ん張りました。

午前5時半頃に志積漁港到着、他には誰も居ません。
太陽はまだ山から出ていないので、少し肌寒くはありますが、もう十分に明るくなっています。
しかしながら、風がきつい!
釣りは風がきついと結構困ることが出てくるので、この強風にとても悩まされました。

到着後、早速チョイ投げ仕掛けをキャスト。
友人達の情報では既にこの界隈ではキスがかなり釣れているようなので、否が応でも期待が高まります。
二人の子どもたちそれぞれに釣り竿を渡してしばらく待つも…

全然釣れない!
おかしいなぁ?と思い、私が投げてもアタリの欠片すらありません!
ひょっとしたらまだ時間が早いのかな??
と思い、数時間粘ったのですが…


なんとボウズ!


信じられない!
ルアーならいざ知らず、普通餌釣りなら外道含めて完全ボウズなんて考えられない!
結局、アタリの一つすら感じることなくお昼前に撤収…

12042901.jpg
今年初めての釣行は見事なほどの惨敗に終わりました。
暖かくなったといっても、波打ち際はまだまだ冬なのかな?

やれやれ…
本当に疲れました(苦笑)

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

今年は空振り、ホタルイカの身投げ

みなさんこんにちは

昨年ネットで情報を集め、初めて出撃したホタルイカの身投げ。
その時の仔細はこちら『ホタルイカの身投げを狙う』をご覧頂ければ幸いです。
初めての出撃で、何とか10杯の釣果?を得られたのも今となっては良い思い出です。

そこで今回、昨年を越える更なる釣果を求め、釣り仲間と一緒に富山湾へと出撃。
昨今のガソリン高を鑑みて、乗り合いで2台の車に分乗。
わいわいと馬鹿話をしながら車に揺られること4時間ほど、あっという間に一行は糸魚川へ(笑)
道中の余りの楽しさに、長いはずの移動時間もあっという間でした…

糸魚川到着後姫川漁港に移動。
我々と同じように多くのホタルイカ身投げを狙って多くの人たちが集まっています。
漁港内には沢山の集魚灯が並べられる様子はさながら夜店の並ぶ夏祭りのよう。

しかし肝心のホタルイカは全く姿を見せず!
明らかにホタルイカよりも人の方が多く集まっています(苦笑)
これはいかんということで移動開始。
徐々に南下しながら各所を確認していきますが、残念ながらホタルイカの姿は見えず。

結局4時頃に入善付近までやってきたところで断念。
というか、宴会を始めたかっただけなんですけど(笑)
結局、今年はホタルイカの漁獲はという悲しい数字に…
残念ながらホタルイカの漁獲はありませんでしたが、仲間と楽しい時間が過ごせました。最近、仕事で色々と複雑なことがあって少しナーバスになっていたので、大変素晴らしい気分転換になりました。

12042209.jpg 12042210.jpg
ちなみにこれは、滑川のスーパーで買った地元滑川産のホタルイカ(笑)
大きく、中身もパンパンで本当に美味しかった!
同じく売っていた甘海老も絶品でした…

次回は…
やっぱりたくさん掬いたいな、ホタルイカ (笑)

テーマ : フィッシング(釣り)
ジャンル : スポーツ

ファミリーフィッシング2

みなさんこんにちは

製作途中のEF81を今日は一気に仕上げていきましょう!
…とは行かず、本日は早朝から家族でお出かけです(笑)
タイトル通り、今週もまた若狭方面へ釣りに出かけてきました。

場所は先週と同じ志積漁港、そこそこの釣果があったので、二匹目のドジョウならぬ、キスを狙いに今週は家族で夜も明けぬ早朝から出かけて参りました。
途中の釣り餌屋で今回はゴカイだけを購入、キスに狙いを定めての釣行となりました。

先週は台風通過の前ということで、風がきつく、やや釣りのし辛い条件でしたが、今回は風も無く、海はとても穏やかで、子ども達が釣りをするには大変素晴らしい条件でした。
現地到着後、早速仕掛けを組み上げて二人の子どもに釣りをさせます。
すると、数投目からいきなりキスが釣れだします。
もちろん、シーズンがシーズンなだけにサイズは小さいのですが、子ども達は大喜び!
まぁ、実際に食べるとなると小さいキスはとても柔らかくて美味しいのですが(笑)

朝から釣りをすることかれこれ6時間弱。
結局、子どもたち二人&奥様でキスを16匹、メゴチが8匹、おまけで小鯛が1匹とまずまずの釣果。
昼過ぎには現場を後にし、途中にある大型スーパーでお買い物してから帰宅となりました。

11092501.jpg
これが本日の釣果です。
もうちょっとキスが大きかったら良いのですが、贅沢は言うまい(苦笑)

11092502.jpg
キスは身と骨に分けてそれぞれ天ぷらにします。
子どもたちは骨の天ぷらである『骨せん』がとても気に入っています。
栄養的にも大変素晴らしいのではないでしょうか!?

さて、問題はメゴチです。
見た目はグロテスクな魚で、キスの外道として扱われてしまうのですが、実際にはキスに劣らぬ美味な魚として釣り人の中では有名なんです。ただ、捌き方にちょっとコツがあるようです。今回はそのコツをweb上で調べた上で、メゴチを処理してみました。

あ、勿論実際に捌いているのは奥様です(笑)

11092503.jpg
まず、背びれを綺麗に切り取ります。
この時、背びれが切れないようにするのがポイントととのこと。
そして、頭の部分まで背びれを切ったら、そこから中骨まで切ってしまいます。

11092504.jpg
その後、このようにメゴチを裏返し、包丁の背で先ほど切った中骨を押さえ、頭を尻尾のほうに引っ張ると綺麗に皮が剥がれてくれます。ただし、この時結構な力が要るそうです(奥様談)。

11092505.jpg
皮を引き終わると、このようにメゴチも捌き方次第でちゃんとした綺麗な白身となります。
メゴチのあの外見からはちょっと想像出来ない美味しそうな身ですね。

11092506.jpg
最後に、中骨を落とすべく両側から包丁を入れます。
メゴチは骨が硬いので、骨せんべいにするには少し厳しいかな??

11092507.jpg
そして遂にメゴチの処理完成!
後はこれをてんぷらにして頂くわけですが…

11092508.jpg 11092509.jpg
綺麗な白身のキスとメゴチが美味しそうなてんぷらとなりました。
一口食べると、口の中でサクサク、フワフワ~
う、旨い!!
身は小ぶりですが、脂が乗って最高に旨い!!

11092510.jpg
こちらは下の子どもが釣った小さな鯛です。
針を飲み込ませてしまっていたので、持ち帰ってきました。
自分で釣った魚を殺し、そしてありがたく食べる。これこそ本当の教育といえるのではないでしょうか?
>ねぇ、しおっちさん(笑)

11092511.jpg
管理人はといいますと、こんなお酒を用意しました。
旨い魚には日本酒が最高です…

11092512.jpg
本日の釣果達を肴に、旨い日本酒をぐいっといただきます。
今日はとてもいい思いをさせてもらいました。
さぁ、明日から頑張って仕事しましょう!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。