スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可哀相なことをしてしまった…

みなさんこんにちは

数年前にご近所さんから頂いたカブトムシの幼虫。
そこから毎年増えて増えて数に困ったこともありましたが、約4年ほど順調に飼育してきました。
昨年からは爆発的に増えないよう、数を絞って飼育してきたこともあり、今年も幼虫の数はおおよそ10匹程度と丁度良さそうな数で飼育ケースに入れておりました。

ここ数年、あまりにも簡単に飼育出来たことで気が緩んでいたとしかいいません。
既に12月にもなるかというのに、飼育箱の土替えを今まで行わずにいたのです。
確かに週末の行事やなんやでバタバタしていたのは事実ですが、明らかに甘く見ていました…

本日、思い出したかのように土替えを行おうと飼育ケースを取り出してきたところ、少し様子がおかしいことに気が付きます。というのも、この時期にケースを持ち上げると、必ずケースの底にかなり大きくなった幼虫の姿を見ることが出来るのですが、その姿が全く見えない。

『これはまずいかも!』
慌てて表に飼育ケースを持ち出してから、新聞紙の上に土を広げてみたところ…

11112001.jpg
やっぱり…1匹も見当たらない…
更によく見ると、干からびて死んでしまった幼虫の姿が何匹か視界に飛び込んできました…

今年の春に入れ替えたこの土では栄養が足りなかったのか?
若しくは、湿気がなくなってしまってカラカラの状態になっていたのか?
いずれにせよ、非常に環境の悪い状態のまま放置してしまっていたようです。
本当に可哀相なことをしてしまいました…

仕方がないと諦め、広げた土を元の飼育ケースに戻していたところ、上の子どもが突然大きな声で『うわっ!いたっ!』と大きな声で叫びました。そんなバカな、完全に死滅してしまっていたじゃないかと半信半疑で彼の指差すところを見てみると…

11112002.jpg
本当だ、いた!
この時期としては考えられないほど小さな個体ではありますが、確かに生きている!
奇跡的にと言っても差し支えないでしょう、何と1匹だけ生きながらえていたのです!!

急いで新しい土に取替え、しっかりと水分を補給してから再びこの1匹を土の中へと戻しました。
これまでの非常に悪い栄養状態で完全に成長不良となってしまっているようで、このまま大きく育てるのは難しいのではないかなと思っています。しかし、せっかく生き残った最後の1匹。何とかこの1匹だけは大きくしてやりたいのですが、果たしてどうなるやら…
何とか、生き延びて欲しいと心からそう思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

今年も立派な姿を見せてくれました

みなさんこんにちは

はい、本日も鉄道ネタではありませんよ~!
ほんとスミマセン(汗)
ここ数日、やけに仕事が遅くまであり、本日も先ほど帰宅したところです…
来週は前半から出張があるので仕方が無いのですが、ブログネタが書けないのは辛いところ。
この3連休は今週1週間の遅れが取り戻せるように頑張らねば…

さて、そんな本日は年に数回の話題です。
数年前にご近所さんで頂いたカブトムシ。そのカブトムシも毎年卵から成虫へと育ててきましたが、今年もこの1週かで遂にその立派な姿を次々に現しだしました。

羽化したばかりの頃はじっとして動かないのでなかなか気付かないのですが、数日すると飼育ケースの中で『バタバタ』という激しい音がするようになります。今年もちょうど1週間ほど前から羽化した個体が土の上に上がりだし、昨日まで都合4匹が成虫となりました。確か幼虫は3匹だと思っていたので少しビックリしました(苦笑)

その4匹ですが、内訳はオスとメスちょうど2匹ずつ。
本日早速オス1匹とメス1匹は下の子供のお友達の家にもらわれていきました。

11071501.jpg
こちらが手元に残しておいたオスです。
結構立派なサイズです、今まで育ててきた中で一番大きいかも??
今年は育てた幼虫の数が少なかったのが要因かもしれません。
今後メスをどこかで購入してきて、ペアリングさせようと思ってます。

11071502.jpg
こちらが残ったもう1匹のメス、このメスも結構大きいような気がします。
このメスは近日中にもらわれていく予定です。

毎年育てているのですが、もう4年目に突入でかれこれ4代目です。
たったの4年ではありますが、生き物の繋がりを強く感じられます。
このような流れを見て、子どもたちが何かを感じ取ってくれたらな?
父親としてはそう思わずにはいられません。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

し、しまった…

みなさんこんにちは

朝からの強い陽射しで気温もぐんぐん上昇中の本日。
先日、カブトムシの土を入れ替えるのをすっかり忘れていたので、急遽行うことに。
ただ、つい先日までかなり気温も低かったので、ひょっとしたらまだ寝ているかも?

子ども達にせっつかれながら、ガレージに幼虫の入ったケースを持ち出します。
今年は3匹しか残さなかったので、小さいケース一つだけです。
昨年は巨大な衣装ケース2箱と、この小さなケースだったなぁ(苦笑)
そういえば、昨年はコバエが大量に発生してえらい目に遭ったっけ…

11052101.jpg
さて、ケースの蓋を開けてみます。
家の廊下に置いてあったので、表面は確かに乾いていますがさほど乾燥していなかったようです。
どれどれとケースをひっくり返して、中を見てみると…

うわ!
既に蛹室を作っているじゃないか!!
まだ幼虫の色は変わっていないものの、既に蛹になる準備は十分出来ています…

これはまずいと言うことで、とりあえずそのまますぐに土を戻して、ケースを元あった場所に改めて設置しました。しかし、あんまり良い状況ではないかも…

ちなみに、少しだけ見た幼虫の感じからすると、今年もあんまり大きくないかも?
いやはや、失敗しました…

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

カブトムシのダニ、その後

みなさんこんにちは

昨日、今日と思ったほど気温が上がらず何とか生き延びてます。
コレ位で済むなら何とか頑張れるのですが、週間予報を見ると来週以降は再び猛暑復活…
特に来週は連日36度以上の気温が予想されています、流石にここまで来ると真剣に気を配らないと健康に深刻な害をもたらす可能性があります、皆さんもどうかご自愛ください。

さて、そんな暑い夏の主役のひとつとも言えるカブトムシくん。
先日、ダニ駆除マットを使用してみましたが、今日はその事後記です。
そもそも、駆除マットの説明書に『幼虫は飼えません』と注意事項がありました。
そこで、そろそろ産卵も始まりそうなのでちゃんとしたマットに入れ替える必要性があると判断しました。

さぁ果たしてカブトムシたちはどうなったのかな?

10073001.jpg
結果論ですが、全滅はしませんでした。
しかし、かなり数は減ったような気もします。

前はもっとビッシリ詰まっていたような(汗)

10073002.jpg
お腹にも沢山居ますねぇ(汗)

色々と調べるとこのダニはカブトムシに悪さをするわけではないそうです。
ただ、見た目的にはあんまり気持ちの良いものではありませんよね…

10073003.jpg
メスは比較的綺麗です、ダニが付いている気配はありません。
しかし今年のカブトムシは今までよりでっかく育ってくれたなぁ~

10073004.jpg
というわけで、ダニの根絶は諦め(苦笑)少し深めのマットを配した飼育ケースに入れ替えました。

今年は何個くらい卵を回収出来るかな?
けど去年みたいに大量に産卵されると、それはそれで困ってしまうのですが(笑)

テーマ : カブトムシ・クワガタムシ
ジャンル : ペット

ダニも落とせる消臭マット

みなさんこんにちは

いよいよ夏本番!
数日前までの梅雨空が嘘のように朝から真っ青な空が広がっています。
もちろん気温もぐんぐん上昇中!
京都に住まう者は祇園祭の終わりとともに夏を感じるのですが今年もやはりそうなりました。
さぁ、体に悪いほどの暑さを誇る京都の夏が始まります…

さてさて
今日のネタはそんな夏のネタです。

昨年から何回か記事にして参りましたカブトムシ。
先日、猫の襲撃に遭い何匹かが犠牲になってしまったお話はさせていただきました。
その襲撃にも耐え、生き残った多くのカブトムシ達。
その殆どは裏山へと逃がしてしまったのですが、オスとメスのワンペアだけは来年の為に残しておくことにしました。ちなみに、この2匹は同じ両親では無いつがいにしています。

10071901.jpg
で、今回成虫を飼育する為に購入したのがタイトルにもなったマルカンさんの『ダニも落とせる消臭マット』です。
とにかく我が家のカブトムシ達にはダニが多く付いていたので、これを試してみます。
注意書きを見てもあまり長いこと使用するのはよく無さそうなの、8月までを目処にその効果を試してみようと思っていますので、気になる方は今後の記事にご注目下さい。

10071902.jpg
最近、カブトムシの餌にはこのようなゼリーを使うのが常套手段のようですね。
我が家でもずっとこのようなタイプのものを使用しています。

10071903.jpg
ケースにマットと登り木を入れて完成!

10071904.jpg
後はペアを入れてしばらくダニや親の様子を見ながら飼育してみます。
さぁ、うまくいくのかなぁ??

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。