スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は茶釜 EF65-57 (9)

みなさんこんにちは

朝から雨が降ったり止んだりの土曜日。
特別どこに行くという予定も無かったので、久しぶりに工作机へ。
前回の記事を見ると5月の末日(汗)
自分でもちょっと引いてしまいます…

さて、1ヶ月ぶりの作業。
何をしようかなぁと思い、加工中の本体を眺めて見てふと思いつきました。
『GPS装置の配線もやってみよう』
RiGaPa Fabbrica タケチャンマン7さんのところで行っておられた加工ですが、面白そうなので今回私も挑戦してみました。

110119_EF65-57_040.jpg
GPS装置を取り付けるのは別に何の問題も無いところです。
しかし、その装置からボディに続く配線を収める箱のようなものが運転室上部に見られます。
それを再現しようと思うわけですが、適当なプラ板が無かったので、なんぞ無いかいな?と探してみると、このホイッスルカバー取付けようのジグが丁度良い感じだったので、これを流用することにします。

適当なサイズ(約1.5mm×0.4mm)に切り出し、そこに3箇所穴を並べて開けます。
バランスが悪くならないよう、丁寧にポイントを打ってから0.2mmのドリルで穴開け…

110119_EF65-57_041.jpg
こちらが完成品。
慎重に作業を行えば、小さいというだけで別に大した作業ではないと思います。
そこそこいい感じに仕上がったので、ちょっと嬉しい(笑)

110119_EF65-57_042.jpg 110119_EF65-57_043.jpg
早速出来上がった部品をボディに取り付けてみました。
今回は思ったとおりの仕上がりになったように思います。
後は完成させた後、このパーツからGPS装置に極細金属線を並べればOK。

しかし…
1ヶ月に1回、しかもこれだけの仕事では先が思いやられます(汗)
強烈なエネルギーをどこかで注入せねば~!!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今度は茶釜 EF65-57 (8)

みなさんこんにちは

いやぁ~…
模型机にじっくりと座ったのは何時以来だろう…(苦笑)
元々模型加工の様子をお伝えするはずだったこのブログ。
気が付けば管理人のグチブログに成り下がっておりました(汗)

本日の午前中、久しぶりに何の予定も無かったので作業を再開しました。
かれこれ数ヶ月ぶりの模型加工。
案の定、失敗ばかりで全然進みませんでした(苦笑)

110119_EF65-57_034.jpg
とえいあえず、一番面倒臭そうな屋根上を完成させてしまいます。
まずはパイピングを仕上げてしまいましょう。
0.3mmのパイプに0.1mmの金属線を差し込み、瞬間接着剤で固定。

110119_EF65-57_035.jpg
完成した配管パーツを固定するのは、この金属線です。
ちなみに、この金属線は先日のプラレールに使ったモーターの過剰分(笑)

110119_EF65-57_036.jpg
金属線でわっかを作り、その中に配管パーツを通してから裏側から引っ張って固定します。
最後は瞬間接着剤でこちらも裏側から接着。これで配管パーツは完成です。

110119_EF65-57_037.jpg
ついでにモニターパーツの吊り金具も取り付けておきます。
この作業も久しぶりだったので、結構大変でした(苦笑)

110119_EF65-57_038.jpg
普段よりもハイペースでパーツや金具をあちこちに飛ばしながらようやく完成!
まずは作業を再開したということで、今回は良しとしましょうか!?

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今度は茶釜 EF65-57 (7)

みなさんこんにちは

仕事絡みでかなりバタバタしています。
気分的に切羽詰っているので、今日は気分転換に模型加工を!?
というより、完全に現実逃避ですわ(苦笑)

いざ作業を続けようと思い、作業机へ。
しかし、どこまで作業が進んでいるのか完全に忘れています(汗)
これはこれで本当にいかんな…

せめてこの茶釜くらいは一気に作り上げてしまった方が良いでしょうね。
ただ、この決意が果たしていつまで保てるやら(苦笑)

放置されたパーツ類を見ると、どうやら屋根上の加工を始めていたようです。
とりあえず今日は屋根上パイピングを仕上げてみようと思います。
ブランクがかなりあるので、うまくやれるかどうか結構不安ですよ。

110119_EF65-57_032.jpg
避雷針に続く配管は0.3mmのパイプを使用、先端部分には後から0.1mmの金属線を入れます。
パンタグラフから機内へ続く配管には0.2mmの真鍮線を使用しました。
それぞれ単純に曲げるだけの加工なので、形成については順調に完了。
ただ、パイプのほうは長さを調節する際、ニッパでカットするとパイプがへしゃげてしまうので、後からカットした断面をヤスリでへしゃげていないところまで削る必要性があります。

110119_EF65-57_033.jpg
その他、こちらは昔から変わらず行っている屋根上の手すり取り付けです。
4隅の大きなものは1.4mm、吊り下げ金具も同じくRファクトリーの368番を使用しました。
以前は屋根上の加工と言えばこれだけだったのですが(苦笑)

慣れない事をするとすぐに疲れます…
今日はたったのこれだけでもう気力ゲージが尽きてしまいました。
継続は力なり。
サボっていると、何でもろくなことがありませんね…

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今度は茶釜 EF65-57 (6)

みなさんこんにちは

二日続けてのEF65-57号機製作紹介です…

が!

本日のネタは殆ど進んでいないに等しい内容となっております(汗)
どうぞ皆さん、呆れないでください…

110119_EF65-57_027.jpg
今日の加工内容ですが、台車周りです。
速度記録装置と検出器の取り付け穴を開ける必要があるので、1両分の台車の穴あけを行いました。
EF65という機関車はこの検出器類が合計6個も付いているので、結構大変なんです。

110119_EF65-57_026.jpg
何とか1両分、6個の穴を無事に開けることが出来ました。

が!

今日の作業報告はここまでです。
というのも、この穴あけ作業、地味なようで膨大な時間が掛かってしまうのです。

まず、元のモールドを切除するところから始まるのですが、実はこれが曲者。
軸受け部分のモールドにはその周辺にボルトの表現モールドが存在します。
この0.1mmほどのモールドを削らないように、軸受けモールドだけをカットするのは至難の業!

非常に集中力を要求される作業で、1個辺り軽く10分以上取られてしまいます。
この作業を1両につき6個も行うので、かなり疲れます。
その後、中心部へ取付けようの0.6mmφの穴を開けることになりますが、これまた円の中心へ綺麗に穴あけせねば大変不細工になってしまうので、ここでも集中が必要です。

というわけで、本日の作業はここまで!
地味な作業ではありますが、こういう作業の積み重ねが完成への道筋。
でも、ブログにすると記事としては面白みに欠けてしまうなぁ(苦笑)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今度は茶釜 EF65-57 (5)

みなさんこんにちは

朝からあまり天気も良くなかった本日。
午後になるとちらほらと雨も交じり、満開の桜も徐々に花びらを舞い散らせ始めました。
この美しい光景を来年も見ることが出来るのか??
そうあれば良いのですが…

さてさて、この土日多少の時間があったので製作中のEF65-57号機の作業を進めました。
進めたといっても、余りにも作業内容が少なく、進んでいるのかどうかすら分からないレベル(汗)
流石にこのペースではいかんので、そろそろどっかで気合を入れねば…

110119_EF65-57_028.jpg
本日のお題は『前面ガラス』です。
KATOのEF65-500Pは国鉄時代のスタイルを再現しているので、前面窓ガラスにはデフロスタが装着されています。モデルでも勿論それが再現されていますが、EF65は後年窓ガラスのデフロスタは外されています。
というわけで、そのデフロスタ表現を消してしまう作業です。

110119_EF65-57_029.jpg
まずは平ノミでおおまかに表現部分を削っていきます。
周囲に傷をつけないよう、慎重に、慎重に…

110119_EF65-57_030.jpg
ある程度ノミで削った後、今度はヤスリで全体を整えていきます。
800番位から始めるのですが、当初はご覧のように少し濁ってしまいます。
しかし、6000番から8000番くらいまでくるとそれも殆ど気にならなくなり、最終的にはコンパウンドで磨くと、大変美しくピカピカの状態まで持っていくことが出来ました。

110119_EF65-57_031.jpg
こちらが完成した2枚の前面窓ガラスです。
ご覧のように、デフロスタの跡は全く見えなったと思います、まずまずの出来かな?

と、画像で紹介していくとあっという間なんですが、これも以外に時間が掛かります。
土曜日は結局この作業を行っただけでおしまい(苦笑)

やっぱり気合の入れ直しが必須かと。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
お越しやす
プロフィール

三十路男

Author:三十路男
何のとりえも無いサラリーマン
日々自らの無力さを嘆く三十路男
メールアドレス
misoji_ef65@plan-apo.com
(@マークは半角に変換して下さい)

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。